歯医者と結婚したい人は知っておきたい「歯科医師が結婚できない5つの理由」

 

歯科医師と結婚したいひと「歯科医師と結婚したいけど、歯科医師に『結婚できない理由』ってあるのかな。ネガティブな情報でもいいから教えてほしい。」

 

本記事ではこういった疑問にこたえます。

 

本記事の内容

 

歯科医師と結婚したいと思っている人にとって、歯科医師が何を考えているか…って、大事だと思いませんか?

 

私は歯科医師として、友人や同僚の色々な結婚の形を見てきました。その中には結婚までスムーズにいった場合よりも、スムーズにいかなかった場合もたくさんあります。

 

そこでこの記事では歯科医師と結婚したいと思った人が知っておくべき、『歯科医師が考える結婚できない理由』を紹介します。

 

この記事を読めば、『歯科医師が考える結婚できない理由』からそれを『プラスに変える方法』までを解説します。

 

普段は Twitter でお得情報を発信しています。記事の信頼性につながると嬉しいです。

 

 

『結婚しないと孤独な老後だよ!…と強めに忠告してくる人に「一度、介護施設を見てみて下さい。家族から放置された寂しい老人もいれば、毎日を楽しんでいる独身のお年寄りもいます。つまり未婚=孤独じゃないですよ。一人と孤独も全然違います」…なんて面倒なことを言うのも面倒なので、笑顔で立ち去る』

スポンサーリンク

歯医者と結婚したい人は知っておきたい「歯科医師が結婚できない5つの理由」

 

理由は以下のとおりです。

 

 

①:忙しい

 

②:所得が低い

 

③:遊び足りない

 

④:モテない

 

⑤:選り好みしすぎ

 

 

 

順番にみていきましょう。

 

①:忙しい

 

「仕事が忙しい」ということは結婚できない理由につながります。

 

仕事が多忙だと、結婚のイベントそのものを考えにくくなるからです。

 

特に20代や30代前半のような「仕事を覚えるのに必死」な期間だったり、「新しい技術を身につけている最中の場合ですね。

 

やはり歯医者として「仕事内容が未熟」ということは致命的になります。

 

仕事と恋愛どっちが大事?…というよくあるあるな話がありますが、仕事がしっかりしていなければ恋愛もうまくいかないと思います。

 

 

✔︎ 忙しさを支えてほしい人もいる

 

一方で忙しい自分を支えてほしいというパターンもあります。

 

でもこれは「支えてほしい」というよりは、「支えてあげたい」という魅力があるかどうかな話なので、その魅力を持っている人は結婚してもしなくても自然と支えられると思います。

 

②:所得が低い

 

所得が低い…というのも結婚できない理由のひとつです。

 

所得は生活に直結します。

 

厚労省の調査によると歯科医師の平均賃金は約780万円ほどです。(参考:令和2年賃金構造基本統計調査

 

全職種の平均は430万円なので、それよりは高いですが、圧倒的に個人差があります。

 

若い先生ほど低い傾向にあります。とはいえ開業しているからといっても必ずしも所得が高いとは限りません。

 

開業して何千万も稼いでる先生もいれば、借金でアップアップの先生もいます。

 

歯科医師と結婚したい人で、歯科医師の所得が「思ったよりも低い」と感じてしまうと、所得の意味では魅力がなくなってしまうと思います。

 

③:遊び足りない

 

歯科医師自身が「まだ遊びたい」と思ってる場合も結婚につながることは期待できません。

 

遊んでいるうちは結婚するメリットがあまりないからです。

 

・まだまだモテたい

・ちやほやされたい

 

この辺りの願望があると結婚は遠のきそうです。

 

遊んでいるか遊んでいないかを確認する決定的な方法はありません。

 

そのために自分の直感を信じるというのは大切になってきます。心がざわつくような関係はうまくいかないです。

 

 

✔︎ デビューしていない歯科医師は魅力的!?

 

個人的には、歯医者になってからデビューした人ほど結婚が遅れるイメージがあります。

 

素人だけではなく夜のお店にもはまったパターンもありました。色々経験して、落ち着いて、そして結婚…という流れが多いです。

 

そういう意味では「全くデビューしていない歯科医師」は魅力的かもしれません。

 

④:モテない

 

シンプルにモテない場合は結婚できません。

 

なぜなら相手がいないからです。

 

当たり前ですが歯医者だからといってモテるわけではありません。

 

・顔

・性格

・第一印象

 

この辺りの様子が複雑に絡み合って「モテる」は決まります。

 

歯医者と結婚したいと思っているひとでも、相手に魅力がなければ結婚には至りません。

 

自分はモテない…と思っている歯科医師ならまだマシなのですが、モテないのにモテると勘違いしている場合はかなりイタイですよね。

 

⑤:選り好みしすぎ

 

歯医者自身が相手を選り好みしすぎている場合も結婚につながらないことが多いです。

 

選り好みしすぎても、完璧に合う人なんて出てこないんですよね。

 

・顔

・性格

・スペック

 

 

これらは重要な要素だと思いますが、ひと対ひとである以上100%はありえません。

 

何かを妥協できないうちは結婚にはつながりません。

 

 

✔︎ プライドについて

 

歯科医師という職業柄プライドが高い人は多いです。一度出来上がったプライドをなくすのは、よほどのことがなければ難しいと思います。

 

プライドの高さは相手に伝わります。

 

時にそのプライドが魅力を半減してしまってる場合もあるんですよね。

 

歯科医師の「結婚できない理由」をプラスに変える

 

そこまでネガティブな理由もありましたが、考え方によってはプラスに変えることもできます。

 

余裕をみせる

 

余裕のある人は魅力的に見えます。

 

特に仕事が忙しいことが多く、自分のペースが守れず余裕がなくなってしまうこともあります。

 

そんな忙しい時や切羽詰まった時も一緒にバタバタするよりは、冷静に分析したり励ましてくれるような相手はとても尊敬できます。

 

オゴるオゴられるは別として、お金に関しても余裕をみせるほうがオススメです。

 

完全に自分に依存してきたり、一円単位で決めるような余裕のない感じはマイナスです。

 

余裕を見せていきましょう。

 

仕事への理解

 

仕事への理解を示すことは、歯科医師と結婚する上でのポイントです。

 

なぜなら仕事は生活の土台になるからです。

 

特に懸念されるのは以下の2点です。

 

・仕事終わりが遅い

・職場に女性が多い

 

今は遅いところだと夜の9時を過ぎても営業していたりします。土日も休まずにやっている先生もいます。

 

仕事終わりが遅いということに共通の理解がないとうまくいきません。

 

また職場に女性が多いことも心配のためではあると思います。

 

ですが仕事柄どうしても女性のおおい環境になるので、納得感は大切ですね。

 

 

我慢はダメ

 

とはいっても…我慢はダメです。

 

余裕を持って、仕事も理解を示す…とを書いてきましたが、本当は余裕もないし仕事にも理解を示せないという場合は無理をしてはいけません。

 

自分を偽ることはストレスが溜まるだけではなく、結果としてうまくいくはずもありません。

 

少しやってみようかな、私なら大丈夫…と思えない限り、歯科医師はオススメしません。

 

 

✔︎ 時期を決める

 

自分がどれくらいやれるかは時期を決めておくのが重要です。ダラダラやり続けても時間と体力の無駄です。

 

長くても半年が期限かな…と思います。

 

半年以内で見極めて結論を出すようにしてください。

 

歯科医師にとっても出会いは貴重

 

今回の記事をまとめます。

 

【歯科医師が結婚できない5つの理由】

 

①:忙しい

 

②:所得が低い

 

③:遊び足りない

 

④:モテない

 

⑤:選り好みしすぎ

 

 

 

以上が、歯科医師が結婚できない理由です。

 

歯科の業界は狭い業界なので、出会いは多くありません。そのため歯科医師にとっても出会いは貴重です。

 

歯科医師と出会うためには歯医者に通ったり、アプリを使ったりすることが圧倒的に近道です。

 

詳しくは【歯科医師と出会いたい】歯医者と出会う方法 7選【失敗する理由は簡単です】で解説しているので興味のある人は参考にしてみてください。

 

結婚できない理由をプラスに変えつつ、素敵な出会いがありますように。

 

今回は以上です。

 

 

 

 

 

 

 

未分類
スポンサーリンク
しろたぬ Web