【勝ち組への道】歯科衛生士が高給を稼ぐには?【方法5選 /ラクして高収入はムリ】

 

いまより高給を稼ぎたい歯科衛生士「歯科衛生士だけど、高給を稼ぐにはどうしたらよいのだろう。できるだけ高い給料をもらいたい。ラクして高給与を得る方法はあるのかな?」

 

本記事ではこういった悩みを解決します。

 

✔︎ 本記事の内容

・歯科衛生士が高給を稼ぐ方法 5選

・ラクして高収入はムリです

 

✔︎ 記事の信頼性

しろたぬ
しろたぬ

この記事を書いているわたしは歯科医師です。

 

複数の歯科医院で働いているため、たくさんの歯科衛生士さんとお仕事しています。

 

雇用する側の事情にも詳しいです。

 

歯科衛生士さんには「もっと稼ぎたい!」と思っている人がわりと多くいます。

 

そこでこの記事では、歯科衛生士が高収入を得るための方法を5つ…紹介します。

 

あわせて「歯科衛生士にとっての高収入とはどのくらいか?」「ラクして稼ぐ方法はあるのか?」…も解説します。

 

この記事を読むと「いまより稼ぎたい!」…と思っている歯科衛生士さんの「給料アップ確率」が飛躍的に高まります。

 

関連記事 ▶︎ 歯科衛生士が給料を上げるための完全ロードマップ 

 

■ もくじ

 

 

しろたぬ
しろたぬ

いつもは Twitterで医療と介護の情報を呟いています。

 

ありがたいことに1万人以上の方にフォローしてもらってます。

 

記事の信頼性につながると嬉しいです。

 

 

【勝ち組への道】歯科衛生士が高給を稼ぐには?【方法 5選 /ラクして高収入はムリ】

 

下記の5つです。

 

①:資格を取る

②:ひとつの病院に長く勤める

③:高収入の求人をさがす

④:東京で働く

⑤:副業する

 

歯科衛生士にとっての高給とは?

 

そもそも、歯科衛生士の「高給」とはどのくらいなのでしょうか。

 

厚生労働省の賃金構造基本調査”によると歯科衛生士の平均年収は350万円です。

 

これは手取り月給にするとおよそ24万円。

 

このことから、

 

・年収500万円以上

もしくは

・月の給与(額面)で40万円以上

 

…だと、「勝ち組歯科衛生士」と呼んでもよさそうです。

 

とはいえ、残念ですが、ラクをして稼げる方法は…正直ありません。そんなものがあったら、誰でも高級とり…になっているはずです。

 

どの方法でも、少しの努力は必要になります。

 

それでは、歯科衛生士が高給を稼ぐための5つの方法を解説していきます。

 

①:資格をとる

 

「資格をとる」…は高給を稼ぐために有効な手段のひとつです。

 

特殊なスキルは、「手当」という形で給料がアップすることが多いからです。

 

✔︎ 資格の例

・認定訪問歯科衛生士

・歯周病学会認定衛生士

・インプラント専門歯科衛生士

・日本歯科審美学会歯科衛生認定士

・ホワイトニングコーディネーター

 

さらに、資格を取ることは「自己成長」…という意味でも、素晴らしいチャレンジです。

 

とはいえ資格を取るまでには、時間と費用がかかります。つまり資格取得は「長期的」な給料アップ方法です。

 

中には、簡単にとれる資格もありますが、それだと給料のアップ幅は少ないです。

 

そのため、今すぐにでも給料をアップしたい人…には向いていません。

 

くわえて、資格をきちんと評価してくれる職場…でなければ、給料アップにつながらないので注意してください。

 

②:ひとつの病院に長く勤める

 

ひとつの病院に長く勤めていると、給料は少しずつ昇給していくことが通例です。

 

年功序列の歯科医院は、わりと多いからです。

 

勤めた当初は20万円前半だった給料が、20年経つと40万円になっていた…という歯科衛生士さんもいます。

 

もちろんそれに合わせて、仕事の量だけでなく、責任感も増していくことになります。

 

気を付けなければいけないのは、その歯科医院に「昇給制度」がしっかりあるか…ということです。

 

先輩がいる場合は、上がり具合を確認してみてもいいかもしれません。なかには、10年で昇給がストップする歯科医院もありました。

 

転職サイトを見てみるのもオススメです。勤めている歯科医院が募集をだしていることがあります。

 

 

✔︎ 稼ぐためには良質な人間関係は欠かせない

 

稼ぐためには、良質な人間関係は欠かせません。

 

人間関係が悪いと、稼ぐ効率が落ちるだけでなく、メンタルがやられて働けなくなることがあるからです。

 

実際、院長や同僚ともめて、うつ病になった歯科衛生士さんもいます。

 

しっかりと稼ぐためにも、「心と体の健康」…は大切にするようにしてください。

 

人間関係に悩んでいる歯科衛生士さんはこちらを参考にしてください(本質をついている長文です) ▼

 

 

③:高収入の求人をさがす

 

「高収入の求人」を探すのは、有効な方法のひとつです。

 

シンプルに給料が上がります。

 

求人を探すには、転職サイトを利用しましょう。

 

とはいえ、最初から高収入を掲げている求人はデメリットがある場合があります。

 

✔︎考えられるデメリット

・高収入の求人はすぐになくなる

・労働時間が長い

・仕事内容がハード

・給料は保証されない場合も(歩合制)

 

「最高でいくら」「〜円以上可能」なんて書いてあったりする場合もあるので、しっかり確認することが大切です。

 

高収入の求人をみつけるなら、まずは転職サイトに登録して「高収入」の求人をチェックしておきましょう。

 

オススメの転職サイトはこちら ▼

 

✔︎ 【高収入の求人が豊富】歯科衛生士むけ転職サイト

ジョブメドレー | 条件にこだわりのある歯科衛生士さんにおすすめ

※ 細かい条件で検索できる・希望にあった求人がメールで届く・まずは登録しておきましょう

ファーストナビ | 人間関係を重視する歯科衛生士さんにおすすめ

※ エージェントが院長の人柄などの内部情報をおしえてくれる・登録者限定の非公開求人は良質

JOB歯科AGENT | 関東近郊の歯科衛生士さんにおすすめ

※ 首都圏を中心とした求人が多い・適正給与を教えてくれる・転職した後までアフターケア

 

実際に利用した歯科衛生士さんからの評判も上々です。

 

いまは具体的な給料の額だけでなく、院長の人柄・スタッフ同士の人間関係…を事前にリサーチしてくれる転職サイトもあります。

 

「転職サイトはどこを使えばよいの?」「良質な求人を見極めるコツは?」

 

…といった疑問をお持ちの歯科衛生士さんはこちらの記事をどうぞ ▼

 

 

④:東京で働く

 

「東京で働く」も有効な手段のひとつです。

 

歯科衛生士の平均年収は350万円ですが、東京に限ると年収は「380万円」まで上がります。

 

そのまま50代になって、400万円近くもらっている歯科衛生士さんもいます。

 

とはいえその分、日々の生活コストがかかる…というデメリットもあります。

 

家族と地方に住んでいる…といった歯科衛生士さんには厳しい方法です。

 

逆に、フットワークの軽い歯科衛生士さんはためしてみる価値があります。

 

このあたりが気になる人は 東京で歯科衛生士として働くメリット・デメリット【1分でよめる】を参考にしてください。

 

⑤:副業する

 

「副業する」も高給を得るための手段です。

 

他の歯科医院で仕事したり、仕事の後に飲食店でバイトをしている歯科衛生士さんもいました。

 

副業のバイトは簡単に始められ、確実に収入を増やすことができます。

 

一方で、休みを削ることになるので、自由な時間は減ります。

 

バイトではなく、ブログや動画配信で副業している人もいます。

 

このような副業はすぐにお金にはならないことが多いので、挫折しやすいです。ですが軌道に乗ると、楽しく稼ぐことができます。

 

歯科衛生士の副業について興味のある人は次の記事を参考にしてください ▼

 

 

「副業することバレたくないな」「バレない方法あるのかな?」

 

…といった疑問を持つ歯科衛生士さんは【バレない方法はあるの?】歯科衛生士の副業がバレる理由 5選 をご覧ください。

 

【ラクして勝ち組はムリ】歯科衛生士がラクして高収入を稼ぐ方法はない

ラクして稼げるなら、みんなやっている

 

結論、歯科衛生士がラクをして高収入を得る方法はありません。

 

そんな方法があるなら、みんなやっています。

 

これは歯科衛生士に限らず、どの職業にも当てはまります。

 

大切なのは、すこしでも何かをやってみることです。トライし続けることで、現状に変化が生まれます。

 

小さな一歩が、将来的にラクできる環境を作ることになります。

 

楽しいかどうかは重要【収入だけを判断軸にしない】

 

「楽しい!」という要素はとても重要です。

 

以前こんなツイートをしたら、かなりの反響をいただきました。

 

 

『高齢者にかかわる仕事をしていると「楽しみは老後にとっておこう」みたいな考えはけっこう危険だと感じる。
目が弱くなると読書やゲームは疲れるし、足腰が悪いと遠出も難しい。今やりたいこと、今しか体験できないことはすぐにでも計画するべき。それに、ヒマな老後が存在する保証なんてどこにもない』

 

 

人生の時間は有限です。その時間を使って「何をするか」…はとても大切です。

 

人生は…楽しみたいですよね。

 

このツイートをみて、「のんびりした歯科医院でのんびり働きたい」…と感じた歯科衛生士さんは下記の記事をご覧ください。

 

のんびりした歯科医院の特長と転職方法…を紹介しています。

 

関連記事 ▶︎【幸せ】歯科衛生士がのんびりした歯科医院で働く方法【楽に働きたい】

 

 

✔︎ 仕事も興味のある分野を

 

仕事に関しても、なるべく自分の興味があることをやってみましょう。

 

一般歯科以外にも、矯正・外科・小児・審美・訪問…など、歯科衛生士の働き方は幅広いです。

 

パン屋さん・介護職員…のように歯科以外の仕事をしている歯科衛生士さんもいます。

 

人との出会いを大切に

 

「人との出会い」は大切です。

 

人との出会いで、人生は激変します。

 

出会った人の紹介で「良質な職場」に転職した例もあります。

 

勤務医だった先生が開業するときに、好条件で引き抜かれた歯科衛生士さんもいます。

 

お金持ちの患者さんと結婚した人もいます。

 

人生、どこで何が起こるかわかりません。

 

出会いは大切にしましょう。

 

歯科衛生士が稼ぐには…ゆっくり走り続けましょう

 

今回の記事をまとめます。

 

✔︎歯科衛生士が高給を稼ぐための5つの方法

①:資格をとる

②:ひとつの病院に長く勤める

③:高収入の求人をさがす

④:東京で働く

⑤:副業する

 

 

結論、歯科衛生士として高収入を稼ぐのはムリではないものの、簡単ではありません。

 

ですが、紹介した5つの方法をひとつでも実践することで、給料がアップする確率は高まります。

 

そうすることで、月収40万・年収500万円…も夢ではなくなります。ぜひ行動してみてください。

 

小さな一歩がステキな未来を引き寄せることになりますよ!

 

今回は以上です!

 

 

✔︎ 【高収入の求人が豊富】歯科衛生士むけ転職サイト

ジョブメドレー | 条件にこだわりのある歯科衛生士さんにおすすめ

※ 細かい条件で検索できる・希望にあった求人がメールで届く・まずは登録しておきましょう

ファーストナビ | 人間関係を重視する歯科衛生士さんにおすすめ

※ エージェントが院長の人柄などの内部情報をおしえてくれる・登録者限定の非公開求人は良質

JOB歯科AGENT | 関東近郊の歯科衛生士さんにおすすめ

※ 首都圏を中心とした求人が多い・適正給与を教えてくれる・転職した後までアフターケア

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
1 給料・年収
歯科衛生士の転職.com