本記事はプロモーションを含む場合があります

30代歯科衛生士の転職事情と転職を成功させるコツ!平均転職回数は?

30代 歯科衛生士 転職 コツ 理由

 

歯科衛生士として転職を考えたとき、「30代」という年齢が気になっていませんか?

 

  • 歯科衛生士の求人はたくさんあるけど、30代歯科衛生士の需要ってどうなんだろう
  • 専門のスキルがなくても30代で転職できるかな

 

歯科衛生士の労働環境は「経験」や「スキル」だけでなく、歯科医院の「方針」や「人間関係」によって変わります。

 

歯科衛生士は必要とされている職業。しっかりと働く職場を見極めることが重要です。

 

✔︎ この記事を書いたひと

まな

転職4回の歯科衛生士 (Twitter
1年目にパワハラで病む/ブラック→ホワイトな職場で快適に勤務/今はスタッフ100名の医療法人で採用を担当

 

この記事では、30代の歯科衛生士の転職事情・転職のコツをわかりやすく解説します。

 

この記事を読むと、今の仕事に不満がある・将来が不安…という30代歯科衛生士さんのキャリアプラン形成に役立ちます。

 

30代の歯科衛生士にオススメの転職サイト

 転職サイト名求人数特長おすすめする人口コミ・評判

1位

デンタルワーカー 歯科衛生士

デンタルワーカー

12,000件

職場の雰囲気を確認できる
・ 雇用条件を交渉してくれる
・ エージェントが面接同行(希望者)
転職に失敗した経験がある人
30代歓迎の求人が多く、1番おすすめ
詳細 ▷
歯科衛生士 転職サイト 2位

2位

ファーストナビ

10,000件

衛生士の4人に1人が利用中
・ 待遇◎の求人をマップから探せる
・ 院長の人柄が事前にわかる
マメなサポートを受けたい人
転職の悩み相談ができる
詳細 ▷
歯科衛生士 転職サイト 3位

3位

 

歯科転職ナビ

7,000件

・ 利用者の満足度 98.2%
・ やりとりのメインはLINE
・ 条件にあう求人が✉️で届く
マイペースで就活したい人
転職後のフォローが充実
詳細 ▷

 

もくじ

 

30代歯科衛生士の転職事情

 

30代の歯科衛生士の「転職事情」を紹介します。

 

 

転職回数

 

歯科衛生士の転職回数は以下のとおり。

 

  • 転職回数 1回:24%
  • 転職回数 2回以上:19%
  • 転職回数 3回以上:15%
  • 転職回数 4回以上:15%

(引用:歯科衛生士の勤務実態調査

 

歯科衛生士 まな
歯科衛生士 まな

約75%の歯科衛生士は転職経験があり、平均の転職回数は2.5回です。

 

もはや転職…は当たり前の時代です。

 

30代歯科衛生士の平均給料

 

30代歯科衛生士の平均年収は、次のとおりです。

 

  • 30〜35歳:平均年収 340万円
  • 35〜39歳:平均年収 350万円

 

ボーナスなしだと、月額給料は約30万円。ボーナスあり(2ヶ月)の場合は、月額給料で24.2万円です。

 

» 30代歯科衛生士の給料相場を解説

 

転職後の給料

 

前職より給料がかならず上がるとは限りません。つぎの要因に影響されるからです。

 

  • スキル
  • ブランク
  • 医院の経営状況
  • 住んでいる地域
  • 業種(一般・矯正・審美)
  • 規模(大手なのか個人なのか)

 

給料がさがる可能性も考えられるので、職場選びは慎重に考えることが必要です。

 

転職には「コツ」というか、「再就職で気をつけるポイント」があります。

 

具体的なポイントは、歯科衛生士が転職に失敗しないコツ の記事をご覧ください。転職に失敗する歯科衛生士の特徴も紹介しています。

 

 

30代歯科衛生士のよくある転職理由

 

30代歯科衛生士の転職理由は、以下の5つです。

 

 

人間関係

 

人間関係のストレスは、転職理由第1位。

 

  • 院長との関係
  • スタッフとの関係
  • 患者さんとの関係

 

歯科衛生士 まな
歯科衛生士 まな

いじめやハラスメントは何度も耳にしたことがあります。

 

一度人間関係がくずれると、元に戻るのは容易でありません。「悩む→退職する」…という流れになりやすいです。

 

給料への不満

 

給料の不満は「給料がひくい」「給料があがらない」の2つに集約されます。

 

30代歯科衛生士の平均年収は340万円。

 

  • 残業代がでない
  • 他の人よりも給料少ない
  • 言われていた給料よりも少ない
  • 長く働いているのに給料が上がらない

 

給料の不満は、将来への不安になりやすいです。

 

» 【保存版】歯科衛生士で勝ち組になる7つの方法|稼ぐには〇〇すべし!

 

待遇への不満

 

待遇の不満は大きな転職理由になります。

 

  • 有給
  • 社会保険
  • 厚生年金
  • 拘束時間
  • 家賃補助
  • セミナー補助

 

とくに個人の歯科医院の場合、これらの制度が整備されていないこともあります。

 

仕事内容・やりがいの喪失

 

仕事内容に疑問がある、やりがいを喪失する…は歯科衛生士として働く上で致命的です。

 

  • 院長のやり方に疑問がある
  • 病院の理念と実態が違いすぎる
  • スキルアップできない

 

退職する理由に十分なりえます。

 

ライフステージの変化

 

結婚・子育て・介護・引っ越し…といった、自身のライフステージの変化は退職理由になります。

 

とはいえ働きやすい歯科医院だった場合は、復職を前提に退職する人も。

 

歯科衛生士 まな
歯科衛生士 まな

今はブランク明けの歯科衛生士さんの採用に積極的な歯科医院も、ふえてきた印象です。

 

歯科衛生士の転職理由は、面接のときの理由になるので重要です。

 

転職理由の詳細は、【歯科衛生士の退職理由TOP5】面接で好印象を与える転職理由を例文付きで紹介 をご覧ください。

 

転職先

 

歯科衛生士の90%以上は歯科医院に転職します。

 

そのほかは病院・行政・介護施設などがあり、歯科とは関係ない他業種への転職もあります。

 

»稼ぐならココ】歯科衛生士の給料の高い職場ランキング

 

職場選びは、重要です。

 

30代の歯科衛生士にオススメの転職サイト ▼

公式特長おすすめする人口コミ・評判
歯科衛生士 転職サイト 1位

デンタルワーカー

職場の雰囲気をリサーチ
・30代歓迎の求人が多数
・転職のプロがフルサポート
転職に失敗した経験がある人
良質の求人が多く、1番おすすめ
\詳細はこちら/
歯科衛生士 転職サイト 2位

ファーストナビ

衛生士の4人に1人が利用中
・マップから求人を探せる
・院長の人柄が事前にわかる
マメなサポートを受けたい人
電話で悩み相談ができる
\詳細はこちら/
歯科衛生士 転職サイト 3位

歯科転職ナビ

LINEのやりとりがメイン
・利用者の満足度 98.2%
・7,000件の求人が掲載
マイペースで就活したい人
連絡はメールが中心
\詳細はこちら/

 

30代歯科衛生士の転職のコツ|キャリアプラン

 

 

以上の4つの順番で考えると、転職の効率は一気にあがります

 

人生を考える

 

いまの置かれている状況をふまえつつ、人生のビジョンについて冷静に考えてみましょう。

 

独身・子育て中・シングルマザー…など、個人の状況によって、今後どのような働き方をしたいか…がちがってきます。

 

  • このまま正社員で働きたい
  • ブランク明けで仕事したい
  • 週何日かでバイトしたい

 

歯科衛生士 まな
歯科衛生士 まな

ワークライフバランスを考えることは、転職だけでなく、生き方を考えることにつながります。

 

20代の頃とくらべて経験値が上がっているので、物事を冷静に考えることができます。

 

歯科衛生士としての方向性も大事

 

歯科衛生士としての方向性も大事です。

 

  • バリバリ働いてスキルをあげていく
  • 普通に働いてプライベートを楽しむ
  • ただ単純にお金をもらえるからやる

 

これには個人差があるので、正解はありません。自分自身の意欲を確認しましょう。

 

ここを確認しておかないと、転職先との温度感でミスマッチができやすく、悲劇をうみます。

 

つよみを考える

 

つよみを理解することで、転職時のアピールポイントになります。

 

つよみには、スキルなどの「技術的なもの」と、性格・人間関係などの「人として」のものがあります。

 

✔︎ 技術的なつよみ

  • 資格をもっている
  • 有名な先生のもとで勉強している

 

✔︎ 性格的なつよみ

  • 穏やかで人間関係を乱さない
  • クレーム処理に長けている

 

「つよみがないこと」は、つよみ

 

とはいえ、このような「つよみ」がない…という人もいると思います。

 

歯科衛生士 まな
歯科衛生士 まな

実は、「つよみがない」ことはそれ自体でつよみになります。

 

なぜなら、伸びしろが大きいから

 

そのため、歯科医院側からの評価は高めです。自信を持って大丈夫です。

 

希望の条件を整理する

 

「希望の条件」を考えることも大事です。条件を満たすからこそ、転職する意味があるからです。

 

  • 稼ぎたい
  • 社会保険に入りたい
  • 早い時間におわりたい
  • 穏やかな人間関係で仕事したい
  • スキルアップできる環境で働きたい

 

希望の条件を決めることで、転職先を効率的に絞りこむことができます

 

さらに、具体的に落とし込んで、どんどんブラッシュアップするのはオススメです。

 

  • 稼ぎたい → 給料30万以上
  • 早い時間で終わりたい → 18時まで・残業なし
  • 福利厚生が充実している → 社保完備・育児休暇・介護休暇・退職金
  • スキルアップできる環境で働きたい → 勉強会・セミナー補助あり
  • 穏やかな人間関係で仕事したい → 院長がやさしい・スタッフの歳が近い

 

具体的な転職のコツは、歯科衛生士が転職に失敗しないコツ【再就職で気をつけること】 をご覧ください。

 

 

自分に合った職場を徹底的に探す

 

理想があっても、実際に仕事する環境が合わなければ意味がありません。

 

自分にあった職場を探すには、歯科医院の環境をリサーチすること重要です。

 

働いてみたら雇用条件が違ったり、人間関係が最悪…というパターンも多いからです。

 

いまの職場環境がどうなのか…を知るためにも、他の医院の求人情報を定期的にチェックするのは大切です。

 

環境を調べるには、以下の2つが有効です。

 

  • (いれば)知り合いにきく
  • 転職サイトのエージェントにきく

 

知り合いの歯科医院で働く場合は、内部の情報が手に入れやすいです。

 

歯科衛生士 まな
歯科衛生士 まな

とはいえ多くの方は、知り合いがいないケースがほとんど。その場合は、転職サイトを利用しましょう。

 

雇用条件を交渉してくれたり、院長の性格を調べてくれるサイトを活用するのがポイントです。

 

30代歯科衛生士におすすめの転職サイト

 

 転職サイト名求人数特長おすすめする人口コミ・評判

1位

デンタルワーカー 歯科衛生士

デンタルワーカー

12,000件

職場の雰囲気を確認できる
・ 雇用条件を交渉してくれる
・ エージェントが面接同行(希望者)
転職に失敗した経験がある人
30代歓迎の求人が多く、1番おすすめ
詳細 ▷
歯科衛生士 転職サイト 2位

2位

ファーストナビ

10,000件

衛生士の4人に1人が利用中
・ 待遇◎の求人をマップから探せる
・ 院長の人柄が事前にわかる
マメなサポートを受けたい人
転職の悩み相談ができる
詳細 ▷
歯科衛生士 転職サイト 3位

3位

 

歯科転職ナビ

7,000件

・ 利用者の満足度 98.2%
・ やりとりのメインはLINE
・ 条件にあう求人が✉️で届く
マイペースで就活したい人
転職後のフォローが充実
詳細 ▷

 

30代歯科衛生士さんにおすすめの転職サイトは、上記の通りです。

 

✔︎ オススメする理由

  • 求人数が多い(7,000件以上)
  • こまかい条件で検索できる
  • 歯科医院の内部情報を教えてくれる

 

※ たくさんの求人を見れるので、転職サイトは複数登録がおすすめ。エージェントが合わない場合、すぐに変えることができます。

 

とくにデンタルワーカーは、年間転職者3万人を誇る転職サイト。「職場の雰囲気」や「院長の人柄」をエージェントがリサーチしてくれます。

 

希望者に面接同行してくれるのは、他の転職サイトにはないデンタルワーカーだけの強み。合わない場合も、エージェントが代わりに断ってくれます。

 

強引に転職をすすめられることもないので、就活に不安のある30代歯科衛生士さんにぴったりの転職サイトです。

 

快適な職場で働きたい人は、ぜひ利用してください。

 

\ 完全無料で転職成功できる /

デンタルワーカーで求人をチェック

12,000件の歯科医院が掲載中

 

デンタルワーカーの口コミ・評判を詳しく知りたい方は、こちらの記事を参考にしてください。

 

» 口コミ・評判|デンタルワーカーを徹底レビュー【歯科衛生士が転職成功する近道】

 

30代の転職で注意するポイント

 

30代歯科衛生士の転職で注意するポイントを解説します。

希望条件はブラさない

 

さきほど決めた「条件」をブラさないようにするのは大事です。

 

  • 給料
  • ライフワークバランス
  • 福利厚生
  • スキルアップ
  • 人間関係

 

優先順位をしっかりと決めましょう。

 

ここがブレると転職先選びが難しくなるだけでなく、中途半端な転職先に就職することになるからです。

 

10件まで絞り込む

 

転職サイトを使う場合、「10件前後」の歯科医院の求人情報になるまで絞り込んでください。

 

条件の軸をいれて、絞り込みましょう。

 

そもそも衛生士の求人は多い

 

「転職がうまくいくか不安」に感じる歯科衛生士は多いです。

 

そんなときは、「歯科衛生士の求人は多い」ことを思い出してください。

 

実際、歯科衛生士の有効求人倍率は20倍

 

これは、ひとりの歯科衛生士に20件の歯科医院が求人を出している状態です。

 

歯科衛生士 まな
歯科衛生士 まな

歯科衛生士は必要とされている職業。選ばれるのではなく、選ぶ側です。

 

妥協せずに探しましょう。希望に合った歯科医院はかならず見つかります。

 

30代の歯科衛生士にオススメの転職サイト ▼

公式特長おすすめする人口コミ・評判
歯科衛生士 転職サイト 1位

デンタルワーカー

職場の雰囲気をリサーチ
・30代歓迎の求人が多数
・転職のプロがフルサポート
転職に失敗した経験がある人
良質の求人が多く、1番おすすめ
\詳細はこちら/
歯科衛生士 転職サイト 2位

ファーストナビ

衛生士の4人に1人が利用中
・マップから求人を探せる
・院長の人柄が事前にわかる
マメなサポートを受けたい人
電話で悩み相談ができる
\詳細はこちら/
歯科衛生士 転職サイト 3位

歯科転職ナビ

LINEのやりとりがメイン
・利用者の満足度 98.2%
・7,000件の求人が掲載
マイペースで就活したい人
連絡はメールが中心
\詳細はこちら/

 

転職先では謙虚さを忘れない

 

転職先では謙虚さも重要です。

 

なぜなら、転職先の歯科医院では新人だからです。自信がありすぎると、謙虚さをわすれがちのので注意してください。

 

歯科衛生士 まな
歯科衛生士 まな

前の病院では△△だった…みたいな発言はNGです。

 

【FAQ】30代での歯科衛生士転職の疑問・悩み

 

30代歯科衛生士転職のよくある疑問・悩みをまとめました。

 

 

年収が下がるのでは?

 

転職して年収が下がる可能性はあります

 

とくに、「今の歯科医院が長い」場合は昇給していた可能性もたかく、転職すると給料が下がるパターンも多いです。

 

そのため、年収・給料に重きをおいているひとは「転職しない方がいい」場合もあります

 

オススメの分野は?

 

歯科衛生士が仕事する歯科医院にはいろいろな分野があります。一般歯科以外に、矯正、外科、小児、審美…などです。

 

その中でも30代の歯科衛生士にオススメなのは訪問歯科です。これからは超高齢社会をむかえ、老化や介護は身近になってきます。

 

歯科衛生士 まな
歯科衛生士 まな

親や親戚が介護状態になる、老人ホームに入居する…といった例もふえてきます。

 

介護のスキルや経験は、自分自身のかならず役にたちます。

 

» 訪問歯科での歯科衛生士の仕事・役割を解説

 

30代の前半と後半で違いは?

 

30代の前半と後半で大きな違いはありません。

 

とはいえ、一般的な転職では年齢が高くなればなるほど、難しくなる傾向があります。

 

歯科衛生士 まな
歯科衛生士 まな

思い立ったときが転職活動するタイミングです。

 

40代になったらどうなるの?

 

歯科衛生士が40代になっても、職に困ることはありません。歯科衛生士という国家資格があれば、当面求人はあります。

 

給料も30代よりも上がることが多いです。

 

» 40代歯科衛生士の平均年収を解説します

 

とはいえ30代とくらべると、技術や人間性を求められることも多いです。できることはなるべく30代のうちに経験しておきましょう。

 

ブランク明けで不安

 

ブランクからの復帰を考えたとき、不安を感じる人も多いです。

 

しかし最近は、ブランクに理解のある歯科医院も増えてきました。以下のような対策も有効です。

 

  • 週1のバイトからはじめる
  • 復職セミナーを受ける
  • ブランクOKの歯科医院に就職する

 

»【復帰が怖い】歯科衛生士のブランク期間を克服!スムーズに復職する方法 

 

他業種への転職・就職もあり

 

「歯科衛生士の業種はなに?」と聞かれたら、「医療」と答えるのが正解です。

 

とはいえ、歯科衛生士という医療職に魅力を感じていないのであれば、他業種・別職種に転職するのもありです。

 

他業種で仕事することは自身の経験をあげることにつながります。

 

実際に、歯科衛生士ではない業種の方が年収が高いケースもあります。

 

✔︎ 歯科衛生士|給料の高い職場ランキング

  • 1位:一般企業
  • 2位:行政
  • 3位:歯科衛生士養成機関
  • 4位:総合病院・大学病院
  • 5位:大型の医療法人
  • 6位:一般の歯科診療所
  • 7位:介護施設・地域包括支援センター

(引用:歯科衛生士の勤務実態調査 報告書

 

歯科衛生士 まな
歯科衛生士 まな

ライターや動画配信といった副業を始めた歯科衛生士さんも。

 

営業やコンサルなどは、年収1,000万越えの求人もあります。

 

具体的な就職手順は、歯科衛生士の給料の高い職場ランキング をご覧ください。

 

 

一般歯科の歯科衛生士として、復帰はいつでもできます。興味のある方は、ぜひチャレンジしてみてください。

 

30代から歯科衛生士になれる?

 

結論、なれます。3年間、専門学校へ通い、国家試験をパスすると「歯科衛生士」です。

 

歯科衛生士 まな
歯科衛生士 まな

私が専門学校時代は、5人に1人が30代以上の女性でした。

 

歯科助手経験のある方・子育て中の方・他業種にいた方…など、色々な方がいました。

 

30歳から未経験で歯科衛生士は目指せます。

 

学費は3年間で約300万円。貯金を崩すにしても、高額です。

 

とはいえ、奨学金や学費の免除制度(成績優秀者)を利用できる専門学校もあります。

 

希望する学校のHPで確認して、リサーチしてみましょう。

 

歯科衛生士学校の検索はこちら » 無料資料請求 「スタディサプリ進路」

 

紹介したように、歯科衛生士の有効求人倍率は20倍。就職先に困ることがないのは強みです。

 

まとめ:30代の転職を成功させよう

今回は、30代の歯科衛生士の「転職事情」と「就職のコツ」を解説しました。

 

✔︎ 30代歯科衛生士の転職事情

  • 転職回数:平均2.5回
  • 平均年収:340万円
  • 転職理由第1位は人間関係のストレス
  • 求人はたくさんある

 

✔︎ 転職のコツ

 

30代の歯科衛生士さんは、今後のキャリアプランを考える時期。快適な職場で働けば、自分らしく仕事することができます。

 

今の仕事に不満がある…、転職・就職に失敗したくない!…という30代の歯科衛生士さんは、転職サイトで求人情報をチェックしてみましょう。

 

30代の歯科衛生士にオススメの転職サイト

 転職サイト名求人数特長おすすめする人口コミ・評判

1位

デンタルワーカー 歯科衛生士

デンタルワーカー

12,000件

職場の雰囲気を確認できる
・ 雇用条件を交渉してくれる
・ エージェントが面接同行(希望者)
転職に失敗した経験がある人
30代歓迎の求人が多く、1番おすすめ
詳細 ▷
歯科衛生士 転職サイト 2位

2位

ファーストナビ

10,000件

衛生士の4人に1人が利用中
・ 待遇◎の求人をマップから探せる
・ 院長の人柄が事前にわかる
マメなサポートを受けたい人
転職の悩み相談ができる
詳細 ▷
歯科衛生士 転職サイト 3位

3位

 

歯科転職ナビ

7,000件

・ 利用者の満足度 98.2%
・ やりとりのメインはLINE
・ 条件にあう求人が✉️で届く
マイペースで就活したい人
転職後のフォローが充実
詳細 ▷