本記事はプロモーションを含む場合があります

【例文あり】歯科衛生士が給与交渉を成功させる5つのコツ|昇給額の平均は?

歯科衛生士 給料交渉 昇給 例文 言い方

 

  • もうすこし給料が高ければ…
  • 給与交渉って、やっていいのかな?
  • 転職するのは面倒…

 

現在のお給料に満足していますか?最近は物価も上がってきて、出費が増え気味ですよね。

 

そんな中、もう少し給料がアップしたらいいのに…と感じている歯科衛生士さんは多いはず。

 

✔︎ この記事を書いたひと

まな

転職4回の歯科衛生士 (Twitter
1年目にパワハラで病む/ブラック→ホワイトな職場で快適に勤務/今はスタッフ100名の医療法人で採用を担当

 

私自身、給与交渉して昇給した経験があります。

 

そこでこの記事では、歯科衛生士が給料アップの交渉を成功させる5つのコツを解説します。

 

平均の昇給額 や 給与交渉の例文・言い方 も紹介するので、参考にしてください。

 

✔︎ 読み飛ばしガイド

 

この記事を読むと、歯科衛生士さんの給料がアップする確率がグッと高まります

 

「給料に不満がある」「もう少し昇給すればやる気が出るのに」…という歯科衛生士さんはぜひご覧ください。

 

 

もくじ

給料って交渉していいの?

歯科衛生士 給与交渉

 

そもそも、給料って交渉してもいいのでしょうか。

 

給与交渉はしてOK|ただし根拠は必要

 

結論、OKです。誰にでも交渉する権利はあります。

 

特に、歯科衛生士は必要とされている職業

 

「相場より給料が安い」「なかなか給料が上がらない」と不満があるなら、交渉する価値はあります。

 

ただし、交渉する「根拠」がほしいところ。根拠があれば、成功率はグッと高まります。

 

✔︎ 根拠の例

  • 3年勤めているのに昇給していない
  • 昇給ありと聞いていたのに、昇給されない
  • 業務が忙しくなったのに、給料に反映されない
  • 近隣の医院の衛生士求人の給料の方が高い

 

根拠をもって適切に交渉すれば、医院側もあなたも両方が満足の結果を目指せます。

 

歯科衛生士は給与交渉しやすい

 

歯科衛生士は、給与交渉しやすい立場にあります。なぜなら、「必要な人材」だからです。

 

実際に、歯科衛生士の有効求人倍率は20倍。これは、1人の歯科衛生士を20件の歯科医院が奪い合っている状態です。

 

歯科医院側としては、新しい人を雇うにはお金がかかります。

 

歯科衛生士ひとりを雇うためには、高いと100万円以上のコストがかかるケースも。

 

さらにそこから教育して、医院に馴染んで…は、かなりの手間と時間がかかります。

 

歯科衛生士 まな
歯科衛生士 まな

そのため、できるなら今のスタッフには辞めてほしくないはず。

 

歯科衛生士は貴重な存在という事実を、「交渉する勇気」に変えてください。

 

歯科衛生士の平均昇給は5,000円

 

昇給に関するデータは次のとおりです。

 

  • タイミングは年に1回が多い
  • 昇給の有無は歯科医院による
  • 昇給額は平均年5,000円、基本給の2%が多い

 

「基本給の2%」は、25万円が基本給だとすると「25万円×2%=5,000円」が昇給額になります。

 

現状と比較する参考にしてください。

 

\ 歯科衛生士におすすめの転職サイト 3選 /

公式特長おすすめする人口コミ・評判
歯科衛生士 転職サイト 1位

デンタルワーカー

職場の人間関係がわかる
・給与交渉を代行してくれる
・転職活動をトータルサポート
今より給料を上げたい
待遇◎の求人が多く、1番おすすめ
\詳細はこちら/
歯科衛生士 転職サイト 2位

ファーストナビ

・ 2014年創業の老舗転職サイト
・ 衛生士の4人に1人が利用中
・ 院長の人柄を事前にリサーチ
内部の人間関係を知りたい人
転職の悩み相談ができる
\詳細はこちら/
歯科衛生士 転職サイト 3位

歯科転職ナビ

LINEのやりとりがメイン
・ 利用者の満足度 98.2%
・ 条件にあう求人がLINEで届く
マイペースで就活したい人
転職後のフォローが充実
\詳細はこちら/

 

衛生士が給与交渉を成功させるコツ

歯科衛生士 給料交渉 コツ

 

給料をあげたい…と思っている歯科衛生士が、交渉するときのコツは以下の通りです。

 

 

①:労働環境を把握する

 

まずは労働環境を把握しましょう。

 

自分の立ち位置をしることで、交渉の内容が決めやすくなります。

 

  • 基本給
  • 昇給の有無
  • 昇給の額
  • 昇給のタイミング

 

給料についての詳細は、「雇用契約書」または「就業規則」に記載されています。

 

歯科衛生士 まな
歯科衛生士 まな

私もそうでしたが、まれに雇用契約書がない医院もあります。この時点で、かなりブラックな職場です…

 

②:給料を相場と比較する

 

「今の給料」と「相場」を比較しましょう。今の給料が相場より低い場合は、交渉するときの根拠になります。

 

交渉する額を決めるためには、「いまの給料が適正かどうか」「近隣と比較してどうか」を知ることは大切です。

 

歯科衛生士の給料相場は、以下の通り。

 

月給278,000円(ボーナス別)
手取り220,000円
時給1,426円
ボーナス(賞与) 29〜52万円
年収368万円
平均労働時間169時間 / 月

賃金構造基本統計調査と転職サイトの求人情報から算出)

 

エリアや年齢によって差があるので、詳しくは 歯科衛生士の給料相場を年齢別・エリアで徹底解説 をご覧ください。

 

個人ごとの給料相場を確認するには、転職サイトで求人情報をチェックするのが便利です。

 

実際に私が利用した転職サイトを載せておきます。

 

\ 歯科衛生士におすすめの転職サイト 3選 /

公式特長おすすめする人口コミ・評判
歯科衛生士 転職サイト 1位

デンタルワーカー

職場の人間関係がわかる
・給与交渉を代行してくれる
・転職活動をトータルサポート
今より給料を上げたい
待遇◎の求人が多く、1番おすすめ
\詳細はこちら/
歯科衛生士 転職サイト 2位

ファーストナビ

・ 2014年創業の老舗転職サイト
・ 衛生士の4人に1人が利用中
・ 院長の人柄を事前にリサーチ
内部の人間関係を知りたい人
転職の悩み相談ができる
\詳細はこちら/
歯科衛生士 転職サイト 3位

歯科転職ナビ

LINEのやりとりがメイン
・ 利用者の満足度 98.2%
・ 条件にあう求人がLINEで届く
マイペースで就活したい人
転職後のフォローが充実
\詳細はこちら/

 

③:根拠を提示する

 

交渉するための根拠を考えましょう。根拠は給料を交渉するうえで「武器」になります。

 

つよい根拠は、次のとおりです。

 

  • 勤続年数が3年以上
  • 資格を取った
  • 増患している
  • インフレで生活がきつい
  • 近隣の相場より給料が低い

 

すべて揃っている必要はありません。

 

ひとつでもあれば、給料がアップする確率は高まります。

 

④:タイミングを見計らう

 

伝えるタイミングも重要です。タイミングによって、結果は変わります。

 

おすすめのタイミングは、つぎの通りです。

 

  • 増患したタイミング
  • 人が抜けたタイミング
  • 昇給時期の前
  • 勤続年数の区切りのタイミング

 

院長が忙しくないタイミング」で、交渉してみてください。

 

⑤:主張する

 

給料を上げてほしい旨を給料を決めるひと(多くは院長)に伝えます。院長との関係性・院長の性格…をふまえて、伝えましょう。

 

言い方の例文は、次の章の「給料を上げてほしい!給与交渉の例文・言い方」で紹介します。

 

直接伝えた方が気持ちは伝わりますが、どうしても言いにくい場合は「メール・LINE」でもOKです。

 

歯科衛生士 まな
歯科衛生士 まな

メール・LINEは、やりとりの証拠が残るのがメリットです。

 

交渉する相手は、院長である前に人間です。言い方・伝え方で、結果が変わります

 

給料を上げてほしい!給与交渉の例文・言い方

歯科衛生士 給与交渉 例文

 

給料上げてほしい気持ちを伝えるときは、言い方が大切です。状況に合わせた例文を紹介します。

 

 

院長が人情派なのか、理論派なのかで伝え方は違います。院長の性格に合わせて、伝え方を変えましょう。

 

直接言いにくいなら、LINEやメールでもOKです。

 

歯科衛生士 まな
歯科衛生士 まな

事前に「ご相談があるので、本日LINEしてもよろしいでしょうか?」と断りをいれておくと丁寧です。

 

人情派院長への給与交渉の例文

 

人情派の院長には大変さを切実にアピールする方が効果的です。

 

✔︎ 例文①

お話の時間を作っていただき、ありがとうございます。ご検討いただきたいというか、ご相談があります。単刀直入に申しますと、物価が上がっており、恥ずかしながら日々の生活がきつくなっています。

 

可能であれば、給料をすこしあげてもらうことはできるでしょうか?わたしとしては、ぜひこの歯科医院でお世話になりたいと思っていますので、ご検討いただけると幸いです。

 

✔︎ 例文②

お忙しい中お時間をいただきすみません。いつもアドバイスをたくさんいただき本当にありがとうございます。

実は最近、患者さんが増加しており、業務の負担が増えている状態です。恐縮ではありますが給与の昇給を検討いただけますと幸いです。

 

これからもここで頑張っていきたいと思いますので、何卒よろしくお願いいたします。

 

「困っている」実情を切実に伝えてみましょう。

 

理論派院長への給与交渉の例文

 

理論派の院長には数字を根拠に、理屈で提案すると効果ありです。

 

✔︎ 例文①

お時間いただきありがとうございます。給与のことでご相談があります。

 

私は、3年前からこのクリニックで働かせて頂いております。その際に、歯科衛生士の業務で、お給料を頂いておりましたが、最近、受付業務とクレーム対応もこなしております。

そこで今一度、お給料の見直しをしていただきたく思っております。ご検討頂けると幸いです。よろしくお願いいたします。

 

✔︎ 例文②

すこしご相談があるのですが、よろしいでしょうか?

この歯科医院で働かせて頂いて4年たち、さまざまな経験させていただきました。今期は、歯周病学会の認定歯科衛生士を取得いたしまして、これからも患者さんに貢献したいと考えています。

 

そこでご相談なのですが、給与の昇給額をご検討いただければ幸いです。よろしくお願いいたします。

 

勤続年数・患者数・スキルなど、歯科医院に貢献したところをアピールしつつ伝えるのが大切です。

 

アップ額は少し多めに伝えてみましょう

 

具体的な昇給額を伝えるときは、すこし多めに伝えることがポイントです。

 

「これくらいならどう?」と少し押し戻される可能性があるからです。

 

歯科衛生士 まな
歯科衛生士 まな

たとえば月に5,000円の昇給を目指すなら、7,000円で伝えてみましょう。

 

転職時の給与交渉の例文

 

転職時の給与交渉の例文・言い方も紹介します。

 

✔︎ 例文①

現在の年収は320万円ですが、いままでの経験を貴院で活かせると考えております。

 

そのため、誠に恐縮ではございますが現在の年収から10%のアップを希望します。ご検討のほど、よろしくお願い申し上げます。

 

✔︎ 例文②

給与面に関してご相談したく思っております。

年収340万円とご提示いただいたのですが、前職の年収350万円を下回ってしまいます。

 

不躾なお願いで誠に恐れ入りますが、基本給を引き上げてもらうことは可能でしょうか。

精一杯仕事させていただきますので、ご検討いただけますと幸いです。

 

給与交渉を行うタイミングは、面接時に希望年収について聞かれたときがベストです。

 

転職エージェントを利用すると、「応募時」にヒアリングすることが可能です。

 

転職時に交渉すれば、最初から満足の給料で働ける

 

そもそも、最初から満足の給料で働くことができれば、交渉しなくてすみます。

 

転職を考えている人は、転職エージェントを利用するのがおすすめ。

 

転職エージェントは、給与交渉のプロ。転職サイトに登録すると、無料で利用できます。

 

✔︎ 転職エージェントを使うメリット

  • あなたの適正給与を診断してくれる
  • 非公開の求人にアクセスできる
  • 給料や雇用条件をあなたの代わりに交渉してくれる
  • 履歴書の添削や面接対策をしてくれる

 

転職エージェントのアドバイスで、給料が改善された事例はかなりあります。

 

  • 年収が100万円上がった
  • 給料は同じだが、毎日の労働時間が1.5時間減った

 

「今こういう状況なんだけど、いい求人ないですか?」こう聞いてみるだけでも、いままで考えもしなかった選択肢が出てくるかもしれません。

 

歯科衛生士 まな
歯科衛生士 まな

私は転職エージェントに訪問歯科への転職時に、給与交渉に成功しました。

 

» 歯科衛生士をやめたいアラサーDHが理想の職場・働き方を真剣に考えた!試した結果は?

 

実際に利用した転職エージェントを載せておきます。利用料も一切かかりません。

 

今の職場に未来が見えないなら、気軽に相談してみてください。

 

\ 歯科衛生士におすすめの転職エージェント /

公式特長おすすめする人口コミ・評判
歯科衛生士 転職サイト 1位

デンタルワーカー

職場の人間関係がわかる
・給与交渉を代行してくれる
・転職活動をトータルサポート
今より給料を上げたい
待遇◎の求人が多く、1番おすすめ
\詳細はこちら/
歯科衛生士 転職サイト 2位

ファーストナビ

・ 2014年創業の老舗
・ 衛生士の4人に1人が利用中
・ 院長の人柄を事前にリサーチ
内部の人間関係を知りたい人
転職の悩み相談ができる
\詳細はこちら/
歯科衛生士 転職サイト 3位

歯科転職ナビ

LINEのやりとりがメイン
・ 利用者の満足度 98.2%
・ 条件にあう求人がLINEで届く
マイペースで就活したい人
転職後のフォローが充実
\詳細はこちら/

 

※ サイトごとに案件が違うので、転職サイトは複数登録がおすすめ。エージェントが合わない場合、すぐに変えることができます。

 

とくにデンタルワーカーは、年間転職成功者3万人を誇る転職サイト。

 

人間関係のリサーチ・面接同行(希望者)までサポートしてくれるのは、他の転職サイトにはない強みです。

 

歯科衛生士 まな
歯科衛生士 まな

私も、デンタルワーカーに「給与の交渉」をしてもらって、年収が3桁万円も上がりました。

 

デンタルワーカー を利用して、今よりも貯金ができる生活を実現してください。

 

\ 完全無料で転職成功できる /
12,000件の求人から選べる

 

交渉以外で給料をあげる

歯科衛生士 給料アップ 交渉 以外

 

給与交渉する以外で上げる方法を紹介します。

 

交渉以外で給料をあげる6つの方法

 

交渉以外で給料をあげる方法は、次の6つです。

 

  • 給料の高い歯科医院で働く
  • 資格をとる
  • 病院に勤務する
  • 副業する
  • 他業種に転職する
  • 東京で働く

 

どれも効果のある方法です。

 

実際に「行動するかどうか」が、昇給の分かれ道。できることから実践してみて下さい。

 

具体的な手順は、【保存版】歯科衛生士で勝ち組になる7つの方法|稼ぐには〇〇すべし! で解説しています。

 

 

実質の給料を上げる方法もある

 

給料を上げる方法は、基本給を上げるだけではありません。

 

実質の給料を上げる方法もあります。

 

  • 福利厚生を交渉する
  • 家賃補助をうける
  • ボーナスをもらう
  • 社保に加入する
  • 資格手当をもらう

 

このような方法でも、実質の手取りは増えます。条件を変えて交渉してみるのは一つの手段です。

 

歯科衛生士の給料は、以下の7ステップを踏むことで上がりやすくなります。

 

  • ①:自分の適正給与を調べる
  • ②:給料が上がらない理由を知る
  • ③:目標の年収を設定する
  • ④:「給料が高い職場」をチェックする
  • ⑤:給料をあげる方法を試す
  • ⑥:高い給料をもらうためのちょっとしたコツを使う
  • ⑦:給料以外にも大切なことがあるのを忘れない

 

私はこの手順で、年収が220万円上がりました。

 

具体的な方法は 歯科衛生士の給料の上げ方!年収290万→510万になったDHが7ステップで解説 をご覧ください。

 

給与交渉するメリット・デメリット

歯科衛生士 給料交渉 メリット デメリット

 

歯科衛生士が給料の交渉をするメリット・デメリットを解説します。

 

給与交渉するメリット

 

メリットは次のとおりです。

 

  • 所得が増える可能性
  • 自分に対する評価がわかる
  • コストがかからない

 

給料が上がる可能性…は魅力です。わりとあっさり承諾された例も多々あります。

 

また交渉した時の院長の態度で、自分への評価がわかります。これは、自分にとってはメリットです。

 

今後、ここで働いていくのかどうかの指標になります。交渉はノーコストでできるので、やってみる価値はあります。

 

給与交渉するデメリット

 

デメリットは以下の通りです。

 

・うるさい奴、細かいやつ…だと思われる

 

院長によっては、うるさいやつ・細かいやつ…と、思う可能性があります。

 

ですが、あなたが必要な存在であればあるほど、邪険な態度は取りにくくなります

 

抜けられたら困る人材を目指しつつ、根拠を持って交渉しましょう。

 

給料を交渉する際の注意点【失敗したら?】

歯科衛生士 給料交渉 アップ

 

給料をあげるための交渉に関して、気をつけておくポイントを紹介します。

交渉に失敗したら?

 

失敗しても、何も変わりません。給料も、いまのままで働くことになりますが、気まずくなる必要もありません

 

最後に、どうやったら給料上がるか?を聞いておくのはオススメです。

 

次のような基準ができる可能性があります。

 

  • 患者さんが月で何人増えたら
  • あと3年経ったら

 

逆に、この質問にも理不尽な態度をとられるなら、長く働く歯科医院ではないかもしれません。

 

失敗したときの準備をしておく

 

給料があがらなかったときの準備をしておきましょう。

 

大きな選択肢としては、働き続ける or 転職する…です。

 

今のまま働き続ける…は、自分自身が納得すればOKです。そうでない場合は、「転職」が選択肢になります。

 

\ 歯科衛生士におすすめの転職サイト 3選 /

公式特長おすすめする人口コミ・評判
歯科衛生士 転職サイト 1位

デンタルワーカー

職場の人間関係がわかる
・給与交渉を代行してくれる
・転職活動をトータルサポート
今より給料を上げたい
待遇◎の求人が多く、1番おすすめ
\詳細はこちら/
歯科衛生士 転職サイト 2位

ファーストナビ

・ 2014年創業の老舗転職サイト
・ 衛生士の4人に1人が利用中
・ 院長の人柄を事前にリサーチ
内部の人間関係を知りたい人
転職の悩み相談ができる
\詳細はこちら/
歯科衛生士 転職サイト 3位

歯科転職ナビ

LINEのやりとりがメイン
・ 利用者の満足度 98.2%
・ 条件にあう求人がLINEで届く
マイペースで就活したい人
転職後のフォローが充実
\詳細はこちら/

 

歯科医院の規模に影響される

 

歯科医院には個人の開業医から大規模な医療法人まで、さまざまな形態があります。

 

その中で、交渉が通りやすいのは、個人の開業医です。ほとんどの決定事項が院長次第…だからです。

 

ただし、経営がカツカツの場合や、人間関係が悪い場合は通りにくいです。

 

一方で大規模な医療法人は、給料に関して明確な規定があります。そのため、個人の意見は通りにくいでしょう。

 

歯科衛生士 まな
歯科衛生士 まな

大規模な医療法人は福利厚生が充実しているので、個人開業医よりすでに待遇がよいケースも多いです。

 

歯科衛生士は給与交渉して昇給を目指そう

歯科衛生士 給料交渉 まとめ

 

今回は、歯科衛生士が給料アップを交渉するコツを紹介しました。

 

誰にとっても、お金は大事。不必要に安い給料で働くことはありません。

 

正当な根拠をつくって、それに応じた対価をもらいましょう。

 

✔︎ 給与交渉のコツ

 

給与交渉のやり方を知ることも大切ですが、「実際に行動すること」はもっと重要です。

 

給料アップは歯科医院側から提案してくることはほぼありません。

 

歯科衛生士 まな
歯科衛生士 まな

勇気を持って、できることから動いてみましょう。

 

今の職場に不満がある人は、「適正給料を知る」「今の歯科医院の条件と比べる」ために、転職サイトを活用してください。

 

\ 歯科衛生士におすすめの転職サイト 3選 /

公式特長おすすめする人口コミ・評判
歯科衛生士 転職サイト 1位

デンタルワーカー

職場の人間関係がわかる
・給与交渉を代行してくれる
・転職活動をトータルサポート
今より給料を上げたい
待遇◎の求人が多く、1番おすすめ
\詳細はこちら/
歯科衛生士 転職サイト 2位

ファーストナビ

・ 2014年創業の老舗転職サイト
・ 衛生士の4人に1人が利用中
・ 院長の人柄を事前にリサーチ
内部の人間関係を知りたい人
転職の悩み相談ができる
\詳細はこちら/
歯科衛生士 転職サイト 3位

歯科転職ナビ

LINEのやりとりがメイン
・ 利用者の満足度 98.2%
・ 条件にあう求人がLINEで届く
マイペースで就活したい人
転職後のフォローが充実
\詳細はこちら/