本記事はプロモーションを含む場合があります

20代歯科衛生士の平均年収はどのくらい?高い給料をもらえる職場も紹介【1〜7年目】

20代 歯科衛生士 給料 年収 手取り

 

 

歯科衛生士になりたての頃は、仕事で覚えることも多く、忙しくなりがち。

 

給料や年収に関して無知のまま働いてしまう場合も。何年も働いた後に、安い給料で働いていたことに気づくこともあります。

 

損をしないためにも、給料事情を知っておくことは重要です。

 

✔︎ この記事を書いたひと

まな

転職4回の歯科衛生士 (Twitter
1年目にパワハラで病む/ブラック→ホワイトな職場で快適に勤務/今はスタッフ100名の医療法人で採用を担当

 

この記事では、20代歯科衛生士の年収・給料事情を解説します。

 

給料の高い職場ランキングも紹介するので、ぜひご覧ください。

 

✔︎ 読み飛ばしガイド

 

20代歯科衛生士の年収について結論をまとめると、次の通りです。

 

✔︎ 結論

  • 20代前半(1〜4年目)は平均年収300万円
  • 20代後半(5〜7年目)は平均年収330万円

 

自分の給料に疑問や不満のある20代歯科衛生士さんは参考にしてください。

 

もくじ

 

20代の歯科衛生士の給料と年収【1〜7年目】

 

20代歯科衛生士の給料と年収は以下のとおりです。

 

  • 20代前半(1〜4年目): 給料 25万円、平均年収 300万円
  • 20代後半(5〜7年目): 給料 27.5万円、平均年収 330万円

» 賃金構造基本統計調査

 

20代前半と20代後半で差があるのが特徴です。

 

20代前半(1〜4年目)の給料事情

 

20代前半の歯科衛生士の給料・年収の目安は以下のとおりです。

 

  • 給料 25万円
  • 平均年収 300万円

 

新卒(1年目)

 

仕事は覚えることだらけ、慣れるのに精一杯の時期でもあります。

 

給料も初任給は22万円が平均。高くても、月収25万円くらいです。

 

新卒の初任給の詳細は、以下の記事で解説しています。

 

»【初任給は月収22万円】新卒の歯科衛生士の給料・年収・手取りを徹底解説

 

2年目

 

仕事に少し慣れてくる。有給でのお休みをすこし満喫できる…かな?

 

社会の仕組みを肌で感じ、税金の高さにびっくりする時期です。

 

3年目

 

仕事にかなり慣れてくる。人間関係や仕事内容で転職を考える人が多い時期です。

 

歯科衛生士 まな
歯科衛生士 まな

院長や同僚の悩み。ほかの同期の環境に嫉妬することも。

 

4年目

 

歯科衛生士の4年目の給料は、月収25万円が平均です。

 

「一通りの仕事がこなせる」「患者さんとも親しくなる」…そんな時期でもあります。

 

病院にもなじみ、患者さんとも信頼関係が強くなってきます。

 

20代後半(5〜7年目)の給料事情

 

20代後半の歯科衛生士の給料・年収の目安は以下のとおりです。

 

  • 給料 27.5万円
  • 平均年収 330万円

 

徐々に給料も上がってきます。

 

5年目

 

責任ある立場を任されるようになってきます。

 

後輩の指導をしたり、トラブルを対応したりと、技術以外の仕事も増えてきます。

 

具体的な給料は、【リアル】5年目の歯科衛生士の給料を公開します|年収を上げる方法は? にまとめています。

 

筆者の実際の給料も紹介しているので、ぜひご覧ください。

 

 

6年目

 

資格を取得したり、深掘りした技術に興味があったりと、自己研鑽の必要性を感じやすい時期です。

 

歯科衛生士 まな
歯科衛生士 まな

ステップアップのためのスキル習得や、ほかの分野への転職も頭にチラつきます。

 

» 衛生士のスキルアップにおすすめの資格 16選

 

7年目〜

 

7年目になると、給料 27.5万円が平均です。

 

働き方や、人生の意義など、自分の生き方について自問自答する時期。

 

今までの経験を次に活かすステップです。

 

 

30代以降の年代との比較

 

他の年代との比較は、以下のとおりです。

 

✔︎ 歯科衛生士の年代別 比較

21~24歳25~29歳30~34歳35~39歳40~44歳45~49歳50~54歳55~59歳
300万円330万円340万円350万円390万円370万円400万円430万円

 

30代になるにつれて、徐々に上がっていきます。

 

20〜30代は出産や結婚で、ブランク期間ができる歯科衛生士さんも多いです。

 

その場合は、パートで働くこともできますし、復帰しやすいです。

 

他の職種との比較

 

歯科衛生士の平均年収は386万円。(»386万円】歯科衛生士の年収を徹底解説

 

日本の労働者の平均年収は422万円。女性に限定すると280万円。(» 賃金構造基本統計調査)

 

歯科衛生士 まな
歯科衛生士 まな

歯科衛生士の年収は、日本の平均年収よりは少ないですが、女性に限定すると100万円ほど高くなります。

 

  • 歯科医師:600万円〜
  • 歯科技工士:377万円
  • 薬剤師:580万円
  • 看護師:499万円

 

他の医療系の国家資格と比べると、歯科衛生士は年収が低い傾向にあります。

 

 

なるべく給料のよい歯科医院で働くなら、まずは給料相場をしって、自分の給料と比較するのが重要です。

 

給料相場をチェックするのは、転職サイトが便利です。適正給料を教えてくれます。

 

筆者が利用した転職サイトを載せておきます。

 

\ 20代歯科衛生士におすすめの転職サイト /

 転職サイト名求人数特長おすすめする人

1位

デンタルワーカー 歯科衛生士

デンタルワーカー

12,000件

・ 高給与の求人が多数
・ 職場の雰囲気をリサーチ
・ 転職活動をトータルサポート
今より給料をあげたい
待遇◎の求人が多く、1番おすすめ
歯科衛生士 転職サイト 2位

2位

ファーストナビ

10,000件

・ 2014年創業の老舗転職サイト
・ 衛生士の4人に1人が利用中
・ 院長の人柄を事前にリサーチ
内部の人間関係を知りたい人
転職の悩み相談ができる
歯科衛生士 転職サイト 3位

3位

 

歯科転職ナビ

7,000件

LINEのやりとりがメイン
・ 利用者の満足度 98.2%
・ 転職後のフォローが充実
マイペースで就活したい人
条件にあう求人がLINEで届く

 

給料の高い職場ランキング

20代 歯科衛生士 給料の高い職場

 

歯科衛生士の平均年収は386万円。

 

20代に限定すると、20代前半(1〜4年目)は平均年収300万円、20代後半(5〜7年目)は平均年収330万円です。

 

20代衛生士の給料は平均より低めなので、年収を上げるためには職場選びが重要です。

 

✔︎ 20代衛生士におすすめ|給料の高い職場ランキング

 

1位の「一般企業」と2位の「行政・歯科衛生士教育機関」への就職は、難易度が高め。理由は以下の通りです。

 

  • 一般企業:歯科衛生士の臨床スキルはあがらない
  • 行政・歯科衛生士教育機関:求人が少ない

 

そのため、「歯科衛生士として働きつつ、年収を上げたい」なら、「総合病院・大学病院」「大きめの医療法人」への転職がおすすめです。

 

一般企業

 

一般企業は、平均年収400万円以上。商品開発・営業・歯科関連業務…と仕事内容は多彩です。

 

とくに「商品開発・営業」部門では、50%以上の社員が「年収500万円以上」です。

 

一方で、臨床の現場から離れるので、臨床のスキルや知識はアップデートしにくいです。

 

歯科衛生士 まな
歯科衛生士 まな

臨床以外に興味のある人は、一般企業への就職を検討してみてください。

 

一般企業への転職は、転職エージェントの利用がおすすめです。他業種の情報を知ることができるからです。

 

それ以外にも、求人の紹介・給料の交渉・面接の調整を代行してくれます。

 

マイナビ転職エージェントサーチ は、業界トップクラスの求人数を誇る転職エージェント。転職のプロがサポートしてくれます。

 

歯科業界以外で年収をアップしたいひとは、マイナビを利用して、情報を集めましょう。

 

20代の転職サポートに強い » マイナビ転職エージェントサーチ

 

行政・歯科衛生士教育機関

 

行政・歯科衛生士教育機関は、役所や保健所・衛生士学校での仕事です。

 

患者さんの対応ではなく、歯科疾患予防の啓蒙活動・口腔の健康相談、学生へ指導などの業務を行います。

 

行政・歯科衛生士教育機関で働く約35%の歯科衛生士が、年収500万以上

 

歯科衛生士 まな
歯科衛生士 まな

最初の給料は低めですが、長く勤めることで給料は上がるのが特長です。

 

待遇がよいため、退職する人は少なめ。そのため求人募集もレアです。あらゆる媒体で求人をチェックしておくしかありません。

 

✔︎ 行政・歯科衛生士教育機関への就職

 

就職するには、都道府県や市町村のホームページ刊行物を「公務in」を細かくチェックしておくしかありません。

 

「インディード」と「デンタルワーカー」は、行政の求人情報は少なめ。ですが、求人がでたときに電話・メールで連絡をもらえます。

 

行政への就職情報を取りこぼしたくない人は、無料登録しておくのがオススメです。

 

 

総合病院・大学病院

 

総合病院・大学病院は、一般歯科より給料が高い傾向にあります。

 

難抜歯・骨折・がん….といった一般歯科で対応できない症例を経験できます。

 

✔︎ 総合病院・大学病院の歯科衛生士の平均年収

病院(国立系)病院(法人系)歯科医院
450万円380万円300万円

引用 » 歯科衛生士の勤務実態調査報告書

 

病院によっては、最初の給料が低いところも。行政と同じで、勤続年数とともに年収はアップしていくのが通例です。

 

病院の求人も、倍率が高く、募集期間も短いので、定期的に求人情報をチェックしておく必要があります。

 

病院の求人を見つけるなら、デンタルワーカーがおすすめです。

 

歯科衛生士 まな
歯科衛生士 まな

病院の求人が掲載されやすく、求人の紹介から面接の同行まで、トータルでサポートしてくれます。

 

院内の雰囲気も事前にリサーチしてくれるので、病院勤務に興味がある人は、デンタルワーカーを利用して転職を成功させましょう。

 

\ 病院の求人多数 /

デンタルワーカーの無料登録はこちら

年間3万人の転職実績

 

» デンタルワーカーの口コミ・評判

 

大きめの医療法人

 

大きめの医療法人は、経営基盤が大きいので、給料だけでなく福利厚生も手厚い傾向があります。

 

平均通りの年収386万円を目指せます。

 

従業員が50人を越えていたり、分院を5つ以上展開している医院は、大きめの医療法人です。

 

患者の多い歯科医院

 

患者さんが多ければ、その分収入もあるので、歯科衛生士の給料は高くなりやすいです。

 

患者さんの数によっては、年収500万円以上も可能です。

 

一方で、勤務時間が長い・残業代が出ない・休みが少ない…といったブラック歯科医院もあるので、給料だけで判断するのは危険です。

 

歯科衛生士 まな
歯科衛生士 まな

院長の性格や、労働契約を事前にリサーチするようにしてください。

 

給料が高く、人間関係も良好な職場を探すなら、転職サイトを利用すると見つかりやすいです。

 

おすすめの転職サイトを載せておきます。

 

\ 20代歯科衛生士におすすめの転職サイト /

 転職サイト名求人数特長おすすめする人

1位

デンタルワーカー 歯科衛生士

デンタルワーカー

12,000件

・ 高給与の求人が多数
・ 職場の雰囲気をリサーチ
・ 転職活動をトータルサポート
今より給料をあげたい
待遇◎の求人が多く、1番おすすめ
歯科衛生士 転職サイト 2位

2位

ファーストナビ

10,000件

・ 2014年創業の老舗転職サイト
・ 衛生士の4人に1人が利用中
・ 院長の人柄を事前にリサーチ
内部の人間関係を知りたい人
転職の悩み相談ができる
歯科衛生士 転職サイト 3位

3位

 

歯科転職ナビ

7,000件

LINEのやりとりがメイン
・ 利用者の満足度 98.2%
・ 転職後のフォローが充実
マイペースで就活したい人
条件にあう求人がLINEで届く

 

※ たくさんの求人を見れるので、転職サイトは複数登録がおすすめ。エージェントが合わない場合、すぐに変えることができます。

 

»【使わない方がいい?】歯科衛生士が転職エージェントをつかうデメリット・メリット

 

給料の高い職場について詳しく知りたい人は、稼ぐならココ】歯科衛生士の給料の高い職場ランキング  をご覧ください。

 

「年収500万円以上の歯科衛生士」の割合が多い職場を紹介しつつ、「求人の見つけ方」まで具体的に解説しています。

 

 

20代歯科衛生士|給料の特徴

歯科衛生士 20代 給料 のびる

 

20代歯科衛生士の年収・給料には、特徴があります。

あくまで平均です

 

データは平均なので、働く職場の環境やエリアによって、個人差があります。

 

✔︎ 歯科衛生士の給料・年収

  • 20代前半(1〜4年目): 給料 25万円、平均年収 300万円
  • 20代後半(5〜7年目): 給料 27.5万円、平均年収 330万円

» 賃金構造基本統計調査

 

30歳を越えると、年収はもう少し高くなります。

 

✔︎ 歯科衛生士の年代別 比較

21~24歳25~29歳30~34歳35~39歳40~44歳45~49歳50~54歳55~59歳
300万円330万円340万円350万円390万円370万円400万円430万円

» 歯科衛生士の給料相場を年齢別・エリアで徹底解説!

 

とはいえ、これらのデータはあくまで平均です。そのため、以下の要素によって個人差がうまれます。

 

  • 地域
  • 患者さんの数
  • 福利厚生の充実度
  • 資格の有無やスキルの高さ

 

リアルな状況は、働いているエリアの求人情報を確認するのが1番です。

 

気になる人は、ぜひチェックしてみてください。エージェントに依頼すると、適正な給料も教えてくれます。

 

» デンタルワーカー公式サイト

 

給料だけで比べない

 

20代歯科衛生士の給料・年収を紹介しましたが、単純に給料・年収だけで比べてはいけません。

 

なぜなら単純に、長い時間働けば給料はあがるからです。

 

たとえば、つぎのような労働環境の歯科医院もありました。

 

  • 休憩なし
  • 12時間勤務
  • 休日出勤
  • 有給なし

 

歯科衛生士 まな
歯科衛生士 まな

そのため、時給に換算して考えておくことは大事です。

 

20代歯科衛生士の平均時給は1,400円…といわれています。

 

時給計算は簡単で、「手取り」を「労働時間」で割るだけです。ぜひ計算してみてくだい。

 

» 給料25万円の歯科衛生士の手取りは19.8万円|手取りアップの方法も解説

 

興味のある分野をさがす

 

興味のある分野を探すのも、給料アップにつながります。

 

仕事に対するモチベーションが上がるだけでなく、医院内での評価も上がるからです。

 

✔︎ 分野の例

矯正・審美・インプラント・歯周病…

 

専門の資格・スキルが身に付く場合もあります。

 

歯科衛生士 まな
歯科衛生士 まな

尊敬できる先生や歯科衛生士に出会えると、なおよしです。

 

面白そう・やってみたいという気持ちは大切。

 

ちなみに、この記事を書いている私は「訪問歯科」メインの歯科医院で働いています。

 

高齢者歯科に興味があったり、一般歯科で合わなかった人はぜひ検討してみてください。

 

訪問歯科での勤務については、【歴7年のDHが解説】訪問歯科で働く衛生士の仕事内容・給料・キャリアパス! でまとめました。

 

 

働き方はそれぞれ

 

働き方は、人それぞれ。考えや環境が違います。

 

給料重視の人もいれば、環境重視の人も。

 

つまりは、自分に合った職場で働くことが重要です。

 

✔︎ おすすめ記事

 

20代の歯科衛生士の給料と年収を解説した|平均年収は300〜330万円

20代 歯科衛生士 給料 年収 まとめ

 

今回は、20代歯科衛生士の平均・給料を紹介しました。20代歯科衛生士の給料事情は次の通り。

 

  • 20〜24歳(20代前半): 給料 25万円、平均年収 300万円
  • 25〜29歳(20代後半): 給料 27.5万円、平均年収 330万円
  • 20代後半になると、給料は高くなる傾向にある
  • 地域や歯科医院の状況によって差が出る

 

給料を知ることは大切ですが、「適正な給料をもらえる環境で働くこと」はさらに重要です。

 

自分にあった職場で働くようにしましょう。

 

✔︎ 20代衛生士におすすめ|給料の高い職場ランキング

 

\ 20代歯科衛生士におすすめの転職サイト /

 転職サイト名求人数特長おすすめする人

1位

デンタルワーカー 歯科衛生士

デンタルワーカー

12,000件

・ 高給与の求人が多数
・ 職場の雰囲気をリサーチ
・ 転職活動をトータルサポート
今より給料をあげたい
待遇◎の求人が多く、1番おすすめ
歯科衛生士 転職サイト 2位

2位

ファーストナビ

10,000件

・ 2014年創業の老舗転職サイト
・ 衛生士の4人に1人が利用中
・ 院長の人柄を事前にリサーチ
内部の人間関係を知りたい人
転職の悩み相談ができる
歯科衛生士 転職サイト 3位

3位

 

歯科転職ナビ

7,000件

LINEのやりとりがメイン
・ 利用者の満足度 98.2%
・ 転職後のフォローが充実
マイペースで就活したい人
条件にあう求人がLINEで届く