本記事はプロモーションを含む場合があります

【ムリゲー】歯科衛生士で年収1000万は難しい!現実的な給料アップの方法は?

歯科衛生士 年収 1000万

 

「歯科衛生士は年収1000万円を稼ぐことは可能?」と考えたことのある歯科衛生士さんはいませんか?

 

年収1000万円はハイスペックですが、歯科衛生士で年収1000万円を達成するのはかなり難しいです。

 

しかし、歯科衛生士以外の仕事をかけあわせることで、可能なケースも。

 

✔︎ この記事を書いたひと

まな

転職4回の歯科衛生士 (Twitter
1年目にパワハラで病む/ブラック→ホワイトな職場で快適に勤務/今はスタッフ100名の医療法人で採用を担当

 

この記事では、「歯科衛生士が1000万円を稼ぐことは可能なのか」と「年収を上げる方法」を紹介します。

 

もくじ

歯科衛生士は年収1000万円稼げるの?

歯科衛生士 年収 1000万 可能

 

結論、かなり難しいです。

 

年収1000万円は月収で83万円。1日8時間労働を週5日で1年間働いたとして、時給換算で5200円です。

 

歯科衛生士 まな
歯科衛生士 まな

歯科衛生士転職サイトには、月収83万円や時給5200円の求人は見当たりません。

 

そのため、歯科衛生士として年収1000万円は現実的にかなり難しいです。

 

歯科衛生士の平均給料は、年収386万円。1000万円の収入を得るには、平均の3倍近くを稼がなくてはいけません。

(» 歯科衛生士の年収を徹底解説

 

しかし、起業をする・副業で収益を得る・一般企業で働く…といった方法で、1000万円に到達する可能性はあります。

 

✔︎ 知恵袋でも、1000万円の歯科衛生士はいない

 

Yahoo!知恵袋でリサーチすると、「歯科衛生士で1000万円はいますか?」と言う質問がありました。

 

それに対して「いないと思いますが、国家資格なので安心です」といった趣旨の回答でした。

 

» 実際の回答はこちら

 

\ 歯科衛生士におすすめの転職サイト /

 転職サイト名求人数特長おすすめする人

1位

デンタルワーカー 歯科衛生士

デンタルワーカー

12,000件

高給与の非公開求人が多数掲載
・ 給与交渉を代行してくれる
・ 職場の雰囲気を確認できる
転職に失敗した経験がある人
待遇◎の求人が多く、1番おすすめ
歯科衛生士 転職サイト 2位

2位

ファーストナビ

10,000件

衛生士の4人に1人が利用中
・ 求人一覧をマップから見れる
・ 院長の人柄が事前にわかる
マメなサポートを受けたい人
転職の悩み相談が気軽にできる
歯科衛生士 転職サイト 3位

3位

 

歯科転職ナビ

7,000件

・ 利用者の満足度 98.2%
・ LINEのやりとりがメイン
・ 条件にあう求人が✉️で届く
マイペースで就活したい人
転職後のフォローが充実

 

歯科衛生士で年収1000万円稼ぐ方法

歯科衛生士 年収1000万円 稼ぎたい

 

歯科衛生士で年収1000万円は絶対に不可能とはいえませんが、レアケースです。

 

以下の方法は、年収1000万円に到達する可能性があります。

 

✔︎ 歯科衛生士で年収1000万円稼ぐ方法

 

歯科衛生士の業務だけで1000万円稼ぐのは難しいです。

 

他業種で働く

 

歯科衛生士としてではなく、他の業種に就職すると1000万円の可能性があります。

 

実際、営業や商品開発をおこなう一般企業では、1000万円越えの求人があります。

 

歯科衛生士 年収1000万 一般企業 求人

モリタ・ライオン・サンスターといった大手歯科企業の求人が出ることも。

 

臨床以外の仕事に興味のある人は、一度求人をチェックしてみてください。

 

マイナビ転職エージェントサーチ は、業界トップクラスの求人数を誇る転職エージェント。転職のプロがサポートしてくれます。

 

ベンチャーから大手まで優良企業の求人多数 » マイナビ転職エージェントサーチ

 

研究機関に就職する

 

歯科衛生士として年収1000万円の給料をもらっている職場は「研究機関」「歯科衛生士養成機関」です。歯科衛生士の勤務実態調査 報告書

 

研究機関とは、国や自治体が運営する公的な機関。最初の給料は低めですが、長年勤めることで上がっていきます。

 

募集がでてもすぐになくなってしまうので、役所や歯科衛生士学校の求人をチェックしておく必要があります。

 

歯科衛生士 まな
歯科衛生士 まな

とはいえ、歯科衛生士で1000万円もらえるのは、全体の0.1%(4000人中5人)。かなり狭き門なので現実的ではありません。

 

年収1000万円とはいきませんが、総合病院や大学病院は「5人に1人が年収500万円以上」もらっているので、狙い目です。

 

歯科衛生士の給料の高い職場は、【稼ぐならココ】歯科衛生士の給料の高い職場ランキング をご覧ください。

 

起業する

 

起業する(自分で事業を起こす)と、1000万円を稼げる可能性があります。雇用される側から経営する側になるからです。

 

そのため、年収1000万円以上稼げる可能性があります。

 

実際に、下記のような事業にチャレンジしている歯科衛生士さんもいます。

 

  • ライター
  • 不動産賃貸業
  • プログラマー
  • ネイリスト

 

とはいえ、全く稼げない可能性や、事業の内容によっては借金を抱える場合も。

 

まずは趣味を活かした副業から始めてみるのがおすすめです。

 

»【筆者も実践】歯科衛生士におすすめの副業11選!パート?在宅ワーク?異業種?

 

家族単位で考える

 

収入を家族単位で考えると、1000万円が近づきます。

 

とくに結婚している人は、配偶者の方との合算で1000万円を目指してみてください。

 

1馬力よりも2馬力の方が、2倍稼ぎやすいです。

 

歯科衛生士 まな
歯科衛生士 まな

あなたの年収が350万円なら、配偶者の650万円で年収1000万円を達成できます。

 

家族単位で考えると、すべて自分のお金になるわけではありません。出費が増える場合も。

 

しかし、年収1000万円へのハードルはグッと下がります。

 

近年はインターネットでの出会いが増えてきます。2026年にはオンラインでの婚活サービスの市場が2000億円との予測も。

 

マッチングサービスでNo.1の会員数を誇るペアーズは、2000万人以上が利用。多くの夫婦が、ペアーズを通して生まれています。

 

\ 登録無料ですぐに出会える /

ペアーズ 公式サイトはこちら

身バレの心配なし

 

まずは目の前の年収をあげる

歯科衛生士 年収 分布

 

遠すぎる目標は、挫折する原因です。

 

 

いまの年収に応じて、段階的に年収を上げていきましょう。

 

歯科衛生士が稼ぐには?

 

歯科衛生士が稼ぐ方法は、大きく7つあります。

 

  • 給料の高い歯科医院で働く
  • 資格をとる
  • 総合病院・大学病院に勤務する
  • 副業する
  • 他業種に転職する
  • 東京で働く
  • 交渉する

 

何もしなければ、給料は上がりません。「自分のできること」から始めてみるのが大切です。

 

歯科衛生士 まな
歯科衛生士 まな

私は、「給料の高い歯科医院」を探して、「給与交渉」した結果、年収290万円から510万円になりました。

 

✔︎ 筆者の「前職」の年収

歯科衛生士 給料明細 新卒

✔︎ 筆者の「現在」の年収

歯科衛生士 給料明細

 

稼ぐ方法の詳細は、【保存版】歯科衛生士で勝ち組になる7つの方法|稼ぐには〇〇すべし! の記事をご覧ください。

 

 

\ 歯科衛生士におすすめの転職サイト /

 転職サイト名求人数特長おすすめする人

1位

デンタルワーカー 歯科衛生士

デンタルワーカー

12,000件

高給与の非公開求人が多数掲載
・ 給与交渉を代行してくれる
・ 職場の雰囲気を確認できる
転職に失敗した経験がある人
待遇◎の求人が多く、1番おすすめ
歯科衛生士 転職サイト 2位

2位

ファーストナビ

10,000件

衛生士の4人に1人が利用中
・ 求人一覧をマップから見れる
・ 院長の人柄が事前にわかる
マメなサポートを受けたい人
転職の悩み相談が気軽にできる
歯科衛生士 転職サイト 3位

3位

 

歯科転職ナビ

7,000件

・ 利用者の満足度 98.2%
・ LINEのやりとりがメイン
・ 条件にあう求人が✉️で届く
マイペースで就活したい人
転職後のフォローが充実

 

歯科衛生士で400万円は稼げる?

 

年収200万円・300万円代の歯科衛生士さんは、年収400万円を目指しましょう。

 

400万円を稼ぐ方法は、次の通りです。

 

  • 給料の高い職場へ転職する
  • 副業を始める
  • 長く勤める
  • 結婚して家族単位で稼ぐ
  • インフレに期待する

 

年収200万円・300万円代の歯科衛生士は、全体の66.6%です。

 

歯科衛生士 まな
歯科衛生士 まな

つまり3人に2人は、年収400万円以下です。

 

まずは、400万円を目指しましょう。

 

参考 » 歯科衛生士が年収400万円を稼ぐ方法

 

歯科衛生士で年収500万円は?

 

年収500万円の歯科衛生士は全体の約13%。狭き門ですが、努力次第で可能です。

 

  • 年収500万円の歯科医院に就職する
  • 年収400万の職場で必要な人材になる
  • 副業で収益をだす

 

具体的な方法は、【全体の13%】歯科衛生士が年収500万円に到達する3つの方法 で解説しています。

 

歯科衛生士で年収700万円は?

 

700万円以上稼ぐ歯科衛生士は、全体の3.1%。ここからは、相当の努力と運が必要です。

 

  • 副業でかなり収益をだす
  • 年収700万円の職場に転職する
  • 歯科業界以外で働く

 

かなり時間がかかります。

 

副業でかなり収益をだす

 

副業も、本業だと思って取り組む必要があります。すぐには稼げないので、地道な努力と継続が必要です。

 

»【筆者も実践】歯科衛生士におすすめの副業11選!パート?在宅ワーク?異業種?

年収700万の職場に転職する

 

転職先は、研究機関や行政が目標です。しかし、以下の障壁があります。

 

  • 求人が少なく、就職できるチャンスが少ない
  • 年功序列なので、最初の年収は低め

 

まずは求人を見つけるために、定期的なチェックは必須です。

 

\ 歯科衛生士におすすめの転職サイト /

 転職サイト名求人数特長おすすめする人

1位

デンタルワーカー 歯科衛生士

デンタルワーカー

12,000件

高給与の非公開求人が多数掲載
・ 給与交渉を代行してくれる
・ 職場の雰囲気を確認できる
転職に失敗した経験がある人
待遇◎の求人が多く、1番おすすめ
歯科衛生士 転職サイト 2位

2位

ファーストナビ

10,000件

衛生士の4人に1人が利用中
・ 求人一覧をマップから見れる
・ 院長の人柄が事前にわかる
マメなサポートを受けたい人
転職の悩み相談が気軽にできる
歯科衛生士 転職サイト 3位

3位

 

歯科転職ナビ

7,000件

・ 利用者の満足度 98.2%
・ LINEのやりとりがメイン
・ 条件にあう求人が✉️で届く
マイペースで就活したい人
転職後のフォローが充実

 

※ サイトごとに案件が違うので、転職サイトは複数登録がおすすめ。エージェントが合わない場合、すぐに変えることができます。

 

歯科業界以外で働く

 

歯科衛生士以外の仕事であれば、年収700万円以上の職種はあります。

 

歯科衛生士 まな
歯科衛生士 まな

IT・営業・物流などは高年収の職場が多めでした。中には1000万円越えの求人も。

 

「歯科衛生士にこだわりがない」「歯科衛生士をやりたくない」という人は、他職種を検討するのアリです。

 

記事前半で紹介した「他業種で働く」をご覧ください。

 

»【全体の3.1%】歯科衛生士で年収700万は可能?高収入を目指す働き方も紹介

 

年収1000万円はきつい|まずは年収アップを目指そう

歯科衛生士 年収 1000万円 無理 きつい

 

今回は、歯科衛生士で年収1000万稼ぐ方法と、目標年収に合わせた給料アップの方法を紹介しました。

 

急に年収1000万円は難しくても、すこしの努力をすることで給料をアップさせていくことは可能です。

 

ぜひ行動してみましょう。

 

いきなり稼ぐ方法を実践するのもいいですが、稼ぐための手順を知るのも同じくらい大切です。

 

「給料相場を知る」「目標年収を定める」「給料が上がらない理由」を理解して、給料を上げる方法を試すと効果的です。

 

具体的な手順は、歯科衛生士の給料の上げ方!年収290万→510万になったDHが7ステップで解説 の記事をご覧ください。

 

 

年収を上げて、余裕のある暮らしを目指しましょう。