【幸せ】歯科衛生士がのんびりした歯科医院で働く方法【気楽に働きたい】

歯科衛生士 歯科医院 のんびり 働く方法 楽に働きたい

 

仕事に疲れた歯科衛生士「のんびりした歯科医院でゆったり働きたい。そんな歯科医院、あるのかな。」

 

ピリピリした歯科医院でつらい思いをした・ガツガツしたクリニックで精神的に疲弊した…こんな経験のある歯科衛生士さんはわりと多いです。

 

この記事では、歯科衛生士がのんびり働く方法…をくわしく解説します。

 

✔︎ 本記事の内容

 

✔︎ この記事を書いたひと

しろたぬ 歯科医師

複数の歯科医院ではたらく歯医者/ライター
今まで100人以上の歯科衛生士さんと仕事を経験。雇用する立場としても「歯科衛生士転職」の内情に精通。医療と介護について呟く Twitter は1.1万人フォロワー。

しろたぬ 歯科医師をフォロー

 

私自身パワハラをうけたことがあり、「働く環境の重要さ」を身にしみて感じています。

 

この記事を読むと、歯科衛生士が「のんびり働ける歯科医院を見つける手順」…がすべてわかります。

 

\ 今すぐ登録はこちら /

特徴おすすめポイント公式サイト
🥇 デンタルワーカー・日本最大級の求人数
・プロのアドバイザーが在籍
内部情報が豊富なので
1番オススメ
\詳細をみる/
🥈 ファーストナビ・歯科衛生士の4人に1人が利用
・院長の人柄をリサーチできる
恵まれた人間関係で
働きたい人におすすめ
\詳細をみる/
🥉 ジョブメドレー・利用者満足度96%
・希望条件がみつかる検索機能
希望にあった求人が
メールで届く
\詳細をみる/

 

もくじ

 

のんびりした歯科医院の3つの特長【気楽に働きたい】

のんびり 歯科医院 特徴 楽に働きたい】

 

のんびりした歯科医院は…あります。実際に筆者が「のんびりした歯科医院」でゆるく働いているからです。

 

特徴はつぎの3つ。

 

  • 借金がない
  • 院長の性格がのんびり
  • 1日の患者さんが16人以下

 

借金がない

 

借金がない…というのは「のんびりな歯科医院」になるための大きな要素です。

 

借金があると、どうしても借金を返すために「売上を上げないと!」という意識が院長に働きます。

 

しろたぬ
しろたぬ

歯科医院を新規で開業した場合、かかる費用は最低5,000万円ほど。

 

そのため、毎月の返済額以上を売り上げる…というノルマが発生します。

 

逆に、すでに借金を返し終わっている先生や、親から資金を出してもらった先生…などは「返済に追われる感じ」はありません。

 

気持ちに余裕ができる分、のんびりした空気になりやすいです。

 

長く開業していて、やや高齢の院長先生の歯科医院にはわりと当てはまりますね。

 

院長がのんびりした性格

 

院長の性格がのんびり…というのも、のんびりとラクに働ける歯科医院の特徴のひとつです。

 

院長の性格は、歯科医院の雰囲気にそのまま表れます。

 

しろたぬ
しろたぬ

のんびりしている性格の院長だと、院内の雰囲気もゆったりすることが多く、

 

逆にせっかちな性格な院長だと、ピリピリ・セカセカの歯科医院になりがちです。

 

中にはパワハラ気質の院長で、スタッフが定着しない…という、地獄のような歯科医院もありました。

 

1日の患者さんが16人以下

 

1日の患者さんが16人以下だと、かなりのんびりしている可能性は高いです。

 

患者さんが1日16人以下ということは、1日8時間勤務だとして1時間に2人、つまり30分に1人のペース。

 

しろたぬ
しろたぬ

このくらいのペースだと、診療アシストやお会計なども余裕をもつことができます。

 

10分に1人くらいのペースで診察する忙しい医院だと、常にカツカツで慌ただしくなってしまいます。

 

もちろんのんびりした医院でも、時間のかかる治療が重なったとき、急患がはいったとき…などは忙しくなります。

 

ですが、基本的に1日の患者さんが16人以下だと、のんびり働くことができます。

 

\ アドバイザーが内部情報をリサーチ /

「のんびりじゃない」可能性の高い歯科医院は?

 

のんびりじゃない歯科医院にありがちな傾向を紹介しておきます。

 

  • 先生が若い
  • 建物が新しい
  • 長時間営業している
  • つねに求人が出ている
  • 駅前やショッピングモール内の歯科医院

 

これらの要素が揃っていると、のんびりとは言い難い歯科医院の可能性が高いです。

 

院長も働き盛りのことが多いので、患者さんをあつめてガツガツやります…という環境になりやすいからです。

 

しろたぬ
しろたぬ

常に求人が出ているところは、スタッフの定着率が悪い可能性もありますね。

 

駅前やショッピングモールの歯科医院は夜遅い・土日営業…などの立地条件で、忙しいところも多いです。

 

歯科衛生士がのんびりした歯科医院で働く方法【ラクに働く】

歯科衛生士 のんびり 歯科医院 楽に働きたい 方法

 

のんびりした歯科医院で、歯科衛生士が働く方法を紹介します。

 

のんびり・ラクに働ける歯科医院をみつけるには?

 

のんびり・ラクに働ける歯科医院を探すためには、以下の2つの方法が有効です。

 

  • 歯科衛生士向けの転職サイトを利用する
  • 知り合いに聞いてみる

 

歯科衛生士向けの転職サイトを利用する

 

のんびりとラクに働ける歯科医院を探すには、転職サイトは便利です。

 

求人情報がたくさん掲載されています。

 

とはいえ、歯科衛生士むけの転職サイトは 20社以上 あります。

 

そのため希望にあった歯科医院を見つけるなら、

 

  • 掲載されている求人数が多い
  • 細かい検索ができる
  • 院長の人柄やスタッフ間の人間関係を教えてくれる

 

…に当てはまる転職サイトに登録して、気になる求人をピン留めしておきましょう。

 

オススメの転職サイトはこちら

  • デンタルワーカー転職に失敗したくない歯科衛生士さんにおすすめ
    ※ アドバイザーによる丁寧なサポート・口コミや評判を確認できる・情報量が多いので1番オススメ
  • ファーストナビ | 恵まれた人間関係で働きたい歯科衛生士さんにおすすめ
    ※ エージェントが院長の人柄などの内部情報をおしえてくれる・登録者限定の非公開求人は良質
  • ジョブメドレー | 条件にこだわりのある歯科衛生士さんにおすすめ
    ※ 細かい条件で検索できる・希望にあった求人がメールで届くので、優良な求人を見逃す心配なし

 

特にデンタルワーカーは年間3万人の転職成功実績があるので、転職活動に不安がある歯科衛生士さんにおすすめです。

 

※ 歯科衛生士向けの転職サイトは20社以上あります。

歯科衛生士さんへのリサーチをもとに、厳選しました。

>> 【歯科衛生士転職サイト】おすすめランキング21選

 

知り合いに聞いてみる

 

知り合いに確認する方法もあります。

 

知り合いに聞くことで、ナマの情報を詳しく知ることができます。

 

一方で、

 

  • そんな知り合いがいないことも多い
  • 信頼できる人以外の情報は信憑性が低い
  • そもそも良い歯科医院はスタッフがやめない
  • 知り合いの紹介だと、就職したあとにやめにくい

 

…という欠点もあります。

 

このあたりは、一長一短がありますね。

 

のんびり働くための労働条件

 

のんびりしている歯科医院の労働環境としては、以下のことが挙げられます。

 

  • 土日休み
  • 週休3日
  • 18時まで
  • 残業なし

 

…こういった条件で検索してみるのはオススメです。

 

数は少ないので、知り合いにこまめに確認する・定期的に転職サイトをする…必要があります。

 

いちいちチェックするのが面倒な人は、転職サイトのエージェントさんに依頼してみましょう。

 

\ 専属のエージェントがサポート / 

労働条件よりも人間関係

 

とはいえ、労働条件だけでは「のんびり・ラクに働ける」…という保証はありませんよね。

 

重要なのは、中で働く人。つまり人間関係です。

 

  • 院長の人柄を確認する
  • スタッフの性格を確認する
  • 歯科医院の経営状態を確認する
  • 見学のときにアポイント帳を見せてもらう
  • 一人当たりの診療時間をきく

 

いまは、内部の人間関係や院長の性格…をリサーチしている転職サイトも出てきました。

 

労働条件はよくても、鬼のように忙しい職場・スタッフがギスギスしている職場…は星の数ほどあります。

 

そのため、のんびり働くためには、

 

 

・歯科衛生士むけの転職サイトを活用する

 

 

…は有効な近道です。

 

✔︎ のんびり働きたい歯科衛生士におすすめの転職サイト

特徴おすすめポイント公式サイト
🥇 デンタルワーカー・日本最大級の求人数
・アドバイザーによるサポート
求人情報が豊富なので
1番オススメです
\詳細をみる/
🥈 ファーストナビ・歯科衛生士の4人に1人が利用
・院長の人柄をリサーチできる
恵まれた人間関係で
働きたい人におすすめ
\詳細をみる/
🥉 ジョブメドレー・利用者満足度96%
・希望条件がみつかる検索機能
希望にあった求人が
メールで届く
\詳細をみる/

 

エージェントとの相性がある・サイトごとに取り扱う分野や給料が違う…ことから、転職サイトは2〜3社登録しておきましょう。

 

※ 歯科衛生士向けの転職サイトは20社以上あります。

歯科衛生士さんへのリサーチをもとに、厳選しました。

>> 【歯科衛生士転職サイト】おすすめランキング21選

 

のんびりした歯科医院ではたらくメリット・デメリット

歯科衛生士 のんびり 歯科医院 楽に働きたい メリット デメリット

 

次のとおりです。

 

✔︎ メリット

  • 穏やかに働ける
  • QOL(生活の質)が高くなる

 

✔︎ デメリット

  • 給料がやすめのことが多い
  • 症例が少なく、スキルアップがのぞめない

 

メリット ①:穏やかに働ける

 

のんびりした環境だと、わりと穏やかに働くことができます。

 

のんびりした感情からはマイナスの感情が上がりにくいです。

  • 怒られる
  • 怒鳴られる

 

ギスギスした環境から離れられるだけでも幸せですよね。

 

ストレスなく働ける…という環境は、なにより心身の健康につながります。

 

メリット ②:QOL(生活の質)が高くなる

 

穏やかに働くことができれば結果、QOL(生活の質)…が高まります。

 

プライベートも、心豊かに過ごすことができるからです。

 

生活の質って、人生そのものです。

 

※ たまに「のんびりする・気楽に働く」と「仕事で手を抜くこと」をイコールで考えてしまう人がいますが、勘違いしないようにしましょう。

 

続いて、デメリットを紹介します。

 

デメリット ①:給料が安め

 

のんびりした歯科医院では、給料が安め…に設定されている可能性があります。

 

患者さんの数が少なかったり、営業時間が短かったりするからです。

 

そのため、忙しい歯科医院に比べると、売上は少なくなりがち。

 

しろたぬ
しろたぬ

とはいえ、必ず給料が安いわけではありません。求人によって、給料が平均以上のところもあります。

 

これは「借金の有無」「地域」「自費診療の有無」…などに左右されます。

 

エージェントさんに依頼すると給与を交渉してくれます。

 

しっかりと適正給与で働きましょう。

 

デメリット ②:症例が少なく、スキルアップが望めない

 

歯科衛生士としてのスキルアップ…はあまり期待できません。

 

単純に患者さんの数が少ないからです。

 

1日の患者数が「16人の歯科医院」と「30人オーバーの歯科医院」では、やはり経験できることに差はでます。

 

しろたぬ
しろたぬ

とはいっても、スキルアップは本人の意欲によるところも大きいです。

 

そのため、積極的にセミナーなどに参加すれば、新しい技術を学べないことはありません。

 

むしろ患者さん一人に向き合える・時間に余裕ができる…ことで、じっくり勉強できる…と考えることもできます。

 

まとめ:歯科衛生士として、のんびり・気楽に働きましょう

歯科衛生士 のんびり 歯科医院 楽に働く

 

この記事では、のんびりした歯科医院の特長・働く方法・メリット、デメリット…を紹介してきました。

 

そんな歯科医院は本当にあるのかな…と心配になる歯科衛生士さんもいると思います。

 

結論、あります

 

なぜなら、歯科衛生士の有効求人倍率は20倍。これは、1人の歯科衛生士を20もの歯科医院が必要としている状況です。

 

つまり、歯科衛生士が歯科医院を選べる時代

 

しろたぬ
しろたぬ

のんびり働ける・気楽に働ける…そんな歯科医院の求人はすぐになくなってしまうのも事実。

 

そのため、「適切な転職サイトで、希望にあった求人を探しておくこと」は大切です。

 

希望にあった歯科医院をみつけるなら、まずは転職サイトに登録して、気になる求人をチェックしてみてください。

 

オススメの転職サイトはこちら

特徴おすすめポイント公式サイト
🥇 デンタルワーカー・日本最大級の求人数
・プロのアドバイザーが在籍
・就職後のフォローも万全
求人情報が豊富なので
1番オススメです
\登録はこちら/
🥈 ファーストナビ・非公開の求人が多数
・院内のくわしい情報が豊富
・歯科衛生士の4人に1人が利用
恵まれた人間関係で
働きたい人におすすめ
\登録はこちら/ 
🥉 ジョブメドレー・多彩な検索機能
・利用者の満足度96%
・医療系転職サイトの大手
ゆっくりマイペースで
就職活動ができる
\登録はこちら/

 

※ 転職サイトは複数登録がおすすめ
転職サイトは2〜3社の登録がおすすめです。
転職会社の調査では、転職希望者の7割が2社以上の転職サイトを併用しています。

✔︎ 複数利用のメリット
・求人情報のモレがなくなる
・使いやすいサイトが見つかる
・相性のよいエージェントさんが見つかる

 

「転職サイトの特長は?」「良質な求人を見極めるコツは?」

 

…といった疑問をお持ちの方は、こちらの記事をご覧ください ▼

 

 

また、「歯科衛生士の失敗しない転職方法」…は以下の記事でかなり詳しく解説しています。

 

「転職に失敗したくない!」…という歯科衛生士さんはこちらも見てみてください。

 

 

すこしの手間が、ステキな未来を引き寄せます!

 

のんびりした歯科医院で、のびのび働けますように!今回は以上です。

✔︎ この記事を書いたひと
しろたぬ 歯科医師

複数の歯科医院ではたらく歯医者/ライター
今まで100人以上の歯科衛生士さんと仕事を経験。雇用する立場としても「歯科衛生士転職」の内情に精通。医療と介護について呟く Twitter は1.1万人フォロワー。

しろたぬ 歯科医師をフォロー
スポンサーリンク
スポンサーリンク
働き方
歯科衛生士の転職.com