歯科衛生士は東京での一人暮らしを経験すべきです【手順・実例つき】

 

東京での一人暮らしに興味がある歯科衛生士「歯科衛生士として上京を考えているが、どうしたらよいかよくわからない。歯科衛生士の東京での一人暮らしの実情をしりたいな。お金とか人間関係とか…いろいろ不安があるけど大丈夫かな…」

 

本記事ではこういった疑問におこたえします。

 

✔︎ 本記事の内容

 

✔︎ 記事の信頼性

しろたぬ
しろたぬ

この記事を書いているわたしは都内で働く歯科医師です。

 

複数の歯科医院で仕事していて、100人以上の都内在住の歯科衛生士さんと仕事してきました。

 

その中には、地方から東京に出てきて一人暮らしをしている歯科衛生士さんもいます。

 

この記事では、歯科衛生士が東京で一人暮らしする方法…を紹介します。

 

実際に東京都内で一人暮らししている歯科衛生士さんにリサーチしているので、

 

東京での一人暮らしに興味がある歯科衛生士さん

 

…はぜひご覧ください。

 

>> 歯科衛生士の「東京での就職」を成功に導く転職サイト 3選【すべて無料】

 

もくじ

 

歯科衛生士に東京での一人暮らしをすすめる理由

歯科衛生士 東京 一人暮らし おすすめ

 

以下の通りです。

 

①:給料が高い

②:経験を積める

③:求人が多く、就職がラク

④:地方に戻れる

 

解説していきます。

①:給料が高い

 

地方に比べて、東京は給料が高めです。

 

そのため、東京でも問題なく暮らしていけます。

 

年収(円)時給(円)
東京380万1,490円
大阪375万1,390円
福岡330万1,200円
宮城330万1,200円
香川320万1,150円
沖縄300万1,100円

 

その分、物価も高いですが、家賃や生活費を節約することで充実した生活をすることができます。

 

②:経験を積める

 

東京で一人暮らしをすることで、あたらしい経験を積むことができます。

 

東京は、「情報」と「ひと」が集まっています。

 

そのため、

 

・歯科衛生士としての経験

・プライベートの経験

 

…のどちらも得ることができます。

 

③:求人が多く、就職がラク

 

東京の歯科衛生士求人は多いので、仕事に困ることはありません。

 

もし就職に失敗したとしても、就職できずに、

 

・家賃が払えない

・食べるものがない

 

…といった状況に陥る可能性は限りなく低いです。

 

>> 歯科衛生士の「東京での就職」を成功に導く転職サイト 3選【すべて無料】

 

④:地方に戻れる

 

戻る場所がある…ということも、東京での一人暮らしをオススメする理由のひとつです。

 

帰る場所がある…というのは、素晴らしいことです。

 

多くは、

 

・キャリアを積んで戻る

・東京に馴染めずに戻る

・戻らない

 

…のどれかに当てはまります。

 

将来的なことはわかりませんが、「戻る場所がある」と、余裕を持ってチャレンジすることができます。

 

✔︎ 東京での転職につよい歯科衛生士むけ転職サイト

JOB歯科AGENT | 首都圏住みの歯科衛生士さんにおすすめ

※ 東京を中心とした関東近郊の求人が多い・適正給与を教えてくれる・転職後までアフターケア

ファーストナビ | 人間関係を重視する歯科衛生士さんにおすすめ

※ 院長の人柄、スタッフの性格をエージェントが教えてくれる・まずは登録しておきましょう

ジョブバディ(Job Buddy) | 関東住みの歯科衛生士さんにおすすめ

※ 首都圏を中心とした求人が多い・適正給与を教えてくれる・転職した後までアフターケア

 

上京したときの不安について

f:id:prandium:20210112183640j:plain

 

上京したときの主な不安は、つぎの4つです。

 

①:お金の不安

②:家事の不安

③:体調不良のときの不安

④:人間関係への不安

 

これらは実際に東京で一人暮らしをしている歯科衛生士さんにリサーチした結果です。

①:お金の不安

 

一人暮らしでは、お金の不安はつきものです。

 

しっかりと収入と支出のバランスをシミュレーションして、無理のない生活を送りましょう。

 

しろたぬ
しろたぬ

とくに、「家賃」は大きな支出になるので、給料(手取り)の30%ほどに収めるようにしてください。

 

歯科衛生士は資格職でもあり需要が伸びている職種。そのため職に困る…ということは当面ありません。

 

ですが、給料でやりくりできる範囲で生活することで、お金の不安を軽減することができます。

 

②:家事の不安

 

家事ができない・家事がキライ…という衛生士さんもたくさんいました。

 

それでも頑張って食事つくったり、掃除や洗濯に励んでいたようです。

 

お金を貯めて、

 

・ルンバを買う

・家事代行を定期的に頼む

 

…といった工夫をしている歯科衛生士さんもいます。

 

※ 家事代行は1時間2,500円〜依頼できるので、わりとコスパよしです。

有名どころだと CaSy(カジー)がありますね。

無料登録はこちら>> お財布と心が笑顔になる家事代行サービスCaSy

 

③:体調不良のときの不安

 

体調不良を想像すると、不安になります。具合の悪い時は、体も心も消耗してしまいますよね。

 

そのときに、近くに友達がいたりパートナーがいたりすると安心です。

 

一人の場合のそなえて、

 

・薬

・体温計

・氷枕

・冷えピタ

・近くの病院

 

…を準備しておくことは大切です。

 

④:人間関係への不安

 

東京での一人暮らしは人間関係に不安を抱えることも多いです。

 

誰しも新しい土地では、そのような不安を抱えて当然です。ですが、心配する必要はありません。

 

人間関係は職場から始まることが多いですが、休日などを利用してそのほかの友達が自然にできます。

 

しろたぬ
しろたぬ

今はリアルじゃなくても、ネット上で仲良くなることもあります。

 

それに、人間関係は運もあります。

 

どうしてもダメな時は逃げればいいのです。歯科衛生士なら仕事はいくらでも見つかります。

 

新しいチャレンジをした自分を誉めてあげてくださいね。

 

歯科衛生士が東京で一人暮らしする方法【手順】

f:id:prandium:20210112183912j:plain

 

歯科衛生士が東京で一人暮らしする実務的な方法は、以下の手順です。

 

・仕事探し

・家探し

 

この2つがすべてです。

 

まずは職場探し

 

東京で一人暮らしをするためにまずは働く歯科医院をみつける必要があります。

 

生活を維持するために、給料をもらわなければならないからです。

 

転職サイトをつかって、

 

・給料

・エリア

・勤務時間

・就職希望時期

 

…のような希望する条件で、求人をチェックしましょう。

 

転職サイトのエージェントを利用すると効率よく探すことができます。

 

くわしくは 歯科衛生士の「東京での就職」を成功に導く転職サイト 3選【すべて無料】 で書かれているので、ぜひ参考にしてください

 

一人暮らしのための家を探す

 

つぎに東京の病院を見つけつつ、暮らす家を探すことが必要です。

 

前述したように、

 

・家賃は手取りの30%

 

…がおすすめ。

 

手取りが20万円であれば6万円の家賃ということになります。

 

家賃は毎月払うものですので、生活をあまりに圧迫すると精神的にもきつくなってしまいます。

 

働く場所と家賃を基準に、一人暮らしをするエリアを決めましょう。

 

しろたぬ
しろたぬ

余談ですが、郊外に住むのはありです。家賃もやや下がります。

 

埼玉、千葉、神奈川から都内へ通勤している歯科衛生士さんも多いです。

 

✔︎初期費用には注意

 

引っ越すための初期費用は約50万円ほどかかります。

 

敷金・礼金・仲介手数料・家電の準備…でわりと出費が大きいです。

 

貯金がない人は、

 

・貯金をする

・引っ越し手当、住居手当がある歯科医院に転職する

 

…の対策があります。

 

いまは、礼金や仲介手数料が無料な不動産屋さんもあるので参考にしてください。

 

>> ビレッジハウス【敷金・礼金・手数料・更新料が全て無料!】

 

「職探し」と「家探し」は一度でおわらせる

 

地方から東京へ一人暮らしする場合、なるべく一度に面接と家探しをしましょう。

 

何度も行き来すると、

 

・体力

・お金

 

…を消費します。

 

事前にしっかりスケジュールを組んでおきましょう。

 

しろたぬ
しろたぬ

実際に「午前に歯科医院の面談を入れて、午後に不動産屋さんと部屋探しをしました」

 

…という強行スケジュールで上京してきた歯科衛生士さんもいます。

 

職探しはエージェントさんに頼ると、見学や面接のセッティングをしてくれるので便利です。

 

とくに、

 

・勤務開始時期

・入居開始時期

 

の確認は重要です。

 

ここまでくれば、東京での一人暮らしの準備はととのいました。

 

✔︎ 東京での転職につよい歯科衛生士むけ転職サイト

JOB歯科AGENT | 首都圏住みの歯科衛生士さんにおすすめ

※ 東京を中心とした関東近郊の求人が多い・適正給与を教えてくれる・転職後までアフターケア

ファーストナビ | 人間関係を重視する歯科衛生士さんにおすすめ

※ 院長の人柄、スタッフの性格をエージェントが教えてくれる・まずは登録しておきましょう

ジョブバディ(Job Buddy) | 関東住みの歯科衛生士さんにおすすめ

※ 首都圏を中心とした求人が多い・適正給与を教えてくれる・転職した後までアフターケア

 

【生活の実例】東京で一人暮らしの歯科衛生士

歯科衛生士 東京 一人暮らし 実例

 

東京での一人暮らしの生活の実情を2例、あげてみます。

 

✔︎歯科衛生士A(20代) 給料25万円(手取り20万円)週休2日

家賃 6万円(うち住宅手当4万円)
水道光熱費 1万円
食費 3万円
通信費 1万円
交際費 5万円
服飾代 3万円
貯金 5万円

 

✔︎歯科衛生士B(30代) 給料30万円(手取り25万円)週休2日

家賃 7万円(うち住宅手当1万円)
水道光熱費 1万円
食費 2万円
通信費 1万円
交際費 5万円
趣味 3万円
貯金 7万円

 

このように家賃が適正であれば、わりと楽しみつつ生活できます。

 

一人暮らしで貯金する方法は 歯科衛生士のお給料で一人暮らし【結論:家賃を払っても貯金できる】で解説しています。

 

【東京での一人暮らしを迷っている歯科衛生士さんへ】「経験」という宝物をもらえます

f:id:prandium:20210112184015j:plain

 

今回「歯科衛生士は東京での一人暮らし」について解説してきました。

 

一人暮らしのやり方を知ることも大切ですが、「実際に行動する」ことはさらに重要です。

 

希望にあった歯科医院をみつけるなら、まずは転職サイトに登録して、気になる求人をチェックしておきましょう。

 

以下の記事では、「東京での就職におすすめの転職サイト」を紹介しています。

 

希望に合った歯科医院で働くためのコツもまとめているので、ぜひご覧ください ▼

 

 

転職に関する悩みを解消しておくこともオススメです。

 

以下の記事では、「歯科衛生士の転職の悩み」を網羅的にまとめたので、こちらも併せて読んでみてください。

 

 

東京での一人暮らしはどんなことが起こっても最終的に「経験」という名の宝物に変わります。

 

この宝物は自分の財産です。

 

人生で今が一番若いとき。いろいろなチャレンジしてみてください!

 

今回は以上です!

 

✔︎ 東京での転職につよい歯科衛生士むけ転職サイト

JOB歯科AGENT | 首都圏住みの歯科衛生士さんにおすすめ

※ 東京を中心とした関東近郊の求人が多い・適正給与を教えてくれる・転職後までアフターケア

ファーストナビ | 人間関係を重視する歯科衛生士さんにおすすめ

※ 院長の人柄、スタッフの性格をエージェントが教えてくれる・まずは登録しておきましょう

ジョブバディ(Job Buddy) | 関東住みの歯科衛生士さんにおすすめ

※ 首都圏を中心とした求人が多い・適正給与を教えてくれる・転職した後までアフターケア

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
働き方
歯科衛生士の転職.com