30代の歯科衛生士が転職を成功させるコツ【今後のキャリアプラン】

 

歯科衛生士として転職を考えたとき、「30代」ということが気になっていませんか?

 

実際に、

 

・歯科衛生士の求人はたくさんあるけど、30代歯科衛生士の需要ってどうなんだろう

・専門のスキルがなくても30代で転職できるかな

 

…と悩むケースは多いです。

 

✔︎ 記事の信頼性

しろたぬ
しろたぬ

この記事を書いているわたしは歯科医師です。

 

複数の歯科医院で働いているため、たくさんの歯科衛生士さんとお仕事しています。

 

その中で、30代の歯科衛生士さんの転職・退職を目にする機会も多いです。

 

そこでこの記事では、30代の歯科衛生士の転職事情・転職のコツをわかりやすく解説します。

 

この記事を読むと、転職を考えている歯科衛生士さんの、

 

・30代の歯科衛生士の転職事情をしりたい

・転職に成功するコツというかポイントがあれば教えてほしい

 

…という疑問がすべて解決できます。

 

今の仕事に不満がある…という30代の歯科衛生士さんだけでなく、転職・就職に失敗したくない!…という方もぜひご覧ください。

 

関連記事 ▶︎【歯科衛生士むけ】失敗しない転職活動のロードマップ

 

もくじ

 

しろたぬ
しろたぬ

いつもは Twitterで医療と介護の情報を呟いています。

 

ありがたいことに、1万人以上の方にフォローしてもらっています。

 

記事の信頼性につながると嬉しいです。

 

30代歯科衛生士の転職事情

 

まずは、30代の歯科衛生士の転職事情を解説します。

 

転職回数

 

歯科衛生士の転職回数は以下のとおりです。

 

転職回数 1回:24%

転職回数 2回以上:19%

転職回数 3回以上:15%

転職回数 4回以上:15%

 

約75%の歯科衛生士は転職経験があります。(参照:歯科衛生士の勤務実態調査

 

そして、平均の転職回数は2.5回。もはや転職…は当たり前の時代です。

 

転職先

 

歯科衛生士の90%以上は歯科医院に転職します。

 

そのほかは病院、行政、介護施設などがあり、歯科とは関係ない他業種への転職もあります。

 

30代歯科衛生士の平均給料

 

30代の歯科衛生士の平均年収は次のとおりです。

 

30〜35歳:平均年収 340万円

35〜39歳:平均年収 350万円

 

ボーナスなしで考えると、月額給料は約30万円ということになります。

 

関連記事:【リアル】30代歯科衛生士の給料相場を解説する【稼ぐより心の安定】

 

転職後の給料

 

前職より給料がかならず上がるとは限りません。

 

・スキル

・ブランク

・医院の経営状況

・住んでいる地域

・業種(一般・矯正・審美)

・規模(大手なのか個人なのか)

 

…などに影響されるからです。

 

在籍期間が長いと、自然に給料があがっている場合も多いので、いざ転職を考えたときに「給料がさがる」…ということも考えられます。

 

慎重に考えることは必要です。

 

関連記事:歯科衛生士が給料を上げるための完全ロードマップ

 

30代歯科衛生士のよくある転職理由

 

30代歯科衛生士の転職理由は以下のとおりです。

 

①:人間関係

②:給料への不満

③:待遇への不満

④:仕事内容・やりがいの喪失

⑤:ライフステージの変化

 

転職をかんがえたとき、このどれかに当てはまるのではないでしょうか。

 

①:人間関係

 

院長との関係だけでなく、多いのは女性スタッフとの関係悪化です。女性間でのいじめやハラスメントは何度も耳にしたことがあります。

 

一度人間関係がくずれると、元に戻るのは容易でありません。

 

関わっている誰かが退職・転職する…という流れになりやすいです。

 

②:給料への不満

 

給料の不満とはつまり、

 

給料がひくい

給料があがらない

 

…です。

 

ほかには、

 

・残業代がでない

・他の人より少ない

・言われていた給料より少ない

 

…というパターンもあります。

 

③:待遇への不満

 

待遇とは、

 

・有給

・社会保険

・厚生年金

・拘束時間

・家賃補助

・セミナー補助

 

…のような安全に働くための要素のことです。

 

とくに個人の歯科医院の場合、これらの制度が整備されていないこともあります。

 

④:仕事内容・やりがいの喪失

 

仕事内容に疑問がある、やりがいを喪失する…は歯科衛生士として働く上で致命的です。

 

原因となるものには、

 

・院長のやり方に疑問がある

・病院の理念と実態が違いすぎる

・スキルアップできない

 

があり、こういった実情は退職する理由に十分なりえます。

 

⑤:ライフステージの変化

 

結婚、子育て、介護、引っ越し…といった、自身のライフステージの変化は退職理由になります。

 

働きやすい歯科医院だった場合は復職を前提に退職する人もいます。

 

今はブランク明けの歯科衛生士さんの採用に積極的な歯科医院もふえてきた印象です。

 

【今後のキャリアプラン】30代歯科衛生士の「転職のコツ」

 

以下の3つを考えると、転職の効率は一気にあがります。

 

①:人生を考える

②:つよみを考える

③:条件を考える

 

①:人生を考える

 

いまの置かれている状況をふまえつつ、今後の人生のビジョンについてもいちど冷静に考えてみましょう。

 

独身・子育て中・シングルマザー…など、個人の状況によって、今後どのような働き方をしたいか…がちがってきます。

 

たとえば、

 

・このまま正社員で働きたい

・ブランク明けで仕事したい

・週何日かでバイトしたい

 

などです。

 

ワークライフバランスを考えることは、転職だけでなく、生き方を考えることにつながります。

 

30代になると20代の頃とくらべて仕事も考え方も落ち着いてきますので、冷静に考えることができます。

 

②:つよみを考える

 

続いて、「つよみ」を考えます。

 

つよみを理解することで、転職時のアピールポイントになります。

 

つよみには、スキルなどの「技術的なもの」と、性格・人間関係などの「人として」のものがあります。

 

技術的なものとしては、

 

・資格をもっている

・有名な先生のもとで勉強している

 

人としてのものは、

 

・穏やかで人間関係を乱さない

・クレーム処理に長けている

 

といった具合です。

 

とはいえ、このような「つよみ」がない…という人もいると思います。

 

実は、「つよみがない」ことはそれ自体でつよみになります。なぜなら、伸びしろが大きいから…です。

 

これからつよみをつけていくことができるので、わりと病院側からの評価は高めです。そのため、未経験の分野(矯正、訪問)などにチャレンジするのはオススメです。

 

なにより、歯科衛生士という「国家資格」は相当なつよみです。

 

 

✔︎ 今後の歯科衛生士としての意欲も確認

 

歯科衛生士としての意欲というか、温度感も大切です。

 

これには個人差があるので、正解はありません。

 

バリバリ働いてスキルをあげていくのか、普通に働いてプライベートを楽しむのか、ただ単純にお金をもらえるからやるのか…

 

など、自分自身の意欲を確認しましょう。

 

ここを確認しておかないと、転職先との温度感でミスマッチができやすく、悲劇をうみます。

 

③:条件を考える

 

「条件」を考えることも大事です。

 

これを満たすからこそ、転職する意味があるからです。

 

・稼ぎたい

・社会保険に入りたい

・早い時間におわりたい

・穏やかな人間関係で仕事したい

・スキルアップできる環境で働きたい

 

働く条件、つまり軸を考えることで、転職先を効率的に絞りこむことができます。

 

さらに、具体的に落とし込むと、どんどんブラッシュアップされていきます。

 

たとえば、

 

・稼ぎたい → 給料30万以上

・早い時間で終わりたい → 18時まで、残業なし

・福利厚生が充実している → 健康保険、厚生年金、退職金

・スキルアップできる環境で働きたい → 勉強会、セミナー補助あり

・穏やかな人間関係で仕事したい → 院長がやさしい、スタッフの歳が近い

 

…といった具合です。

 

給料を稼ぎたい!という歯科衛生士さんはこちらをご覧ください ▼

 

 

のんびりした歯科医院でゆったり仕事したい方はこちらを参考にしてください ▼

 

 

転職で注意するポイント

軸はぶらさない

 

さきほど決めた「条件」をブラさないようにするのが大事です。

 

給料、ライフワークバランス、福利厚生、スキルアップ、人間関係…の優先順位をしっかりと決めましょう。

 

ここがブレると転職先選びが難しくなるだけでなく、中途半端な転職先に就職することになるからです。

 

転職先では謙虚に

 

転職先では謙虚さも重要です。

 

なぜなら、その歯科医院では新人だからです。自信があると、謙虚さをわすれがちのので注意してください。

 

前の病院では△△だった…みたいな発言はNGです。

 

そもそも歯科衛生士の求人は多い

 

歯科衛生士の求人は多いです。いま、必要とされている職業だからです。

 

実際、歯科衛生士の有効求人倍率は20倍。

 

ひとりの歯科衛生士に20もの歯科医院が求人を出している状態です。

 

転職サイトで求人を探してみましょう

 

実際に転職サイトを利用して、歯医者の求人を探してみましょう。

 

「需要」と「いまとの比較」を知ることで、自分の立ち位置がわかります。

 

働いていない人でも「抱いているイメージ」との比較ができます。

 

条件で絞り込む【軸が大事】

 

条件の軸をいれて、絞り込んでいきます。

 

このとき、求人が100件以上あるようであれば検索の条件があまいです。もう少し絞り込みましょう。

 

逆に、0件なら、条件が厳しすぎます。

 

10件前後の歯科医院の求人情報になるまで絞り込んでください。

 

30代歯科衛生士にあった適切な転職サイトを利用する

 

30代歯科衛生士さんが、希望にあった病院を探すなら、

 

・求人数が多い

・こまかい条件で検索できる

・病院の内部情報を教えてくれる

 

…を備えた転職サイトに登録して、求人をチェックしておきましょう。

 

30代の歯科衛生士にオススメの転職サイトはこちら ▼

 

✔︎ 30代歯科衛生士の転職につよい転職サイト

ジョブメドレー | 条件にこだわりのある歯科衛生士さんにおすすめ

※ 細かい条件で検索できる・希望にあった求人がメールで届く・まずは登録しておきましょう

ファーストナビ | 人間関係を重視する歯科衛生士さんにおすすめ

※ エージェントが院長の人柄などの内部情報をおしえてくれる・登録者限定の非公開求人は良質

グッピー | 実績をウリにしたい歯科衛生士さんにおすすめ

※ 独自の適性診断機能をうけられる・スカウト機能を使ってスキルを最大限に売り込める

 

実際に利用した歯科衛生士さんの評判も上々です。

 

サイトごとに取り扱う分野や給料などが違うので、求人サイトは2〜3社登録しておくと、求人の見逃しがなくなります。

 

「転職サイトの特長は?」「良質な求人を見極めるコツは?」

 

…といった疑問をお持ちの方は、こちらの記事をご覧ください ▼

 

 

【FAQ】30代の歯科衛生士の転職に関するよくある疑問・悩み

 

よくある疑問・悩みをまとめました。

 

年収が下がるのでは?

 

転職して年収が下がる可能性はあります。

 

とくに、「今の歯科医院が長い」場合は昇給していた可能性もたかく、転職すると給料が下がるパターンも多いです。

 

そのため、年収・給料に重きをおいているひとは「転職しない方がいい」場合もあります。

 

・スキルをつける

・都会で働く

・昇給のある歯科医院で仕事する

 

ことで、カバーできることもありますが、

 

「なぜ転職するのか」をしっかり考えましょう。

 

30代の歯科衛生士にオススメの分野は?

 

歯科衛生士が仕事する歯科医院にはいろいろな分野があります。一般歯科以外に、矯正、外科、小児、審美…などです。

 

その中でも30代の歯科衛生士にオススメなのは、訪問歯科です。

 

なぜなら、私生活でも役立つからです。

 

これからは超高齢社会をむかえ、老化や介護は身近になってきます。

 

親や親戚が介護状態になる、老人ホームに入居する…といった例もふえてきます。

 

介護のスキルや経験は、自分自身のかならず役にたちます。

 

 

 ✔︎ 誰でも最初は未経験

 

訪問歯科は「未経験が当たり前」の業界なので、興味のあるひとはぜひチャレンジしてみてください。

 

 

30代の前半と後半で違いはある?

 

30代の前半と後半で大きな違いはありません。

 

とはいえ、一般的な転職では年齢が高くなればなるほど、難しくなる傾向があります。

 

そういう意味では、思い立ったときが転職活動するタイミングです。

 

40代になったらどうなるの?

 

歯科衛生士が40代になっても、職に困ることはありません。歯科衛生士という国家資格があれば、当面求人はあります。

 

給料も30代よりも上がることが多いです。

 

関連記事:40代歯科衛生士の平均年収を解説します

 

とはいえ、30代とくらべると、技術や人間性を求められることも多いので

 

できることはなるべく30代のうちに経験しておきましょう

 

ブランク明けで不安

 

子育てや転勤など、ライフスタイルの変化によってブランクのある歯科衛生士もいます。

 

復帰を考えたとき、不安を感じる人も多いです。

 

ですが、歯科衛生士は多くの歯科医院がほしがっています。そのため、自分が「えらぶ」ことができます。

 

人間関係や働き方など、しっかりと転職サイトで吟味するようにしてください。

 

それでも不安なひとは、

 

・週1のバイトからはじめる

・歯科医院を掛け持ちする

・試用期間のある医院に就職する

 

といった対策も有効です。

 

関連記事:【復帰が怖い】ブランクのある歯科衛生士が不安を払拭する2つの方法

 

他業種への転職・就職もあり

 

もし歯科衛生士という職業に魅力を感じていないのであれば、他業種、別の職種で働く選択肢もありです。

 

実際、飲食・介護・通信などの会社に勤務した歯科衛生士さんもいます。

 

他業種で仕事することは自身の経験をあげることにつながります。

 

別の業種を経験して、再び歯科衛生士として戻ってくるパターンもあります。

 

まとめ:30代での転職を成功させよう

今回の記事をまとめます。

 

まず、30代歯科衛生士の需要は多く、転職や就職は他の職種と比べても比較的容易です。

 

転職のポイントは、

 

・自分の強みを理解する

・希望の条件を洗い出す

・条件の合う歯科医院を探す

 

…です。

 

一見当たり前のように見えますが、このステップをふむことで、自分にあった病院で働ける可能性が大きく高まります。

 

今の仕事に不満がある…、転職・就職に失敗したくない!…という30代の歯科衛生士さんはぜひ実践してみてください。

 

最後に、30代の歯科衛生士にオススメの転職サイトを再喝しておきます。

 

✔︎ 30代の歯科衛生士の転職につよい転職サイト

ジョブメドレー | 条件にこだわりのある歯科衛生士さんにおすすめ

※ 細かい条件で検索できる・希望にあった求人がメールで届く・まずは登録しておきましょう

ファーストナビ | 人間関係を重視する歯科衛生士さんにおすすめ

※ エージェントが院長の人柄などの内部情報をおしえてくれる・登録者限定の非公開求人は良質

グッピー | 実績をウリにしたい歯科衛生士さんにおすすめ

※ 独自の適性診断機能をうけられる・スカウト機能を使ってスキルを最大限に売り込める

 

今回は以上です。

 

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
転職のコツ
歯科衛生士の転職.com