本記事はプロモーションを含む場合があります

【外来と同額】訪問歯科で働く歯科衛生士の給料を解説|高い年収をもらうコツも紹介

訪問歯科 歯科衛生士 給料 年収

 

  • 訪問歯科で働く歯科衛生士の年収ってどのくらい?
  • 訪問歯科と一般歯科との違いも知りたい
  • 訪問歯科で高い給料をもらう方法はあるのかな?

 

歯科衛生士が「訪問歯科って、給料どのくらいなの?」と気になるケースはわりと多いです。

 

この記事では、「訪問歯科衛生士の年収」と「高い給料をもらう方法」をまとめて紹介します。

 

✔︎ この記事を書いたひと

まな

転職4回の歯科衛生士 (Twitter
1年目にパワハラで病む/ブラック→ホワイトな職場で快適に勤務/今はスタッフ100名の医療法人で採用を担当

 

結論から言うと、訪問歯科衛生士の平均年収は386万円。一般歯科の年収と違いはありません。

 

✔︎ 訪問歯科衛生士の年収・給料» 賃金構造基本統計調査

  • 年収 386万円
  • 月収 32万円(ボーナスなしの場合)
  • 月収 27万円(ボーナスなしの場合)
  • 時給 1,100〜1,500円

 

高い給料をもらうためには、「雇用条件がよい」「人間関係がよい」職場で働くのが圧倒的に近道です。

 

この記事を読むと、「訪問歯科衛生士の給料相場」と「高い給料をもらう方法」がわかります。

 

▽ 「訪問歯科で高給与をもらう方法」へ飛ぶ ▽

 

もくじ

 

訪問歯科で働く歯科衛生士の年収【時給・地域別も紹介】

訪問歯科衛生士 年収 給料 相場 平均 地域別 一般歯科

 

訪問歯科で働く歯科衛生士の年収を紹介していきます。

 

 

訪問歯科衛生士の年収

 

訪問歯科衛生士の平均年収は386万円です。(» 賃金構造基本統計調査

 

求人情報をみると、一般歯科と訪問歯科の歯科衛生士の給料に大きな差はありません。

 

訪問歯科に限定したデータは見当たらないので、歯科衛生士の平均年収と考えてよさそうです。

 

とはいえ、上記のデータは「勤続年数が平均6.6年」「スタッフ10人以上の病院や行政」で働く歯科衛生士が対象です。

 

歯科衛生士 まな
歯科衛生士 まな

勤続年数が短めで、小規模の歯科医院で働く歯科衛生士さんは多いはず…

 

そのため、医療経済実態調査(令和3年)のデータが実情に近いと考えられます。

 

結論、年収300万円です。

 

平均年収300万円
平均給料月額212,190円
年間賞与50万円

 

訪問歯科衛生士の給料・時給

 

訪問歯科で働く歯科衛生士の月収と時給は次のとおりです。

 

  • 月収 32万円(ボーナスなしの場合)
  • 月収 27万円(ボーナスありの場合)
  • 時給1,100〜1,500円

 

この場合も、医療経済実態調査(令和3年)のデータを参考にすると、「月収212,190円」。

 

働くエリア・経験年数・募集のタイミング…によって、もらえる給料に差が出ます。

 

年代別に年収を比較

 

年代別の年収も、一般歯科と同じです。

 

21~24歳25~29歳30~34歳35~39歳40~44歳45~49歳50~54歳55~59歳
300万円330万円340万円350万円390万円370万円400万円430万円

 

50代にかけて少しづつ給料が上がります。

 

一般歯科との比較

 

結論、訪問歯科衛生士の年収・給料は、訪問歯科と一般歯科で違いはありません。

 

✔︎ 訪問歯科を行っている歯科医院のタイプ

  • 一般歯科と訪問歯科どちらも対応
  • 訪問歯科を専門にしている

 

訪問歯科をやっている歯科医院には以下のタイプがありますが、年収に変わりはありません。

 

歯科衛生士 まな
歯科衛生士 まな

大きめの医療法人の方が、給料が高めの傾向にあります。

 

首都圏と地方で時給を比較

 

首都圏と地方で時給を比較しました。東京・大阪・北海道・鳥取…で紹介します。

✔︎ 歯科衛生士の時給相場 地域別

  • 東京 1,600円〜
  • 大阪 1,550円〜
  • 鳥取 1,200円〜
  • 北海道 1,100円〜

 

東京や大阪のような首都圏に比べて、北海道や鳥取の地方はやや低めです。

 

とはいえ首都圏の方が生活コストは高いので、地域ごとの物価に影響を受けます。

 

「詳しい給料相場」や「高収入の職場」については、衛生士の給料相場を年齢別・エリアで徹底解説!適正給与を知ると給料が上がる?  の記事をご覧ください。

 

 

訪問歯科で働く環境については、【歴7年のDHが解説】訪問歯科で働く歯科衛生士の仕事内容・給料・キャリアパス! でまとめています。

 

 

訪問歯科で高い給料をもらう方法

訪問歯科衛生士 高い 給料 もらう

 

とはいえ、「高い給料をもらえる歯科医院なんてあるの?」と思いませんか?

 

訪問歯科衛生士として高い給料をもらうには、つぎの5つがポイントです。

 

 

どれか一つでも当てはまると、給料がアップする確率がグッと高まります。

 

訪問歯科に関する資格を取る

 

訪問歯科に関する資格があるのは強みになります。基本給がアップしたり、「資格手当」という形で支給されることも。

 

✔︎ 訪問歯科に関する資格

 

とはいえ、資格は取得までに数年かかるだけでなく、費用もかかります。

 

資格に興味のある歯科衛生士さんだけにおすすめです。

 

歯科衛生士 まな
歯科衛生士 まな

資格取得やセミナー受講の補助がある歯科医院もあります。

 

資格取得までの条件や必要な教材は、【歴7年のDHが解説】訪問歯科で働く歯科衛生士の仕事内容・給料・キャリアパス! の記事をどうぞ。

 

【独学】訪問歯科が初めての歯科衛生士に必読の本

 

訪問歯科の概要をしるには次の本がおすすめ。訪問歯科の基本を一から学ぶことができます。

 

監修者の菊谷先生は、訪問歯科の第一人者。NHKの番組でも解説されています。

 

少し値段は高いですが、訪問歯科の制度・口腔ケアのやり方・指導の方法など、訪問歯科の概要がわかります。

 

まずは独学で勉強したい方には、おすすめの一冊です。

 

 

条件のよい歯科医院で働く

 

最初から納得できる条件で働くと、高い給料をもらうことができます。

 

✔︎ 高待遇の例

  • 基本給や時給が高い
  • 家賃補助や勤続手当がある
  • 社保や有給などの福利厚生が充実
  • 希望の労働時間・曜日で働ける
  • 人間関係○(長く働けて昇給しやすい)

 

問題は、条件に合う歯科医院の見つけ方。

 

詳しくは「希望に合った歯科医院の見つけ方」後述しますが、以下の2つの方法が有効です。

 

  • 知り合いにきいてみる
  • 転職エージェントを活用する

 

知り合いがいれば、職場の環境を詳しく知ることができます。

 

とはいえ、知り合いがいない人も多いはず。そんな人は転職エージェントを活用しましょう。

 

「待遇のよい歯科医院」「人間関係の良好な歯科医院」を紹介してくれます。

 

転職エージェントは、転職サイトに登録すると無料で利用できます。

 

登録者のみが閲覧できる「非公開求人」は待遇のよい歯科医院ばかりなので、一度チェックしてみてください。

 

歯科衛生士 まな
歯科衛生士 まな

私はエージェントに紹介してもらった訪問歯科で、穏やかに働いています。

 

実際に使った転職エージェントを載せておくので、快適に働ける歯科医院を探してみてください。

 

\ 訪問歯科への転職におすすめの転職エージェント /

 転職エージェント名求人数特長おすすめする人

1位

デンタルワーカー 歯科衛生士

デンタルワーカー

12,000件

・ 訪問歯科の求人が多数掲載中
・ 職場の雰囲気をリサーチ
・ 転職活動をトータルサポート
転職に不安がある人
待遇◎の求人が多く、1番おすすめ
歯科衛生士 転職サイト 2位

2位

ファーストナビ

10,000件

・ 2014年創業の老舗
・ 衛生士の4人に1人が利用中
・ 院長の人柄を事前にリサーチ
内部の人間関係を知りたい人
転職の悩み相談ができる
歯科衛生士 転職サイト 3位

3位

 

歯科転職ナビ

7,000件

LINEのやりとりがメイン
・ 利用者の満足度 98.2%
・ 転職後のフォローが充実
マイペースで就活したい人
条件にあう訪問歯科がLINEで届く

 

人間関係のよい訪問歯科で働く

 

訪問歯科で歯科衛生士が働く上で、「人間関係」は重要です。

 

訪問歯科は一日中、先生と助手さんと一緒。狭い車の中での移動と、診察を繰り返します。

 

  • 意地悪な先輩がいない
  • ハラスメント気味の院長がいない

 

このような環境だと、安心して長く働けます。

 

逆に人間関係が悪いと、1日が地獄です。人間関係が悪い環境で働くと、身体や心の調子が悪くなることも。

 

そのため訪問歯科では、人間関係がとても大切です。

 

具体的な探し方は、【人間関係が命】歯科衛生士が働きやすい訪問歯科をみつける方法 7選  でまとめています。

 

 

交渉する

 

交渉も有効な手段の一つです。

いま働いている場合

 

院長に「給料をすこしあげてもらうことはできますか?」と聞いてみましょう。

 

つぎの要件に当てはまっていると、給料が上がりやすい根拠になります。

 

  • 勤続年数が長い(3年以上)
  • 患者数が増えている

 

歯科医院の経営が順調であれば、給料がアップすることがあります。

 

交渉のやり方は 歯科衛生士が給料交渉を成功させる5つのコツ を参考にしてください。

これから就職する場合

 

交渉の1番効果的なタイミングは、「就職するとき」です。

 

あとから交渉するよりも、成功率は高いです。

 

  • 基本給をあげてもらう
  • 家賃手当をつけてもらう

 

就職時に交渉するようにしてください。

 

急募している歯科医院に就職

 

歯科衛生士を急募している歯科医院の給料は高くなりやすいです。

 

  • 歯科衛生士が急にやめた
  • 患者さんの数が急に増えた
  • 訪問歯科でいく老人ホームが増えた

 

急いで探しているので、他の歯科医院よりも給料が高くなりがちです。

 

とはいえ、労働環境が悪いため歯科衛生士が退職している可能性もあるので、注意が必要です。

 

\ 訪問歯科の求人多数! /
人間関係を事前リサーチできる!

 

高い給料の訪問歯科の見つけ方

訪問歯科 見つけ方 歯科衛生士

 

希望に合った歯科医院の見つける方法は以下の2つです。

 

  • 転職エージェントを活用する
  • 知り合いにきいてみる

 

転職エージェントを活用しよう

 

公式特長おすすめする人口コミ・評判
歯科衛生士 転職サイト 1位

デンタルワーカー

職場の雰囲気をリサーチ
・訪問歯科の求人 1万件以上
・適正給与を教えてくれる
転職に失敗した経験がある人
良質の求人が多く、1番おすすめ
\詳細はこちら/
歯科衛生士 転職サイト 2位

ファーストナビ

・ 2014年創業の老舗
・ 衛生士の4人に1人が利用中
・ 院長の人柄を事前にリサーチ
内部の人間関係を知りたい人
転職の悩み相談ができる
\詳細はこちら/
歯科衛生士 転職サイト 3位

歯科転職ナビ

LINEのやりとりがメイン
・ 利用者の満足度 98.2%
・ 転職後のフォローが充実
マイペースで就活したい人
条件にあう求人がLINEで届く
\詳細はこちら/

 

自分に合った歯科医院を見つけるなら、転職エージェントに依頼するのが近道です。

 

転職エージェントは、求人探しのプロ。希望の職場が見つかるまでサポートしてくれます。

 

✔︎ 給料に関するサポート

  • 一般には公開されていない求人の紹介
  • 給料や雇用条件をあなたの代わりに交渉

 

条件に合わせた非公開求人を紹介してくれます。

求人紹介以外のサポートも活用する

 

転職エージェントを利用すると、色々な転職サポートをうけられます。

 

  • 院長の人柄を事前にリサーチ
  • 履歴書作成のサポート
  • 見学・面接の日程調整
  • 転職の悩み相談

 

実際に、転職エージェントのサポートをうけた96%の歯科衛生士が、満足の職場に転職しています。

 

とはいえ、転職エージェントにはデメリットもあるので、気になる方は以下の記事をご覧ください。

 

»【使わない方がいい?】歯科衛生士が転職エージェントをつかうデメリット・メリット

 

転職エージェントを利用して、快適に働ける歯科医院をみつけましょう!

 

※ たくさんの求人を見れるので、転職エージェントは複数登録がおすすめ。エージェントが合わない場合、すぐに変えることができます。

 

すでに気になる求人がある…という人でも、転職エージェントを使って再チェックしておくことは有益です。

 

歯科衛生士 まな
歯科衛生士 まな

同じ求人なのに、転職エージェントによって給料が違うこともあるからです。

 

訪問歯科で給料アップするために活用したい転職エージェント

 

求人をチェックしたい意向がある方にむけて、おすすめの転職エージェントを紹介していきます。

求人の量と質なら「デンタルワーカー」

訪問歯科 転職サイト デンタルワーカー 月給

 

どこを使えばよいか迷ったら、デンタルワーカーがおすすめです。

 

デンタルワーカーは12,000件以上の求人を保有する「衛生士専門」の転職エージェント。

 

給与交渉・人間関係のリサーチ・面接の同行(希望者)など、トータルサポートしてくれるのは、他の転職エージェントにはない強みです。

 

一般には公開されていない非公開求人には「待遇の◎の職場」が厳選されて掲載されています。

 

歯科衛生士 まな
歯科衛生士 まな

私もデンタルワーカーで見つけた高待遇の求人で、穏やかに働いています。

 

初めて転職する方や、転職に不安がある方に1番おすすめです。

 

「高待遇の求人ラインナップをみたい」という歯科衛生士さんは、ぜひ登録しておきましょう。

 

\ 年収100万円アップ多数 /

【公式】デンタルワーカー はこちら

年間3万人の転職実績

 

デンタルワーカーの口コミ・評判を詳しく知りたい方は、以下の記事を参考にしてください。

 

» 口コミ・評判|デンタルワーカーを徹底レビュー【歯科衛生士が転職成功する近道】

 

人間関係を徹底的にリサーチしたいなら「ファーストナビ」

訪問歯科 転職サイト ファーストナビ 月給

 

「私は給料じゃない。人間関係だ!」こんな人はファーストナビがオススメです。

 

デンタルワーカーが給料交渉や面接同行といったトータルサポートが強みなら、ファーストナビは内部情報の調査に強みがあります。

 

2014年から運営している歯科衛生士特化の老舗エージェントで、院内の情報が豊富です。

 

定期的に歯科医院を訪問して、内情をヒアリングしているので、とにかく「職場の雰囲気」を事前に知りたい人にはおすすめ。

 

ただ、ファーストナビには大きなデメリットがあって、「対面サポートがない」「エージェントからの連絡がしつこいことがある」はマイナス要素です。

 

歯科衛生士 まな
歯科衛生士 まな

仕事中に何度も着信が残っていることもありました。

 

このあたりは人にもよるのですが、ハズレの担当者をひくとストレスのある就職活動になります。

 

とはいえ、最近は担当を変えられたり、LINEによるやり取りが増えたので、エージェントに違和感を感じたら、すぐにかえてもらいましょう。

 

もちろん全国対応で、歯科衛生士の4人に1人が登録している実績があります。

 

登録者のみが閲覧できる非公開求人は良質なので、すぐになくなってしまいます。

 

優しい院長・穏やかなスタッフの歯科医院を探している人は、無料登録をお早めに。

 

\ 完全無料で転職成功できる /

【公式】ファーストナビ はこちら

30秒で登録完了

 

ファーストナビの口コミ・評判の詳細を知りたい方は、下記の記事をご覧ください。

 

» ファーストナビ歯科衛生士を徹底レビュー【人間関係◎の職場がみつかる】

 

定期的な電話連絡不要|マイペースで求人を探すなら「歯科転職ナビ」

歯科転職ナビ 訪問歯科 給料

 

「エージェントからの着信がストレスで仕方ない!」こんな経験がある人は歯科転職ナビがオススメです。

 

エージェントとの連絡はLINEがメインで、必要以上の連絡はありません。

 

電話連絡なしで転職活動したい歯科衛生士さんには最適ですね。

 

ただ、歯科転職ナビは「求人がやや少なめ」「登録時に一度だけ電話がくる」というデメリットがあります。

 

デンタルワーカーやファーストナビは10,000件以上の求人情報ですが、歯科転職ナビは7000件。

 

選択肢はやや狭まります。

 

歯科衛生士 まな
歯科衛生士 まな

登録時のみ電話があります。希望の給与や勤務形態を確認するもので、5分くらいでおわります。

 

これはどの転職エージェントでも同じですね。

 

LINEでのやり取りは、忙しい中でも連絡が取りやすく、文字で残せるので証拠になるメリットも。

 

転職者にストレスを与えないことを考えてサービスを組み立てている姿勢がよく分かります。

 

現在は全国主要都市に展開。

 

歯科衛生士ナビの利用者はまだ少なく、逆に狙い目の転職エージェントです。

 

「しつこい電話にうんざり」「マイペースで求人を探したい」、そんな歯科衛生士は一度無料登録してみましょう。

 

\ 19秒で登録完了 /

【公式】歯科転職ナビ はこちら  

しつこい勧誘一切なし

 

歯科転職ナビの口コミ・評判を詳しく知りたい方は、以下の記事をご覧ください。

 

» 顧客満足度No.1!歯科転職ナビの評判・口コミを徹底検証

 

知り合いにきく

 

知り合いが訪問歯科に勤務している場合、内部の情報を聞くのは有効です。

 

  • 院長の性格
  • スタッフ間の人間関係

 

知り合いからは、生の情報が手に入ります。

 

しかし、知り合いに誘われて就職したら、聞いていたのと全然違った…パターンも。

 

かならず、「信頼できる知り合い」に聞くようにしてください。

 

訪問歯科衛生士のキャリアプラン

訪問歯科衛生士 キャリアプラン

 

訪問歯科衛生士のキャリアプランを解説します。

訪問歯科衛生士になるには?

 

「歯科衛生士が訪問歯科で働く」ことで、訪問歯科衛生士になることができます。

 

難しい資格や試験はありません。

 

» 1分で理解|訪問歯科衛生士になるには?【転職前に知っておくべき訪問歯科の概要】

 

訪問歯科衛生士の業務内容

 

訪問歯科衛生士の業務内容は以下のとおり。

 

  • 診療の補助
  • 口腔ケア
  • 書類作成
  • 診療器材や道具の運搬
  • 関係各所との連絡
  • 車の運転

 

歯科医院によって多少の違いはありますが、基本的な仕事内容は変わりません。詳しくは以下の記事で解説しています。

 

»【初めてでも安心】訪問歯科での歯科衛生士の仕事・役割を解説

 

訪問歯科衛生士のキャリア

 

歯科医院で働き続けることが、基本的な歯科衛生士のキャリアです。

 

そのため、以下に当てはまる歯科医院で仕事することは重要です。

 

  • 条件のよい職場
  • 人間関係のよい職場

 

キャリアアップも可能

 

訪問歯科衛生士として経験を積むことで、キャリアアップが可能です。

 

  • 資格をとる
  • 歯科医院内で地位を築く

 

資格をとる

 

訪問歯科に関する資格を取る」で解説したように、資格をとることで知識とスキルが向上します。

 

キャリアアップは、わかりやすい目標になります。

 

資格については、以下の記事で解説しています。

 

»【歴7年のDHが解説】訪問歯科で働く歯科衛生士の仕事内容・給料・キャリアパス!

 

歯科医院内で地位を築く

 

歯科医院の中で、地位を築くこともキャリアアップになります。

 

長い間在籍することで、立場はあがっていきます。

 

歯科衛生士 まな
歯科衛生士 まな

歯科衛生士長として手当てがでることもあります。

 

△「訪問歯科で高給与をもらう方法」を読む △

訪問歯科衛生士の需要が高い理由

訪問歯科衛生士 需要 高い

 

訪問歯科衛生士の需要は増えています。理由はつぎの通りです。

 

  • 高齢者の割合がふえている
  • 口と健康には関係がある
  • 訪問歯科の認知度があがってくる

 

高齢者の割合がふえている

 

日本の高齢者割合は2022年現在、29.1%(» 総務省統計局

 

3人に1人が高齢者です。

 

そのため、訪問歯科の対象である「自力で通院が困難なひと」は増えてきます。

 

口と健康には関係がある

 

最近は、口の汚れと病気との関係を指摘されています。

 

  • 肺炎の予防
  • 心臓病のリスク軽減
  • 脳梗塞のリスク軽減
  • 糖尿病のリスク軽減

 

口をキレイにする歯科衛生士は必要な職業です。

 

訪問歯科の認知度が向上中

 

いまはまだ「訪問歯科」の認知度が高くありません。

 

  • 歯医者が自宅で治療してくれる
  • 歯科衛生士が自宅で口腔ケアをしてくれる

 

このような訪問歯科の認識が広まることで、歯科衛生士の需要はさらに広がります。

 

訪問歯科を始める医院は増加中

 

今は訪問歯科を実施している歯科医院は14,927件。

 

歯科医院全体の21.8%にすぎません。(引用 » 歯科衛生士及び歯科技工士の就業状況等に基づく安定供給方策に関する研究

 

しかしこれからの高齢化社会では、歯科医院にとっても訪問歯科は必須。

 

そのため、歯科衛生士の必要性は高まってきます。

 

△「訪問歯科で高給与をもらう方法」を読む △

 

訪問歯科衛生士に向いている人

訪問歯科衛生士 向いている人

 

訪問歯科衛生士に向いている人の特徴を紹介します。

 

  • コミュニケーションが得意
  • 高齢者が好き
  • チャレンジ精神がある

 

コミュニケーションが得意

 

訪問歯科は、いろいろな人と連携します。

 

  • 患者さん
  • 患者さんの家族
  • 介護士さん
  • ケアマネジャー
  • 担当医師

 

そのため、コミュニケーションが得意な歯科衛生士は訪問歯科に向いています。

 

高齢者が好き

 

訪問歯科の対象患者さんのほとんどが高齢者。

 

歯科衛生士 まな
歯科衛生士 まな

中には、精神疾患や障がいを患っている若い方もいます。

 

そのため、「高齢者がすき」「お年寄りと話すのが楽しい」と感じる歯科衛生士さんは訪問歯科で働いてみる価値があります。

 

おじいちゃん子だった人、祖母っこだったひとには向いています。

 

「高齢者が好き」は志望動機にもなります。

»訪問歯科へ転職】歯科衛生士向け 志望動機の書き方

 

チャレンジ精神がある

 

チャレンジ精神がある人は訪問歯科の適性があります。訪問歯科は一般歯科(外来)とはまったく別物。

 

訪問歯科は、一般歯科が対象とする患者さん層と違うので、やり方も異なります。

 

新しい分野にチャレンジしたい気持ちは、訪問歯科衛生士に向いている証拠です。

 

一般外来での仕事に「飽き」を感じている人にもおすすめです。

 

訪問歯科衛生士として、満足な年収で働こう

まとめ 訪問 歯科衛生士 時給 給料 年収相場

 

今回は訪問歯科衛生士の年収・給料について解説しました。

 

✔︎ 訪問歯科衛生士の年収・給料

  • 年収 386万円
  • 月収 32万円(ボーナスなしの場合)
  • 月収 27万円(ボーナスなしの場合)
  • 時給 1,100〜1,500円

 

訪問歯科衛生士の適正年収を知らないまま働いてしまうと、年間で100万円以上も損してしまうことも。

 

何年も働くことを考えると、とんでもない額になりますよね。そのため、適正な年収で働くことはとても大切です。

 

紹介した年収・給料を参考に、自分に合った職場を探してみてください。

 

\ 訪問歯科への転職におすすめの転職エージェント /

 転職エージェント名求人数特長おすすめする人

1位

デンタルワーカー 歯科衛生士

デンタルワーカー

12,000件

・ 訪問歯科の求人が多数掲載中
・ 職場の雰囲気をリサーチ
・ 転職活動をトータルサポート
転職に不安がある人
待遇◎の求人が多く、1番おすすめ
歯科衛生士 転職サイト 2位

2位

ファーストナビ

10,000件

・ 2014年創業の老舗
・ 衛生士の4人に1人が利用中
・ 院長の人柄を事前にリサーチ
内部の人間関係を知りたい人
転職の悩み相談ができる
歯科衛生士 転職サイト 3位

3位

 

歯科転職ナビ

7,000件

LINEのやりとりがメイン
・ 利用者の満足度 98.2%
・ 転職後のフォローが充実
マイペースで就活したい人
条件にあう訪問歯科がLINEで届く