50代・60歳以上の歯科衛生士の給料・平均年収【いくつまでできる?】

 

50代、60歳以上の歯科衛生士の給料相場を知りたい人「50代・60歳以上の歯科衛生士の給料ってどのくらいなだろう。平均年収はいくら位なのか知りたい。歯科衛生士っていくつまでできるのかな…」

 

50代、60歳以上の歯科衛生士さんの多くは、歯科衛生士になって約30年。その間に、いろいろな経験をされてきたと思います。

 

そんな50代60代の歯科衛生士さんにとって「給料」は人生を楽しむために大事なツールですよね。

 

しろたぬ
しろたぬ

この記事を書いている私は歯科医師です。

 

高齢者歯科を専門にしていて、複数の病院に携わっています。

 

今まで100人以上の歯科衛生士さんと仕事をしてきまして、50代以降の歯科衛生士さんが活躍する姿をたくさんみてきました。

 

 

この記事では、50代の歯科衛生士さんの給料事情、そして「いつまで働けるか」…まで解説します。

 

この記事をよむと、50代以降の歯科衛生士さんの「給料事情」と「未来をよくする方法」がすべてわかります。

 

関連記事 ▶︎「歯科衛生士の失敗しない転職ロードマップ」はこちら

 

いつもは Twitter(ありがたいことに1万人以上の方にフォローしてもらっています!)で医療と介護の情報を発信しています。

 

 

『「頑張って働かないと、楽しい老後は来ないよ!」と老人ホームのお爺さんに励まされたのだけど、きっとその頃には再雇用につぐ再雇用が推進され、爆上がりの保険料を納めつづけ、年金受給が80歳〜とかで、そのまま認知症に…なんて考えると、老後より”今を楽しむ”スパイスはわりと重要だと感じます』

 

本記事の内容

スポンサーリンク

50代60歳以上の歯科衛生士の給料・平均年収

f:id:prandium:20210130144920j:plain

 

✔︎50代60歳以上の歯科衛生士の給料・平均年収

年齢平均年収月額給料
50〜54歳400万33万
55〜59歳430万35万
60〜64歳390万32万

 

以上のとおりです。※ 国税庁「民間給与実態統計調査結果(平成30年度)」と転職サイトの求人情報から算出しています。

 

個人によってばらつきがある

 

給料は個人によってばらつきがあります。今までの歯科衛生士としてのキャリアが、年収に影響を与えるからです。

 

影響を与える要素は次のようなものが考えられます。

 

・地域

・勤務期間

・スキルや資格

・ブランクの有無

・病院の経営状態

 

 

環境にも影響が受けることがわかります。

 

50代60歳以上の歯科衛生士の時給【パートの参考】

 

パートの時給に変換すると、時給1,400〜1,800円です。

 

歯科衛生士は専門職で、需要の伸びている職業です。そのため探せば高い時給の病院も見つけることができます。

 

✔︎時給で考えることはとても大事

 

平均年収や月給を時給に変換して考えることはとても大事です。

 

労働時間だけが長くて、1時間あたりの単価が低い場合があるからです。

 

たとえば以下の例をみてみましょう。

 

A:1日10時間 22日間勤務 月収 33万円

B:1日8時間 20日間勤務 月収 30万円

 

年収も1ヶ月の給料もAの方が高いです。ですが時給換算すると次のようになります。

 

A:時給 1,500円

B:時給 1,875円

 

Aのように長時間働けば給料が高くなりやすいですが、 B に比べると圧倒的に時給が低くなるのがわかります。

 

サービス残業や休日出勤など、タダで労働力を提供している場合はさらに時給は低くなっていくので注意が必要です。

 

50代・60歳以上の歯科衛生士の給料は下がることが多い

 

50代60代以上の歯科衛生士の給料は下がることがほとんどです。

 

歯科衛生士の労働している年齢は20代30代が多く、求人をその世代が多いからです。

年齢平均年収
45〜49歳370万円
50〜54歳400万円
55〜59歳430万円
60〜64歳390万円

 

とはいえ 一般の業種に比べると、比較的落差は少なく、長く働くことができます。

 

実際に70歳を越えてバリバリ働いてる歯科衛生士さんもいます。

 

 

 

歯科衛生士はいつまでできる?

f:id:prandium:20210130145227j:plain

 

歯科衛生士はいつまでできるのでしょうか。

 

結論からいうと「いつまでもできる」です。

 

だからこそ「じぶんで決める」ことが必要です。つまり、自分の人生を考えることが大切です。

 

考えられる選択肢としては以下のとおりです。

 

①:働き方を交渉する

②:新しく就職する

③:引退する

 

①:働き方を交渉する

 

これは現在すでに働いている歯科衛生士さんに当てはまります。歯科衛生士は身体さえ元気であれば、いつまでも働くことができます。

 

>>参考:歯科衛生士は何歳まで働けるの?歳をとったら…?【結論:一生働けます】

 

自分の生活環境にあわせて、働くことも十分可能です。今の勤務先に、自分の理想の働き方を交渉してみてはいかがでしょうか。

 

労働時間や出勤日数、パートへのチェンジなど、自分の環境に合わせたプランを考えてみてください。

 

②:新しく就職する

 

ブランクがあって新しく就職する場合や、 今の病院から転職する場合…この2つのパターンがあります。

 

自分に合った条件の病院に勤めたい、新しい環境に飛び込みたい…転職の理由は様々ですがこれも自分で選ぶことができます。

 

とはいえ50代60歳以上になると、転職の募集自体は少なくなりますので、転職サイトを活用してください。

 

>>参考:50代歯科衛生士の転職に強い求人サイト おすすめ2選【東京以外もOK】

 

✔︎50代、60歳を越えると正社員は少ない

 

50代や60歳以上だと正社員として働く歯科衛生士さんは少なくなります。求人もだいぶ少なくなってきますので、良い条件での新しい就職というのは厳しくなってきます。

 

ですので、ずっと働きたい人は早めに正社員になっておくことをオススメします。

 

③:引退する

 

歯科衛生士を引退するという選択肢もあります。 自分で引き際を選ぶことができる、恵まれた職業と考えることもです。

 

体力的、精神的、家庭環境…. それぞれに事情をふまえて考えてみましょう。

 

✔︎やめる注意点

 

一度、やめてしまうと再就職は難しくなります。その現実も踏まえて、決めてくださいね。

 

>>参考:【5つある】歯科衛生士の50歳からの転職が難しい理由【活躍できる】

 

「やめどき」はいつか自分で決めなければなりません。

 

50代、60歳以上の歯科衛生士の平均年収・給料は安定している【人生を考える】

f:id:prandium:20210112184015j:plain

 

今回の記事をまとめます。

 

・50代60歳以上の歯科衛生士の平均年収は390万円〜430万円

・給料は月額で30万円越え、時給は1,400〜1,800円。

・時給で考えるのは大切

・歯科衛生士はいつまででもできる。やめどきは自分で決められる

 

歯科衛生士の仕事は50代でも60歳以上でも安定して稼ぐことのできる、一生ものの職業です。

 

とはいえ50代60歳以上であれば子育てが落ち着いたり、介護を経験したりと、これからの人生を考える時期でもあります。

 

歯科衛生士としてバリバリやっていくという選択肢もあれば、歯科衛生士をしつつ他にやりたいことを見つけるという選択肢もあります。

 

どれが正解かは自分で決めなければいけません。そして、それを確かめる方法はまず一歩動いてみることです。

 

人生の時間は有限です。もし今の環境に少しでも疑問があるのであれば、この機会に是非行動してみてください。

 

今回は以上です。

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
歯科衛生士の転職
スポンサーリンク
しろたぬ Web