本記事はプロモーションを含む場合があります

【リアルな年収を公開】歯科衛生士の10年目の給料はどれくらい?3・5・7年目と比較した結果は?

歯科衛生士 10年目 給料 平均

 

歯科衛生士の10年目の給料はいくらになのか気になりますよね。

 

3年目・5年目・7年目・10年目と、平均でどのくらいの収入が期待できるのか、知りたい人は多いはず。

 

✔︎ この記事を書いたひと

まな

転職4回の歯科衛生士 (Twitter
1年目にパワハラで病む/ブラック→ホワイトな職場で快適に勤務/今はスタッフ100名の医療法人で採用を担当

 

そこでこの記事では、10年目の歯科衛生士の給料について解説します。

 

3年目・5年目・7年目の給料との比較」「給料を上げる方法」も紹介するので、衛生士の収入イメージを知りたい方は要チェックです!

 

✔︎ 10年目の歯科衛生士の平均給料

  • 平均月給 27万円
  • 平均年収 360万円

(ボーナス 40万円で算出)

 

もくじ

 

歯科衛生士の10年目の給料相場

歯科衛生士 10年目の給料 年収

 

結論、以下の通りです。

 

✔︎ 10年目の歯科衛生士の平均給料

  • 平均月給 27万円
  • 平均年収 360万円

(ボーナス 40万円で算出)

 

厚生労働省や歯科衛生士会の資料によると、歯科衛生士の10年目の給料相場は「約27万円」です。

 

歯科衛生士の平均月収は26万円なので、10年経つと平均より1万円ほど高い給料をもらえます。

 

ボーナスの平均は40万円なので、年収にすると360万円

 

歯科衛生士 まな
歯科衛生士 まな

とはいえ、「どのように10年過ごしたか」で給料に個人差が出ます。

 

✔︎ 10年目の給料に影響を与えるもの

  • 勤続年数 → 長い方が有利
  • ブランクの有無 → ない方が有利
  • 勤務先の種類 → 大きめの職場が有利
  • 勤務地 → 都市部が有利
  • スキル・資格 → 持っていると有利

 

転職サイトの求人情報と、リアルな給料事情をリサーチすると、「月収で22〜40万円」「年収で280万円〜500万円」の幅がありました。

 

平均より給料の低い歯科衛生士さんへ » 歯科衛生士で勝ち組になる7つの方法|稼ぐには〇〇すべし!

 

3年目・5年目・7年目の給料と比較

歯科衛生士 3年目 5年目 7年目 給料

 

歯科衛生士の3年目・5年目・7年目の給料の目安は以下のようになります。全国平均から算出した給与水準しました。

 

  • 3年目:平均月給23万円 平均年収316万円
  • 5年目:平均月給24.8万円 平均年収337万円
  • 7年目:平均月給 25.5万円 平均年収346万円

(ボーナス 40万円で算出)

 

歯科衛生士の給料は、一般的には年齢・勤続年数で基本給が上がっていくところが多いです。

 

都市部では高く、地方では低くなる傾向があります。

 

また、歯科医院や病院などの規模や業績によっても変わります。さらに、資格やスキルによっても差が出る場合も。

 

筆者の5年目のときの年収は、【リアル】5年目の歯科衛生士の給料を公開します|年収を上げる方法は? で紹介しています。

 

歯科衛生士の平均給料

 

厚生労働省の令和4年賃金構造基本統計調査によると、歯科衛生士の平均給料は以下の通りです。

 

  • 平均月収 27万円
  • 平均年収 386万円

 

歯科衛生士の平均給料は、年齢・地域・勤務先の規模など多くの要素によって異なります。

 

» 歯科衛生士の給料相場を年齢別・エリアで徹底解説!

 

自分自身の適正給料を知るには、転職サイトのエージェントを利用するのがおすすめ。

 

歯科衛生士 まな
歯科衛生士 まな

「エリア・経験」に応じて正確な適正給与を無料で教えてくれます。

 

今の給料との比較や、転職時の交渉材料になるので、損をしたくない方は一度調べてみてください。

 

おすすめの転職サイトを載せておきます。

 

\ 衛生士の年収が100万単位でアップする転職サイト /

 転職サイト名求人数特長おすすめする人

1位

デンタルワーカー 歯科衛生士

デンタルワーカー

12,000件

高給与の求人が多数
・ 給与交渉を代行してくれる
・ 転職活動をトータルサポート
転職に失敗した経験がある人
待遇◎の求人が多く、1番おすすめ
歯科衛生士 転職サイト 2位

2位

ファーストナビ

10,000件

・ 2014年創業の老舗転職サイト
・ 衛生士の4人に1人が利用中
・ 院長の人柄を事前にリサーチ
内部の人間関係を知りたい人
転職の悩み相談ができる
歯科衛生士 転職サイト 3位

3位

 

歯科転職ナビ

7,000件

LINEのやりとりがメイン
・ 利用者の満足度 98.2%
・ 転職後のフォローが充実
マイペースで就活したい人
条件にあう求人がLINEで届く

 

歯科衛生士10年目の給料には個人差がある?

歯科衛生士 10年目 給料 個人差

 

10年目の歯科衛生士の給料は、月収で22〜40万円、年収で280〜500万円と幅が広いです。

 

歯科衛生士の10年目の給料は、以下のような要素で個人差があります。

 

  • 勤続年数
  • ブランクの有無
  • 勤務先の種類
  • 勤務地
  • スキル・資格

 

勤続年数

 

勤続年数が長いほど、給料は上がる傾向があります。

 

経験によって磨かれた実践的なスキルや対応力は、給与に反映されやすいです。

 

豊富な職務経験以外にも、働く医院の状況をよくわかっているので替えがきかないケースも。

 

勤続年数の長い歯科衛生士は多くの業務を任されており、「材料管理手当」「チーフ手当」「皆勤手当」のような形で昇給する傾向があります。

 

ブランクの有無

 

ブランクが8年ある人と、10年バリバリ働いた人では、後者の方が給料がもらえる確率は高いです。

 

歯科衛生士を途中でやめてしまった場合、復帰には就職先の中途採用からの給料になります。

 

歯科衛生士 まな
歯科衛生士 まな

とはいえ、訪問歯科・スタッフを急募している歯科医院では、ブランク関係なく高めの給料の歯科医院も。

 

ブランクがあっても、今までのスキルや優れた成果、貢献度が認められれば、給与に反映されることがあります。

 

勤務先の種類

 

歯科衛生士の昇給額は、働く職場の種類によって影響を受けます。

 

同じ10年でも、給料形態がしっかりした職場で働くと、右肩上がりが期待できます。

 

企業・行政・総合病院・規模の大きな医療機関では、給料水準が比較的高い場合があります。

 

歯科衛生士 まな
歯科衛生士 まな

どこで働くか…は、ダイレクトに給料に影響します。かなり重要です。

 

具体的な順位は、【稼ぐならココ】歯科衛生士の給料の高い職場ランキング をご覧ください。

 

 

勤務地

 

大都市や人口の多い地域では、歯科衛生士の需要が高くなる傾向があります。地方よりも都市部の方が高い傾向にあります。

 

給料の高い地域や都道府県は、以下の記事で解説しています。

 

»差は年収100万以上】歯科衛生士の給料の高い県・低い県|都道府県別ランキング

 

スキル・資格

 

スキル・資格を身につけるを給料に反映されやすいです。

 

取得まで時間がかかったり、試験がむずかしい「難易度の高い資格」は、とくに価値があります。

 

興味のある人は、10年の間に挑戦することをおすすめします。

 

おすすめの資格や取得方法は、歯科衛生士のスキルアップにおすすめの資格 16選 でまとめました。

 

専門知識とスキルが向上にすれば、平均給料は飛躍的に増加して、安定したキャリアを築くことができます。

 

\ 衛生士の年収が100万単位でアップする転職サイト /

 転職サイト名求人数特長おすすめする人

1位

デンタルワーカー 歯科衛生士

デンタルワーカー

12,000件

高待遇の求人が多数
・ 雇用条件を交渉してくれる
・ 転職活動をトータルサポート
今より給料を上げたい
待遇◎の求人が多く、1番おすすめ
歯科衛生士 転職サイト 2位

2位

ファーストナビ

10,000件

・ 2014年創業の老舗転職サイト
・ 衛生士の4人に1人が利用中
・ 院長の人柄を事前にリサーチ
内部の人間関係を知りたい人
転職の悩み相談ができる
歯科衛生士 転職サイト 3位

3位

 

歯科転職ナビ

7,000件

LINEのやりとりがメイン
・ 利用者の満足度 98.2%
・ 転職後のフォローが充実
マイペースで就活したい人
条件にあう求人がLINEで届く

 

筆者(歯科衛生士10年目)のリアルな年収

歯科衛生士 10年目 リアル 年収

 

この記事を書いている私は、10年目の歯科衛生士です。

年収514万円です

 

今の年収は5,146,059円です。

 

✔︎ 筆者の源泉徴収票

歯科衛生士 給料明細

 

転職を4回して、パートで勤めた歯科医院から常勤になりました。

 

人間関係や待遇には恵まれていますが、仕事はハードです。

 

歯科衛生士 まな
歯科衛生士 まな

恐縮ながら歯科衛生士さんの採用や教育も担当するようになり、手当がついての年収です。

 

新卒のときに比べて、年収が200万円アップしました。働いている職場の特長は次のとおりです。

 

  • 訪問歯科メイン
  • 優しい神院長
  • 悪口をいうスタッフがいない
  • 残業しないで全員サッサと帰る

 

ちなみに5年目のときの年収は287万円。3つの歯科医院でパートしていました。

 

詳しくは、【リアル】5年目の歯科衛生士の給料を公開します|年収を上げる方法は? の記事でまとめています。

 

歯科衛生士としてはポンコツです

 

歯科衛生士としてはポンコツです。モチベーションも高いわけではなく、スキルはありません。

 

元々、新卒で働いた歯科医院でパワハラを受けて退職して、半年休職しています。

 

その後パートの掛け持ちをしながら、今の職場に辿り着きました。

 

正直、歯科医院ガチャに成功しただけです。具体的な経緯は、以下の記事をご覧ください。

 

»【向いてない】歯科衛生士をやめたいアラサーDHが理想の職場・働き方を真剣に考えた!試した結果は?

 

歯科医院探しは慎重にしました

 

新卒で勤務した歯科医院がトラウマすぎて、働くのが怖くなりました。

 

そのため、歯科衛医院探しは慎重に行いました。

 

  • 求人をたくさん見て、比較する
  • エージェントに人間関係をリサーチしてもらう
  • 給与や雇用条件の交渉を就職前におこなう
  • 見学にいく
  • 試用期間を設ける

 

それでも不安だったので、パートの掛け持ちから始めました。

 

✔︎ 避けた求人

  • 6ヶ月以上掲載されている
  • スタッフの在籍期間が1年未満
  • 就業規則が存在しない
  • 電話対応が適当

 

ホワイトな職場に就職できたのは「運」も大きいですが、「しっかりリサーチしたこと」もよかった…と感じます。

 

転職には、転職サイトを使いましたが、どの転職サイトを使うかも重要です。

 

歯科衛生士 まな
歯科衛生士 まな

求人数やサポート内容に差があります。

 

私が実際に利用したおすすめの転職サイト は、記事後半で紹介しています。

 

10年目の給料の実例|友人の歯科衛生士に聞いてみた

歯科衛生士 10年目 給料 モデルケース

 

10年目の給料 モデルケースを紹介します。

 

実例① 都市部の歯科医院

 

  • 年収:約380万円
  • 就業先:首都圏の中規模歯科医院(ユニット5台 歯科衛生士3名)
  • 勤続年数:10年(主任衛生士)

 

実例② 地方の歯科医院

 

  • 年収:約320万円
  • 就業先:個人の歯科医院(ユニット3台 歯科衛生士1名・パート1名)
  • 勤続年数:10年

 

実例③ 規模の大きな医療法人

 

  • 年収:約500万円
  • 就業先:大規模な歯科クリニック(分院5つ スタッフ人数50人以上)
  • 勤続年数:8年(肩書き チーフ)

 

実例③ 訪問歯科

 

  • 年収:約390万円
  • 就業先:訪問歯科専門のクリニック(スタッフ10人)
  • 勤続年数:3年(ブランク明け)

 

 

10年目の歯科衛生士が給料を上げる方法

 

歯科衛生士が給料を上げる方法を書いておきます。

 

✔︎ 歯科衛生士が給料を上げる方法

  • ① 給料の高い歯科医院で働く
  • ② 資格をとる
  • ③ 総合病院・大学病院に勤務する
  • ④ 副業する
  • ⑤ 他業種に転職する
  • ⑥ 東京で働く
  • ⑦ 交渉する

 

個人によって状況が違うので、できることからはじめてみるのがおすすめです。

 

具体的な方法は、【保存版】歯科衛生士で勝ち組になる7つの方法|稼ぐには〇〇すべし! の記事をご覧ください。

 

 

転職サイトの利用はおすすめ

歯科衛生士 10年目 転職サイト 求人

 

給料を上げるには、転職サイトの利用がオススメです。

 

適正な給料を知ることホワイトな環境の歯科医院を見つけることができるからです。

 

✔︎ 転職サイトを利用すべき理由

  • たくさんの求人をみれる
  • 一般には非公開の求人がみれる
  • 自分の適正給与がわかる
  • 面接・書類添削のサポートを受けれる
  • 転職の悩み相談ができる

 

専任のエージェントが希望条件をしっかりヒヤリングして、最適な求人を提案してもらうこともできます。

 

一人で就職活動をする場合は、希望に合った求人を見つけることが難しかったり、条件の交渉が難しい場合もあります。

 

歯科衛生士 まな
歯科衛生士 まな

直接応募・ハローワークでも給料は確認できますが、歯科衛生士が給料を上げるなら転職サイトを利用するのはおすすめです。

 

転職サイトを活用して、長く働ける職場をみつけましょう。

 

年収アップのために活用したい転職サイト

 

 転職サイト名求人数特長おすすめする人

1位

デンタルワーカー 歯科衛生士

デンタルワーカー

12,000件

高待遇の求人が多数
・ 雇用条件を交渉してくれる
・ 転職活動をトータルサポート
今より給料を上げたい
待遇◎の求人が多く、1番おすすめ
歯科衛生士 転職サイト 2位

2位

ファーストナビ

10,000件

・ 2014年創業の老舗転職サイト
・ 衛生士の4人に1人が利用中
・ 院長の人柄を事前にリサーチ
内部の人間関係を知りたい人
転職の悩み相談ができる
歯科衛生士 転職サイト 3位

3位

 

歯科転職ナビ

7,000件

LINEのやりとりがメイン
・ 利用者の満足度 98.2%
・ 転職後のフォローが充実
マイペースで就活したい人
条件にあう求人がLINEで届く

 

これまでの見出しであげたようなポイントを踏まえて、転職したい意向があれば、おすすめできる転職サイトを紹介していきます。

 

求人の量と質なら「デンタルワーカー」

歯科衛生士 10年後 給料 デンタルワーカー

 

✔︎ デンタルワーカーの特徴

  • 高給与の求人数が1万件以上
  • 適正給与を教えてくれる
  • 職場の雰囲気をリサーチできる

 

デンタルワーカーは年間3万人の転職実績を誇る転職サイト。

 

給与交渉・人間関係のリサーチ・面接の同行(希望者)など、トータルサポートしてくれるのは、他の転職サイトにはない強みです。

 

とくに、一般には公開されていない非公開求人は「待遇のよい職場」を見つけることができます。

 

歯科衛生士 まな
歯科衛生士 まな

私はデンタルワーカーで見つけた年収500万円の職場で、穏やかに働いています。

 

満足の給料で快適に働きたい方・今よりも給料をあげたい方…に1番おすすめの転職サイトです。

 

「高待遇の求人ラインナップをみたい」という歯科衛生士は、ぜひ登録してみましょう。

 

\ 年収100万円アップ多数 /

デンタルワーカーで求人を探す

最短1週間で転職成功

 

デンタルワーカーの口コミ・評判を詳しく知りたい方は、こちらの記事を参考にしてください。

 

» 口コミ・評判|デンタルワーカーを徹底レビュー【歯科衛生士が転職成功する近道】

 

職場の人間関係をとにかく知りたい人はファーストナビ

歯科衛生士 10年後 給料 ファーストナビ

 

「私は給料じゃない。人間関係だ!」こんな人はファーストナビがオススメです。

 

デンタルワーカーが給料交渉や面接同行といったトータルサポートが強みなら、ファーストナビは内部情報の調査に強みがあります。

 

2014年から運営している歯科衛生士特化の老舗サイトで、院内の情報が豊富です。

 

定期的に歯科医院を訪問して、内情をヒアリングしているので、とにかく「職場の雰囲気」を事前に知りたい人にはおすすめ。

 

ただ、ファーストナビには大きなデメリットがあって、「対面サポートがない」「エージェントからの連絡がしつこいことがある」はマイナス要素です。

 

歯科衛生士 まな
歯科衛生士 まな

仕事中に何度も着信が残っていることもありました。

 

このあたりは人にもよるのですが、ハズレの担当者をひくとストレスのある就職活動になります。

 

とはいえ、最近は担当を変えられたり、LINEによるやり取りが増えたので、エージェントに違和感を感じたら、すぐにかえてもらいましょう。

 

もちろん全国対応で、歯科衛生士の4人に1人が登録しています。

 

登録者のみが閲覧できる非公開求人は良質なので、すぐになくなってしまいます。

 

優しい院長・穏やかなスタッフの歯科医院を探している人は、無料登録をお早めに。

 

\ 完全無料で転職成功できる /

ファーストナビで求人を探す

60秒で登録完了

 

» ファーストナビ歯科衛生士を徹底レビュー【人間関係◎の職場がみつかる】

 

エージェントからのしつこい電話連絡を絶対に避けたい人は歯科衛生士ナビ

歯科転職ナビ 10年

 

「エージェントからの着信がストレスで仕方ない!」こんな経験がある人は歯科転職ナビがオススメです。

 

エージェントとのやり取りは、LINEがメインで、必要以上の連絡はありません。

 

電話連絡なしで転職活動したい歯科衛生士さんには最適ですね。

 

ただ、歯科転職ナビは「求人がやや少なめ」「登録時に一度だけ電話がくる」というデメリットがあります。

 

デンタルワーカーやファーストナビは10,000件以上の求人情報ですが、歯科転職ナビは7000件。

 

選択肢はやや狭まります。

 

歯科衛生士 まな
歯科衛生士 まな

登録時のみ電話があります。希望の給与や勤務形態を確認するもので、5分くらいでおわります。

 

これはどの転職サイトでも同じですね。

 

LINEでのやり取りは、文字で残せるので証拠になるメリットもあり、おすすめです。

 

転職者にストレスを与えないことを考えてサービスを組み立てている姿勢がよく分かります。

 

現在は全国主要都市に展開。

 

歯科衛生士ナビの利用者はまだ少なく、逆に狙い目の転職サイトです。

 

「しつこい電話にうんざり」「マイペースで求人を探したい」、そんな歯科衛生士は一度無料登録してみましょう。

 

\ しつこい電話は一切なし /

歯科転職ナビで求人情報をチェック

19秒で登録完了

 

歯科転職ナビの口コミ・評判を詳しく知りたい方は、こちらの記事をご参考ください。

 

» 顧客満足度No.1!歯科転職ナビの評判・口コミを徹底検証

転職サイトは複数登録するのが重要です

 

あまり知られていませんが、転職サイトを複数登録するメリットは大きいです。

 

サイトによって、扱っている求人が違うからです。

 

一般企業への転職では、転職希望者の7割が2社以上の転職サイトを併用しています。

 

他にも、次のようなメリットがあります。

 

  • たくさんの求人をみれる
  • 一般には非公開の求人がみれる
  • 使いやすいサイトがみつかる

 

転職エージェントは無料で利用でき、合わない担当者は簡単に変えることもできます。

 

働きやすく、給料の高い職場が見つかれば、安定して稼ぐことが可能。ぜひ複数登録して、待遇のよい歯科医院を見つけましょう。

 

まず登録するなら » デンタルワーカー公式サイト

 

5年後・10年後を考えよう

歯科衛生士 5年後・10年後

 

今回は、10年目の歯科衛生士の給料について紹介しました。

 

✔︎ 年数ごとの歯科衛生士の給料

  • 3年目:平均月給23万円 平均年収316万円
  • 5年目:平均月給24.8万円 平均年収337万円
  • 7年目:平均月給 25.5万円 平均年収346万円
  • 10年目:平均月給27万円 平均年収360万円

(ボーナス 40万円で算出)

 

10年目の給料は、歯科衛生士としての働く条件によって変わります。

 

現代社会では、歯の健康と美しさがますます重要視されており、歯科衛生士の需要も高まっています。

 

5年後・10年後を意識しつつ、就職先の選定・スキルアップを目指してみてください。

 

\ 歯科衛生士の年収が100万円アップした転職サイト /

 転職サイト名求人数特長おすすめする人

1位

デンタルワーカー 歯科衛生士

デンタルワーカー

12,000件

高待遇の求人が多数
・ 雇用条件を交渉してくれる
・ 転職活動をトータルサポート
今より給料を上げたい
待遇◎の求人が多く、1番おすすめ
歯科衛生士 転職サイト 2位

2位

ファーストナビ

10,000件

・ 2014年創業の老舗転職サイト
・ 衛生士の4人に1人が利用中
・ 院長の人柄を事前にリサーチ
内部の人間関係を知りたい人
転職の悩み相談ができる
歯科衛生士 転職サイト 3位

3位

 

歯科転職ナビ

7,000件

LINEのやりとりがメイン
・ 利用者の満足度 98.2%
・ 転職後のフォローが充実
マイペースで就活したい人
条件にあう求人がLINEで届く