本記事はプロモーションを含む場合があります

【386万円】歯科衛生士の年収を徹底解説|高い給料をもらう方法も併せて紹介

歯科衛生士 年収 歯医者 給料

 

  • 歯科衛生士の年収っていくらくらいなんだろう
  • 平均や相場を教えてほしい
  • 高い年収をもらう方法も知りたい

 

歯科衛生士として働いていると、「平均年収っていくらなんだろう」と疑問に思うことがありますよね。

 

✔︎ この記事を書いたひと

まな

転職4回の歯科衛生士 (Twitter
1年目にパワハラで病む/ブラック→ホワイトな職場で快適に勤務/今はスタッフ100名の医療法人で採用を担当

 

この記事では、歯科衛生士の年収事情高い給料をもらう方法を紹介します。

 

結論から言うと、歯科衛生士の平均年収は386万円。年齢・勤続年数・住んでいる地域によって差があります。

 

年収や給料で損をしたくない歯科衛生士さんは、ぜひご覧ください。

 

✔︎ 読み飛ばしガイド

 

もくじ

歯科衛生士の年収はいくら?【結論:386万円です】

歯科衛生士 年収 月収 350万

 

年収3,866,500円(残業・手当含む)
月給278,000円
手取り220,000円
ボーナス(賞与) 25万〜60万円
時給1,100〜1,500円
初任給22万円
初任給の手取り18万円
平均労働時間169時間 / 月

(引用 » 賃金構造基本統計調査

 

歯科衛生士の年収は、年々高くなっています。(2014年は335万円、2018年は360万円)

 

全国の平均年収(433万円)よりは低いですが、女性の平均年収(293万円)よりも高い年収をもらえます。

 

歯科衛生士の初任給は、一般大卒の女性の初任給より月額で3万円以上高い水準です。

 

  • 求人が多いので就職しやすい
  • 国家資格なのでどこでも働ける

 

上記のようなメリットのある仕事です。

 

 

歯科衛生士の年収を年齢別・地域別・職場別に解説

歯科衛生士 年収 職場別 年齢別 地域別

 

歯科衛生士の年収を、以下の状況別で紹介します。

 

 

年齢別の平均年収

 

歯科衛生士の年齢別の平均年収は、以下のとおりです。

 

21~24歳25~29歳30~34歳35~39歳40~44歳45~49歳50~54歳55~59歳
300万円330万円340万円350万円390万円370万円400万円430万円

 

20代の平均年収はやや低めですが、40歳を越えると高くなる傾向があります。

 

また60歳を越えてもバリバリ働いてる歯科衛生士さんも多いので、息の長い仕事だと言えます。

 

年代ごとの詳しい給料と年収は、以下の記事で解説しています。

 

✔︎ 歯科衛生士の年代別 平均年収【記事一覧】

 

地域別の平均年収

 

地域別の平均年収は、次のとおりです。

 

北海道東北関東東海関西中国四国九州
310万円320万円360万円350万円360万円310万円310万円310万円

 

関東や関西のようなエリアの平均年収は高く、特に東京・神奈川といった首都圏では高年収の傾向にあります。

 

都道府県別の給料は以下の記事で、くわしく紹介しています。

 

»差は年収100万以上】歯科衛生士の給料の高い県・低い県|都道府県別ランキング

 

逆に地方は平均年収が低くなりがちですが、物価や生活コストが安い…といった特徴もあります。

 

エリアによってもさらに細かく相場が分かれているので、近隣の相場を調べるなら転職サイトの求人情報が1番リアルです。

 

 

職場の種類別|給料の高いランキング

 

歯科衛生士は「職場の種類」によって平均年収は変わります

 

歯科衛生士が高い年収をもらえる職場ランキングは、以下の通りです。

 

  • 1位:一般企業
  • 2位:行政(役所・保健所・公立病院)
  • 3位:歯科衛生士養成機関
  • 4位:総合病院・大学病院
  • 5位:大型の医療法人
  • 6位:一般の歯科診療所
  • 7位:介護施設・地域包括センター

(引用:歯科衛生士の勤務実態調査 報告書

 

「年収500万円以上の歯科衛生士」の割合が多い順にランキングしました。

 

1位の一般企業は、年収500万以上の割合が約40%。2位の行政は38%、3位の歯科衛生士養成機関は33%。

 

とはいえ年収が高い職場の求人は募集が少なく、でてもあっという間になくなってしまうので、定期的なチェックが必要です。

 

くわしくは稼ぐならココ】歯科衛生士の給料の高い職場ランキング  をご覧ください。「良質な求人の見つけ方」も具体的に解説しています。

 

 

個人の歯科医院 or 大規模な歯科医院(医療法人)

 

個人の歯科医院と大規模な歯科医院では、年収に差があります。

 

個人の歯科医院大規模な歯科医院(医療法人)
286万円300万円

 

個人開業医 or 病院勤務

 

個人開業医と病院勤務でも、年収に差があります。具体的には、つぎの通りです。

 

一般病院(国立)一般病院(法人)個人開業医
450万円380万円300万円

(引用:» 歯科衛生士の勤務実態調査報告書

 

個人の開業に比べて、病院勤務の歯科衛生士の給料は高めです。

 

✔︎ 病院の種類

国立病院・公立(市区町村)病院・社会保険関係の病院・大学病院・総合病院

 

病院勤務の歯科衛生士の「年収・働き方」については、以下の記事を参考にしてください。

 

» 病院勤務の歯科衛生士の仕事内容・年収を解説

 

看護師との比較

 

よく比較されるものとして、看護師との比較…があります。

 

歯科衛生士看護師
386万円499万円

(引用:» 歯科衛生士の勤務実態調査報告書

 

平均年収で看護師の方が年収で100万円以上高いことがわかります。

 

月給になおすと、歯科衛生士の平均月給が25万〜30万円に対して、看護師の平均月給は37万〜40万円。

 

歯科衛生士 まな
歯科衛生士 まな

看護師さんの方が、月収でも約10万円ほど高くなります。

 

離職率は高い

 

歯科衛生士と看護師に共通することのひとつに、離職率の高さがあります。

 

どちらも70%以上が転職経験があり、特に20代のうちに約半分が転職する職種です。

 

 

平均年収386万円のからくり

歯科衛生士 年収 386万円

 

  • 平均年収が368万円って高すぎ
  • 自分はこんなにもらってない

 

このように感じた歯科衛生士さんも多いはず。平均年収386万円には、からくりがあります

 

対象歯科衛生士の基準が高い

 

参考データの元である賃金構造基本統計調査。この調査の対象者はつぎの通り。

 

勤続年数6.6年
年齢34.9歳
所属10人以上のスタッフがいる歯科医院

 

つまり、規模が大きめの歯科医院で長く勤めている歯科衛生士が対象です。

 

以下のような現実を考えると、なかなかハードルが高いですよね。

 

  • 歯科医院の8割がスタッフ10人以下の小規模
  • 歯科衛生士は結婚・出産・介護などのライフイベントでブランク期間ができやすい

 

小規模の歯科医院は年収300万

 

小規模の歯科医院に勤務する歯科衛生士にフォーカスしたデータもあります。» 医療経済実態調査(令和3年)

 

歯科衛生士 平均給与月額・賞与

このデータから読み取れることは、つぎの通り。

 

平均年収300万円
平均給料月額212,190円
年間賞与50万円

 

つまり、歯科衛生士の実態に近い年収は300万円と考えられます。

 

»【保存版】歯科衛生士で勝ち組になる7つの方法|稼ぐには〇〇すべし!

 

中央値は重要

 

実態を知るなら、中央値を知ることは重要です。中央値を知ると、実態に近い値を予測することができます

 

中央値とは「データを大きい順から小さい順に並べた時の、ちょうど真ん中の値」

 

歯科衛生士の平均年収は386万円ですが、中央値は「年収300万円」。このように、少人数の値が飛びぬけて高いと平均値は跳ね上がります

 

歯科衛生士 まな
歯科衛生士 まな

今回のデータでは大きな医療法人や公的な病院で働いている少数の歯科衛生士が平均値を大きくあげています。

 

しかし歯科衛生士の80%は、一般の歯科医院に勤めています(引用 » 勤務実態調査報告書。そのため「中央値」を考えることは重要です。

 

つまり歯科衛生士の年収は、中央値の値である「年収300万円」が実態に近いです。

 

激務だと年収は高い?

 

激務の歯科医院で働いても、年収が高いとは限りません。

 

忙しい場合や労働時間が長い場合であれば、年収は上がるはずです。

 

しかし中には、「残業代が出ない」「休みがない」といったブラックな歯医者も。

 

歯科衛生士 まな
歯科衛生士 まな

激務を理由に転職する衛生士さんもいます。

 

歯科衛生士の転職理由は、「待遇」「仕事内容」への不満があります。詳しくは、歯科衛生士の転職理由とは? をご覧ください。

 

 

 

低い年収に悩む歯科衛生士の対処法

歯科衛生士 年収 低い 悩み

 

仕事を続けていくために年収は大切です。

 

しかし年収だけを基準にして安易に転職すると、「激務で耐えられない」「人間関係が最悪」と悩むことも。

 

年収以外に注意するポイントを紹介します。

 

 

衛生士が高い年収をもらう方法

 

歯科衛生士が高い年収をもらうために、以下の7つは有効です。

 

  • 給料の高い歯科医院で働く
  • 資格をとる
  • 病院に勤務する
  • 副業する
  • 他業種に転職する
  • 東京で働く
  • 交渉する

 

どれも効果のある方法です。自分で考えて行動すれば、年収は上がります。

 

詳しくは 【保存版】歯科衛生士で勝ち組になる7つの方法|稼ぐには〇〇すべし!で解説しています。

 

 

転職サイトの活用は年収UPの近道

 

公式特長おすすめする人口コミ・評判
🥇

デンタルワーカー

高給与の求人が12,000件
・給与交渉を代行してくれる
・職場の雰囲気をリサーチ
今より給料を上げたい
良質の求人が多く、1番おすすめ
\詳細はこちら/
🥈

ファーストナビ

衛生士の4人に1人が利用中
・マップから求人を探せる
・適正給与を教えてくれる
マメなサポートを受けたい人
電話で悩み相談ができる
\詳細はこちら/
🥉

歯科転職ナビ

500万円以上の求人あり
・利用者の満足度 98.2%
・条件にあう求人が✉️で届く
マイペースで就活したい人
LINEのやりとりがメイン
\詳細はこちら/

 

「もっと高い給料をもらいたい」「でもブラックな歯科医院は避けたい」と思ってるなら、転職サイトを使うのがおすすめ。

 

適切な転職サイトを利用すると、年収も人間関係も満足な歯科医院に出会う確率がグッとアップします。

 

以下に紹介する転職サイトは、高待遇な歯科医院の求人を1万件以上保有する歯科衛生士専門の転職サイト。

 

歯科衛生士 まな
歯科衛生士 まな

90%の歯科衛生士が、年収アップに成功しています。

 

✔︎ 転職エージェントのサポート内容

  • 高待遇の求人の紹介(非公開含む)
  • 給料・雇用条件の交渉
  • 院長の性格をリサーチ
  • 見学・面接の日程調整
  • 転職の悩み相談

»【使わない方がいい?】歯科衛生士が転職エージェントをつかうデメリット・メリット

 

とくに一般には公開されていない「非公開求人」は、待遇のよい歯科医院のみが厳選されて掲載されています。

 

※ 非公開求人は、登録者のみが閲覧できる「良質な求人情報」。募集の数が少なく、すぐになくなってしまいます。

 

「希望に当てはまる求人」がなくならないうちに、転職サイトに登録して求人情報をチェックしてみてください。

 

転職サイトは、すべて無料で利用できます。今より毎月の貯金額アップを実現しましょう!

 

\ 好条件の求人がみつかる衛生士専門の転職サイト /

公式特長おすすめする人口コミ・評判
🥇

デンタルワーカー

高給与の求人が12,000件
・給与交渉を代行してくれる
・職場の雰囲気をリサーチ
今より給料を上げたい
良質の求人が多く、1番おすすめ
\詳細はこちら/
🥈

ファーストナビ

衛生士の4人に1人が利用中
・マップから求人を探せる
・適正給与を教えてくれる
マメなサポートを受けたい人
電話で悩み相談ができる
\詳細はこちら/
🥉

歯科転職ナビ

500万円以上の求人あり
・利用者の満足度 98.2%
・条件にあう求人が✉️で届く
マイペースで就活したい人
LINEのやりとりがメイン
\詳細はこちら/

 

※ たくさんの求人を見れるので、転職サイトは複数登録がおすすめ。エージェントが合わない場合、すぐに変えることができます。

 

どの転職サイトを利用するか迷ったら、デンタルワーカーがオススメ。

 

デンタルワーカーを使えば、今よりワンランク上の贅沢な生活が実現できます。

 

一般には公開されない高待遇の求人を「1万件以上」保有しているのは、他の転職サイトにはない強みです。

» デンタルワーカーの口コミ・評判

 

歯科衛生士 まな
歯科衛生士 まな

私も、デンタルワーカーの中の人が給料交渉してくれたおかげで、満足な待遇の職場で働いています。

 

デンタルワーカー を利用して、お財布に余裕のある生活を実現してください。

 

\ 完全無料で転職成功できる /

デンタルワーカー
公式サイトから登録する

強引な勧誘 一切なし

 

年収が低いと病む

 

年収が低いと、好きなことができません。

 

  • 好きな服を買う
  • 旅行に行く
  • 美味しいものを食べる

 

すべて、お金が必要です。年収が低いと生活の質が上がらず、結果として病む場合も。

 

実際、歯科衛生士が病む理由は「人間関係」「年収」「仕事内容」の3つのどれかが原因です。

 

病む原因については、以下の記事でくわしく解説しています。

 

 

歯科衛生士 まな
歯科衛生士 まな

年収が低いのは、歯科衛生士として未熟だからではなく、シンプルに搾取されている可能性も。

 

自分の年収が、適正かどうか確かめることは重要です。

 

手取りと年収は違う|手取り18万円は額面で24万円必要

 

手取りと年収は違います。年収から税金が引かれて、手取りになります。

 

歯科衛生士 まな
歯科衛生士 まな

手取り18万円は、月給(額面)で23万円です。

 

年収はそのまま受け取れるわけではないのを、忘れないようにしましょう。

 

歯科衛生士の手取りについては、以下の記事で解説しています。

 

» 給料25万円の歯科衛生士の手取りは?額面との違いや40万円の手取りも解説

 

年収500万円は可能?

 

歯科衛生士で、年収500万円は可能でしょうか?結論、努力次第で到達可能です。

 

実際に、歯科衛生士の13%が年収500万以上(引用:歯科衛生士の勤務実態調査 報告書

 

✔︎ 年収500万円に到達する3つの方法

  • 年収500万円以上の歯科医院に就職する
  • 年収400万の歯科医院で必要な人材になる
  • 副業で収益をだす

 

上記の中で、できることからやってみるのが大切です。

 

具体的な内容は、歯科衛生士が年収500万円に到達する3つの方法 の記事をご覧ください。

 

年収700万円は可能?

 

歯科衛生士で、年収700万円は可能でしょうか?結論、かなり難しいですが、不可能ではありません

 

実際に、正社員で働く歯科衛生士の3.1%が年収700万以上(引用:歯科衛生士の勤務実態調査 報告書

 

✔︎ 年収700万円の歯科衛生士が働く職場

  • 病院・大学病院
  • 障害者診療所
  • 行政
  • 歯科衛生士教育養成期間
  • 企業

 

上記のような職場で働ければ、年収はアップします。

 

歯科衛生士が700万円稼ぐ方法は、以下の記事で解説しています。

 

»【全体の3.1%】歯科衛生士で年収700万は可能?高収入を目指す働き方も紹介

 

雇用条件をチェックする

 

雇用条件をしっかりチェックしましょう。いかに年収が高くても雇用条件が悪ければ、実質的な幸福度は下がります

 

  • 労働時間が長すぎる
  • 休日がない
  • 残業代が出ない
  • 有給がない

 

このような場合は、時給で換算すると平均よりも低い可能性もあります。雇用契約書をしっかり確認しましょう。

 

人間関係は重要

 

職場の人間関係は重要です。狭い空間で人間関係が悪いと、地獄です。

 

  • 院長がパワハラ気味
  • お局歯科衛生士が意地悪

 

このような職場では、いくら年収が高くても長続きしません

 

仕事上でのストレスは、健康に影響します。年収も低く、人間関係も悪い場合は、転職を考えましょう

 

いまは事前に、医院の雰囲気や院長の人柄をリサーチしてくれる転職サイトもあります。

 

歯科衛生士が、歯医者内の人間関係で悩まない方法は、以下の記事で解説しています。

 

 

年収が高くなる見込みを調べる

 

いまは年収が高くなくても、将来的に伸びしろがあるかどうかは重要です。

 

昇給の有無を、雇用契約書や先輩歯科衛生士に確認しましょう。

 

年収を知り、高い給料をもらう

まとめ 歯科衛生士 年収

 

今回は、歯科衛生士の年収について解説しました。

 

年収3,866,500円(残業・手当含む)
月給278,000円
手取り220,000円
ボーナス(賞与) 25万〜60万円
時給1,100〜1,500円
初任給23万円
初任給の手取り18万円
平均労働時間169時間 / 月

 

不当に低い年収で働いてしまうと、毎年に何十万円ものお金を損することも。将来で考えると、とんでもない額ですよね。

 

そのため適正な年収を知ることは大切です。いまより高い年収をもらう方法はつぎの通りです。

 

  • 給料の高い歯科医院で働く
  • 資格をとる
  • 病院に勤務する
  • 副業する
  • 他業種に転職する
  • 東京で働く
  • 交渉する

 

詳しくは、以下の記事で解説しています。

 

»【保存版】歯科衛生士で勝ち組になる7つの方法|稼ぐには〇〇すべし!

 

高い年収をもらいたいひとは、できることから行動してみてください。

 

歯科衛生士 まな
歯科衛生士 まな

「院内の雰囲気」や「給料相場」を調べるなら、転職サイトを利用するのが便利です。

 

希望に合った求人を見つけるなら、まずは転職サイトに登録して求人をチェックしてみましょう。

 

\ 好条件の求人がみつかる衛生士専門の転職サイト /

公式特長おすすめする人口コミ・評判
🥇

デンタルワーカー

高給与の求人が12,000件
・給与交渉を代行してくれる
・職場の雰囲気をリサーチ
今より給料を上げたい
良質の求人が多く、1番おすすめ
\詳細はこちら/
🥈

ファーストナビ

衛生士の4人に1人が利用中
・マップから求人を探せる
・適正給与を教えてくれる
マメなサポートを受けたい人
電話で悩み相談ができる
\詳細はこちら/
🥉

歯科転職ナビ

500万円以上の求人あり
・利用者の満足度 98.2%
・条件にあう求人が✉️で届く
マイペースで就活したい人
LINEのやりとりがメイン
\詳細はこちら/