病院歯科に興味がある歯科衛生士に「病院歯科の特長」を教えます【働いてみたい】

歯科衛生士 病院歯科 求人 勤務 仕事内容

 

歯科衛生士「病院歯科について知りたいな。勤務条件が恵まれているみたいだし、給料も高いって聞いた。仕事内容も含めて、病院歯科について教えてほしい。」

 

歯科衛生士の中には、

 

  • 懸命に働いているのに給料が安い
  • いつも勤務時間をオーバーしているのに、残業代も出ない
  • 休みや有給が全然とれない
  • ルーティンばかりで、勉強できない

 

…と悩んでいる人もいます。

 

どれだけのお金や時間を損しているか、考えるだけでも嫌になりますよね。

 

そんなときは、「病院歯科」での勤務を検討するのは…アリです。

 

この記事では、「病院歯科」の特徴をまとめて紹介します。

 

✔︎ この記事を書いたひと

しろたぬ 歯科医師

複数の歯科医院ではたらく歯医者/ライター
今まで100人以上の歯科衛生士さんと仕事を経験。雇用する立場としても「歯科衛生士転職」の内情に精通。医療と介護について呟く Twitter は1.1万人フォロワー。

しろたぬ 歯科医師をフォロー

 

わたし自身も病院歯科で仕事しています。

 

病院歯科で働く歯科衛生士さんにリサーチした内容なので、病院歯科に興味ある歯科衛生士さんはぜひご覧ください。

 

\ 今すぐ登録はこちら /

転職サイト特徴おすすめポイント公式サイト
🥇 デンタルワーカー・非公開の求人多数
・プロのアドバイザーが在籍
求人情報が豊富なので
1番オススメ
\詳細をみる/
🥈 ファーストナビ・歯科衛生士の4人に1人が利用
・院長の人柄をリサーチできる
恵まれた人間関係で
働きたい人におすすめ
\詳細をみる/
🥉 ジョブメドレー・利用者満足度96%
・希望条件がみつかる検索機能
希望にあった求人が
メールで届く
\詳細をみる/

 

 

もくじ

 

病院歯科とは?

歯科衛生士 病院歯科 とは

 

病院歯科とは「国立病院」「大学病院」のような大きい病院の中に併設されている歯科のことです。

 

具体的には、つぎのような病院の中の診療科として存在します。

 

  • 国立病院
  • 公立(市区町村)病院
  • 公的、社会保険関係の病院
  • 大学病院

 

※ これらの病院は総合病院と呼ばれることもあります。

総合病院とは、多くの診療科を有する大きい病院の総称。(法律上は総合病院という分類はありません)

 

病院歯科で働く歯科衛生士の仕事内容【どんな業務?】

病院歯科 歯科衛生士 仕事内容 業務

 

業務内容を解説していきます。

仕事内容はわりとある

 

病院歯科ではたらく歯科衛生士の主な仕事内容は次のとおりです。

 

  • 歯科保健指導
  • 妊産婦への指導
  • 歯科診療の補助
  • 周術期の口腔管理
  • 外科手術の準備、補助
  • 市町村の健康講座への参加

 

業務はかなり幅広いことが多いです。

 

さらに病院によって、

 

  • 一般歯科
  • 口腔外科
  • 矯正歯科
  • 障がい者歯科

 

…で業務割合が違うので、それに応じて仕事内容はことなります。

 

ですが、一般歯科の歯科治療とは違った業務が増えるのは間違いありません。

 

素人でも大丈夫?【結論:初心者OK】

 

大丈夫です。

 

最初からできる人はいません。みんな最初は素人です。

 

やりながら覚える…ことができる内容です。

 

病院歯科の勤務条件

歯科衛生士 病院歯科 勤務 条件

 

病院歯科の勤務条件は、わりと恵まれていることが多いです。

病院歯科で働く平均給料

 

病院歯科で働く歯科衛生士の平均年収は 約450万円。

 

一般歯科と比べても、かなりの高待遇です。

 

一般病院(国立)一般病院(法人)歯科医院
450万円380万円300万円

 

資料をみても「診療所(歯科医院)」「一般病院」「公的病院(国立や市立)」の順に給料は高くなる傾向です。

 

病院歯科 歯科衛生士 勤務条件

参照:歯科衛生士の勤務実態調査報告書

 

そのため、求人が出てもすぐに埋まってしまうことが多いです。

 

福利厚生

 

病院歯科は福利厚生も充実しています。

 

なぜなら大きな機関なので、法令遵守が大前提…だからです。

 

  • 有給
  • 育休
  • 産休
  • 退職金
  • 社会保険

 

求人を見るとわかりますが、こういった福利厚生は完璧に整っています。

 

安心して働くことができますね。

 

一般歯科と比較した病院歯科のメリット

病院歯科 歯科衛生士 メリット

 

一般歯科と比較したメリットを紹介します。

 

  • ①:給料が高めのことが多い
  • ②:福利厚生が充実している
  • ③:いろいろな職種と出会える
  • ④:資格を取りやすい

 

①:給料が高めのことが多い

 

紹介したように、病院歯科の給料は平均年収は 約450万円。

 

わりと高めの収入をもらえることが多いです。

 

さすが大企業ならぬ、大病院…といったところでしょうか。

 

注意点は、

 

  • 段々と昇給することが多い(就職時の給料は低いことがある)
  • すべての病院歯科が高収入のわけではない

 

…です。

 

そのため、事前にしっかりと給料制度について確認することが大切です。

 

②:福利厚生が充実している

 

病院歯科は福利厚生が充実していることも多いです。

 

  • 社会保険
  • 雇用保険
  • 有給
  • 退職金

 

…はもちろんのこと、

 

  • 住宅手当
  • 社員食堂
  • リフレッシュ休暇
  • レジャー施設の割引

 

…などの独自の福利厚生があるところも少なくありません。

 

勤務時間も短めで、早ければ17時、遅くても18時には終わるところが多いです。

 

③:いろいろな職種と出会える

 

病院歯科では、歯科だけではなく全身の管理が必要な患者さんが多いです。

 

そのため、

 

  • 医師
  • 看護師
  • 薬剤師
  • 栄養士
  • 言語聴覚士
  • 臨床心理士

 

このように、一般歯科では味わうことのできない職種と連携することになります。

 

医療人として視野が広がり、歯科以外の病気への理解を深めることができます。

 

④:資格を取りやすい

 

病院歯科では、症例数も多く設備も充実しているので、勉強できる環境が整っています。

 

そのため、その延長で「資格」を取得できることがあります。

 

実際に、

 

 

…を取得した歯科衛生士さんもいます。

 

やる気次第で、キャリアアップにつながりますね。

 

一般歯科と比較し病院歯科のデメリット

病院歯科 歯科衛生士 デメリット

 

病院歯科にはメリットだけでなく、デメリットもあります。

 

  • ①:求人があまり出ない
  • ②:緊張感がある
  • ③:一般歯科の症例は少ない
  • ④:給料が低いことがある

 

上記の通りです。

①:求人があまり出ない

 

病院歯科の求人数はあまり出ません。

 

理由として、

 

  • そもそもの数が少ない(90%以上が一般歯科の開業医)
  • 恵まれた環境のため、あまり辞める人がいない

 

…が考えられます。

 

とはいえ、募集が出ないわけではないので、アンテナを立てておくことが大切です。

 

②:緊張感がある

 

病院歯科は緊張感があります。

 

重い全身疾患を抱えた患者さんも多く、一つのミスが命に関わるからです。

 

しろたぬ
しろたぬ

そのため実力がつくまでは、怒られたりすることも。

 

医師や看護師など他の職種の人に認められるまでは、低い立場で扱われることもありました。

 

ですが、結果を出せば認めてくれるので、緊張感を持ちつつ、仕事に慣れていきましょう。

 

③:一般歯科の症例は少ない

 

病院歯科は、

 

  • 虫歯治療
  • 根管治療
  • 入れ歯治療

 

…といった一般歯科で治療する症例は少なくなります。

 

そのため、一般歯科治療のスキルや知識はやや経験しにくいです。

 

その分、

 

  • 口腔外科(抜歯、腫瘍、麻酔)
  • 障害者歯科

 

…などに関しては、たくさんの経験ができます。

 

中には、矯正まで行うところも。

 

④:給料が低いことがある

 

病院歯科には、給料が低いところがあります。

 

最初は給料が低く、その後は昇給していくパターンが多いですが、中にはそうではないところも。

 

そのため、

 

  • 募集要項を読む
  • 面接のときにしっかり確認する
  • エージェントにリサーチしてもらう

 

…といった前もった対策は必須です。

 

【どうやって働ける?】病院歯科の見つけ方

歯科衛生士 病院歯科 どうやって 見つけ方

 

歯科衛生士「病院歯科の募集はどこでみつけるの?大学病院で働くには?」

 

…と気になる人に、病院歯科の見つけ方を解説します。

 

病院歯科の歯科衛生士求人は、

 

  • 病院のホームページを直接チェックする
  • 転職サイトで求人情報をチェックする

 

…のどちらかで見つけることができます。

 

働きたいエリアの病院をリサーチしてみてください。

 

病院のホームページを直接チェックする

 

歯科衛生士に欠員が出ると、ホームページに募集が掲載されます。

 

自分の住んでいる地域の病院のホームページを定期的にチェックしておく必要があります。

 

募集を見つけたら、

 

  • ホームページ上から申し込む
  • 直接電話をかける

 

…ことで求人に応募することができます。

 

転職サイトで求人情報をチェックする

 

転職サイトに、病院歯科の求人が掲載されることがあります。

 

実際の求人情報画面です (デンタルワーカー より)▼

デンタルワーカー 病院歯科 求人情報

 

転職サイトでは、

 

・エージェントさんが教えてくれる

・新着求人がメールで届く

 

…といった機能をもつサイトを利用することで見逃しを防止することができます。

 

病院歯科が充実している転職サイトを使いましょう

 

効率よく病院歯科の求人をみつけるなら、まずは転職サイトに登録して、作業を自動化しておきましょう。

 

オススメの転職サイトはこちら ▼

  • デンタルワーカー転職に失敗したくない歯科衛生士さんにおすすめ
    ※ 病院歯科の非公開求人が多数・歯科衛生士転職のプロによる充実サポート・1番オススメです
  • ファーストナビ | 恵まれた人間関係で働きたい歯科衛生士さんにおすすめ
    ※ エージェントが院長の人柄などの内部情報をおしえてくれる・登録者限定の非公開求人は良質
  • ジョブメドレー | 条件にこだわりのある歯科衛生士さんにおすすめ
    ※ 「病院歯科」で検索できる・希望にあった求人がメールで届くので、優良求人を見逃しにくい

 

特にデンタルワーカーは年間3万人の転職成功実績があるので、病院歯科に興味がある歯科衛生士さんにおすすめです。

 

※ 歯科衛生士向けの転職サイトは20社以上あります。

歯科衛生士さんへのリサーチをもとに、厳選しました。

>> 【歯科衛生士転職サイト】おすすめランキング21選

 

早めの行動で、転職活動は有利になる

 

病院歯科を探す場合、早めに求人を探し始めることは大切です。

 

求人の出現率が低いので、長い目で探す必要があるからです。

 

歯科衛生士が転職活動することはタダでできます。なにもリスクはありません。

 

転職を考えている人は早めに転職活動をはじめてみてくださいね。

 

まとめ:病院歯科で働こう!

歯科衛生士 病院歯科 働きたい

 

今回は、歯科衛生士さんに向けて「病院歯科の特徴」を紹介しました。

 

特徴を知ることも大切ですが、「実際に行動してみる」ことはさらに重要です。

 

まずはできることから、踏み出してみてください。

 

✔︎ 歯科衛生士のおすすめの転職サイト

特徴おすすめポイント公式サイト
🥇 デンタルワーカー・非公開の求人多数
・プロのアドバイザーが在籍
・就職後のフォローも万全
求人情報が豊富なので
1番オススメです
\登録はこちら/
🥈 ファーストナビ・非公開の求人が多数
・院内のくわしい情報が豊富
・歯科衛生士の4人に1人が利用
恵まれた人間関係で
働きたい人におすすめ
\登録はこちら/ 
🥉 ジョブメドレー・多彩な検索機能
・利用者の満足度96%
・医療系転職サイトの大手
ゆっくりマイペースで
就職活動ができる
\登録はこちら/

 

また、歯科衛生士の「お金の悩み」について知ることもオススメです。

 

以下の記事では、歯科衛生士の「給料・年収に関する悩み」についてまとめています。

 

こちらもぜひ検討ください。

 

 

ステキな病院歯科と出会えますように!今回は以上です。

✔︎ この記事を書いたひと
しろたぬ 歯科医師

複数の歯科医院ではたらく歯医者/ライター
今まで100人以上の歯科衛生士さんと仕事を経験。雇用する立場としても「歯科衛生士転職」の内情に精通。医療と介護について呟く Twitter は1.1万人フォロワー。

しろたぬ 歯科医師をフォロー
スポンサーリンク
スポンサーリンク
働き方
歯科衛生士の転職.com