歯科衛生士が給料交渉を成功させる5つのコツ【給料アップの例文あり】

 

歯科衛生士「もうすこし給料が高ければいいのに…。給与交渉って、やっていいのかな?」

 

こういった悩みにお答えします。

 

✔︎ 本記事の内容

・歯科衛生士の給料交渉のコツ

・給料交渉するメリット、デメリット

・給料交渉するときに気をつけること

 

✔︎ 記事の信頼性

しろたぬ
しろたぬ

この記事を書いているわたしは歯科医師です。

 

複数の歯科医院で働いているため、今まで100人以上の歯科衛生士さんとお仕事してきました。

 

わたし自身も、給与交渉して給料を上げたことがあります。

 

現在のお給料に満足していますか?

 

最近は物価も上がってきて、将来が不安になりますよね。

 

もう少し給料がアップしたらいいのに…と感じている歯科衛生士さんは多いはず。

 

実際、歯科医院に関する改善点1位は「給料」…というデータもあります。(参照:歯科衛生士の勤務実態調査 報告書

 

そこでこの記事では、歯科衛生士が給料アップの交渉を成功させる5つのコツ…を解説します。

 

この記事を読むと、「給料が上がればいいのに…と思っている歯科衛生士さんの給料」がアップしやすくなります。

 

・全然、昇給しない

・周りの友達より給料が安い

・頑張ってるのに評価されない

・やりがいのある職場ではあるんだけど…

 

…という理由から「いまよりも給料を上げたい」…と思っている歯科衛生士さんは、ぜひご覧ください。

 

スポンサーリンク

 

もくじ

 

しろたぬ
しろたぬ

いつもは Twitterで医療と介護の情報を呟いています。

 

ありがたいことに、1万人以上の方にフォローしてもらっています。

 

記事の信頼性につながると嬉しいです。

 

歯科衛生士が給料交渉を成功させる5つのコツ

 

給料をあげたい…と思っている歯科衛生士が、交渉するときのコツは以下の通りです。

 

①:労働環境を把握する

②:給料相場と比較する

③:給料アップの根拠を提示する

④:タイミングを見計らう

⑤:主張する

 

順番に、解説していきます。

 

①:労働環境を把握する

 

まずは労働環境を把握しましょう。

 

自分の立ち位置をしることで、交渉の内容が決めやすくなります。

 

働いている歯科医院の、

 

・基本給

・昇給の有無

・昇給の額

・昇給のタイミング

 

…は重要です。

 

これらは雇用契約書または、就業規則に記載されています。

 

※ まれにこのような書類がないこともあります(本来はこの時点でおかしい)。この場合は、通帳の履歴を確認するようにしてください。

 

この条件で満足しているなら、わざわざ交渉する必要はありません。

 

実際に、昇給があることを忘れている歯科衛生士もいました。

 

 

✔︎ 昇給に関するデータ

 

昇給に関するデータは次のとおりです。

 

・昇給がある歯科医院は99%

・タイミングは年に1回が多い

・昇給額は歯科医院による

・昇給額は年5,000円、基本給の2%などがおおい

・歯科衛生士の「歯科医院に改善してほしいこと」第1位は給料

 

現状との比較の参考にしてください。

 

②:給料相場と比較する

 

「今の給料」と「給料相場」を比較しましょう。

 

今の給料が相場より低い場合は、交渉するときの根拠になります。

 

すでに相場以上だとしても、上限を知ることで範囲内の交渉ができます。

 

比較するには、転職サイトの求人情報をみるのが便利です。

 

比較するときは、

 

・地域

・経験年数

 

…で、比較するようにしてください。

 

例えば、地方の歯科医院なのに、東京の給料相場と比べてはいけません。新卒の歯科衛生士さんと10年目の歯科衛生士さんでも違いがありますよね。

 

そのため、実情に合った相場と比較しましょう。

 

 

③:給料アップの根拠を提示する

 

交渉するための根拠を考えましょう。

 

根拠があれば、給料交渉での武器になります。

 

つよい根拠としては、

 

・勤続年数の長さ

・資格を取った

・増患している

・インフレ生活きつい

・近隣の相場より給料が低い

 

…があります。すべて揃っていなくて大丈夫です。

 

ひとつでもあれば、給料がアップする確率は高まります。

 

④:主張する【言い方・伝え方は大事】

 

言い方・伝え方で、結果が変わります。交渉する相手は、人間だからです。

 

院長との関係性・院長の性格…をふまえて、伝えましょう。

 

院長が人情派なのか、理論派なのかで伝え方は違います。

 

✔︎ 人情派院長への給料アップ交渉の例文

ぜひこの歯科医院で働き続けたいと思っています。

ですが、物価が上がって生活がきついので、給料をすこしあげてもらえませんか?

 

大変さを切実にアピールする方が効果的です。

 

 

✔︎ 理論派院長への給料アップ交渉の例文

このクリニックに勤めて今年で5年になります。

最近は、患者さんも増えて忙しくなってきたので、基本給をすこしあげてもらえないでしょうか?

 

数字を根拠に、理屈で提案すると効果ありです。

 

このあたりは院長の性格によって大きく違うので、人柄をみつつ使いわけましょう。

 

アップ額は少し多めに伝えてみましょう

 

具体的な昇給額は、すこし多めに伝えることがポイントです。

 

「これくらいならどう?」と少し押し戻される可能性があるからです。

 

たとえば、月に5,000円の昇給を目指すなら、7,000円で伝えましょう。

 

⑤:タイミングを見計らう

 

伝えるタイミングも重要です。

 

タイミングによって、結果は変わります。

 

おすすめのタイミングは、

 

・増患したタイミング

・人が抜けたタイミング

・昇給時期の前

・勤続年数の区切りのタイミング

 

…を見計らって、交渉しましょう。

 

「院長が忙しくないタイミング」で、話をするのを忘れないでください。

 

給料交渉するメリット・デメリット【交渉していいの?】

そもそも、給料って交渉していいの?

 

そもそも、給料って交渉していいの?と思う歯科衛生士さんもいます。

 

結論、OKです。

 

誰にとっても、お金は大事です。

 

不必要に安い給料で働くことはありません。正当な根拠があれば、それに応じた対価をもらうべきです。

 

近年では、「自分のキャリアに見合った年収が欲しい」「自分を安売りしたくない」と考える歯科衛生士さんも増えてきました。

 

 

✔︎ それでも、交渉しにくい…というひとは?

 

歯科医院側としても、「新しい人を雇うにはお金がかかる」…という事実があります。

 

歯科衛生士ひとりを雇うためには、安くても数十万、高いと100万円以上のコストがかかります。

 

さらにそこから教育して、医院に馴染んで…は、かなりの手間と時間がかかります。

 

そのため、できるならいまのスタッフには辞めてほしくないはずです。

 

歯科衛生士は、貴重な存在…ということは忘れないで下さいね。

 

歯科衛生士が給与交渉するメリット

 

メリットは次のとおりです。

 

・所得が増える可能性

・自分に対する評価がわかる

・コストがかからない

 

給料が上がる可能性…は魅力です。わりとあっさり承諾された例も多々あります。

 

また、交渉した時の院長の態度で、自分への評価がわかります。

 

これは、自分にとってはメリットです。今後、ここで働いていくのかどうかの指標になるからです。

 

交渉はノーコストでできるので、やってみる価値はあります。

 

給与交渉するデメリット

 

デメリットは以下の通りです。

 

・うるさい奴、細かいやつ…だと思われる

 

院長によっては、うるさいやつ・細かいやつ…と、思う可能性があります。

 

ですが、あなたが必要な存在であればあるほど、このような態度は取りにくくなります。

 

抜けられたら困る人材を目指しつつ、根拠を持って交渉しましょう。

 

給料アップ交渉に関して、歯科衛生士が知っておくこと

実質の給料を上げる方法もある

 

給料を上げる方法は、基本給を上げるだけではありません。

 

ほかにも、

 

・福利厚生を交渉する

・家賃補助

・ボーナス

・社保加入

・資格手当

 

…でも、実質の手取りは増えます。

 

そのため基本給があがりそうもないときは、このような条件で交渉してみるのは一つの手段です。

 

詳しくはこちらの記事をご覧ください ▼

 

 

歯科医院の規模によっても差がある

 

歯科医院には個人の開業医から大規模な医療法人まで、さまざまな形態があります。

 

その中で、交渉が通りやすいのは、個人の開業医です。

 

ほとんどの決定事項が、院長次第…だからです。

 

ただし、経営がカツカツの場合や、人間関係が悪い場合は通りにくいです。

 

一方で大規模な医療法人は、給料に関して明確な規定があります。そのため、個人の意見は通りにくいでしょう。

 

ただし、福利厚生が充実しているので、個人開業医よりすでに待遇が良い可能性もあります。

 

交渉に失敗したら?

 

失敗しても、何も変わりません。

 

給料も、いまのままで働くことになりますが、気まずくなる必要もありません

 

最後に、「どうやったら上がるか?」を聞いておくのはオススメです。

 

例えば、

 

・患者さんが月で何人増えたら

・あと3年経ったら

 

…などと、基準ができる可能性があります。

 

逆に、この質問にも理不尽な態度をとられるなら、長く働く歯科医院ではないかもしれません。

 

給料がアップしなかったときの準備をしておく

 

給料があがらなかったときの準備をしておきましょう。

 

大きな選択肢としては、働き続ける or 転職する…です。

 

今のまま働き続ける…は、自分自身が納得すればOKです。そうでない場合は、「転職」が選択肢になります。

 

転職サイトを活用する

 

そもそも、最初から満足の給料で働くことができれば、交渉などしなくてすみますよね。

 

転職することで、

 

・年収が50万上がった

・給料は変わらないけど、毎日の労働時間が1.5時間減った

 

…といった事例はかなりあります。

 

転職サイトをみると、給料相場を確認することもできますよね。

 

今の職場で頑張るにしても、転職するにしても、給料をアップさせたいなら転職サイトの活用は欠かせません。

 

最近の歯科衛生士むけ転職サイト…は優秀です。

 

サイトによっては、

 

・細かい条件で検索できる

・エージェントさんが適正な給料を教えてくれる

・転職するときに、具体的な給料交渉をしてくれる

・院長の人柄やスタッフ同士の性格をリサーチしてくれる

 

…のような特性があるからです。

 

希望にあった歯科医院をみつけるなら、まずは転職サイトに登録して、気になる求人をチェックしておきましょう。

 

オススメの転職サイトはこちら ▼

 

✔︎ 歯科衛生士の転職につよい転職サイト

ファーストナビ | 人間関係を重視する歯科衛生士さんにおすすめ

※ 院長の人柄、スタッフの性格をエージェントが教えてくれる・まずは登録しておきましょう

ジョブメドレー | 条件にこだわりのある歯科衛生士さんにおすすめ

※ 細かい条件で検索できる・希望にあった求人がメールで届くので、優良な求人を見逃す心配なし

JOB歯科AGENT | 関東近郊の歯科衛生士さんにおすすめ

※ 首都圏を中心とした求人が多い・適正給与を教えてくれる・転職した後までアフターケア

 

実際に利用した歯科衛生士さんの評判も上々です。

 

サイトごとに取り扱う分野や給料などが違うので、求人サイトは2〜3社登録しておくと、求人の見逃しがなくなります。

 

「転職サイトの特長は?」「良質な求人を見極めるコツは?」

 

…といった疑問をお持ちの方は、こちらの記事をご覧ください ▼

 

 

まとめ:給料をアップさせて仕事しましょう

 

今回は、歯科衛生士が給料アップを交渉するコツを紹介しました。

 

①:労働環境を把握する

②:給料相場と比較する

③:給料アップの根拠を提示する

④:タイミングを見計らう

⑤:主張する

 

給料交渉することは、給料がアップする可能性があるだけでなく、歯科医院からの評価…を知ることができます。

 

給料アップは歯科医院側から提案してくることはほぼありません。つまり、自分から行動する勇気が必要です。

 

もうすこし給料があがればいいのに…と感じている歯科衛生士さんは、ぜひトライしてみてください。

 

最後に。

 

日本に歯科医院は、7万件あります。そのため、いまの環境が最高…なんてことはないはずです。

 

いまよりも働きやすい歯科医院は必ずある…ということを、忘れないで下さいね。

 

この記事をよんだ歯科衛生士さんの給料が少しでもアップしますように!

 

今回は以上です。

 

 

✔︎ 歯科衛生士におすすめの転職サイト

ファーストナビ | 人間関係を重視する歯科衛生士さんにおすすめ

※ 院長の人柄、スタッフの性格をエージェントが教えてくれる・まずは登録しておきましょう

ジョブメドレー | 条件にこだわりのある歯科衛生士さんにおすすめ

※ 細かい条件で検索できる・希望にあった求人がメールで届くので、優良な求人を見逃す心配なし

JOB歯科AGENT | 関東近郊の歯科衛生士さんにおすすめ

※ 首都圏を中心とした求人が多い・適正給与を教えてくれる・転職した後までアフターケア

 

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
1 給料・年収
歯科衛生士の転職.com