人生を楽しむ|歯科衛生士の新しい働き方【いまの働き方に不満があるなら必見】

歯科衛生士 新しい働き方

 

歯科衛生士「今の働き方に不満がある」

 

働き方に不満があるまま過ごしてしまうとストレスが溜まるだけでなく、身体を壊してしまうことも。

 

これだと、人生の時間をムダに浪費してしまいますよね。

 

この記事では、歯科衛生士の新しい働き方を2つ…解説します。

 

✔︎ この記事を書いたひと

しろたぬ

複数の歯科医院ではたらく歯科医師/ライター
今まで100人以上の歯科衛生士さんと仕事を経験。採用する側として「歯科衛生士転職」の内情に精通。歯科について呟く Twitter は1.1万人フォロワー。

しろたぬをフォロー

 

いままでは同じ歯科医院で、毎日フルタイムでで仕事することが主流でした。

 

ですが、いまは「いろいろな働き方」ができる時代です。

 

実際に、自分に合った働き方で楽しく仕事している歯科衛生士さんも増えてきました。

 

この記事を読むと「歯科衛生士の新しいワークスタイル」がわかります。

 

  • 毎日の仕事がつらい
  • 人間関係がイヤすぎる
  • 歯科衛生士、向いてないかも…
  • 同じ作業を繰り返す平凡な日々に危機感がある

 

このように感じている歯科衛生士さんはぜひご覧ください。

 

もくじ

 

歯科衛生士の新しい働き方

歯科衛生士 新しい働き方 ダブルワーク

 

歯科衛生士のあたらしい働き方とは、ひとつの歯科医院に依存しない働き方です。

 

具体的には、「掛け持ち」が選択肢としてあげられます。

 

  • ①:歯科医院の掛け持ち
  • ②:歯科衛生士以外の仕事を掛け持ち

 

①:歯科医院の掛け持ち【ダブルワーク】

 

ひとつ目は「歯科医院の掛け持ち」です。「ダブルワーク」とも言えますね。

 

掛け持ちすることで、次のメリットがあります。

 

  • 違う分野を学べる
  • それぞれのクリニックのやり方を学べる
  • 働き方の自由度が高い

 

掛け持ちすると、歯科衛生士としての経験値があがります。

 

一方でデメリットもあります。

 

  • 福利厚生が不安定になる
  • 収入は働く日数や時間に影響される

 

自分に合った働き方を探してみましょう。

 

※ 働く日数によって、社保加入も可能です。

うまく掛け持ちすると、正社員のよいところもゲットすることができます。

>> 歯科衛生士はバイトを掛け持ちすべき5つの理由【ダブルワークで収入UP】

 

②:歯科衛生士以外の掛け持ち【歯医者以外の仕事】

 

歯科衛生士以外の仕事を掛け持ちする働き方もあります。

 

実際に、営業・ライター・YouTuber…などを掛け持ちしている歯科衛生士もいます。

 

メリットはつぎの通り。

 

  • 好きなこと仕事にできる
  • 自由時間が増える

 

デメリットもあります。

 

  • フルタイムで続けながらはハード
  • 歯科衛生士の収入が減りやすい
  • 稼ぐまで時間がかかることも多い

 

まずは「副業してみる」くらいのテンションで始めてみるのはオススメです。

 

副業に興味のある人は以下の記事をご覧ください。

 

>> 【タイプ別】歯科衛生士におすすめの副業 11選【みんな何してる?】

 

中には、歯科衛生士免許を活かせる仕事もあります。

 

歯科衛生士の「新しい働き方」をするために

歯科衛生士 新しい働き方 実践

 

歯科衛生士が新しい働き方するために、考えなければいけないことがあります。

 

・歯科医院の理解

・当面の生活(年収)

 

新しい働き方に対応する歯科医院も増えてきた

 

今までは、正社員でがっちり働くことが通常でした。

 

ですが時代の流れと共に、「新しい働き方」に対応する歯科医院も増えてきました。

 

 

  • 副業 OK
  • 週休3日 OK
  • 18時まで退社可能
  • 歩合制あり

 

転職サイトで確認するとわかるのですが、上記のような特徴の歯科医院もあります。

 

自分の希望する働き方ができるのは、嬉しいですよね。

 

✔︎ 歯科衛生士におすすめの転職サイト

  • デンタルワーカー転職に失敗したくない歯科衛生士さんにおすすめ
    ※ 非公開の求人が多数・転職のプロが徹底サポート・口コミ情報が豊富・アフターフォローも万全
  • ファーストナビ | 恵まれた人間関係で働きたい歯科衛生士さんにおすすめ
    ※ エージェントが院長の人柄などの内部情報をおしえてくれる・登録者限定の非公開求人は良質
  • ジョブメドレー | 条件にこだわりのある歯科衛生士さんにおすすめ
    ※ 細かい条件で検索できる・希望にあった求人がメールで届くので、優良な求人を見逃す心配なし

 

しろたぬ
しろたぬ

※ 歯科衛生士向けの転職サイトは20社以上あります。歯科衛生士さんへのリサーチをもとに厳選しました。

 

転職サイトの選び方」はこちらで解説しています。» 歯科衛生士向け|転職サイトの正しい選び方

 

歯科衛生士が掛け持ちしたときの年収

 

年収は、以下の2つの場合にちがいがあります。

 

  • 歯科医院を掛け持ちする
  • 歯科衛生士と他の仕事を掛け持ちする

 

歯科医院を掛け持ちする

 

歯科衛生士として「歯科医院の掛け持ち」をする場合は、時給換算で考えるのが目安です。

 

年齢や地域差があります。

 

時給:1,200〜2,000円

 

上記が相場なので、目安にしてください。

 

»386万円】歯科衛生士の年収を徹底解説|高い給料をもらう方法も併せて紹介

 

歯科衛生士と他の仕事を掛け持ちする

 

他の仕事と掛け持ちする場合は、職種・仕事内容・時間によって幅があるので、個人によって異なります。

 

とくに以下のような仕事は、最初はまったく稼げない(0円)のことも多いです。

 

・YouTuber

・ライター

 

今までの働き方が悪いわけじゃない

 

歯科衛生士として、今までの働き方でで働くという選択も、もちろんアリです。

 

・正社員

・週5日

・フルタイム

 

むしろ、正社員の方が安心する人も多いはず。

 

「今まで」と「これから」。どちらが良い悪いではなく、シンプルに「どんな働き方が自分に合っているか」が大切です。

 

しろたぬ
しろたぬ

他に好きなことがある・やりたいことがある…歯科衛生士さんにとっては新しい働き方が合っていますが、

 

安定して働きたい・歯科衛生士が好き…のような歯科衛生士さんは、一つの歯科医院で仕事することがあっています。

 

どちらに当てはまるか、しっかり考えてみてください。

 

何をすればよい?【新しい働き方の始め方】

歯科衛生士 新しい働き方 始め方

 

新しい働き方の始め方は、「まずは興味のあるものから始める」がおすすめです。

 

いま正社員の歯科衛生士さんができること

 

いま、正社員の人は次の通りです。

 

  • 医院内の労働改革
  • 空いた時間に好きなことをやってみる
  • 転職する
  • 医院内の労働改革

 

医院内の労働改革

 

仕事を効率化する・残業をなくす…といった環境改善することで、働きやすい職場を作ることができます。

 

院長や先輩に提案してみましょう。

 

空いた時間に好きなことをやってみる

 

仕事終わりや休日に「好きなこと・興味のあること」をチャレンジしてみてください。

 

周りの人がダラダラしているときに、何かに熱中することは「成長」そして、「収入」に繋がります。

 

転職する

 

職場環境が悪いなら、思い切って転職することもアリです。

 

日本に歯科医院は7万件。希望にあった歯科医院は必ずあります。

 

​​希望にあった歯科医院をみつけるなら、まずは転職サイトに登録して、気になる求人をチェックしておきましょう。

 

✔︎ 歯科衛生士におすすめの転職サイト

  • デンタルワーカー転職に失敗したくない歯科衛生士さんにおすすめ
    ※ 非公開の求人が多数・転職のプロが徹底サポート・口コミ情報が豊富・アフターフォローも万全
  • ファーストナビ | 恵まれた人間関係で働きたい歯科衛生士さんにおすすめ
    ※ エージェントが院長の人柄などの内部情報をおしえてくれる・登録者限定の非公開求人は良質
  • ジョブメドレー | 条件にこだわりのある歯科衛生士さんにおすすめ
    ※ 細かい条件で検索できる・希望にあった求人がメールで届くので、優良な求人を見逃す心配なし

 

いまフリーの歯科衛生士さんは、なんでもできる

 

  • いま仕事をしていない
  • バイトで数日しか働いていない

 

「フリー」の歯科衛生士さんはなんでもできます。

 

自分らしく、自分のペースでチャレンジしてみてください。

 

人生の時間は有限です。

 

まとめ:新しい働き方にチャレンジしよう!

歯科衛生士 新しい働き方 まとめ

 

今回は、歯科衛生士の「新しい働き方」について解説してきました。

 

新しい働き方をするためには挑戦する勇気が重要です。

 

ぜひ一歩踏み出してみてください。

 

以下の記事では「歯科衛生士の掛け持ち」について詳しく解説しています。

 

こちらの記事も是非ご覧ください。

 

 

また、「歯科衛生士の働き方・労働環境の悩み」について知っておくこともおすすめです。

 

次の記事でくわしく紹介していますので、併せてご覧ください。

 

 

すてきな働き方ができますように!今回は以上です。

 

✔︎ 歯科衛生士におすすめの転職サイト

特徴おすすめポイント公式サイト
🥇 デンタルワーカー・非公開の求人が多数
・プロのアドバイザーが在籍
・就職後のフォローも万全
親身なサポート
転職に成功しやすい
\登録はこちら/
🥈 ファーストナビ・非公開の求人が多数
・院内のくわしい情報が豊富
・歯科衛生士の4人に1人が利用
恵まれた人間関係で
働きたい人におすすめ
\登録はこちら/ 
🥉 ジョブメドレー・多彩な検索機能
・利用者の満足度96%
・医療系転職サイトの大手
ゆっくりマイペースで
就職活動ができる
\登録はこちら/

 

 

✔︎ この記事を書いたひと
しろたぬ

複数の歯科医院ではたらく歯科医師/ライター
今まで100人以上の歯科衛生士さんと仕事を経験。採用する側として「歯科衛生士転職」の内情に精通。歯科について呟く Twitter は1.1万人フォロワー。

しろたぬをフォロー
スポンサーリンク
スポンサーリンク
働き方
歯科衛生士の転職ドットコム