本記事はプロモーションを含む場合があります

【人間関係が命】歯科衛生士が働きやすい訪問歯科をみつける方法 7選

訪問歯科 歯科衛生士 人間関係

 

歯科衛生士として「快適な職場で働きたい」と感じていませんか?

 

訪問歯科では、狭い車内で1日一緒…というケースも多く、「仕事のしやすさ=人間関係」と言っても過言ではありません。

 

この記事では、「訪問歯科で人間関係だけは軽視してはいけない理由」「働きやすい訪問歯科をみつける方法 7選」を解説します。

 

✔︎ この記事を書いたひと

まな

転職4回の歯科衛生士 (Twitter
1年目にパワハラで病む/ブラック→ホワイトな職場で快適に勤務/今はスタッフ100名の医療法人で採用を担当

 

この記事をよむと、働きやすい訪問歯科が見つかる可能性がグッとアップします。

 

訪問歯科での人間関係をしって、働きやすい職場を探す第一歩にしてください。

 

\ 訪問歯科の求人多数! /
転職の相談だけでもOK!

 

もくじ

 

訪問歯科で人間関係を軽視してはいけない理由

訪問歯科 ずっと一緒 車内

 

訪問歯科で働こうと思ったときに、絶対に軽視してはいけないことは「人間関係」です。

 

なぜなら、訪問歯科のスタッフ(先生・衛生士・歯科助手)とは1日中ずっと近い距離にいるからです。

 

そのため人間関係がわるいと、最悪…を通り越して地獄です。

 

人間関係がすべて

 

訪問歯科で仕事をしていると、一日中同じスタッフ(先生・歯科助手・コーディネーター)と一緒です。

 

車での移動中も診療中も、基本的に顔を突き合わせた状態です。

 

そのため人間関係が悪くなると、以下のような最悪の環境になります。

 

  • 車内の空気がピリつく
  • 会話がなくなり沈黙が多い
  • 診療の連携がとれなくなる
  • 否定的、非協力的になる

 

先生・歯科助手・コーディネーターとの相性にもよるので、運の要素はもちろんあります。

 

ですが人間関係が悪いと、「やりがい」すら失っていきます。

外来との違い

 

外来の場合も、基本的にスタッフと一緒です。

 

ですが訪問と違うのは、受付業務をしたり、スケーリングをしたり…と、一人になれる状況があるということです。

 

訪問は外来よりも物理的に空間が狭く、ビタ付きなことが多いです。

 

どんな環境の訪問歯科で働くか…は、重要です。

 

 

\ 訪問歯科への転職におすすめの転職サイト  TOP3 /

公式サイト特長おすすめする人口コミ・評判
歯科衛生士 転職サイト 1位

デンタルワーカー

職場の雰囲気を事前リサーチ
・訪問歯科の求人 1万件以上
・雇用条件を交渉してくれる
転職に失敗した経験がある人
良質の求人が多く、1番おすすめ
\詳細はこちら/
歯科衛生士 転職サイト 2位

ファーストナビ

衛生士の4人に1人が利用中
・求人一覧をマップから見れる
・院長の人柄が事前にわかる
マメなサポートを受けたい人
いつでも悩み相談ができる
\詳細はこちら/
歯科衛生士 転職サイト 3位

歯科転職ナビ

・利用者の満足度 98.2%
・ LINEのやりとりがメイン
・ 条件にあう求人が✉️で届く
マイペースで就活したい人
転職後のフォローが充実
\詳細はこちら/

 

歯科衛生士が働きやすい訪問歯科をみつける方法 7選

歯科衛生士 訪問歯科 働きやすい 職場

 

歯科衛生士が働きやすい訪問歯科をみつける方法を紹介します。

 

✔︎ 人間関係の不安を払拭する訪問歯科の見つけ方 7選

 

働きやすさは、実際に働かないとわかりません。

 

ですが、やみくもに就職するよりも、事前にリサーチすることで「最悪な職場」を避けられるケースも多いです。

 

①:パートから始める

 

パートから始めることで、職場の雰囲気を体験しつつ、合わなかったときにやめやすい環境を作ることができます。

 

✔︎ パートから始める勤務例

  • 週1でパートをする
  • 週2〜3のパートを掛け持ちする
  • 休日に別の医院でパートする

 

自分に合うかどうかを、確かめながら働けます。

 

ツラい職場だったときは、正社員だと週5日地獄です。しかし、パートなら日数が少ない上に、やめやすいです。

 

歯科衛生士 まな
歯科衛生士 まな

2つ以上を掛け持ちすれば、人間関係の良い職場を探しつつ、失敗したときのリスクを分散できます。

 

デメリットは、社会保険に加入しづらい・良い職場が見つかっても正社員になれるかわからない…です。

 

とはいえパートの働き方は、人間関係で嫌な思いをするリスクを下げたい方が、試す価値のある方法です。

 

筆者は実際に、パートの掛け持ちをして、その中で1番自分にあった職場で正社員になりました。

 

人間関係◎の職場に辿り着くまでの経緯は、人間関係◎の歯科医院に辿りつくまでの経緯 は以下の記事をご覧ください。

 

 

②:事前に求人を徹底リサーチする

 

就職前に、気になる職場をリサーチすることは重要です。

 

「こんなはずじゃなかった」と感じるリスクを減らせるからです。

 

✔︎ リサーチすること

  • 院長の人柄
  • スタッフの人間関係・年齢層・在籍期間
  • 実際の口コミ

 

転職エージェントを使うと、職場の雰囲気や内部の情報を、前もって教えてくれます。

 

歯科衛生士 まな
歯科衛生士 まな

私は、スタッフの在籍期間が1年以内の歯科医院は避けました。

 

とはいえ、情報の正確性も含めて、完璧に自分にあった職場をリサーチするのは難しいです。

 

しかし、事前にリサーチすることで、「絶対に合わない雰囲気の職場」を避けることができます。

 

歯科衛生士が訪問歯科の求人を選ぶコツは、以下の記事をご覧ください。

 

 

③:実際の現場を見学する

 

見学すると、実際の車内の様子や、診療の雰囲気を知ることができます。

 

✔︎ 人間関係をみるポイント

  • 挨拶があるか
  • 会話がポジティブか
  • 「ありがとう」があるか

 

先生や歯科衛生士の雰囲気を、確認できます。

 

見学は長くても半日がおすすめ。短すぎるとよく分からず、長すぎるとしんどいです。

 

④:大きめの医療法人で働く

 

大きめの医療法人で働くと、人間関係のリスクを分散できます。

 

最低でも、5人以上の歯科衛生士が在籍している医療法人で働くのがポイント。

 

5人いれば、誰かとダメになっても逃げ場があります。同じ法人内の別の訪問チームや分院に移籍できる場合も。

 

歯科衛生士 まな
歯科衛生士 まな

一人と合わなくても、他にも歯科衛生士やスタッフがいるのは大きいです。

 

一方で、小規模な歯科医院は歯科衛生士が少なく、相性が合わなくても、ずっと一緒。

 

きついときは、ガマンするか辞めるしか選択肢はありません。

 

 

逃げ場ある…というのが人間関係の不安を払拭する大きな要素です。

 

⑤:一般歯科と混合させる

 

一般歯科と訪問歯科どちらもやっている歯科医院で働くことも有効です。

 

訪問歯科に特化した歯科医院だと、1日中、密度の濃い人間関係になります。

 

一般歯科と訪問歯科のどちらも対応する医院の場合、1日の中で時間で区切ることができます。

 

どのくらいの割合で訪問歯科診療しているか…をチェックすることはおすすめです。

 

⑥:試用期間をフル活用する

 

転職時は、本採用の前に1〜3ヶ月の試用期間が設定されることがほとんど。

 

どうしてもツラいときは、試用期間の間にやめましょう。

 

本採用されると、退職までの期間が必要だったり、保険の手続きが煩雑になることも。

 

試用期間がないときは、就職前に試用期間を設けてもらうように交渉してください。

 

歯科衛生士 まな
歯科衛生士 まな

転職エージェントを利用している人は、エージェントに依頼すれば代行してくれます。

 

歯科医院側にとっても、あなたが職場に合うかどうかを判断できるので、お互いにメリットがあります。

 

» 歯科衛生士が試用期間で辞めるべき3つの基準!退職するデメリットは?

 

⑦:近場の歯科医院は避ける

 

近場の歯科医院は、避けることがおすすめです。

 

もし気まずい感じで辞めてしまっても、プライベートで会う可能性があるからです。

 

  • 同じ駅
  • 車で10分以内

 

このくらいだと生活圏は同じになりやすいです。

 

距離が近いのは、通いやすい魅力もあります。このあたりのバランスは個人差がありますね。

 

何を優先するかを考えて転職先を選びましょう。

 

\ 訪問歯科への転職におすすめの転職サイト  TOP3 /

公式サイト特長おすすめする人口コミ・評判
歯科衛生士 転職サイト 1位

デンタルワーカー

職場の雰囲気を事前リサーチ
・訪問歯科の求人 1万件以上
・雇用条件を交渉してくれる
転職に失敗した経験がある人
良質の求人が多く、1番おすすめ
\詳細はこちら/
歯科衛生士 転職サイト 2位

ファーストナビ

衛生士の4人に1人が利用中
・求人一覧をマップから見れる
・院長の人柄が事前にわかる
マメなサポートを受けたい人
いつでも悩み相談ができる
\詳細はこちら/
歯科衛生士 転職サイト 3位

歯科転職ナビ

・利用者の満足度 98.2%
・ LINEのやりとりがメイン
・ 条件にあう求人が✉️で届く
マイペースで就活したい人
転職後のフォローが充実
\詳細はこちら/

 

※ たくさんの求人を見れるので、転職サイトは複数登録がおすすめ。エージェントが合わない場合、すぐに変えることができます。

 

とくにデンタルワーカーは、年間転職成功者3万人を誇る転職サイト。

 

給与交渉・人間関係のリサーチ・面接の同行サポートがあるのは、他の転職サイトにはない強みです。

 

歯科衛生士 まな
歯科衛生士 まな

私も、デンタルワーカーが「院長の人柄」を教えてくれたおかげで、穏やかな職場でのびのび働いています。

 

強引に転職をすすめられることもないので、転職に不安のある歯科衛生士さんにぴったりの転職サイトです。

 

\ 穏やかな院長の職場がわかる /
12,000件の求人が掲載中

 

» デンタルワーカーの口コミ・評判

 

衛生士が訪問歯科で働くときの補足

訪問歯科 つらい

 

訪問歯科で歯科衛生士として働くときの補足を紹介します。

 

今の環境を改善するのは難しい

 

基本的に「今の職場環境を改善する」というのは難しいです。

 

なぜなら職場環境改善するということは、他人の考えを変える…ということ。

 

反対勢力も出てきます。

 

歯科衛生士 まな
歯科衛生士 まな

なにより、他人は簡単には変わりません。変えられるのは自分だけ。

 

変わったとしても、それまでにはとんでもない労力と時間が必要です。

 

仲良しじゃなくてもよい

 

無理に仲良くする必要もありません。あくまで仕事が円滑に進めばよいからです。

 

  • コミュニケーションがとれる
  • 一緒の空間にいても苦ではない

 

このくらいの距離感がベストです。

 

ムリに仲良しになる…というよりは、いがみあわなければよい…といったイメージです。

 

お互いに意見を言い合える関係…は理想です。

 

人間関係が最悪になるパターン

 

実際にあった人間関係が最悪になってしまったパターンには、次のようなものがあります。

 

  • なぜかケンカごし
  • 最初からタメ口
  • ヒステリック
  • 先生が決断できない
  • 「前の病院は〜」が口癖

 

 

詳しくは 訪問歯科スタッフの人間関係が最悪になったエピソード5選 で解説しています。

 

最悪な人間関係は、患者さん・その家族・介護施設のひと…などに伝わります。

 

訪問歯科はスタッフ間の連携、大切です。

 

人間関係が悪いままはキツい

 

人間関係が悪いまま働くと、心にも体にも悪影響しかありません。

 

体を壊したり、メンタルを病んでしまう可能性が高まります。

 

実際に、以下の状態になった方も。

 

  • パワハラを受けてうつ病になった
  • ストレスが原因で入院した

 

どんなにメンタルが強くても日々削られていくと必ず限界はやってきます。

 

メンタルがザワつかない職場が一番です。

 

\ 訪問歯科への転職におすすめの転職サイト  TOP3 /

公式サイト特長おすすめする人口コミ・評判
歯科衛生士 転職サイト 1位

デンタルワーカー

職場の雰囲気を事前リサーチ
・訪問歯科の求人 1万件以上
・雇用条件を交渉してくれる
転職に失敗した経験がある人
良質の求人が多く、1番おすすめ
\詳細はこちら/
歯科衛生士 転職サイト 2位

ファーストナビ

衛生士の4人に1人が利用中
・求人一覧をマップから見れる
・院長の人柄が事前にわかる
マメなサポートを受けたい人
いつでも悩み相談ができる
\詳細はこちら/
歯科衛生士 転職サイト 3位

歯科転職ナビ

・利用者の満足度 98.2%
・ LINEのやりとりがメイン
・ 条件にあう求人が✉️で届く
マイペースで就活したい人
転職後のフォローが充実
\詳細はこちら/

 

歯科衛生士の有効求人倍率は20倍。

 

これは一人の歯科衛生士に対して、20もの歯科医院が求人を出している…ということです。

 

自分に合った歯科医院は必ずあります。

 

歯科衛生士が訪問歯科ではたらくとき、人間関係は本当に大事

 

歯科衛生士 訪問歯科 自分にあった

 

この記事では、「訪問歯科で人間関係だけは軽視してはいけない理由」「働きやすい訪問歯科をみつける方法 7選」を解説しました。

 

✔︎ 人間関係の不安を払拭する訪問歯科の見つけ方 7選

 

これからの超高齢化社会、訪問歯科の需要はもっと増えてきます。つまり、歯科衛生士の必要性もどんどん増してきます。

 

そのため、やりがいを持って楽しく働ける職場はかならず見つかります。

 

できることから行動してみてください。小さな一歩が素敵な未来を引き寄せます。

 

 

\ 訪問歯科への転職におすすめの転職サイト  TOP3 /

公式サイト特長おすすめする人口コミ・評判
歯科衛生士 転職サイト 1位

デンタルワーカー

職場の雰囲気を事前リサーチ
・訪問歯科の求人 1万件以上
・雇用条件を交渉してくれる
転職に失敗した経験がある人
良質の求人が多く、1番おすすめ
\詳細はこちら/
歯科衛生士 転職サイト 2位

ファーストナビ

衛生士の4人に1人が利用中
・求人一覧をマップから見れる
・院長の人柄が事前にわかる
マメなサポートを受けたい人
いつでも悩み相談ができる
\詳細はこちら/
歯科衛生士 転職サイト 3位

歯科転職ナビ

・利用者の満足度 98.2%
・ LINEのやりとりがメイン
・ 条件にあう求人が✉️で届く
マイペースで就活したい人
転職後のフォローが充実
\詳細はこちら/