1分で理解|訪問歯科衛生士になるには?【転職前に知っておくべき訪問歯科の概要】

訪問歯科衛生士 なるには

 

  • 訪問歯科に興味があるけど、ハードルが高そう
  • 訪問歯科衛生士になるにはどうしたらよいのかな?
  • 他にも訪問歯科について知っておくべきことがあれば教えほしい

 

外来からいきなり訪問歯科に就職すると、「こんなはずじゃなかった」と思うケースは多いです。そのため事前に訪問歯科の知識をいれて、不安を解消しておくことは重要です。

 

この記事では、「訪問歯科衛生士になる方法」と「知っておくべき訪問歯科の概要」を解説します。

 

✔︎ この記事を書いたひと

しろたぬ

複数の歯科医院ではたらく歯科医師/ライター
今まで100人以上の歯科衛生士さんと仕事を経験。採用する側として「歯科衛生士転職」の内情に精通。歯科について呟く Twitter は1.1万人フォロワー。

しろたぬをフォロー

 

筆者は高齢者歯科を専門です。いままで100人以上の訪問歯科衛生士と働いてきました。

 

この記事を読むと訪問歯科について不安を抱える歯科衛生士が、「訪問歯科衛生士」としてスムーズにデビューする方法がわかります。

 

もくじ

訪問歯科衛生士になるには?

 

歯科衛生士免許を持っていて、訪問歯科に携わっていれば訪問歯科衛生士になることができます

 

歯科衛生士以外の特別な資格や免許は必要ありません。このように、訪問歯科衛生士になる方法はシンプルです。

 

✔︎ 訪問歯科とは?

訪問歯科とは、身体的、精神的な理由で歯医者に通院が困難な人のために、自宅や施設にいながら歯科診療が受けられる医療サービス。

訪問歯科衛生士の現状

訪問歯科衛生士の現状

 

訪問歯科についての状況を紹介します。

訪問歯科をおこなう歯科医院の数

 

  • 在宅医療サービスを実施している歯科診療所は14,927件
  • 歯科医院全体の21.8%

 

»「歯科衛生士及び歯科技工士の就業状況等に基づく安定供給方策に関する研究」

 

歯科医院10件のうち2〜3件が訪問歯科をおこなっています。

 

訪問歯科衛生士の人数

 

約3万人が訪問歯科衛生士として働いています。

 

全国の就業歯科衛生士数は142,760人。訪問歯科を行っている歯科医院の数は21.8%。

「就業歯科衛生士数」を「歯科医院数」で割ると、およそ3万人。

» 衛生行政報告例の結果より

 

訪問歯科衛生士の年齢層

 

年齢層に関するデータはありませんでしたが、40代以上の歯科衛生士の割合が半数以上と考えられます。

 

  • ブランクからの復帰が多い
  • 一般歯科にあきてくる頃
  • 歯科衛生士の年齢分布では40代以上が半分

 

10年以上、訪問歯科の現場を見てきた筆者の肌感では、40代以上の歯科衛生士が半数以上の感覚です。

 

とはいえ、最近は20代・30代で訪問歯科で働く歯科衛生士も増えてきました

» 20代の歯科衛生士こそガンガン訪問歯科で働くべき

 

求人数

 

訪問歯科衛生士医師の求人数はどのくらいあるのでしょうか。

 

大手の転職サイトを比較すると、訪問歯科の求人数は全国で約2,000〜3,000件ほど

 

✔︎ 訪問歯科衛生士の求人数(転職サイトより)

 

外来を含めたすべての求人数は1万件ほどなので、約20〜30%が訪問歯科の求人です。

 

✔︎ 歯科衛生士のおすすめの転職サイト

転職サイト特徴おすすめポイント公式サイト
🥇 ファーストナビ・歯科衛生士の4人に1人が利用
・院長の人柄をリサーチできる
・強引な転職斡旋なし
人間関係が事前にわかる
1番おすすめ
\詳細をみる/
🥈 デンタルワーカー・年間3万人の転職実績
・転職のプロが丁寧にサポート
・院内の雰囲気をリサーチ
高待遇の求人が多いので
転職の満足度が高い
\詳細をみる/
🥉 ジョブメドレー・利用者満足度96%
・希望条件がみつかる検索機能
・医療系転職サイトの大手
希望にあった求人が
メールで届く
\詳細をみる/

 

\ 完全無料で転職成功できる /

訪問歯科に就職
DHにおすすめ転職サイト 3選

 

訪問歯科衛生士の仕事内容

訪問歯科衛生士の仕事内容

 

「訪問歯科衛生士はどんな仕事するのか」を解説します。

 

  • 仕事内容
  • 外来との違い
  • 訪問歯科の1日の流れ【モデルケース】

 

5つの仕事内容

 

訪問歯科衛生士の仕事内容はつぎの5つです。

 

  • 診療の補助
  • 口腔ケア
  • 書類作成
  • 診療器材や道具の運搬
  • 関係各所との連絡

 

歯科医院によっては、車の運転が必要なこともあります。

 

訪問歯科衛生士の仕事内容についての詳細は、以下の記事をご覧ください。

» 初めてでも安心】訪問歯科での歯科衛生士の仕事・役割を歯医者が解説します

 

1日に訪問する数は?」「特殊なスキルは必要?」などよくある質問にも回答しています。

 

外来との違い

 

訪問歯科と外来の違いはつぎの通りです。

 

訪問歯科外来
診療場所在宅・施設歯科医院内
年齢層主に高齢者幼児から高齢者
主な仕事口腔ケア診療補助
患者さんの健康状態持病あり比較的良好
患者さんとの意思疎通難しい場合あり可能
診療費用やや高め通常
他業種との接点多い少ない
事務作業多い少ない
特長・口腔ケア、嚥下、介護のスキルが身に付く

・患者さん、家族、介護職などいろいろな関係者と連絡が必要

・診療の分野が限られるので、ブランクからの復職におすすめ

・受付と診療アシストが主な仕事

・基本的に患者さん本人とのコミュニケーション

・対応する分野が広いので、勉強する範囲も広い

 

特長をしることで、自分に合うかどうかの参考にしてください。

 

1日の流れ【モデルケース】

 

訪問歯科衛生士の1日の流れを、つぎの4パターンで紹介します。

 

  • 在宅(患者さんの家)への訪問歯科
  • 施設(老人ホーム)への訪問歯科
  • 在宅と施設の両方
  • 外来と訪問歯科がミックス

 

在宅(患者さんの家)への訪問歯科

 

在宅メインの訪問スケジュールは以下のとおりです。

 

訪問歯科 衛生士 在宅

 

移動距離や治療内容によって、アポイントの数は変わります。1件1件、機材の出し入れするので割と大変です。

 

施設(老人ホーム)への訪問歯科

 

施設メインの訪問スケジュールです。

 

訪問歯科 衛生士 施設 老人ホーム

 

施設(老人ホーム)によって、診察する患者数がちがいます

 

有料老人ホーム・グループホーム・特別養護老人ホームなど施設の種類はたくさんあります。

訪問歯科は宿泊できる施設が対象なので、デイサービスには訪問できません。

 

在宅と施設の両方

 

在宅にも施設にも訪問するパターンもあります。

 

訪問歯科 衛生士 施設 在宅

 

外来と訪問歯科がミックス

 

外来と訪問歯科がミックスしている働き方もあります。

 

訪問歯科 衛生士 施設 外来

 

訪問歯科衛生士の年収・給料

 

訪問歯科の歯科衛生士の給料は以下の通り。

 

  • 年収 386万円
  • 月収 32万円(ボーナスなしの場合)
  • 月収 27万円(ボーナス 年間50万)
  • 時給1,400〜1,500円

 

しろたぬ
しろたぬ

外来と比べて、差はありません。

 

地域・年齢に影響をうけるので、転職サイトで働きたいエリアの相場を確認してみてください。

 

» 訪問歯科で働く歯科衛生士の年収を解説【高い給料をもらうコツも解説】

 

働き方

訪問歯科衛生士 働き方

 

訪問歯科衛生士の働き方について解説します。

働き方はいろいろ

 

訪問歯科衛生士は、自分に合わせた働き方が可能です。

 

  • 雇用形態
  • 歯科医院の規模
  • 訪問歯科の割合

 

雇用形態

 

「正社員」か「パート」で選べます。

 

正社員は有給や福利厚生がしっかりしています。一方で、週5労働で自分の時間が少ないといった欠点も。

 

パートは自由な時間で働けて、扶養範囲内のコントロールができます

 

その分、社会保険に入りにくい・休むと給料が出ない…というデメリットも。

 

» 歯科衛生士はバイトを掛け持ちするべき5つの理由

 

歯科医院の規模

 

大規模医療法人だ働くか、個人の歯科診療所で働くか選ぶことができます。

 

✔︎ 小規模な歯科医院と大規模な歯科医院の違い

小規模
(個人開業医)
大規模
(病院歯科・医療法人)
給料低め高め
福利厚生病院による安定している
人間関係密でアットホーム派閥ができやすい
急な休みとりにくいとりやすい
症例数少ない多い
求人数多い少ない

 

詳しくは以下の記事で解説しています。

» 歯科衛生士が就職するならどっち?|小規模の歯科医院と大型の医療法人の違い

 

訪問歯科と外来の割合

 

訪問歯科の1日の流れ【モデルケース】で紹介したように、「訪問専門」「外来とミックス」のパターンがあります。

 

専門的に訪問歯科を学びたいひとは、訪問歯科の割合が高い歯科医院を選びましょう。

訪問歯科衛生士のやりがい

訪問歯科衛生士 やりがい つらい

 

訪問歯科衛生士のやりがいを紹介します。

実際の声・口コミ

 

実際に訪問歯科で働いている歯科衛生士にアンケートしました。

40代歯科衛生士 訪問歴1年

口の中が汚れていた認知症のおばあちゃん。家族の依頼で、口腔ケアをしました。
歯だけでなく唇や頬、下の汚れをキレイにしたら、娘さんが泣いて喜んでくれた。

 

20代歯科衛生士 訪問歴4年

飲み込みのリハビリを患者さんと一緒に頑張ったら、大好きなあんぱんを食べられるようにまで回復した。

 

30代歯科衛生士 訪問歴7年

2週間に一度の口腔ケアを楽しみにしてくれているおばちゃんが老人ホームにいる

 

30代歯科衛生士 訪問歴10年

口腔ケアや嚥下訓練など、訪問歯科で学んだことが、親の介護で役に立った

 

歯科医師 訪問歴10年

 

\ 完全無料で転職成功できる /

訪問歯科に就職
DHにおすすめ転職サイト 3選

 

訪問歯科で辛いこと

 

訪問歯科でつらいときもあります。

 

  • 人間関係が悪い
  • なれるまで大変

 

人間関係が悪い

 

訪問歯科では、先生・歯科衛生士・歯科助手さんの2〜4名の少人数で仕事するので、人間関係が悪くなると辛いです。

 

»訪問歯科スタッフの人間関係が最悪になったエピソード5選

 

院内と違って、狭い車内で長い時間一緒なので、人間関係は重要です。

 

そのため、就職する場合は人間関係の事前リサーチは必須です。

 

✔︎ 訪問歯科探しにおすすめの転職サイト

転職サイト特徴おすすめポイント公式サイト
🥇 ファーストナビ・歯科衛生士の4人に1人が利用
・院長の人柄をリサーチできる
人間関係が事前にわかる
1番おすすめ
\詳細をみる/
🥈 デンタルワーカー・日本最大級の求人数
・転職のプロが丁寧にサポート
高待遇の求人が多いので
転職の満足度が高い
\詳細をみる/
🥉 ジョブメドレー・利用者満足度96%
・希望条件がみつかる検索機能
希望にあった求人が
メールで届く
\詳細をみる/

 

なれるまで大変

 

訪問歯科の仕事内容は、外来でおこなう一般歯科診療とは別物です。

 

  • ベット上での治療は日常茶飯事
  • 拒否のある人の治療もある
  • 患者さん本人以外にも家族や介護職と関わる
  • 飲んでいる薬や全身疾患の理解は重要

 

そのため慣れるまでは少し大変です。高齢者の対応にも、好き嫌いがわかれます

 

訪問歯科でつけられる知識・スキル

訪問歯科衛生士 勉強 資格

 

訪問歯科衛生士は主に次の知識・スキルを学ぶことができます。

 

  • 口腔ケア
  • 摂食・嚥下
  • 介護

 

義歯や歯周病も学べますが、訪問歯科に特化するものは上記のとおりです。

 

訪問歯科を勉強する方法

 

訪問歯科を勉強するには、つぎの2つが有効です。

 

  • 本で学ぶ
  • 実際に臨床現場で学ぶ

 

本で学ぶ

 

本を読むと、訪問歯科について事前に勉強できます。

 

訪問歯科が初めての人は「集まれ! 訪問歯科衛生士ビギナーズ」がオススメです。

 

訪問歯科って何をするの?といった疑問を丁寧に解説しています。監修の菊谷先生は高齢者歯科の第一人者なので、内容はお墨付きです。

 

訪問歯科として第一歩を踏み出したい人におすすめの一冊です。

 

 

実際に臨床現場で学ぶ

 

臨床現場で学ぶのは、効果があります。

 

  • 高齢者への対応
  • 要介護者への対応

 

自分の目で見ることで、学べることは多いです。誰でも初めは緊張しますが、慣れてしまえばすぐにできるようになります。

 

\ 教育環境が整った歯科医院がみつかる /

訪問歯科に就職
DHにおすすめ転職サイト 3選

 

資格・キャリアパス

 

訪問歯科で働くと、訪問歯科に関する資格を取ることもできます。主な資格はつぎの通りです。

 

  • 日本摂食嚥下リハビリテーション学会認定士
  • 日本口腔リハビリテーション認定歯科衛生士
  • 日本口腔ケア学会 口腔ケア認定制度

 

日本摂食嚥下リハビリテーション学会認定士

 

一般社団法人日本摂食嚥下リハビリテーション学会の認定資格。難易度は高いですが、実践的な資格なので1番おすすめです。

 

摂食・嚥下の専門家として、リハビリテーション計画に従った摂食嚥下訓練を行えるようになります

» 日本摂食嚥下リハビリテーション学会認定士

 

✔︎ 申請条件

  • 学会に2年以上継続して在籍
  • 摂食嚥下に関わる研究・臨床が通算で3年以上
  • eラーニングにて全課程の受講を修了している

※ eラーニングとはオンラインでテストを受ける仕組みです。

 

日本摂食嚥下リハビリテーション学会のeラーニング対応のテキストは、ネットで購入できます。

 

資格を取らなくても、摂食・嚥下について勉強したいひとの入門としては必須の1冊。訪問歯科に携わるなら、一読しておきたい書籍です。

 

3冊セットですが、まずは最初の1冊だけでも知識を得るなら十分です。

 

 

日本口腔リハビリテーション認定歯科衛生士

 

一般社団法人日本口腔リハビリテーション学会の「認定資格」。

 

リハビリテーション、摂食嚥下、咀嚼、口腔機能育成、口腔ケアの総合的な知識がつけられます。

 

✔︎ 申請条件

  • 学会に2年以上継続して在籍
  • 顎口腔機能のリハビリテーション、摂食嚥下に関わる研究・臨床が通算で5年以上
  • 顎口腔機能のリハビリテーション、摂食嚥下、口腔ケア等に関する研究報告を行っている

»日本口腔リハビリテーション認定歯科衛生士

 

日本口腔ケア学会 口腔ケア認定制度

 

一般社団法人日本口腔ケア学会の認定資格。経験・知識・スキルにより1級から5級に分類されています(5級からスタート)。

 

口腔ケアについての専門的な知識を深めることができます。

» 口腔ケア認定制度

 

資格は有利?

 

資格をもっていると、知識とスキルの面で専門性の保証になります。とはいえ、取得までに時間はかかります。

 

しろたぬ
しろたぬ

中には、日本口腔リハビリテーション認定歯科衛生士のように、5年以上かかるものも。

 

給料面でのアップも期待できます。しかし月に5,000〜2万円ほどが多いので、費用対効果を考える必要があります。

 

興味があるのであれば資格はオススメですが、必須ではありません。

訪問歯科衛生士の必要性

訪問歯科 衛生士 必要

 

訪問歯科衛生士の必要性を紹介します。

高齢化社会

 

高齢化社会の日本にとって、歯科衛生士は必要な職種です。口を健康に保つことで、様々な効果があると言われています。

 

  • 肺炎の予防
  • 心臓病のリスク軽減
  • 脳梗塞のリスク軽減
  • 糖尿病のリスク軽減

 

口の機能低下は、様々な病気の元。口の健康を守る歯科衛生士の必要性は高いです。

 

歯科医院にとっても必要

 

歯科医院にとっても、歯科衛生士は必要です。

 

  • 診療のアシスト
  • 口腔ケアを任せる
  • 家族や介護スタッフとのやりとり

 

歯科衛生士がいることで、歯科医師は治療に専念できます

診療報酬も算定できる

 

訪問歯科衛生士がいることで算定できる保険点数もあります。

 

  • 歯科訪問診療補助加算
  • 訪問歯科衛生指導料
  • 在宅等療養患者専門的口腔衛生処置
  • 歯科衛生士等居宅療養管理指導

 

歯科衛生士は歯科医院経営の観点からも、必要な人材です。

 

まとめ:訪問歯科衛生士として働こう

訪問歯科 衛生士 まとめ 概要

 

今回は、訪問歯科衛生士になる方法訪問歯科の概要について紹介しました。

 

訪問歯科衛生士になる方法はシンプルで、歯科衛衛生士が訪問歯科で働けば「訪問歯科衛生士」になることができます

 

外来だけをやってきていきなり訪問歯科に就職すると、ギャップに戸惑うことも多いです。そのため事前に訪問歯科の知識をいれて、不安を解消しておくことは重要です。

 

訪問歯科の概要がわかったら、実際に働いてみることは大切です。まずは転職サイトに登録して求人をチェックしてみましょう。

 

✔︎ 歯科衛生士のおすすめの転職サイト

転職サイト特徴おすすめポイント公式サイト
🥇 ファーストナビ・歯科衛生士の4人に1人が利用
・院長の人柄をリサーチできる
・強引な転職斡旋なし
人間関係が事前にわかる
1番おすすめ
\詳細をみる/
🥈 デンタルワーカー・年間3万人の転職実績
・転職のプロが丁寧にサポート
・院内の雰囲気をリサーチ
高待遇の求人が多いので
転職の満足度が高い
\詳細をみる/
🥉 ジョブメドレー・利用者満足度96%
・希望条件がみつかる検索機能
・医療系転職サイトの大手
希望にあった求人が
メールで届く
\詳細をみる/

 

\ 完全無料で転職成功できる /

訪問歯科に就職
DHにおすすめ転職サイト 3選

 

 

 

✔︎ この記事を書いたひと
しろたぬ

複数の歯科医院ではたらく歯科医師/ライター
今まで100人以上の歯科衛生士さんと仕事を経験。採用する側として「歯科衛生士転職」の内情に精通。歯科について呟く Twitter は1.1万人フォロワー。

しろたぬをフォロー
スポンサーリンク
スポンサーリンク
働き方
歯科衛生士の転職ドットコム