本記事はプロモーションを含む場合があります

【つらい】歯科衛生士が抱える人間関係の悩みと解決法 まとめ|きつい職場で働くのは最悪すぎる

 

歯科衛生士という仕事は一人ではできません。必ず、歯科医師や歯科助手が存在します。

 

そのため、歯医者内での「人間関係」は避けて通れません。

 

人間関係の悪い職場で働くと、働きにくいだけでなく、心を病んでしまうことも。

 

実際に、人間関係が原因で働けなくなったり、パワハラを受けて通院費用だけが飛んでいく…そんな人もいます。

 

ですので、人間関係の悪くない職場で働く…ことはとても大切です。

 

✔︎ この記事を書いたひと

まな

転職4回の歯科衛生士 (Twitter
1年目にパワハラで病む/ブラック→ホワイトな職場で快適に勤務/今はスタッフ100名の医療法人で採用を担当

 

歯科業界では、「人間関係」に悩んでいる人は多いです。私自身もパワハラを受けて、休職を経験しました。

 

この記事では歯科衛生士が抱えやすい「人間関係」の悩みと、その解決法を紹介します。

 

✔︎ 読み飛ばしガイド

 

この記事を読むと、歯科衛生士が人間関係に悩まず、心穏やかに働ける可能性が高まります。

 

\ 歯科衛生士におすすめ /

転職エージェント 5選  はこちら  >>

院長の人柄を事前に知れる

 

もくじ

一覧|歯科衛生士が抱える人間関係の悩み

歯科衛生士 人間関係

 

歯科衛生士が仕事を辞めたい…と感じる理由第1位は「人間関係」。

 

よくある悩み・疑問を紹介していきます。

 

 

【うざい】院長と合わない

 

院長に対して苦手意識を持っている歯科衛生士さんは多いです。

 

合わないだけでなく、「嫌い」「ウザい」「頭おかしい」とさえ感じている人も。

 

仕事上は院長が上司ですが、人間的に合わないと尊敬できなくなります。

 

院長と合わない時にできる対策としては、次の5つです。

 

  • できるだけ距離をおく
  • 改善案を提示する
  • 信頼できる人に話を聞いてもらう
  • 今の職場にとどまる理由を考える
  • 環境を変える

 

できることからやってみるのが大切です。

 

どうしてもガマンできないときは、職場を変えるしかありません。

 

詳細はこちらの記事をご覧ください。

 

 

お局さんと合わない

 

お局さんと合わない場合、人間関係の悩みを抱えることになります。

 

お局さんとは、職場に長く在籍している歯科衛生士または歯科助手さんのこと。

 

いい人もいますが、中には新人をいじめたり、古い考えに固執している人もいます。

 

老害的なお局さんがいる職場は、スタッフが定着しません。

 

人に対してつよく言うのには慣れているのに、人からつよく言われるのは慣れていない人もいるので、指摘してみる価値はあります。

 

歯科衛生士 まな
歯科衛生士 まな

新人に厳しく指摘されたら、メンタルを病んで退職したレアパターンも…。

 

一方で、指摘しても変わらない場合は一生変わりません。距離を置いて付き合うか、職場を離れるしかありません。

 

同僚と合わない

 

同僚の歯科衛生士・歯科助手さんと合わないと、わりとしんどいです。

 

性格的なノリや仕事に対する考え方に差があると、合わないと感じやすいです。

 

歯科衛生士 まな
歯科衛生士 まな

私はパート時代、常勤さんとコミュニケーションする時間が少なく、孤立気味でした。

 

同僚との関係が悪いと、仕事の情報が共有されなかったり、仕事上の相談がしにくくなるのもキツいです。

 

院長の奥さんが苦手…

 

院長の奥さんがつねにいる職場は、働きにくいケースが多いです。

 

院長の奥さんがグイグイ現場に出てくると、スタッフとしては困ってしまいますよね。

 

結果として、「愛想笑い → 対立 → 退職」…のような流れになりやすいです。

 

歯科衛生士 まな
歯科衛生士 まな

かなり気も使います…。

 

院長の奥さんへの「特徴」と「対処法」はこちらで解説しています。

 

 

勤務医の先生と合わない

 

勤務医の先生と合わないケースもあります。

 

とはいえ、あくまで勤務医なので、納得いかない場合は院長に相談できます。

 

やめて開業するパターンも多いので、いなくなる可能性大です。

 

勤務医の先生も給料がもらえればよいので、院長に比べてピリピリしていない人が多い印象です。

 

歯科衛生士 まな
歯科衛生士 まな

開業すると、人間性が変わるパターンもありますね…

 

いじめを受けている

 

歯科医院内でのいじめに悩む人は、一定数います。

 

「お局さんが意地悪」「気の強い人がいる」「スタッフが少ない」という条件が揃っていると起こりやすいです。

 

院内でいじめを受けた場合の対策は、次のとおりです。

 

  • 相談する
  • 改善を目指す
  • 心を無にする
  • 戦う
  • 環境を変える

 

いじめのある環境で働くことは、心身の健康を害してしまいます。

 

早めに離れるのが得策です。

 

歯科衛生士 まな
歯科衛生士 まな

健康第一です。

 

くわしくはこちらの記事をご覧ください。

 

 

周りが若い人ばかり…

 

他のスタッフとの年齢が離れていることに戸惑う歯科衛生士も多いです。

 

話題が合わなかったり、仕事のやり方が違ったりするからです。

 

とはいえ、年が離れていても仲良くやっている職場も。

 

歯科衛生士 まな
歯科衛生士 まな

このあたりは相性もあります。

 

大切なことは、その人間関係に「馴染めるか・馴染めないか」…です。

 

年齢関係なく、お互いにリスペクトできる関係でありたいものですよね。

 

 

辞めたいのに引き止めがうざい

 

本来、退職は2週間前に伝えれば成立します。

 

一方で雇用契約書には「1ヶ月前」などと記載されていることが多いので、それに則って伝えると円満に退職できるはずです。

 

それなのに「辞めたい…」と伝えても、強烈に引き止められることがあります。

 

退職を伝えても、無視されたり、引き延ばされたり…

 

歯科衛生士 まな
歯科衛生士 まな

「後任を連れてこい」と言われたケースも。

 

引き止めを振りほどくためには、

 

  • 「自力」で引き止めをふりきる
  • 「人に頼って」引き止めをふりきる

 

…のどちらかしかありません。

 

そもそも、「辞められない」ということ自体、ありえない話なのですが…

 

退職に関することで人間関係が悪くなるなんて、残念でなりません。

 

引き止めを振り切る方法は、こちらの記事で解説しています ▼

 

 

ズル休みしてもいいのかな

 

ズル休みは、積極的にやるものではありません。ですが、必要に応じて「あり」です。

 

気持ちが整理できるからです。

 

とはいえ、職場へのアフターフォローは必要なので頻発はやめましょう。

 

以下の記事では「ズル休みする口実」「ズル休みのあとにやること」を解説しています。

 

 

訪問歯科の人間関係ってどう?

 

現在私は、訪問歯科で働いており、一般歯科とは違った人間関係の難しさを感じています。

 

最近は、訪問歯科で働く歯科衛生士さんも増えてきました。

 

訪問歯科は「歯科医師・歯科衛生士・歯科助手」がひとつのチームとなって、家や施設を回ります。

 

そのため狭い車内で長い時間を過ごすので、人間関係は重要です。

 

訪問歯科で働くなら「人間関係はとても大事」…という話は、以下の記事をご覧ください。

 

歯科衛生士が働きやすい訪問歯科をみつける方法 も紹介しています。

 

 

実際にあった訪問歯科の人間関係エピソードはこちらをどうぞ ▼

 

 

ストレスフリー|歯科衛生士が人間関係のよい職場で働く方法

歯科衛生士 人間関係 よい職場

 

歯科衛生士なら誰でも、「人間関係のよい歯科医院で働きたい」と思いますよね。

 

「人間関係のよい職場」で働くためには、次の2つの方法しかありません。

 

  • 今の職場環境を改善する
  • 雰囲気のよい職場で働く

 

今の職場環境を改善する

 

人間関係の改善が見込めるのであれば有効な方法です。

 

  • 嫌なところを指摘して、直してもらう
  • 苦手な人が退職する予定
  • シフトをずらしてもらう

 

院長がしっかりと話を聞いてくれたり、スタッフ同士で話し合える環境かどうかは大切です。

 

職場によっては「改善されなかった」「話を聞くだけでまったく変わらない」ような「期待しただけ損」の場合もあります。

 

歯科衛生士 まな
歯科衛生士 まな

他人を変えるのは難しいケースも多いです。

 

一方で、すでに人間関係が悪い職場の場合、改善するのはほぼ不可能です。

 

改善が見込めないなら、「このまま我慢するのか」「辞めるのか」を自分で判断するしかありません。

 

雰囲気のよい職場で働く

 

「雰囲気のよい職場」で働くことは、人間関係をの悩みを解決するシンプルな方法です。

 

とはいえ、雰囲気のよい職場が簡単に見つかれば苦労しませんよね。

 

雰囲気のよい職場をみつけるためには、次の方法が効果的です。

 

  • 知り合いの紹介
  • 転職サイトを活用する

 

それぞれのメリット・デメリットがあります。

 

メリットデメリット
知り合いの紹介
  • 内情の詳細がわかる
  • 不採用になりにくい
  • 転職後に馴染みやすい
  • 募集そのものが少ない
  • すぐには辞めにくい
  • 聞いていた条件と違う場合がある
転職サイトを活用
  • たくさんの求人がある
  • 転職の情報が無料で手に入る
  • 効率よく就活できる
  • 求人の選別が大変
  • エージェントからの連絡が多い場合がある
  • 条件と合わない可能性がある

 

ハローワークを使う方法もありますが、人間関係に関する情報は乏しいです。

 

知り合いから直接紹介されて転職することを「リファラル転職」といいます。

 

歯科衛生士 まな
歯科衛生士 まな

リファラル転職では、信頼できる人からの情報のみを信じましょう。それ以外は誤情報の可能性があります。

 

知り合いの紹介だけに頼らず、他の求人と比較検討することは大切です。

 

知り合いがいない人は、歯科衛生士むけの転職サイトを活用するのは有効です。

 

とくにいまは、転職サイトに登録してエージェントにサポートを依頼するのは以下の理由からおすすめです。

 

✔︎ 転職エージェントを利用するメリット

  • 非公開の求人にアクセスできる
  • 面接・見学の日程調整や給料の交渉を代行してくれる
  • 履歴書の作成や面接対策をしてくれる
  • キャリア全般や退職の相談ができる

 

これらを自分でやろうとしたら大変です。エージェントの利用はすべて無料なので、活用しない手はないと思います。

 

今こういう状況で、こういう年齢なんだけど、いい求人ありますか?」こう聞いてみるだけでも、考えもしなかった情報が出てくるかもしれません。

 

歯科衛生士 まな
歯科衛生士 まな

私は「訪問歯科」を提案されて、ストレスフリーで働けています。

 

転職エージェントを利用して、何人もの歯科衛生士さんが働きやすい環境を手に入れています。

 

  • 心穏やかに働ける職場で仕事したい
  • 優しい院長のもとで働きたい
  • お局さんがいない職場で働きたい

 

上記のような環境で働きたい人は、エージェントに気軽に相談してみましょう。

 

実際に利用した転職エージェントは、以下の記事に書いています。費用は一切かからないので、安心して利用してみてください。

 

 

見学も重要

 

気になる求人を見つけたら、見学に行くのは重要です。

 

院内の雰囲気・患者層・業務内容などを、肌で感じられます。

 

見学だけでは、すべてはわかりません。しかし「合わなそうな歯科医院」を省くことはできます。

 

できることから「自分が動く」ことが大切です。

 

» 就職前に必読!歯科衛生士は「歯科医院の見学」で職場選びの決め手をつかもう

 

歯科衛生士が人間関係を悪化させないために重要なこと

歯科衛生士 人間関係 コツ

 

人間関係が最悪な職場で働くと、心と身体が病んでしまいます。

 

ここからは「人間関係を悪化させない方法」について解説します。

 

まずは人間関係が崩れてしまう理由を理解する

 

人間関係を築く順番は「コミュニケーションをとる→信頼する・される→思いやりが生まれる」だからです。

 

つまり人間関係が崩れる理由の多くは「コミュニケーションの行き違い」です。

 

  • 挨拶をしない
  • 報連相を怠る
  • 間違っても謝らない

 

上記のような一方が「不満を感じる」ことによって、人間関係は崩れてしまいます。

 

遠回しに言って伝わらなかったり、意見を素直に聞けない場合、人間関係は悪化しやすいです。

 

歯科衛生士 まな
歯科衛生士 まな

こちらが歩み寄っても相手から拒絶されるケースも…。

 

人間関係を悪化させないコツ

 

人間関係を悪化させないコツは次のとおりです。

 

  • 挨拶をする
  • しっかり報連相をする
  • 間違ったときは素直に謝る
  • 話をきちんと聞く姿勢をもつ
  • 普段から笑顔でいる
  • 感謝の言葉を口にだす
  • 悪口や陰口を言わない
  • 自分の待遇や給与面を他にスタッフには言わない

 

お互いに尊重できる関係を築ければ、人間関係はうまくいきます。

 

「仕事観」がズレている職場であれば転職を検討する

 

人間関係を良好にしようと思っても、相手が答えてくれないこともあります。

 

歯科衛生士 まな
歯科衛生士 まな

人見知りだったり、完璧主義すぎるひとに見られる傾向です。

 

結果として、仕事に対する考えも合わないケースも多いです。

 

このような状況に陥った場合は、転職も検討するようにして下さい。

 

合わない環境で働き続けると、病みます。病んでしまうと、働けなくなる可能性すらあります。

 

健康第一です。

 

△「歯科衛生士が人間関係のよい職場で働く方法」をもう一度みる △

 

パワハラを受けたときの対処法

歯科衛生士 パワハラ

 

パワハラは深刻な問題です。セクハラやモラハラ…といったハラスメントも同様です。

 

対策としては、

 

  • 受け入れる
  • 立ち向かう
  • 環境をかえる

 

…の3つがあります。

 

歯医者で起こるパワハラの事例

 

パワハラ(ハラスメント)には定義があります。

 

具体的な事例は、次の記事を参考にしてください。ハラスメントに該当する事例パワハラに当たらない事例を解説しています▼

 

 

歯科衛生士がパワハラされたら

 

パワハラを受けると「心」が壊れてしまう可能性があるので、慎重かつ早めの対応が必要です。

 

パワハラへの対策についてはこちらをご覧ください。

 

 

院長を訴える方法は、以下の記事で解説しています。

 

 

対応が悪い・もみ消されそう

 

歯科医院によっては、パワハラに対応してくれなかったり、揉み消そうとするところも。

 

対策は、以下の記事でまとめています。

 

 

 

人間関係の悩みに関する記事一覧

 

ここまでの記事一覧です。

 

興味のある項目をチェックしてみてください。

 

 

 

人間関係が辛くて仕事を辞めたい場合は?

やってはいけない最悪の辞め方

 

最悪の辞め方は、バックレです。バックレはしないようにしてください。

 

バックレには次のようなデメリットがあります。

 

  • 鬼電やメッセージがくる可能性
  • 懲戒解雇あつかいになってしまう
  • 税金や保険の関係で、後日連絡が必要のなる可能性がある
  • バックレ癖がつく

 

歯科衛生士 まな
歯科衛生士 まな

業界や世間は思ったよりせまいので、再就職が不利になることも…。

 

とにかく、バックレはNGです。

 

とはいえ人間関係がきついと、「バックれたい」という衝動にかられることがあります。

 

以下の記事ではバックレのデメリットと、バックれずに辞める方法を解説しています。

 

 

未来も見据えた理想の辞め方

 

適正な手順を踏んで、退職するのが理想です。

 

  • 就業規則を確認する
  • 退職理由を考える
  • 言い方を考える
  • 勇気をもつ
  • 責任者に直接伝える

 

退職希望日から余裕を持って伝えると、さらに円満になりやすいです。

 

それでも相手によっては、引き止めにあったり、退職を認められないケースもあります。

 

歯科衛生士 まな
歯科衛生士 まな

私は「そういうのいいから」とずっとあしらわれました…。

 

状況によっての退職方法は、歯科衛生士の「退職」に関する悩みと解決方法にまとめています。

 

 

人間関係…以外の悩み|給料・働き方・復職

歯科衛生士 悩み

 

歯科衛生士には、「人間関係」以外にも悩みはあります。

 

とくに、

 

  • お金
  • 働き方
  • 復職

 

…は悩みを抱えがちです。

 

お金の悩み

 

「お金」の悩み…についてはこちらをご覧ください。

 

歯科衛生士の年収・給料…に関して書いています。

 

 

働き方の悩み

 

働き方・労働環境…は重要です。

 

以下は、社会保険に関すること・自分にあった働き方…について書いています。

 

 

復職の悩み

 

歯科衛生士は、ブランクの期間が生まれやすい職業です。

 

出産・子育て・介護…

 

復職への不安は、以下の記事でまとめています。ぜひご覧ください。

 

 

歯科助手のよくある悩み

歯科助手 人間関係

 

歯科助手の仕事に関する悩みは、「人間関係」「仕事内容」「給料」です。

 

歯科衛生士との人間関係

 

歯科衛生士との関わりは欠かせません。

 

歯科衛生士と歯科助手の人間関係がよくないと、最悪です。

 

歯科衛生士 まな
歯科衛生士 まな

女同士というのもあるかもしれません。

 

お局さんにいじめられたり、先輩衛生士にキツく当たられて辛い思いをしているケースも。

 

仕事がやりにくいだけでなく、院内の雰囲気も悪くなります。

 

院長との人間関係

 

院長を「うざい」と感じている歯科助手さんは多いです。

 

以下は、実際に口にしていた事例です。

 

  • 偉そう
  • 何もしない
  • 機嫌によって態度が違う
  • セクハラやパワハラが常態化している

 

院長との関係は重要なはずなのに、最悪になりがちです。

 

患者さんとのコミュニケーション

 

患者さんとのコミュニケーションも悩みのひとつ。

 

歯科助手は、受付や電話で患者さんに1番最初に接する仕事。

 

気を遣うだけでなく、クレーム対応も必要なのできついです。

 

覚えることが多い

 

診療補助だけでなく、衛生管理・受付業務・院内の雑務など仕事量は多いです。

 

そのため、仕事内容は濃くなりがちで、それをしんどいと感じる人も多いです。

 

給料が低い

 

歯科助手の平均給料は23万円。ボーナスをいれた平均年収は310万円です。

 

日本の平均年収と比較すると低い傾向にありますが、地域によっても大きく変わります。

 

労働環境

 

労働環境がきつい職場もあります。

 

  • 拘束時間が長い
  • 有給がとりにくい
  • 残業代が出ない
  • 昼休みが短い

 

きつい体勢をとることも多いので、腰痛や関節痛になる人もいます。

 

歯科衛生士 まな
歯科衛生士 まな

歯科助手にスケーリングなどの違法行為をやらせている所もあるとかないとか…

 

まとめ

歯科衛生士 人間関係 悩み まとめ

 

歯科衛生士が抱える人間関係の悩み・解決法について紹介してきました。

 

悩み・解決法を知ることも大切ですが、

 

  • 今の職場があわない
  • 人間関係に悩まない職場で働きたい

 

…という歯科衛生士さんは、「実際に行動する」…ことがさらに重要です。

 

心穏やかに働ける職場を探すなら、まずは転職サイトに登録して、気になる求人をチェックしておきましょう。

 

\ 好待遇の求人がみつかる衛生士専門の転職サイト /

 転職サイト名求人数特長おすすめする人口コミ・評判

1位

デンタルワーカー 歯科衛生士

デンタルワーカー

12,000件

職場の雰囲気を確認できる
・ 雇用条件を交渉してくれる
・ エージェントが面接同行(希望者)
快適な職場で働きたい
待遇◎の求人が多く、1番おすすめ
詳細 ▷
歯科衛生士 転職サイト 2位

2位

 

歯科転職ナビ

7,000件

LINEのやりとりがメイン
・ 利用者の満足度 98.2%
・ 転職後のフォローが充実
マイペースで就活したい人
条件にあう求人がLINEで届く
詳細 ▷
歯科衛生士 転職サイト 3位

3位

ファーストナビ

10,000件

・ 2014年創業の老舗
・ 衛生士の4人に1人が利用中
・ 院長の人柄を教えてくれる
良好な人間関係で働きたい人
スタッフの性格が事前にわかる
詳細 ▷

 

※ たくさんの求人を見れるので、転職サイトは複数登録がおすすめ。エージェントが合わない場合、すぐに変えることができます。

 

とくにデンタルワーカーは、年間転職成功者3万人を誇る転職サイト。

 

給与交渉・人間関係のリサーチ・就職後の悩み相談までサポートしてくれるのは、他の転職サイトにはない強みです。

» デンタルワーカーの口コミ・評判

 

歯科衛生士 まな
歯科衛生士 まな

私も、デンタルワーカーが「院長の性格」を教えてくれたおかげで、穏やかな職場でのびのび働いています。

 

デンタルワーカーを利用して、優しい人たちに囲まれて働ける職場を見つけてください!

 

\ 30秒で登録完了 /

【公式】デンタルワーカー はこちら

思わず2度見のお宝求人あり

 

△「歯科衛生士が人間関係のよい職場で働く方法」をもう一度みる △