50代・60歳以上の歯科衛生士の平均年収・月収は?【給料相場を解説します】

50代 60歳以上 歯科衛生士 平均 年収 給料 月収

 

将来が不安な歯科衛生士「50代・60歳以上の歯科衛生士の給料ってどのくらいなのだろう。平均年収はいくら位なのか、相場を教えてほしい。」

 

こういった疑問にお答えします。

 

✔︎ 本記事の内容

 

✔︎ 記事の信頼性

しろたぬ
しろたぬ

この記事を書いているわたしは歯科医師です。

 

複数の歯科医院で働いているため、今まで100人以上の歯科衛生士さんと仕事をしてきました。

 

その中で50歳以降の歯科衛生士さんが活躍する姿を、たくさんみています。

 

50代、60歳以上の歯科衛生士さんの多くは、歯科衛生士になって約30年。ベテランと呼ばれる域に達しています。

 

そんな50代・60代の歯科衛生士がもらうべき給料は、「いくらが適正」なのか気になりませんか?

 

この記事では、50代・60歳以上の歯科衛生士さんの平均年収・給料相場を解説します。

 

この記事をよむと、50代以降の歯科衛生士さんの「給料事情」と「今後どうすべきか」がすべてわかります。

 

関連記事 ▶︎【再就職できる】歯科衛生士が歳をとったときのキャリアプラン

 

もくじ

 

しろたぬ
しろたぬ

いつもは Twitterで医療と介護の情報を呟いています。

 

ありがたいことに、1万人以上の方にフォローしてもらっています。

 

記事の信頼性につながると嬉しいです。

 

50代、60歳以上の歯科衛生士の平均年収・月収【給料相場を解説します】

50代 60歳以上 歯科衛生士 平均年収 月収 給料相場

50代、60歳以上の歯科衛生士の平均年収・月収

 

結論、つぎの通りです。

✔︎50代60歳以上の歯科衛生士の平均年収・月収

年齢平均年収月収(月額給料)
50〜54歳400万33万
55〜59歳430万35万
60〜64歳390万32万

 

年収400万前後のことが多いようです。

 

※ 国税庁「民間給与実態統計調査結果(平成30年度)」と、転職サイトの求人情報から算出しています。

 

給料には個人によってばらつきがある

 

50代・60歳以上の歯科衛生士の給料は、個人によってばらつきがあります。

 

今までの歯科衛生士としてのキャリアが、年収・月収に影響を与えるからです。

 

影響を与える要素は次のようなものが考えられます。

 

・地域

・勤務期間

・スキルや資格

・ブランクの有無

・病院の経営状態

 

このように、いろいろな因子から影響を受けて年収・月収がきまるので、バラツキがでます。

 

50代、60歳以上の歯科衛生士の時給【パートの参考】

 

時給に変換すると、時給1,400〜1,800円です。この辺りも、地域や経験によって差があります。

 

都会にいくほど給料は高く、地方ほど安くなる傾向があります。

 

経験が長いほうが、短い歯科衛生士さんよりも時給は高くなりがちです。

 

✔︎時給で考えることはとても大事

 

平均年収や月給を、時給に変換して考えることはとても大事です。

 

労働時間だけが長くて、1時間あたりの単価が低い場合があるからです。

 

たとえば、以下の例をみてください。

 

Aさん:1日10時間 22日間勤務 月収 33万円

Bさん:1日8時間 20日間勤務 月収 30万円

 

給料はAさんの方が高いです。ですがこれを時給に換算すると、次のようになります。

 

Aさん:時給 1,500円

Bさん:時給 1,875円

 

Aさんのように長時間働けば給料が高くなりますが、 Bさんに比べると圧倒的に時給が低くなるのがわかります。

 

サービス残業や休日出勤など、タダで労働力を提供している場合…はさらに時給は低くなっていくので注意が必要です。

 

60歳以上になると給料は下がることが多い

 

60歳以上になってくると、歯科衛生士の給料は下がることがほとんどです。

 

✔︎ 歯科衛生士の年収 【年代別】

年齢(歳)20-2425-2930-3435-3940-4445-4950-5455-5960-64
平均年収(円)300万340万340万350万390万370万400万430万390万

 

歯科衛生士の労働している年齢は20代、30代が多く、求人数もその世代が多くなるからです。

 

とはいえ、一般の業種に比べると、比較的落差は少なく、長く働くことができます。

 

実際に70歳を越えてバリバリ働いてる歯科衛生士さんもいます。

 

>> 【適正な給料で働きたい】歯科衛生士の年収を年代別に解説します

 

50代・60歳以上の歯科衛生士の今後の戦略

50代 60歳以上 歯科衛生士 キャリアプラン 戦略

いま働いている場合

 

いま働いている50代・60歳以上の歯科衛生士さん…の考えられる選択肢は以下のとおりです。

 

①:条件が良いならこのまま勤める

②:働き方を交渉する

③:転職を考える

④:引退を考える

 

①:条件が良いならこのまま勤める

 

条件がよい…と感じているなら、このまま勤め続けましょう。

 

・平均年収よりもらっている

・相場より給料が高い

・働く時間に融通が効く

・人間関係が良好

 

給料面だけでなく、労働環境も働き続けるかどうかの基準になりますね。

 

とえいえ医院によっては、定年がある・退職金がない・再雇用制度がない・院長が高齢で閉院する…といった可能性もあるはず。

 

働き続ける場合は、ずっと働けるかどうか…を確認しておきましょう。

 

②:働き方を交渉する

 

今の医院に、条件交渉してみるのも一つの戦略です。

 

例えば、

 

・給料アップ

・労働時間の交渉

・出勤日数の交渉

・パートへのチェンジ

 

など、今の勤務先に、自分の理想の働き方を交渉してみてはいかがでしょうか。

 

自分の環境に合わせたプランを考えてみてください。

 

③:転職を考える

 

いまの職場環境がいまいちの場合は、転職も有効な選択肢です。

 

給料・労働環境…をリセットができます。

 

日本に歯科医院は7万件。いまの歯科医院が理想…という可能性は低いですよね。

 

しろたぬ
しろたぬ

いまは、歯科衛生士の求人は圧倒的に多いです。

 

そのため、どこの歯科医院も歯科衛生士不足にあえいでいます。

 

紹介した平均年収は転職の年収相場になるので、求人を探してみてください。

 

とはいえ60歳以上だと、正社員の求人は少なくなります。

 

そのため、自分に合った条件の病院に勤めたい・新しい環境に飛び込みたい…歯科衛生士さんは早めの転職をおすすめします。

 

>> 【歯科衛生士転職サイト】おすすめランキング21選|安心して働ける職場選びを歯科医が徹底比較

 

④:引退する

 

歯科衛生士を引退するという選択肢もあります。 自分で引き際を選ぶことができる、恵まれた職業と考えることもです。

 

体力的、精神的、家庭環境…. それぞれに事情をふまえて考えてみましょう。

 

一度やめてしまっても再就職しやすい…は歯科衛生士の強みです。

 

これから就職を考えている場合

 

これから就職を考えている50代・60歳以上の歯科衛生士の戦略…は次のとおりです。

 

①:条件のよい歯科医院を探す

②:歯科衛生士以外の仕事も見てみる

 

①:条件のよい求人を探す

 

これから歯科医院を探す50代・60歳以上の歯科衛生士さんは、自分にあった歯科医院を探しましょう。

 

そのためにはまず、希望条件をしっかり整理することが大切です。

 

たとえば、

 

・給料が高い

・長く働ける

・時間に融通が効く

・扶養内で働ける

・社保完備である

 

…のようなイメージです。

 

歯科衛生士の求人は山ほどあるので、希望条件を絞りこみ、適切な転職サイトを利用することが大切です。

 

50代・60歳以上で希望にあった求人をみつけるなら、まずは転職サイトに登録して気になる求人をチェックしておきましょう。

 

オススメの転職サイトはこちら ▼

 

✔︎ 50代以降の歯科衛生士の転職につよい転職サイト

ファーストナビ | 人間関係を重視する歯科衛生士さんにおすすめ

※ 院長の人柄、スタッフの性格をエージェントが教えてくれる・まずは登録しておきましょう

ジョブメドレー | 条件にこだわりのある歯科衛生士さんにおすすめ

※ 細かい条件で検索できる・希望にあった求人がメールで届くので、優良な求人を見逃す心配なし

JOB歯科AGENT | 関東近郊の歯科衛生士さんにおすすめ

※ 首都圏を中心とした求人が多い・適正給与を教えてくれる・転職した後までアフターケア

 

実際に利用した歯科衛生士さんの評判も上々です。

 

サイトごとに取り扱う分野や給料などが違うので、求人サイトは2〜3社登録しておくと、求人の見逃しがなくなります。

 

「転職サイトの特長は?」「良質な求人を見極めるコツは?」

 

…といった疑問をお持ちの方は、こちらの記事をご覧ください ▼

 

 

 

✔︎ ブランクに不安を感じているなら

 

ブランクがあることに不安を感じる歯科衛生士さんは多いです。

 

ブランクに不安があるなら、復職セミナーに参加する・ブランクに理解のある歯科医院に就職する…が有効です。

 

詳しくは 【復帰が怖い】ブランクのある歯科衛生士が不安を払拭する2つの方法 で解説しています。

 

②:歯科衛生士以外の仕事も見てみる

 

歯科衛生士以外の仕事を見てみる…もアリです。

 

とくに、

 

・歯科業界にいいイメージがない

・給料にこだわりがない

・やりたいことがある

 

…といった歯科衛生士さんは、異業種で働く可能性を探ってみてください。

 

歯科衛生士はいつまでできる?

 

そもそも、歯科衛生士はいつまでできるのでしょうか。

 

結論からいうと「体が健康なうちは、いつまでもできる」です。

 

しろたぬ
しろたぬ

歯科衛生士の免許は、一生涯使えます。

 

そのため、働く意志があれば、基本的に働くことができます。

 

だからこそ働き方は「じぶんで決める」ことが必要です。つまり、自分の人生にしっかり向き合うこと…が大切です。

 

関連記事 ▶︎ 【再就職できる】歯科衛生士が歳をとったときのキャリアプラン【これで安心】

 

まとめ:50代・60歳以上の歯科衛生士の平均年収・月収を解説しました

50代 60歳以上 歯科衛生士 平均年収 月収 給料相場 まとめ

 

今回は、50代・60歳以上の歯科衛生士の平均年収・月収について解説してきました。

 

・50代、60歳以上の歯科衛生士の平均年収は390万円〜430万円

・パートでの時給は1,400〜1,800円

・60歳以上になると給料はさがる

 

歯科衛生士は、50代でも60歳以上になっても安定して稼ぐことのできる、一生ものの職業です。

 

損をせずに働くためにも、平均年収・月収を知っておきましょう。

 

さらに、年齢を重ねたときの「キャリアプラン」は重要です。

 

以下の記事では、「歯科衛生士が歳をとったときのキャリアプラン」について解説しています。ぜひ併せてご覧ください。

 

 

歯科衛生士というステキな資格をつかって、ステキな歯科医院で働いていきましょう。

 

今回は以上です!

 

 

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
給料・年収
歯科衛生士の転職.com