20代の歯科衛生士の給料と年収を解説します【20代後半にのびる】

20代 歯科衛生士 給料 年収 手取り

 

歯科衛生士「20代の歯科衛生士って、どのくらい給料をもらえるのかな。相場より年収が低かったらどうしよう…」

 

20代の歯科衛生士さんにとって、「給料」は気になることのひとつですよね。

 

この記事では、20代の歯科衛生士の給料事情について解説します。

 

✔︎ 本記事の内容

 

✔︎ この記事を書いたひと

しろたぬ 歯科医師

複数の歯科医院ではたらく歯医者/ライター
今まで100人以上の歯科衛生士さんと仕事を経験。雇用する立場としても「歯科衛生士転職」の内情に精通。医療と介護について呟く Twitter は1.1万人フォロワー。

しろたぬ 歯科医師をフォロー

 

この記事をよむと、20代の歯科衛生士の年収・給料事情がすべてわかります。

 

  • 20代歯科衛生士の給料、年収が気になる…
  • やすい給料で働いてたらどうしよう…

 

…という歯科衛生士さんはぜひご覧ください。

 

>> 歯科衛生士が高収入を稼ぐためのシンプルな方法

 

もくじ

 

20代の歯科衛生士の給料と年収【20代後半にのびる】

歯科衛生士 20代 給料 のびる

 

20代歯科衛生士の給料と年収は以下のとおりです。

 

  • 20〜24歳(20代前半): 給料 25万円、平均年収 300万円
  • 25〜29歳(20代後半): 給料 28万円、平均年収 330万円

 

20代前半と20代後半で差があるのが、特徴ですね。

 

>> 参照

 

20〜24歳(20代前半)の給料事情

 

20代前半の歯科衛生士の給料・年収の目安は以下のとおりです。

 

  • 給料 25万円
  • 平均年収 300万円

 

新卒(1年目)

 

仕事は覚えることだらけ、慣れるのに精一杯の時期でもあります。

 

給料も、高くて25万円くらいです。

 

>>新卒の歯科衛生士の給料・年収を解説します

 

2年目

 

仕事に少し慣れてくる。有給でのお休みを満喫。

 

社会の仕組みを肌で感じ、税金の高さにびっくりする時期です。

 

スポンサーリンク

3年目

 

仕事にかなり慣れてくる。人間関係や仕事内容で転職を考える人が多い時期です。

 

院長や同僚の悩み。ほかの同期の環境に嫉妬することも。

 

4年目

 

一通りの仕事がこなせる。患者さんとも親しくなる。

 

病院にもなじみ、患者さんとも信頼関係が強くなってきます。

 

25〜29歳(20代後半)の給料事情

 

20代後半の歯科衛生士の給料・年収の目安は以下のとおりです。

 

  • 給料 28万円
  • 平均年収 330万円

 

徐々に給料も上がってきます。

 

5年目

 

責任ある立場を任されるようになってきます。

 

後輩の指導をしたり、トラブルを対応したりと、技術以外の仕事も増えてきます。

 

6年目

 

資格を取得したり、深掘りした技術に興味があったりと、自己研鑽の必要性を感じやすいです。

 

ステップアップのためのスキル習得や、ほかの分野への転職も頭にチラつきます。

 

7年目〜

 

働き方や、人生の意義など、自分の生き方について自問自答する時期。

 

今までの経験を次に活かすステップです。

 

あくまで平均です

 

30歳を越えると、年収はもう少し高くなります。

 

>> 【適正な給料で働きたい】歯科衛生士の年収を年代別に解説します

 

とはいえ、これらのデータはあくまで平均です。

 

  • 地域
  • 患者さんの数
  • 福利厚生の充実度
  • 資格の有無やスキルの高さ

 

…などによって、個人差があります。

 

リアルな状況は、働いているエリアの求人情報を確認するのが1番です。

 

気になる人は、ぜひチェックしてみてください。

 

✔︎ 20代 歯科衛生士におすすめの転職サイト

転職サイト特徴おすすめポイント公式サイト
🥇 デンタルワーカー・転職成功者 年間3万人
・プロのアドバイザーが在籍
高給与・高収入の
求人が豊富
\詳細をみる/
🥈 ファーストナビ・歯科衛生士の4人に1人が利用
・院長の人柄をリサーチできる
恵まれた人間関係で
働きたい人におすすめ
\詳細をみる/
🥉 ジョブメドレー・利用者満足度96%
・希望条件がみつかる検索機能
希望にあった求人が
メールで届く
\詳細をみる/

 

※ 歯科衛生士向けの転職サイトは20社以上あります。

歯科衛生士さんへのリサーチをもとに、厳選しました。

>> 【歯科衛生士転職サイト】おすすめランキング21選

 

年収・給料から考える20代歯科衛生士のキャリアプラン

年収 給料 20代歯科衛生士 キャリアプラン

 

年収をもとに、20代歯科衛生士のキャリアプランを考えてみましょう。

 

20代 歯科衛生士が適正な給料で働く方法

 

平均の給料や年収を知ることは大切ですが、「適正な給料をもらうこと」はさらに重要です。

 

給料が低い場合は、適正な給料をもらうようにしましょう。

 

そのためには、以下の5つが有効です。

 

  • ①:高収入の求人をさがす
  • ②:ひとつの歯科医院に長く勤める
  • ③:副業する
  • ④:資格をとる
  • ⑤:東京で働く

 

くわしくは「歯科衛生士が高収入を稼ぐためのシンプルな方法」について解説しているので、ぜひご覧ください。

 

 

単純に給料だけで比べない【時給が大事】

 

20代歯科衛生士の給料・年収を紹介しましたが、単純に給料・年収だけで比べてはいけません。

 

なぜなら、単純に長く働けば給料はあがるからです。

 

たとえば、

 

  • 休憩なし
  • 12時間勤務
  • 休日出勤
  • 有給なし

 

…のような労働環境の歯科医院もありました。

 

そのため、時給に換算して考えておくことは大事です。

 

時給計算は簡単で、

 

・「手取り」を「労働時間」で割る

 

…だけです。

 

20代歯科衛生士の平均時給は1,400円…といわれているので参考にしてくださいね。

 

ぜひ計算してみてくだい。

 

人間関係も大切に

 

歯科衛生士が働く上で、給料とおなじくらい大切なことは「人間関係」です。

 

人間関係が悪すぎると、辞めたくなるだけでなく、身体や心の調子が悪くなることも。

 

そのため、人間関係の悪くない環境で働く…は重要です。

 

とくに、

 

  • 性格の悪い院長
  • お局歯科衛生士
  • 苦手な院長夫人
  • 悪口ばかり言う同僚

 

…には要注意です。

 

※ もし、「給料も低く、人間関係も悪い」職場で働いているなら転職も検討すべきです。

 

以下の記事では、「失敗しない転職方法」をあますところなく解説しているので、

 

環境を変えたい…と考えている歯科衛生士さんはぜひ併せて読んでみてください。

 

 

20代の歯科衛生士の給料と年収を解説した

20代 歯科衛生士 給料 年収 まとめ

 

今回の記事をまとめます。

 

  • 20〜24歳(20代前半): 給料 25万円、平均年収 300万円
  • 25〜29歳(20代後半): 給料 28万円、平均年収 330万円
  • 20代後半になると、給料は高くなる傾向にある
  • 地域や歯科医院の状況によって差が出る

 

給料を知ることは大切ですが、「適正な給料をもらえる環境で働くこと」はさらに重要です。

 

キャリア形成の参考になれば嬉しいです。

 

今回は以上です!

 

✔︎ 20代 歯科衛生士におすすめの転職サイト

転職サイト特徴おすすめポイント公式サイト
🥇 デンタルワーカー・転職成功者 年間3万人
・プロのアドバイザーが在籍
高給与・高収入の
求人が豊富
\詳細をみる/
🥈 ファーストナビ・歯科衛生士の4人に1人が利用
・院長の人柄をリサーチできる
恵まれた人間関係で
働きたい人におすすめ
\詳細をみる/
🥉 ジョブメドレー・利用者満足度96%
・希望条件がみつかる検索機能
希望にあった求人が
メールで届く
\詳細をみる/

 

 

 

 

 

✔︎ この記事を書いたひと
しろたぬ 歯科医師

複数の歯科医院ではたらく歯医者/ライター
今まで100人以上の歯科衛生士さんと仕事を経験。雇用する立場としても「歯科衛生士転職」の内情に精通。医療と介護について呟く Twitter は1.1万人フォロワー。

しろたぬ 歯科医師をフォロー
スポンサーリンク
スポンサーリンク
給料・年収
歯科衛生士の転職.com