月給25万の歯科衛生士の手取りはいくら?【給料からひかれるモノ】

 

歯科衛生士「月給25万の歯科衛生士の手取りをしりたい。給料から『何が』『どのくらい』ひかれるのだろう。手取りを増やす方法ってあるのかな…」

 

本記事ではこういった疑問にこたえます。

 

本記事の内容

 

この記事を書いている私は歯科医師です。

 

歯科関係の求人を見ると月給、月収、年収の表示が多く、「手取り」は分かりにくくなっています。

 

私が転職した時もそうですが、実際の手取りは給料が振り込まれるまでわからずに割と不安でした。

 

手取りが分かれば、生活の計画も立てやすいですよね。

 

そこで本記事では月給25万、月給30万円あたりにフォーカスして、実際の手取りをまとめていこうと思います。

 

普段は高齢者歯科を専門にしていて、複数の病院と関わっています。そのため今までたくさんの歯科衛生士さんとお仕事してきました。

 

毎日 Twitter で医療と介護の情報を発信しています。記事の信頼性担保になると嬉しいです。

 

 

『「働く前に勉強しておくことありますか?」と春から新社会人として働く知り合い(歯科衛生士さん)から質問されたので・iDeCo・格安SIM・ふるさと納税・つみたてNISA・雇用契約書の熟読・来年に払う住民税の額…と答えたら、”思ってたのと違う感”を出されたんだけど、わりと正しいと思ってます。』

 

スポンサーリンク

月給25万の歯科衛生士の手取りはいくら?【給料からひかれるモノ】

月給25万の歯科衛生士の手取りは約19.8万円

 

結論、月給25万円の歯科衛生士の手取りは約19.8万円です。

 

扶養状態や年齢で個人差はありますが、月給(=総支給額)から事前に約5万円がひかれます。

 

手取りは月給の約80%で考えておくと間違いありません。

 

 

✔︎ パート・アルバイトの場合

 

パート、アルバイトで月給25万ほどの場合、手取りは約22万円になります。社会保険などでひかれる税金が少なくなるので、手取りが少し増えます。

 

ですが、ここまでバリバリ働くなら正社員のほうが、将来の年金や仕事中の事故時など有利です。

 

>>参考:歯科衛生士に『バイトの掛け持ち』をおすすめする5つの理由【週1OK】

 

給料からひかれるもの

 

給料明細を見てみると分かりますが、月給から引かれるのは社会保険料税金の2つです。

 

 

✔︎ 社会保険料

 

月給25万円の場合、社会保険料は3.8万円です。

 

この金額が給料から天引きされます。天引きとは、事前にひかれてしまう金額のことです。

 

社会保険料は「健康保険」「厚生年金」「雇用保険」です。40歳以上はここに介護保険が加わります。

 

 

【社会保険料の内訳=3.8万円】

 

・健康保険:1.4万

 

・厚生年金:2.3万

 

・雇用保険:0.1万

 

 

 

給料明細には「社会保険料合計額」として記載されることが多いです。

 

>>参考:【国保との違い】歯科衛生士向けに『社保完備』のメリットを解説します

 

 

✔︎ 税金

 

月給25万円の場合、税金は1.4万円です。

 

税金は所得税と住民税です。住民税は翌年請求なので、前年の収入がなければ徴収されません。

 

 

【税金の内訳=1.4万円】

 

・所得税:0.5万

 

・住民税:0.9万

 

 

給料からひかれる金額は約5.2万円。

 

給料からひかれる金額は約5.2万円。

 

社会保険料3.8万円と税金1.4万円の合計です。

 

つまり25万円から5.2万円を引いて、19.8万円が手取りということになります。

 

扶養する家族や前年度の収入によっても変化しますが、ある一定の基準になると思います。

 

月給30万の手取りはこんな感じ

 

月給30万円の場合の手取りは23.8万円になります。

 

社会保険料4.4万円と税金1.8万円、合わせて6.2万円ひかれます。

 

 

【社会保険料の内訳=4.4万円】

 

・健康保険:1.5万

 

・厚生年金:2.8万

 

・雇用保険:0.1万

 

 

 

【税金の内訳=1.8万円】

 

・所得税:0.6万

 

・住民税:1.2万

 

 

 

これもあくまで、子供や親を扶養している場合などはもう少し手取りが多くなる場合があります。

 

当然ですが、月給25万円と比べて手取りは多くなります。

 

手取りは4万円ほど多くなる反面、税金も1万円ほど増えます。25%もとられるとは…税金高い…。

 

月給25万から”手取り”25万にするには

 

月給ではなく、手取りを25万にするにはどのくらいの力が必要でしょうか。

 

結論:月給にして32万円が必要です

 

手取り25万円にするには、月給にして32万円が必要です。

 

月給 32万円の場合、社会保険料 4.5万円と健康保険 1.9万の合計6.4万円がかかります。

 

そのため「32.0 ー 6.4 =25.6 万円」となります。

 

内訳です。

 

 

【社会保険料の内訳=4.5万円】

 

・健康保険:1.5万

 

・厚生年金:2.9万

 

・雇用保険:0.1万

 

 

 

【税金の内訳=1.9万円】

 

・所得税:0.6万

 

・住民税:1.3万

 

 

月給25万円の歯科衛生士が”手取り”25万にするには、あと6万円ほど給料をアップする必要があります。

 

歯科衛生士の給料相場

 

歯科衛生士の平均給料は360万円と言われています(引用:国税庁

 

そのため月給にすると30万円です。手取り25万円は十分に目指せるラインです。

 

とはいえ新卒に限って言うと月給で21万から23万くらいが多く、経験とともに月給が上ってくる職業でもあります。

 

給料をあげるためには、今の病院で交渉する、資格を取る、転職する…といった方法が有効です。

 

詳しくは【給料が安い】歯科衛生士の年収・月収をあげる方法4選【勝ち組をめざす】で解説しています。

 

記事の中に、年代別の平均給与を解説したリンクも貼っているので、興味のある歯科衛生士さんは参考にしてください。

 

 

今は大卒の初任給から手取り15万と言われる時代です。

 

それに比べると歯科衛生士はやや給料も高く、 何より一生働ける資格です。

 

給料より健康

 

手取りについて書いてきましたが、 ひとつだけ重要なことがあります。それは自分自身の心と身体の健康が何より大切…ということです。

 

心と身体が健康でなければ、良いパフォーマンスで働くことができなくなります。毎日ふらふらな状態で働いたり、残業や有給が出ないような職場で働いていると心が病んできます。

 

いくら給料が高くても、体を壊してしまったら元も子もありません。実際うつ病になって数年間働けなくなった衛生士さんも知っています。

 

自分の健康が何より大事ということは忘れないようにしてください。

 

まとめ:手取りより月給より大切なモノ

 

今回の記事は手取りに注目して解説しました。

 

 

・月給25万円の歯科衛生士の手取りは約19.8万円(社会保険料3.8万円と税金1.4万円がひかれます)

 

・月給30万円の歯科衛生士の手取りは約23.8万円(社会保険料4.4万円と税金1.8万円がひかれます)

 

・月給25万円ではなく、手取り25万円にするには月給32万円が必要

 

・歯科衛生士の給料相場から考えると、手取り25万円は十分に狙える

 

・一生ものの資格。心と身体の健康を大切に。

 

 

 

ざっくり計算するなら、総支給額の約80%が手取りです。

 

そして、割と税金って引かれますよね。税金は少なくすることが難しいため、手取りを増やすためには純粋に「月給を上げる」ということが近道です。

 

歯科衛生士という職業は、資格を取ったり転職をしたりと、やれることは多いです。

 

目標を決めて少しずつ動いてみることをオススメします。

 

とはいえ繰り返しになりますが、自分の心と体の健康が大切ですので決して無理はしないようにしてください。

 

手取りの中で豊かな生活をする…ということも、とても大切です。

 

今回は以上です。

 

 

✔︎【歯科衛生士:年代別の平均年収・給料】

 

未分類
スポンサーリンク
しろたぬ Web