新卒の歯科衛生士の給料・年収を解説します【手取り・初任給】

新卒 歯科衛生士 給料 手取り 年収 初任給

 

新卒の歯科衛生士「新卒の歯科衛生士の初任給はいくらだろう。他の業種と比べたら給料はどんな感じなのかな…。給料が低かったらどうしよう…」

 

新卒の歯科衛生士として働き始めると、「給料」の相場が気になる人は多いです。

 

この記事では、「新卒の歯科衛生士の給料」を紹介しつつ、先輩歯科衛生士や他業種とも比較していきます。

 

✔︎ 本記事の内容

 

✔︎ この記事を書いたひと

しろたぬ 歯科医師

複数の歯科医院ではたらく歯医者/ライター
今まで100人以上の歯科衛生士さんと仕事を経験。雇用する立場としても「歯科衛生士転職」の内情に精通。医療と介護について呟く Twitter は1.1万人フォロワー。

しろたぬ 歯科医師をフォロー

 

この記事をよむと「新卒の歯科衛生士」の給料・年収事情がすべてわかります。

 

・年収が気になる

・給料が低いかも…

 

…と感じている歯科衛生士さんはぜひご覧ください。

 

>> 歯科衛生士が給料を上げるためのロードマップ  

 

もくじ

 

新卒の歯科衛生士の給料・年収を解説します【手取り・初任給】

新卒の歯科衛生士の給料・年収を解説します【手取り・初任給】

新卒の歯科衛生士の初任給【給料・手取り】

 

新卒の歯科衛生士の平均給料は、

 

・月収 25万円(ボーナスなしの場合)

 

…です。

 

地域差があり、関東や関西など首都圏では27〜29万円ほどもらえるところもあります。

 

注意してほしいのはここから保険料・年金・税金が引かれるため、

 

・手取り 19〜20万円

 

となり、給料額よりも5万円ほど少なくなります。

 

税金は社会人としての義務であり、厳しいところでもありますね。

 

新卒の歯科衛生士の年収

 

次に新卒歯科衛生士の年収を紹介します。

 

新卒歯科衛生士の年収は、

 

・年収 300万円

 

…が相場です。

他業種との比較

 

他業種の新卒の平均年収と比較してみます。

 

✔︎ 他業種の新卒の平均年収

  • 金融、保険業 190万円
  • 医療、福祉 190万円
  • 卸売、小売業 200万円
  • 製造業 220万円
  • 情報通信業、教育業 240万円

 

大手企業に就職した男性の平均年収は、300〜330万円ほどです。

 

ですので、年収300万円ほど給料のある歯科衛生士は、比較的恵まれている職業です。

 

5年目・10年目以上の歯科衛生士との比較

 

歯科衛生士として年月が経つと、給料は変わってくることが多いです。

 

✔︎ 5年目 歯科衛生士

  • 平均月収 28万円
  • 平均年収 340万円

 

✔︎ 10年目以上 歯科衛生士

  • 平均月収 29万円
  • 平均年収 350万円

 

20代後半にかけて年間で5千〜1万円ほど昇給していくイメージです。

 

>> 【適正な給料で働きたい】歯科衛生士の年収を年代別に解説します

 

年収から考える新卒歯科衛生士のキャリアプラン

年収 新卒歯科衛生士 キャリアプラン

 

年収を知ることで、今後のキャリアプランをたてやすくなります。

 

給料が低いと感じたら…

 

給料が低い…と感じたときには、現状を確認してください。

 

  • 仕事を覚えきれていない
  • これから昇給する見込みがある

 

…のであれば、もう少し頑張ってみても良いでしょう。

 

とはいえ、相場よりも20%以上も低い給料で働いているのであれば、搾取されている可能性もあります。

 

転職サイトを利用して、働いているエリアの求人情報から給料を確認してみてください。

 

✔︎ 歯科衛生士におすすめの転職サイト

デンタルワーカー転職に失敗したくない歯科衛生士さんにおすすめ

※ 年間転職成功者3万人の実績・豊富な高額求人、丁寧なサポート・まずは登録しておきましょう

ファーストナビ | 恵まれた人間関係で働きたい歯科衛生士さんにおすすめ

※ エージェントが院長の人柄などの内部情報をおしえてくれる・登録者限定の非公開求人は良質

ジョブメドレー | 条件にこだわりのある歯科衛生士さんにおすすめ

※ 細かい条件で検索可能・希望にあった求人がメールで届くので、優良な高額求人を見逃しにくい

 

※ 歯科衛生士向けの転職サイトは20社以上あります。

歯科衛生士さんへのリサーチをもとに、厳選しました。

>> 【歯科衛生士転職サイト】おすすめランキング21選

 

新卒歯科衛生士が適正な給料で働く方法

 

平均の給料や年収を知ることは大切ですが、「適正な給料をもらうこと」はさらに重要です。

 

もし、相場よりも著しく低い給料で仕事している場合、「給料を上げる対策」が必要です。

 

具体的には5つあります。

 

  • ①:高収入の求人をさがす
  • ②:ひとつの歯科医院に長く勤める
  • ③:副業する
  • ④:資格をとる
  • ⑤:東京で働く

 

つぎの記事で「歯科衛生士が高収入を稼ぐためのシンプルな方法」について解説しているので、ぜひご覧ください。

 

 

職場の環境は大事

 

職場の環境は整っていますか?

 

  • スキルが学べる
  • 人間関係がよい

 

…このような環境であれば、新卒の歯科衛生士にとっては、恵まれている環境です。

 

年収だけにとらわれず、置かれている状況を客観的にみてくださいね。

 

次の記事は「新卒の歯科衛生士が仕事を辞める基準」について、詳しく紹介しています。

 

辞めるべきでないパターン…も解説しているので、後悔したくない歯科衛生士さんは併せて読んでみてください。

 

 

まとめ:新卒歯科衛生士の年収・給料

まとめ 新卒歯科衛生士 年収 給料

 

今回の記事をまとめます。

 

新卒の歯科衛生士の平均月収・年収は次のとおりです。

 

  • 月収 25万円
  • 手取り 19〜20万円
  • 年収 300万円

 

キャリア形成の参考にしてください!

 

今回は以上です。

 

 

 

 

✔︎ この記事を書いたひと
しろたぬ 歯科医師

複数の歯科医院ではたらく歯医者/ライター
今まで100人以上の歯科衛生士さんと仕事を経験。雇用する立場としても「歯科衛生士転職」の内情に精通。医療と介護について呟く Twitter は1.1万人フォロワー。

しろたぬ 歯科医師をフォロー
スポンサーリンク
スポンサーリンク
給料・年収
歯科衛生士の転職.com