訪問歯科衛生士の時給相場を解説します【平均以上の好条件で働きたい】

 

訪問歯科衛生士の時給が気になるひと「訪問歯科衛生士の時給ってどのくらいなのかな。地域差とか一般歯科との違いはどれくらいだろう。少しでも時給の高いところで働きたいな。」

 

本記事ではこういった疑問にこたえます。

 

本記事の内容

 

この記事を書いている私は歯科医師です。

 

今まで100人以上の衛生士さんとお仕事してきました。

 

ほぼ毎日、介護施設や精神病院、急性期病院、個人宅を訪問しつつ、大学で”高齢者の歯科治療”を教えています。

 

Twitterで情報発信しています。記事の信頼性担保につながれば嬉しいです。

 

 

『ついやってしまいがちなのは認知症の人に対して子供に話すような口調で接してしまうこと。
昔、認知症の祖母に初対面の若い看護師さんが赤ちゃん言葉を使っていて、一生懸命で悪気のないことはわかりつつ複雑な気分になった。常に敬語の必要はないけど、イチ大人として接するのを忘れないようにしたいな』

 

スポンサーリンク

訪問歯科衛生士の時給相場【全国平均・地域別・一般歯科で比較】

 

訪問歯科衛生士の実情を紹介します。

 

時給を「全国平均」「地域別」「一般歯科」でそれぞれ比較してみます。

 

訪問歯科衛生士の時給①:全国平均

 

時給に換算すると1,500円です。

 

これは歯科衛生士の平均年収は350万円、手取り月給にすると約24万円から算出しています。参照:厚生労働省 賃金構造基本調査

 

日本の女性労働者の平均年収が272万、時給で1,300円。これは正社員基準です。

 

歯科衛生士は女性の従業者の中では、比較的給料に恵まれた職業です。

 

訪問歯科衛生士の時給相場②:地域別【東京・大阪・地方】

 

東京、大阪、北海道、鳥取、それぞれの地域別にみてみましょう。

 

北海道、鳥取は比較的求人の少ないエリアなので、首都圏と比較するために、選出しました。

✔︎ 歯科衛生士の時給相場

・東京 1,600円〜
・大阪 1,550円〜
・鳥取 1,200円〜
・北海道 1,100円〜

 

東京や大阪のような首都圏では訪問歯科衛生士の給料相場はほぼ変わりません。

 

北海道や鳥取の地方はやや低めです。これは物価に相当影響されていると考えて良いでしょう。

 

全国平均より低くなっているのは、転職サイトを参考にした数値のためです。

 

転職サイトの情報は未経験なども含まれ、始めの時給が少し低めに設定されているからです。

 

経験や年齢を考慮すると、全国平均に近い時給になります。

 

訪問歯科衛生士の時給相場②:一般歯科との比較

 

結論、訪問歯科と一般歯科での衛生士の時給に大きな違いはありません。

 

当然といえば当然で、一般歯科と訪問歯科どちらもやっている衛生士も多いからです。

 

東京を例にします。

 

訪問歯科衛生士の時給相場は、パートの時給で1,500円〜。

 

これに対して、一般歯科の衛生士の時給相場も、パートの時給で1,500円〜。

 

先ほど述べたように、訪問衛生士のパートの時給は最低ラインで考えているので、ほぼ1,500円と考えて問題ありません。

 

一般と訪問では、衛生士の給料に大きな違いはありません。地域による影響の方が大きいでしょう。

 

訪問歯科衛生士として時給の高い病院で働きたい

 

同じ仕事をするなら、少しでも時給の高い病院ではたらきたいですよね。

 

そのやり方は簡単で、歯科衛生士向けの求人サイトを利用するだけです。

 

求人サイトで検索する

 

『時給』で検索できる求人サイトを使うと便利です。

 

具体的には、「ジョブメドレー 」という求人サイトがおすすめです。

 

やり方は簡単で、公式サイトからまず「都道府県から選択」から住んでいる地域を選択します。

 

次に「雇用形態・給与から選択」で時給を入力します。

 

最後に、検索画面の「特徴から選択」で訪問歯科を選んで、あとは検索をかけるだけ。

 

だんだん、候補が絞られていくのが数字でわかるので、検索条件も絞りやすいです。

 

ジョブメドレーのスクショ

 

百聞は一見にしかず。実際のスクショです。

 

✔︎ ①「都道府県から選択」

f:id:prandium:20200914155426p:plain

✔︎ ②「雇用形態・給与から選択」で時給を入力

f:id:prandium:20200914155524p:plain

 

✔︎ ③「特徴から選択」で訪問歯科を選ぶ

f:id:prandium:20200914155640p:plain

 

この3ステップで検索するだけです。

 

東京で時給1,400円以上だと568件、時給1,600円以上だと332件あります。

 

求人サイトは『登録』して利用する

 

転職を考えるとき、求人サイトに登録してから利用することは、じつは相当のメリットがあります。

 

ジョブメドレーも同じです。

 

誰もが時給の高い病院で働きたいと思っています。

 

時給1,600円以上となると求人としてはかなりの人気物件なので、あっという間になくなります。

 

そのため求人情報を定期的にチェックしておくことは重要です。

 

ただ毎日求人サイトを確認するのは、かなりの手間だと感じる人も多いです。

 

そんな人は、ジョブメドレーに登録して「新着求人受け取り設定」を利用すると便利です。

 

登録するとすぐに設定できますし、いちいちチェックする手間も省くことができます。

 

自分の条件に合った求人が出た瞬間にメールが届くので、いちいち探す必要もありません。

 

でも、個人情報を登録したり、しつこい勧誘があったりするのでは…と考える人もいると思います。

 

ジョブメドレー は匿名や偽名でも利用でき、後から変更可能です。

 

しつこい勧誘もありません。

 

ジョブメドレー のデメリットに関しては歯科衛生士求人サイト「ジョブメドレー」を徹底解説【デメリット・退会方法まで】で解説しています。

 

また、余裕のある人は選択肢を広げるため、3つの求人サイトを併用するのおすすめです。

 

訪問歯科の検索に強い歯科衛生士向けの求人サイトは【衛生士の転職】訪問歯科に強い求人サイト3選【未経験でも需要あり】で解説しています。

 

こういったサイトを利用して実際に転職する場合、かならず登録が必要になるので、最初から便利な機能は使い倒しましょう。

 

是非この機会に行動してみてください。

 

>>1分で無料登録:ジョブメドレー

 

資格

 

資格があると、時給を高くすることができます。

 

資格給、能力給として評価されることも多いからです。

 

訪問歯科でもっていると重宝される資格を挙げておきます。

 

・歯周病学会認定衛生士
・認定訪問歯科衛生士
・ケアマネージャー
・歯科感染管理者
・東京糖尿病療養支援士

 

どれも所定の単位と試験、3〜5年の実務経験が必要なので、働きつつ自分の価値を高めていくのが現実的です。

 

参考:歯周病学会認定衛生士
http://www.perio.jp/member/certification/hygienist/

 

参考:認定訪問歯科衛生士
https://www.jdha.or.jp/learning/ninteidh.html

衛生士は時給がすべてじゃない。訪問歯科は人間関係。

 

歯科衛生士の時給が地域や資格によって差があることがわかりました。

 

衛生士として働くうえで、時給は大切です。

 

けれども時給がすべてではありません。

 

個人的には人間関係が一番重要だと感じています。

 

特に訪問歯科の場合は、長時間しかも少人数で、狭い空間での仕事になります。

 

自分の心と体が健康でいられることが、しっかり働くことにつながります。

 

時給が高いところには高いなりの理由があります。 さらにタイミングも関係してきます。

 

少しでも好条件の求人を見つけるだけであれば、登録して新着求人の通知を受け取ることが効率的です。

 

ですが、人間関係だけは働いてみないとわかりません。

 

探す手間を省きつつ、良さそうな条件のところがあれば、見学や就職をしてみるというチャレンジしてみてください。

 

そしてダメだったらすぐ撤収する、という気持ちもわすれないようにしましょう!

 

あなたの心と身体の健康が最優先です。

 

今回は以上です。

 

>>1分で無料登録:ジョブメドレー

 

 

 

未分類
スポンサーリンク
しろたぬ Web