本記事はプロモーションを含む場合があります

満足な給料で働きたい!歯科衛生士が抱える「お金・年収」の悩み|解決法あり

歯科衛生士 転職 給料 年収 悩み

 

生活するため・人生を楽しむため…に、給料はとても大切ですよね。

 

満足できない給料で働いていると、日々の暮らしだけでなく、仕事のモチベーションにも影響が出てしまいます。

 

✔︎ この記事を書いたひと

まな

転職4回の歯科衛生士 (Twitter
1年目にパワハラで病む/ブラック→ホワイトな職場で快適に勤務/今はスタッフ100名の医療法人で採用を担当

 

そこでこの記事では、歯科衛生士が抱える「お金の悩み」と「解決法」を網羅的に紹介します。

 

歯科衛生士の年収ってどれくらいだろう?」「いまよりも給料が高いと助かるんだけど…」と感じている歯科衛生士さんはぜひご覧ください。

 

\ 歯科衛生士におすすめ /

転職エージェント 5選  はこちら  >>

年収100万円アップ多数

 

もくじ

 

【歯科衛生士の年収・給料】そもそもいくら?

歯科衛生士 年収 給料 そもそもいくら

 

 

歯科衛生士の年収って、そもそもいくらなのでしょうか?

 

結論、平均年収は386万円

 

とはいえ、以下の要因に影響を受けます。

 

  • 住んでいる地域
  • スキル
  • 経験年数
  • 年齢
  • 募集のタイミング
  • 働く歯科医院のジャンル

 

歯科衛生士の平均年収は386万円

 

歯科衛生士の平均年収は386万円。厚生労働省の賃金構造基本統計調査が発表しているデータです。

 

とはいえ、「10人以上の職員がいる大型の歯科医院」を対象としており、小規模な個人歯科医院では年収300万円というデータも。(令和3年 医療経済実態調査

 

歯科衛生士の年収は、中央値をみることも重要です。

 

詳しくは、以下の記事で解説しています。

 

 

給料と手取りのちがい

 

給料と手取りは違います。

 

給料から「所得税・住民税・社会保険料」といった税金が引かれたものが、手取りになります。

 

例えば、月収25万円の手取りは19.8万円。かなり減りますよね。

 

詳しくは、以下の記事で解説しています。

 

 

【初任給】新卒の歯科衛生士の年収・給料

 

新卒の歯科衛生士の年収は、300万円が相場です。

 

大卒の男性の初任給が年収約300〜330万。歯科衛生士の初任給は他の業種とくらべても恵まれています。

 

以下の記事で、詳しく解説しています。

 

 

20代歯科衛生士の平均年収・給料

 

20代歯科衛生士の平均年収は、20代前半と20代後半で違いがあります。

 

  • 20代前半(1〜4年目):平均給料 25万円、平均年収300万円
  • 20代後半(5〜7年目):平均給料 27.5万円、平均年収330万円

 

就職する歯科医院や、経験年数によって差が出ます。

 

「20代歯科衛生士の年収の詳細」と「給料を上げる方法」は、つぎの記事で解説しています。

 

 

30代歯科衛生士の平均年収・給料

 

30代歯科衛生士の平均年収・給料は、以下の通りです。

 

  • 30〜34歳:平均給料 38万円 、平均年収 340万円
  • 35〜39歳:平均給料 29万円 、平均年収 350万円

 

くわしくは、つぎの記事で解説しています。

 

 

40代歯科衛生士の平均年収・給料

 

40代歯科衛生士の平均給料と平均年収は、次のとおりです。

 

  • 40〜44歳:平均給料 32万円 、平均年収 390万円
  • 45〜49歳:平均給料 31万円 、平均年収 370万円

 

40代になると、30代よりも年収が30〜40万円以上高くなります。

 

「ブランクからの復帰」「転職の繰り返し」など、ライフスタイルによって差があります。

 

詳しくは、以下の記事を参考にしてください。

 

 

50代歯科衛生士の平均年収・給料

 

50代歯科衛生士の平均年収・給料は、以下の通りです。6

 

  • 50〜54歳:平均給料 33万円 、平均年収 400万円
  • 55〜59歳:平均給料 35万円 、平均年収 430万円
  • 60歳〜:平均給料 32万円 、平均年収 390万円

 

上記のように、60歳を越えると平均年収は下がります。

 

以下の記事は「50代・60歳以上の歯科衛生士の給料事情」「安定した給料をもらえる職場の見つけ方」を解説しています。

 

 

適正給与はいくら?年代別の給料相場

 

歯科衛生士の年収を年代でまとめると、次のとおりです。

 

21~24歳25~29歳30~34歳35~39歳40~44歳45~49歳50~54歳55~59歳
300万円330万円340万円350万円390万円370万円400万円430万円

 

詳しくは、以下の記事でまとめています。

 

 

歯科衛生士が高い給料をもらえる職場|ランキング

 

歯科衛生士が高い年収をもらえる職場ランキングは、以下の通りです。

 

  • 1位:一般企業
  • 2位:行政(役所・保健所・公立病院)
  • 3位:歯科衛生士養成機関
  • 4位:総合病院・大学病院
  • 5位:大型の医療法人
  • 6位:一般の歯科診療所
  • 7位:介護施設・地域包括センター

 

職場によって、基本給のベースがちがいます。

 

上位3つは、募集自体がすくないので、就職するためにはコツが必要です。

 

くわしくは稼ぐならココ】歯科衛生士の給料の高い職場ランキング  をご覧ください。

 

「就職する方法」まで具体的に解説しています。

 

 

歯科衛生士のボーナスはいくら?

 

歯科衛生士のボーナスは「働く歯科医院」によって影響を受けます。

 

✔︎ 歯科衛生士のボーナスの平均

  • 個人の歯科診療所:295,200円
  • 医療法人:375,600円
  • 企業規模計10人以上の法人・病院:523,300円

 

働く歯科医院によって、「ボーナス回数」や「何ヶ月分支給されるか」が変わります。

 

歯科衛生士のボーナス事情は、【少ない…】歯科衛生士のボーナスの「どのくらい?」「いつ?」を徹底解説 をご覧ください。

 

 

高い県は?|都道府県別の歯科衛生士の給料

 

歯科衛生士の給料は、都道府県によって差があります。

 

歯科衛生士の給料の高い県ベスト3は「東京・神奈川・大阪」。逆に、給料の低い県ワースト3は「宮崎・青森・島根」です。

 

東京と宮崎では、年収で100万円以上ちがいます。

 

以下の記事では、歯科衛生士の都道府県別の月給・時給を紹介しています。

 

 

5年目の給料はどのくらい?

 

厚生労働省の賃金構造基本統計調査によると、5年目の歯科衛生士の給料・年収は次のとおりです。

 

✔︎ 5年目歯科衛生士の給料相場

  • 給料 27.5万円
  • 年収 330万円

 

とはいえ、データ元は「病院のような大きめの歯科医院」。多くの歯科衛生士は、小規模な歯科医院で働いています。

 

歯科衛生士全体にはなりますが、小規模な歯科医院で働く歯科衛生士は「年収300万円」と考えられます。

 

詳しくは、【リアル】5年目の歯科衛生士の給料を公開します|年収を上げる方法は? にまとめています。

 

筆者の実際の給料も紹介しているので、ぜひご覧ください。

 

 

10年目の給料はどのくらい?

 

歯科衛生士の給料は、年数とともに上がっていく傾向があります。

 

✔︎ 10年目の歯科衛生士の平均給料

  • 平均月給 27万円
  • 平均年収 360万円

(ボーナス 40万円で算出)

 

とはいえ、勤める歯科医院の種類・ブランクの有無・働くエリアなどで、給料は変わります。

 

以下の記事では、10年目の歯科衛生士の給料について解説します。

 

「3年目・5年目・7年目の給料との比較」「給料を上げる方法」も紹介するので、ぜひご覧ください。

 

 

東京で働く歯科衛生士の平均年収・給料

 

東京で働いている歯科衛生士さんの平均は、年収380万円。給料に換算すると、33万円です。

 

地方と比べても、高い年収がもらえます。一方で、物価が高いというデメリットも。

 

詳しくは以下の記事で、解説しています。

 

 

訪問歯科で働く歯科衛生士の平均年収・給料

 

訪問歯科の年収は、一般歯科とほぼ変わりません。地域差はありますが、全国平均で386万円です。

 

とはいえ、日本は高齢化社会。

 

訪問歯科の衛生士の需要は増えているので、働き方によってはさらに高い年収をもらうことも可能です。

 

以下の記事で、訪問歯科で働く歯科衛生士の「年収・給料・時給」「給料のあげ方」をくわしく解説しています。

 

 

歯科衛生士が年収・給料を上げる方法

歯科衛生士 給料上げたい

 

歯科衛生士が年収・給料を上げる方法を紹介していきます。

今よりも給料をあげたい

 

歯科衛生士が今より給料を上げるなら、次の7つが有効です。

 

  • 給料の高い歯科医院で働く
  • 資格をとる
  • 病院に勤務する
  • 副業する
  • 他業種に転職する
  • 東京で働く
  • 交渉する

 

できることから始めてみてください。

 

転職エージェントを使って年収が100万円アップしたり、副業で月に10万円稼いだりした例もあります。

 

詳細は、以下の記事で解説しています。

 

 

給料を上げるためには、適正な給料をしって、目標年収を定めると効果的。

 

以下の記事では、給料を上げるための手順を解説しています。

 

 

年収400万円を目指したい

 

まず平均以上の年収を目標にするのは、おすすめです。

 

平均の少し上、年収400万円の稼ぎ方…は以下の記事で解説しています。

 

 

年収500万円に到達したい

 

年収500万円を稼いでいる歯科衛生士は、全体の13%。(引用:歯科衛生士の勤務実態調査 報告書

 

工夫次第で、到達できます。

 

✔︎ 年収500万円に到達する3つの方法

  • 年収500万円以上の歯科医院に就職する
  • 年収400万の歯科医院で必要な人材になる
  • 副業で収益をだす

 

詳しくは、以下の記事で解説しています。

 

 

年収700万円は可能?

 

年収700万円をもらっている歯科衛生士は、全体のは3.1%。(引用:歯科衛生士の勤務実態調査 報告書

 

思った以上に存在します。

 

700万円以上稼ぐ歯科衛生士は、大学病院や行政に長く勤めているケースが多いです。

 

年収700万円の稼ぎ方は、以下の記事を参考にしてください。

 

 

年収1000万円はいける…?

 

歯科衛生士で年収1000万円は、かなり厳しいです。可能性のある方法は、つぎのとおりです。

 

✔︎ 年収1000万円を稼げる可能性のある方法

  • 他業種に就職する
  • 研究機関に就職する
  • 起業する
  • 家族単位で考える

 

くわしくは、以下の記事にまとめました。給料をあげる手順も紹介しています。

 

 

給料交渉はあり

 

交渉しただけで、給料がアップした例も多くみられます。

 

言ってみるのはタダなので、交渉してみるのもありです。

 

今の勤務先での給料交渉は、以下の記事をご覧ください。交渉の例文付きです。

 

 

副業で副収入を得たい

 

副業することで、いまよりも所得をアップできます。

 

副業には「パートを増やす」のような実働時間を増やすタイプ・「SNSで発信・プログラミング」のような在宅ワーク・「株・FX」のような投資タイプがあります。

 

自分の興味のある副業から、始めてみてください。

 

歯科衛生士にオススメの副業は、以下の記事で紹介しています。

 

 

副業を禁止している歯科医院もある

 

正社員の場合、歯科医院によって副業を禁止していることがあるので注意が必要です。

 

働いている歯科医院が副業OKかどうか確かめる方法は、以下の記事で解説しています。

 

 

副業をバレないようにするには?

 

副業していることをバレたくない人もいます。

 

副業がバレないためには、次の3つがポイントです。

 

  • 他人に話さない
  • 住民税を「普通徴収」にする
  • 年間20万円以下の所得でも確定申告

 

具体的な方法は、次の記事をご覧ください。

 

 

【給料・年収】お金の悩みに関する記事一覧

 

ここまでの記事一覧です。

 

お金の悩みは、解決したいですよね。ぜひ、ご覧ください。

 

 

給料・年収…以外にも悩みはある

 

歯科衛生士の転職には、給料や年収といった「お金」以外にも悩みはあります。

 

とくに、

 

  • 人間関係
  • 働き方

 

…は悩みを抱えがちです。

 

人間関係の悩み

 

人間関係についてはこちらをご覧ください。

 

歯科衛生士が抱える「人間関係の悩み」と「解決方法」について、まとめました。

 

 

働き方の悩み

 

歯科衛生士にとって、働き方・労働環境…は重要です。

 

働き方の悩みと解決方法は、以下の記事をご覧ください。

 

 

収入UPを目指すなら転職サイトは有効です

歯科衛生士 給料 悩み まとめ

 

歯科衛生士転職でよくある「お金の悩み」と「解決法」…を解説しました。

 

「もっと高い給料をもらいたい」「でもブラックな歯科医院は避けたい」と思ってるなら、転職サイトを使うのがおすすめ。

 

適切な転職サイトを利用すると、年収も人間関係も満足な歯科医院に出会う確率がグッとアップします。

 

以下に紹介する転職サイトは、高待遇な歯科医院の求人を1万件以上保有する歯科衛生士専門の転職サイト。

 

歯科衛生士 まな
歯科衛生士 まな

90%の歯科衛生士が、年収アップに成功しています。

 

✔︎ 転職サイトのサポート内容

非公開の求人の紹介・適正給与の提示・給与交渉の代行・院長の人柄のリサーチ・履歴書の添削・就職後のアフターフォロー

 

とくに一般には公開されていない「非公開求人」は、待遇のよい歯科医院のみが厳選されて掲載されています。

 

※ 非公開求人は、登録者のみが閲覧できる「良質な求人情報」。募集の数が少なく、すぐになくなってしまいます。

 

「希望に当てはまる求人」がなくならないうちに、転職サイトに登録して求人情報をチェックしてみてください。

 

転職サイトは、すべて無料で利用できます。今より毎月の貯金額アップを実現しましょう!

 

\ 歯科衛生士におすすめの転職サイト /

公式特長おすすめする人口コミ・評判
🥇

デンタルワーカー

高給与の求人が1万件〜
・適正給与を教えてくれる
・職場の雰囲気をリサーチ
今より給料を上げたい
良質の求人が多く、1番おすすめ
\詳細はこちら/
🥈

ファーストナビ

衛生士の25%が利用中
・マップから求人を探せる
・給与交渉を代行してくれる
マメなサポートを受けたい人
電話で悩み相談ができる
\詳細はこちら/
🥉

歯科転職ナビ

500万円以上の求人あり
・利用者の満足度 98.2%
・条件にあう求人が✉️で届く
マイペースで就活したい人
LINEのやりとりがメイン
\詳細はこちら/

 

※ たくさんの求人を見れるので、転職サイトは複数登録がおすすめ。エージェントが合わない場合、すぐに変えることができます。

 

どの転職サイトを利用するか迷ったら、デンタルワーカー がオススメです。

 

デンタルワーカーを使えば、今よりワンランク上の贅沢な生活が実現できます。

 

一般には公開されない高待遇の求人を「1万件以上」保有しているのは、他の転職サイトにはない強みです。

» デンタルワーカーの口コミ・評判

 

歯科衛生士 まな
歯科衛生士 まな

私も、デンタルワーカーの中の人が給料交渉してくれたおかげで、満足な待遇の職場で働いています。

 

デンタルワーカーを利用して、お財布に余裕のある生活を実現してください。

 

\ 完全無料で転職成功できる /

デンタルワーカーで求人をチェック

最短1週間で転職可能