【適正な給料で働きたい】歯科衛生士の年収を年代別に解説します

歯科衛生士 年収 年代別

 

年収の話はデリケートな問題なので、中々教え合ったりはしませんよね。

 

とはいえ何も知らないと、安い給料で働いて年間で数十万円も損している例も。

 

賢く将来設計するためにも、「年代別の年収」を把握しておくことは重要です。

 

✔︎ 記事の信頼性

しろたぬ
しろたぬ

この記事を書いている私は歯科医師です。

 

今まで100人以上のさまざまな年代の歯科衛生士さんと仕事してきました。

 

そのため、転職時の給料事情にわりと詳しいです。

 

この記事では、年代別の歯科衛生士の年収…について解説します。

 

記事内容は、

 

 

…を元にしています。

 

年収が気になる歯科衛生士さんはぜひご覧ください。

 

スポンサーリンク

 

もくじ

 

しろたぬ
しろたぬ

いつもは Twitterで医療と介護の情報を呟いています。

 

ありがたいことに1万人以上の方にフォローしてもらってます。

 

記事の信頼性につながると嬉しいです

 

【適正な給料で働きたい】歯科衛生士の年収を年代別に解説します

歯科衛生士 年代別 平均年収

 

結論、以下の通りです。

 

21~24歳25~29歳30~34歳35~39歳40~44歳45~49歳50~54歳55~59歳
300万円330万円340万円350万円390万円370万円400万円430万円

 

歯科衛生士全体の平均年収は350万円です。

 

>> 【平均350万円?】歯科衛生士の年収を平均・年齢・地域別…で紹介

 

新卒 歯科衛生士の平均年収

 

新卒の歯科衛生士は、年収で300万円が相場です。

 

月収にすると、ボーナスなしで25万円…のイメージです。

 

詳しくはこちらで解説しています。

 

 

20代 歯科衛生士の平均年収

 

20代では、前半と後半で差があります。

 

・20〜24歳: 平均年収 300万円

・25〜29歳: 平均年収 340万円

 

これは、

 

・20〜24歳:月収 25万円

・25〜29歳:月収 28万円

 

…です。

 

20代の歯科衛生士の年収は、後半に伸びる傾向があります。

 

詳細はこちらの記事をご覧ください ▼

 

 

30代 歯科衛生士の平均年収

 

30代歯科衛生士の平均年収は、

 

・30〜34歳: 平均年収 340万円

・35〜39歳: 平均年収 350万円

 

これは、

 

・30代前半:月収で28万円

・30代後半:月収で29万円

 

…です。

 

20代に比べると、前半と後半で大きな差はありません。

 

とはいえ、結婚・出産…などによるブランク、スキル…によって個人差が生まれます。

 

詳しい解説はこちらをご覧ください。

 

 

スポンサーリンク

40代 歯科衛生士の平均年収

 

40代歯科衛生士の平均年収は、

 

・40〜44歳: 平均年収 390万円

・45〜49歳: 平均年収 370万円

 

これは、

 

・40代前半:月収で32万円

・40代後半:月収で31万円

 

…です。

 

30代と同じで、ブランクや経験年数によって幅があります。

 

詳しくはこちらの記事をご覧ください。

 

 

50代 歯科衛生士の平均年収

 

50代歯科衛生士の平均年収は、

 

・50〜54歳: 平均年収 400万円

・55〜59歳: 平均年収 430万円

 

これは、

 

50代前半:月収で33万円

50代後半:月収で35万円

 

…です。

 

年齢とともに給料はあがりますが、一方で再就職は難しくなってくる年齢…でもあります。

 

具体的にはこちらで解説しています。

 

 

60代以降の歯科衛生士の平均年収

 

60歳以降の歯科衛生士の平均年収は、

 

・年収 390万円

・月収 32万円

 

…です。

 

とはいえ体力的な衰えから、パートで働いたり、引退する人もいます。

 

【歯科衛生士の年収】年代ごとの特徴

歯科衛生士 年収 年代別 特徴

 

特徴を解説していきます。

年収は年齢と共に上がる

 

年収は基本的に、年齢と共にゆるやかに上がります。

 

経験があればその分、年収がアップしていくイメージです。

 

出産や介護などのブランクがあっても、適正な年収をもらいやすい職業です。

 

年収に影響を与えるもの

 

歯科衛生士の年収には、

 

・住んでいる地域

・もっているスキル

・経験年数

・勤続年数

・就職のタイミング

・勤めている歯科医院のジャンル

 

…といった要因が影響を与えます。

 

住んでいる地域

 

例えば、地方よりも東京の方が年収は高くなりがちです。

 

全国平均:350万円

東京:380万円

 

ですが、その分生活費は高いです。

 

>> 東京で働く歯科衛生士の平均年収を解説します

 

もっているスキル・経験年数・勤続年数

 

・スキル

・経験年数

・勤続年数

 

…によって、手当が出る歯科医院もあります。

 

>> 【勝ち組への道】歯科衛生士が高給を稼ぐには?

 

就職のタイミング

 

就職のタイミングによって、年収が変わることがあります。

 

例えば、急にスタッフが辞めた歯科医院は高給与で求人を出すことがあります。

 

また、5月と9月は歯科衛生士の転職に有利といわれます。

 

>> 転職に失敗したくない歯科衛生士さんへ|転職活動のロードマップ

 

勤めている歯科医院のジャンル

 

一般歯科・矯正・外科・審美…などジャンルによって年収が変わることがあります。

 

保険診療、自費診療…の割合にもよります。

 

どれが給料が高いとは一概に言えませんが、

 

・自費診療が多い

・患者数が多い

 

…のような歯科医院で働くと、年収は高くなりやすいです。

 

【もしかして、私の年収低い?】適正な年収で働きましょう

歯科衛生士 年代別 適正年収で働く

 

今回は、歯科衛生士の年収を「年代ごと」にまとめました。

 

年収を知ることは大切ですが、「適正な年収で働くこと」はもっと重要です。

 

以下の記事では「転職に関するお金の悩み」について解説しているので、こちらも併せてご覧ください。

 

 

また、「給料を上げるために努力する」…もオススメです。低い年収で働くと、年間で数十万円の差になってしまいます。

 

以下の記事は「歯科衛生士が給料を上げる方法」をあますことなく解説しているので、

 

・年収が低かったらどうしよう…

・損したくない…

 

…という歯科衛生士さんは併せて読んでみてください。

 

 

今回は以上です。

 

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
給料・年収
歯科衛生士の転職.com