本記事はプロモーションを含む場合があります

【初任給は月収22万円】新卒の歯科衛生士の給料・年収・手取りを徹底解説

新卒 歯科衛生士 給料 手取り 年収 初任給

 

新卒の歯科衛生士「新卒の歯科衛生士の初任給はいくらだろう。他の業種と比べたら給料はどんな感じなのかな…。給料が低かったらどうしよう…」

 

新卒の歯科衛生士として働き始めると、まわりの給料が気になりますよね。

 

この記事では、「新卒の歯科衛生士の給料」を紹介しつつ、先輩歯科衛生士や他業種とも比較していきます。

 

✔︎ この記事を書いたひと

まな

転職4回の歯科衛生士 (Twitter
1年目にパワハラで病む/ブラック→ホワイトな職場で快適に勤務/今はスタッフ100名の医療法人で採用を担当

 

この記事をよむと、新卒の歯科衛生士の給料・年収事情がすべてわかります。

 

結論、以下の通りです。

 

✔︎ 新卒の歯科衛生士の初任給

  • 月収25万円(ボーナスなしの場合)
  • 月収22万円(ボーナス別の場合)

 

「給料が低いかも…」「年収が気になる…」と感じている歯科衛生士さんはぜひご覧ください。

 

 

もくじ

 

【初任給】新卒の歯科衛生士の給料・年収・手取り

新卒の歯科衛生士の給料・年収を解説します【手取り・初任給】

 

新卒の歯科衛生士の初任給を、給料・年収・手取りで解説します。

 

 

新卒の歯科衛生士の初任給【給料・手取り】

 

新卒の歯科衛生士の平均給料は、月収25万円(ボーナスなしの場合)。ボーナスありの場合は月収22万円です。

 

地域差があり、関東や関西など首都圏では27〜29万円ほどもらえるところもあります。

 

ここから保険料・年金・税金が引かれるため、手取り 19〜20万円となり、給料額よりも5万円ほど少なくなります。

(参考:給料25万円の歯科衛生士の手取りは?

 

歯科衛生士 まな
歯科衛生士 まな

税金は社会人としての義務であり、厳しいところでもあります。2年目からは住民税も引かれるので、税金額は増えます。

 

新卒の歯科衛生士の年収

 

新卒歯科衛生士の年収は300万円が相場です。

 

(月収22万円 × 12ヶ月)+ ボーナス40万 = 304万円

 

とはいえ、歯科医院の種類や働くエリアで大きく影響を受けます。

 

大きめの医療法人・自費の多い歯科医院は、年収が高くなります。

 

»【386万円】歯科衛生士の年収を徹底解説|高い給料をもらう方法も併せて紹介

 

他業種との比較

 

他業種の新卒の平均年収と比較してみます。

 

✔︎ 他業種の新卒の平均年収

  • 金融、保険業 190万円
  • 医療、福祉 190万円
  • 卸売、小売業 200万円
  • 製造業 220万円
  • 情報通信業、教育業 240万円

 

大手企業に就職した男性の平均年収は、300〜330万円ほどです。

 

ですので、年収300万円ほど給料のある歯科衛生士は、比較的恵まれている職業です。

 

5年目・10年目以上の歯科衛生士との比較

 

歯科衛生士として年月が経つと、給料は変わってくることが多いです。

 

✔︎ 5年目 歯科衛生士

  • 平均月収 24.8万円
  • 平均年収 337万円

 

✔︎ 10年目以上 歯科衛生士

  • 平均月収 27万円
  • 平均年収 360万円

» 歯科衛生士の10年目の給料はどれくらい?3・5・7年目と比較した結果は?

 

20代後半にかけて年間で5千〜1万円ほど昇給していくイメージです。

 

 

歯科衛生士が初任給から給料を上げる方法

年収 新卒歯科衛生士 キャリアプラン

 

歯科衛生士が「初任給から給料を上げる方法」を紹介します。

 

給料を上げる手順を知ることで、今後のキャリアプランをたてやすくなります。

 

給料が安いと感じたら…

 

給料が低い…と感じたときには、まずは現状を確認してみてください。

 

  • 仕事を覚えきれていない
  • これから昇給する見込みがある

 

上記に当てはまるなら、もう少し頑張ってみても良いでしょう。

 

逆に、相場よりも20%以上も低い給料で働いているのであれば、搾取されている可能性もあります。

 

歯科衛生士の給料相場は、歯科衛生士の給料相場を年齢別・エリアで徹底解説! で解説しています。

 

歯科衛生士 まな
歯科衛生士 まな

給料相場は、勤務地・ブランク・働く医院の種類によって差が出ます。

 

» 歯科衛生士の給料の上げ方!年収290万→510万になったDHが7ステップで解説

転職サイトを活用する

 

公式特長おすすめする人口コミ・評判
🥇

デンタルワーカー

適正給与を教えてくれる
・高給与の求人が12,000件
・職場の雰囲気をリサーチ
今より給料を上げたい
良質の求人が多く、1番おすすめ
\詳細はこちら/
🥈

ファーストナビ

衛生士の4人に1人が利用中
・マップから求人を探せる
・給与交渉を代行してくれる
マメなサポートを受けたい人
電話で悩み相談ができる
\詳細はこちら/
🥉

歯科転職ナビ

500万円以上の求人あり
・利用者の満足度 98.2%
・条件にあう求人が✉️で届く
マイペースで就活したい人
LINEのやりとりがメイン
\詳細はこちら/

 

「自分自身の適正給与をしる」「高待遇の職場を探す」なら、転職サイトが便利です。

 

おすすめの転職サイトを紹介していきます。

 

求人の量と質なら「デンタルワーカー」

初任給 デンタルワーカー 歯科衛生士

 

✔︎ デンタルワーカーの特徴

  • 高給与の求人数が1万件以上
  • 給与交渉を代行してくれる
  • 職場の雰囲気をリサーチできる

 

デンタルワーカーは衛生士専門の転職サイトとして、年間3万人の転職実績を誇ります。

 

とくに、一般には公開されていない求人では「穏やかな院長の職場」「雇用条件のよい職場」を見つけることが出来ます。

 

希望者には、エージェントが面接同行してくれるのは、他の転職サイトにはない強み。

 

歯科衛生士 まな
歯科衛生士 まな

エージェントとの連絡はメールで出来るので、すきま時間を活用した就活が可能です。

 

初めての転職や、転職に不安がある方は、まず利用すべき転職サイトです。

 

\ 年収100万円アップ多数 /

デンタルワーカーで求人を探す

最短1週間で転職成功

 

デンタルワーカーの口コミ・評判を詳しく知りたい方は、こちらの記事を参考にしてください。

 

» 口コミ・評判|デンタルワーカーを徹底レビュー【歯科衛生士が転職成功する近道】

 

利用者満足度の高い「ファーストナビ」

初任給 ファーストナビ 歯科衛生士

 

✔︎ ファーストナビの特徴

  • 4人に1人の歯科衛生士が利用
  • 院長の人柄が事前にわかる
  • 地域専任のエージェントが徹底支援

 

2004年の創設以来、歯科衛生士の25%が活用している歯科衛生士に特化した転職サイト。利用者数も利用者満足度も非常に高いです。

 

ファーストナビのエージェントは業界に精通した専門性の高いことに定評があり、条件交渉も代行してくれます。

 

求人の質も非常に高く、サービス全体のクオリティが高いことが魅力です。

 

専門知識を活かした適格なアドバイスを行ってくれるため、好条件で働きたい方におすすめです。

 

\ 完全無料で転職成功できる /

ファーストナビで求人を探す

60秒で登録完了

 

ファーストナビの口コミ・評判の詳細を知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。

 

» ファーストナビ歯科衛生士を徹底レビュー【人間関係◎の職場がみつかる】

 

マイペースで就活できる「歯科転職ナビ」

歯科転職ナビ 初任給

 

✔︎ 歯科転職ナビの特徴

  • 実績・顧客満足度 No.1
  • LINEのやりとりがメイン
  • 厳選した求人が7,000件

 

歯科転職ナビは、利用者の満足度 98.2%の転職サイト。独占求人が約7,000件あり、プロのキャリアアドバイザーがきめ細かい転職支援を行ってくれます。

 

面接対策や書類添削、条件交渉や日程調整の代行してくれるので、転職の手間を省けます。転職の悩み相談も可能です。

 

アドバイザーとの連絡手段はLINEがメインのため、退職前の忙しい中でも連絡が取りやすいのが魅力の1つです。

 

\ しつこい電話は一切なし /

歯科転職ナビで求人情報をチェック

19秒で登録完了

 

歯科転職ナビの口コミ・評判を詳しく知りたい方は、こちらの記事をご参考ください。

 

» 顧客満足度No.1!歯科転職ナビの評判・口コミを徹底検証

 

新卒歯科衛生士が適正以上の給料で働く方法

 

相場よりも著しく低い給料で仕事している場合、「給料を上げる対策」が必要です。

 

具体的には7つあります。

 

  • 給料の高い歯科医院で働く
  • 資格をとる
  • 病院に勤務する
  • 副業する
  • 他業種に転職する
  • 東京で働く
  • 交渉する

 

給料は上げるには行動が大事。できることから始めてみてください。

 

詳しくは【保存版】歯科衛生士で勝ち組になる7つの方法|稼ぐには〇〇すべし! を参考にしてください。

 

 

職場の環境は大事

 

職場の環境は整っていますか?

 

  • スキルが学べる
  • 人間関係がよい

 

このような環境であれば、新卒の歯科衛生士にとっては、恵まれている環境です。

 

年収だけにとらわれず、置かれている状況を客観的にみてくださいね。

 

仕事がきついときは

 

仕事がキツイとき、退職が頭をよぎることがあります。

 

結論、やめる基準は「スキルアップが期待できない」「雇用契約書・就業規則がない」「人間関係が最悪」の3つです。

 

次の記事は「新卒の歯科衛生士が仕事を辞める基準」について、詳しく紹介しています。

 

辞めるべきでないパターン…も解説しているので、後悔したくない歯科衛生士さんは併せて読んでみてください。

 

 

まとめ:新卒歯科衛生士の初任給

まとめ 新卒歯科衛生士 年収 給料

 

今回の記事をまとめます。

 

新卒の歯科衛生士の平均月収・年収は次のとおりです。

 

  • 月収25万円(ボーナスなし)
  • 月収22万円(ボーナスあり)
  • 手取り 19〜20万円
  • 年収 300万円

 

キャリア形成の参考にしてください!

 

今回は以上です。

 

\ 歯科衛生士の年収が100万円アップした転職サイト /

公式特長おすすめする人口コミ・評判
🥇

デンタルワーカー

適正給与を教えてくれる
・高給与の求人が12,000件
・職場の雰囲気をリサーチ
今より給料を上げたい
良質の求人が多く、1番おすすめ
\詳細はこちら/
🥈

ファーストナビ

衛生士の4人に1人が利用中
・マップから求人を探せる
・給与交渉を代行してくれる
マメなサポートを受けたい人
電話で悩み相談ができる
\詳細はこちら/
🥉

歯科転職ナビ

500万円以上の求人あり
・利用者の満足度 98.2%
・条件にあう求人が✉️で届く
マイペースで就活したい人
LINEのやりとりがメイン
\詳細はこちら/