本記事はプロモーションを含む場合があります

【全体の13%】歯科衛生士が年収500万円に到達する3つの方法|稼げる職場はどこ?

歯科衛生士 年収500万円 稼げる職場

 

歯科衛生士として年収500万をもらえたらいいな…と思っていませんか?月給にして約40万円。

 

年収500万円あれば、好きなことにお金が使えますよね。

 

歯科衛生士の給料は、働く場所や働き方で大きく変わるため、適切な職場で仕事することが大切です。

 

歯科衛生士の勤務実態調査 によると、年収500万円の歯科衛生士は全体の約13%。やり方次第で、十分に到達できます。

 

✔︎ この記事を書いたひと

まな

転職4回の歯科衛生士 (Twitter
1年目にパワハラで病む/ブラック→ホワイトな職場で快適に勤務/今はスタッフ100名の医療法人で採用を担当

 

この記事では、歯科衛生士が年収500万円に到達する3つの方法を解説します。

 

併せて「500万稼げる職場ランキング」「500万円稼ぐ歯科衛生士の特長」も紹介するので、ぜひご覧ください。

 

この記事を読むと、年収500万円の歯科衛生士になる確率がグッと高まります。

 

もくじ

歯科衛生士が年収500万円に到達する3つの方法

歯科衛生士 年収500万

 

歯科衛生士が年収500万円稼ぐ方法は、次の3つです。

 

 

年収500万円の歯科医院に就職する

 

年収500万円以上の歯科医院に就職すると、当たり前ですが年収500万円〜が確定します。

 

年収500万円以上の職場は、数は少ないですが存在します。

 

✔︎ 歯科衛生士が年収500万円以上稼げる職場

  • 行政・歯科衛生士養成機関
  • 大学病院・総合病院
  • 大きめの医療法人
  • 自費の多い歯科医院
  • 患者さんの多いクリニック

 

とはいえ、中には、労働時間が長すぎる・休日がない・激務すぎて病む…といったブラックな歯科医院もあるので要注意です。

 

歯科衛生士 まな
歯科衛生士 まな

知り合いの紹介や転職エージェントの内部リサーチを使って、人間関係や労働環境を事前に確認するようにしてください。

 

500万以上の求人はすぐになくなってしまうので、転職サイトで定期的にチェックしておきましょう。

 

「500万円以上稼げる職場の詳細」と「求人の見つけ方」は、【稼ぐならココ】歯科衛生士の給料の高い職場ランキング で紹介しています。

 

 

年収400万の職場で必要な人材になる

 

年収400万の歯科医院で「必要な人材」になるのは、年収500万を突破する方法のひとつです。

 

欠かせない人材になることで、給料は上がりやすく、給与の交渉も可能になります。

 

具体的には、以下のような人材は重宝されます。

 

  • 忙しくても回せる能力
  • コミュニケーション能力
  • スキルが高い・資格保有

 

忙しい歯科医院は、患者さんを効率的に治療するのが大切。

 

アポの取り方・会計のスピード・患者さんへの気遣いができる歯科衛生士は貴重です。

 

コミュニケーション能力があると、患者さんからの不満。クレームが減り、クリニックの信頼もあがります。

 

歯科衛生士 まな
歯科衛生士 まな

コミュニケーション能力の高い衛生士は、自費の成約率も高くなるので、医院にとっては欠かせない人材です。

 

スキルがあったり、資格保有している歯科衛生士は、良好な治療結果につながり、医院のウリにもなります。

 

»歯科衛生士必見】年収400万円もらいたい|稼ぐ方法と注意点を紹介

 

500万到達まで少し時間はかかりますが、その間に働きやすい環境を整えることができます。

 

転職サイトを確認するとわかりますが、年収400万円の歯科医院の数は、年収500万円の歯科医院の5倍存在します。

 

\ 好条件の求人がみつかる衛生士専門の転職サイト /

公式特長おすすめする人口コミ・評判
歯科衛生士 転職サイト 1位

デンタルワーカー

500万円以上の求人多数
・行政や大学病院の求人あり

・職場の雰囲気をリサーチ
今より給料を上げたい
良質の求人が多く、1番おすすめ
\詳細はこちら/
歯科衛生士 転職サイト 2位

ファーストナビ

衛生士の4人に1人が利用中
・マップから求人を探せる
・給与交渉を代行してくれる
マメなサポートを受けたい人
電話で悩み相談ができる
\詳細はこちら/
歯科衛生士 転職サイト 3位

歯科転職ナビ

希望の年収で検索できる
・利用者の満足度 98.2%
・条件にあう求人が✉️で届く
マイペースで就活したい人
LINEのやりとりがメイン
\詳細はこちら/

 

副業で収益をだす

 

副業で収益をだすことも、年収500万への方法のひとつです。

 

年収をあげるには、本業だけにこだわる必要はありません。

 

✔︎ 副業のパターン

  • 他の医院でパートなどの労働系
  • SNSやブログなどのネット系
  • 株や為替取引などの投資系

 

休日にパートをするのは、確実に年収があがるのでおすすめ。

 

歯科衛生士 まな
歯科衛生士 まな

一方で、自由な時間が減ってしまうので、バランスは重要です。

 

ネット系は、すぐに稼げないものも多いです。ブログやSNSは、時給ゼロ円が数年間続くことも。

 

資産運用は、資産が増えるメリットがある反面、減ってしまうリスクもあります。余剰資金で行うのが基本です。

 

歯科衛生士の副業については、以下の記事で詳しく紹介しています。

 

»在宅ワークあり】歯科衛生士におすすめの副業 11選 

 

副業は簡単には収益が出ません。そのため、時間の確保は重要です。副業できる時間が増えるほど、収入アップは近づきます。

 

歯科衛生士 まな
歯科衛生士 まな

給料はやや低めでもQOLの高い歯科医院で働いて、時間を確保するのはひとつのやり方です。

 

歯科衛生士がのんびり楽に働く方法は、以下の記事で解説しています。

 

» 歯科衛生士が楽に働ける歯科医院を見つける方法【楽な職場でのんびり

 

年収500万円稼げる職場ランキング

歯科衛生士 年収500万円稼げる 職場 ランキング

 

歯科衛生士が年収500万円をかせぎやすい職場をランキングで紹介します。

 

✔︎ 歯科衛生士が年収500万円稼ぎやすい職場ランキング

(クリックすると、概要・就職の方法にジャンプします)

 

実際、年収500万円以上稼ぐ歯科衛生士の割合は、以下の通り。

 

歯科衛生士 年収500万円 稼げる職場

 

行政・歯科衛生士養成機関

 

行政・歯科衛生士養成機関では、約3人に1人の歯科衛生士が年収500万円以上もらっています。

 

年功序列で給料があがるので、最初は低い給料の場合も多いです。

 

歯科衛生士 まな
歯科衛生士 まな

長く在籍することが年収をあげるポイントです。

 

行政・歯科衛生士養成機関は、待遇がよく募集枠も少ないので、なかなか求人がでません。

 

役所のホームページ歯科衛生士学校のホームページを定期的にチェックしておきましょう。

 

大学病院・総合病院

 

大学病院、総合病院では、20.3%の歯科衛生士が年収500万円以上です。

 

とくに、公立の病院は年収が右肩上がりです。

 

一般の歯科では経験できない重症度の高い治療に携わることもできます。(» 病院勤務の歯科衛生士の「仕事内容・年収」

 

大学病院・総合病院の求人は、ホームページ歯科衛生士むけの転職サイトに掲載されることもあるので、チェックしてみてください。

 

転職サイトに登録しておくと、求人がでたときに電話orメールで教えてくれるので便利です。

 

総合病院・大学病院の求人を探すなら、歯科衛生士に特化した転職サイト「デンタルワーカー」がおすすめです。

 

病院の求人情報がスピーディーに掲載されます。最短1週間で転職も可能です。( » デンタルワーカーの口コミ・評判

 

病院勤務に興味のある歯科衛生士は、デンタルワーカーに登録して、情報を受け取れるようにしておきましょう。

 

\ 年収100万円アップ多数 /

デンタルワーカーで病院の求人を探す

年間の転職実績 3万人

 

大きめの医療法人

 

大きめの医療法人は給料が高めです。利益も大きく、福利厚生も充実している傾向があります。

 

コンプライアンスがしっかりしているので、働く身としても安心です。

 

  • 有給・残業代が法定通り支給
  • ボーナスあり
  • 家賃手当あり

 

上記のような医療法人は多いので、転職サイトを使うとみつかります。

 

自費の多い歯科医院

 

自費の多い歯科医院の給料は高めです。患者さん一人当たりの単価が高いからです。

 

✔︎ 自費の多い歯科医院

  • 審美・美容歯科
  • 矯正歯科
  • インプラント専門の歯医者

 

とはいえ、患者さんが来院しないと経営は成り立ちません。

 

年収が高い歯科医院は一定数以上の患者さんがいる証なので、多忙なことも多いです。

 

患者さんの多いクリニック

 

患者さんの多いクリニックは、給料が高めです。

 

患者さんが多いと、シンプルに売り上げがあがります。その分、スタッフの給料は上がりやすいです。

 

歯科衛生士 まな
歯科衛生士 まな

とはいえ、儲かっていてもスタッフの給料が低い歯科医院も。忙しすぎて、病んでしまうパターンもあります。

 

患者が多いから給料が高いかどうかは、院長の性格や経営方針に影響をうけるので、しっかりリサーチしましょう。

 

院長の人柄やスタッフの人間関係をしるには、転職サイトを活用してみてください。院内の雰囲気を教えてくれます。

 

おすすめの転職サイトを載せておきます。

 

\ 好条件の求人がみつかる衛生士専門の転職サイト /

公式特長おすすめする人口コミ・評判
歯科衛生士 転職サイト 1位

デンタルワーカー

500万円以上の求人多数
・行政や大学病院の求人あり

・職場の雰囲気をリサーチ
今より給料を上げたい
良質の求人が多く、1番おすすめ
\詳細はこちら/
歯科衛生士 転職サイト 2位

ファーストナビ

衛生士の4人に1人が利用中
・マップから求人を探せる
・給与交渉を代行してくれる
マメなサポートを受けたい人
電話で悩み相談ができる
\詳細はこちら/
歯科衛生士 転職サイト 3位

歯科転職ナビ

希望の年収で検索できる
・利用者の満足度 98.2%
・条件にあう求人が✉️で届く
マイペースで就活したい人
LINEのやりとりがメイン
\詳細はこちら/

 

※ たくさんの求人を見れるので、転職サイトは複数登録がおすすめ。エージェントが合わない場合、すぐに変えることができます。

 

とくにデンタルワーカーは、年間転職成功者3万人を誇る転職サイト。

 

給与交渉・人間関係のリサーチ・就職後のフォローをしてくれるのは、他の転職サイトにはない強みです。

» デンタルワーカーの口コミ・評判

 

歯科衛生士 まな
歯科衛生士 まな

私も、デンタルワーカーが「待遇も環境もよい職場」を教えてくれたおかげで、ストレスフリーで働いています。

 

高年収の歯科医院で快適に働きたいひとは、デンタルワーカーを利用して求人をチェックしてみましょう。

 

\ 完全無料で転職成功できる /

デンタルワーカーで求人をチェック

しつこい勧誘 一切なし

 

歯科業界に飽きた人は一般企業もあり

 

一般企業の中には、年収500万以上もらえる企業もあります。

 

1000万円近い年収をもらえることも。

 

✔︎ 歯科衛生士が応募可能な求人例

歯科衛生士 年収500万円 一般企業

(参考サイト:マイナビ転職エージェントサーチ

 

とはいえ、歯科衛生士としてではなく、商品開発・営業といった完全に他業種になります。

 

そのため、歯科衛生士としてのスキルや知識はアップデートされにくい欠点も。

 

歯科以外に興味のある歯科衛生士は、他業種の求人を一度チェックしてみてください。

 

マイナビは、国内トップクラスの求人数を誇る転職サイト。企業の求人紹介から、給料の交渉・面接の対策までサポートしてくます。

 

年収500円以上の求人が気になる人は、くわしい求人情報をゲットしてみましょう。

 

15万件以上の求人数 » マイナビ転職エージェントサーチ

 

年収500万もらえる衛生士の特長

歯科衛生士 年収500万 特長

 

年収500万もらえる歯科衛生士は、次のどれかに該当します。

 

✔︎ 年収500万もらえる歯科衛生士の特長

  • 忙しくても回せる能力がある
  • コミュニケーション能力が高い
  • 資格を持っている

 

年収500万もらえる歯科衛生士は、「医院にとって必要な人材」です。

 

忙しくても回せる能力がある

 

500万円稼ぐには、多くの患者数が必要です。そのため、患者さんを回せる能力は重要です。

 

忙しい現場を円滑にすすめるためには、以下の能力が求められます。

 

  • 状況を把握する能力
  • スタッフを指導する能力

 

忙しくても回せる能力がある歯科衛生士は「気を使える性格の人」や「長女の人」が多いです。

 

長年の経験で身につけることもできます。

 

コミュニケーション能力が高い

 

500万円以上の歯科衛生士は、コミニケーション能力の高い傾向にあります。

 

コミュニケーションをとれることで、仕事が円滑に進むだけでなく、雰囲気のよい職場になるからです。

 

クレームは減り、医院の評判アップにもつながります。

 

歯科衛生士 まな
歯科衛生士 まな

コミュニケーション能力は「自費の成約率」にも影響します。

 

連絡が早く、報連相が徹底しているタイプが多いです。

 

歯科の現場は、患者さん・スタッフ・先生・材料屋さんなど色々な人と関わるので、コミュニケーション能力は大切です。

 

資格を持っている

 

資格のある歯科衛生士は、500万円以上稼げる確率がアップします。

 

資格の知識やスキルを活かすことで、治療の効果が高まるだけでなく、歯科医院のウリになります。

 

資格手当として支給されることも多いです。

 

誰でも取れる資格・簡単に取れる資格より、難易度が高い資格はとくに重宝されます。

 

✔︎ 難易度の高い資格

( 歯科衛生士のスキルアップにおすすめの資格 16選 )

 

スキルのある歯科衛生士は、次のタイプが多いです。

 

  • セミナー・本から常に新しい知見を手に入れている
  • 取得難度の高い資格に挑戦している

 

資格は、取得まで数年かかるものも多いので、すぐに稼げる効果は薄いです。しかし、将来的に稼げる可能性を高めることができます。

 

知恵袋にも相談は多い【本当に500万円稼げるの?】

歯科衛生士 年収500万円 知恵袋

 

Yahoo!知恵袋でも、年収500万円に興味のある歯科衛生士の人からの質問が掲載されています。

 

 

結論、総合病院で働くと年収で480万円ほどもらえる…というアンサーが多いです。

 

「歯科衛生士で年収500万円なんて無理では?」と感じる歯科衛生士さんは、ぜひご覧ください。

 

まとめ:年収500万円を達成しよう

歯科衛生士 年収500万 稼ぐ 方法

 

今回は、歯科衛生士が年収500万円に到達する3つの方法を解説しました。

 

✔︎ 歯科衛生士が年収500万円に到達する3つの方法

  • 年収500万円以上の歯科医院に就職する
  • 年収400万の歯科医院で必要な人材になる
  • 副業する

 

紹介した内容を実践すれば、年収500万円へ近づくことができます。できることから始めてみてください。

 

何から始めればよいか迷ったら、まずは求人の情報をチェックして、給料の相場を確認してみてください。

 

転職エージェントに聞くと、自分の適正給与も教えてくれます。ぜひ利用してみましょう。

 

\ 好条件の求人がみつかる衛生士専門の転職サイト /

公式特長おすすめする人口コミ・評判
歯科衛生士 転職サイト 1位

デンタルワーカー

500万円以上の求人多数
・行政や大学病院の求人あり

・職場の雰囲気をリサーチ
今より給料を上げたい
良質の求人が多く、1番おすすめ
\詳細はこちら/
歯科衛生士 転職サイト 2位

ファーストナビ

衛生士の4人に1人が利用中
・マップから求人を探せる
・給与交渉を代行してくれる
マメなサポートを受けたい人
電話で悩み相談ができる
\詳細はこちら/
歯科衛生士 転職サイト 3位

歯科転職ナビ

希望の年収で検索できる
・利用者の満足度 98.2%
・条件にあう求人が✉️で届く
マイペースで就活したい人
LINEのやりとりがメイン
\詳細はこちら/