出会いがない…歯科医師がステキなパートナーを見つける方法【考える→行動する】

 

出会いがなくて困っている歯医者「出会いたいのに出会いがない。どうやったらパートナーを見つけられるかな。自分はクセがあるし、難しいかなぁ。」

 

本記事ではこういった疑問にこたえます。

 

本記事の内容

 

30歳を過ぎ、アラフォーになってきた独身の歯科医師が「あー、出会いないなぁ」と思うケースは非常に多いです。

 

私の周りにもこのような歯科医師がたくさんいます。

 

そこでこの記事では、「出会いがない」と悩んでいる歯科医師が、少しだけやる気を出せばパートナーと出会える方法、注意すべきポイントをまとめて解説します。

 

この記事を読むと「出会いたいのに出会えない」と感じている歯科医師が素敵なパートナーと出会うまでの手助けになると思います。

 

普段は Twitter で医療と介護の情報を発信しています。記事の信頼性担保になると嬉しいです。

 

この記事を書いているボクはアフィリエイト歴5年、アフィリエイト収益月200万ほどなので、記事の信頼性担保につながると思います。

 

 

『地元の友人と久しぶりに電話したら「このまま歳をとってお互い健康だったらさ、同じ老人ホームに入ってゲームとカラオケしまくろう」という話で盛り上がった。
なんか「大人になってお互い結婚してなかったら一緒になろうね」のアップデート版みたいで、なんともいえない微笑ましい気持ちになってる。』

 

スポンサーリンク

出会いがない歯科医師がステキなパートナーを見つける方法【出会いたい…】

 

結論はシンプルで「考える → 行動する」。これだけです。

 

歯科医師に限らず、出会いは待っていてもきません。出会いは年齢とともに減ってきます。

 

それはわかっていても、「自分に自信がない」「時間がない」「面倒くさい」…といったわけで、なかなか動けない人も多いですよね。

 

その現状から抜け出すには「効率的にうごく」ということも大切です。

 

出会う場所を定める

 

はじめに、出会うための『場所』を定めるのは重要です。

 

闇雲に出会うとしても体力と精神力だけが消耗します。

 

出会いの少ない歯科医師にとって、ひとと出会う『場所』は以下のとおりです。

 

・職場

・趣味

・SNS

・ナンパ

・友人の紹介

 

この中でまずは自分が行動できそうな場所を考えてみましょう。

 

 

✔︎ 具体例

 

例えば職場なら、スタッフや患者さんが考えられます。

 

趣味であれば趣味友達、 SNSだとマッチングアプリや婚活サイト。

 

ナンパはかなり勇気がいります。紹介してくれる友人は誰かいるでしょうか。

 

 

『歯科医師』という職業は武器になるか

 

歯科医師という仕事は「出会う」ための武器となるでしょうか。

 

身も蓋もない話ですが、武器になる時もあれば武器にならないときもあります。歯科医師はモテそう…なんてよく話を聞きますが、本当に「時と場合」によります。

 

ひとつだけ言えるのは、「歯科医師ということを自分から武器にするものではない」…です。

 

考えてみればわかりますが「歯科医師ということを使って出会いたい」ということは「歯科医師というあなた」に魅力を感じる人しか寄って来ません。

 

それにシンプルに、歯科医師という仕事にあぐらをかいている人って、魅力的にみえません。

 

本当なら「自分自身」を見てほしいはずなのに、歯科医師という仕事を使いすぎると、自分自身よりも「歯科医師」が大きくなってしまいます。

 

もちろん歯科医師という仕事はありがたいことに一定の社会的な信用を得ることができるので、自分の一部としてさりげなく利用するのはよいと思います。

 

成功よりも失敗が大事【経験する】

 

出会うためには失敗することが大切です。

 

なぜなら失敗をフィードバックしてこそ、素敵な出会いに成功に近づくからです。

 

冒頭で紹介したように出会うためには「考える → 行動する」を実践するだけなのですが、なかなか最初の一歩が踏み出せない人が多いです。

 

これは面倒くさいという理由もありますが、「失敗したくない」「失敗したら恥ずかしい」という部分も大きいです。

 

歯科医師という仕事柄、基本的に「失敗してはいけない」ので、失敗することに慣れていないというのもあります。

 

こと出会うことに関しては、失敗しまくって OK です。自分が思うこと自分の失敗に周りはにしていません。

 

出会いを求めている歯科医師が注意したいポイント

 

出会いがない歯科医師が出会いを求めるときに注意したいポイントを紹介します。

 

なぜ出会いたいか?を考える

 

なぜで会いたいのかを一度考えてみるのは重要です。

 

自分自身が目的を理解していないと非効率的です。

 

・もっと遊びたい

・恋人を作りたい

・結婚したい

 

いま何を求めているのかを明確にしておきましょう。

 

 

✔︎ 「なぜ?」で深掘り

 

「なぜ?」で深掘りしていくのはオススメです。

 

・なぜもっと遊びたいか → チヤホヤされたい

・なんで恋人を作りたいか → ひとりが寂しい

・なぜ結婚したいか → 親に孫をみせたい

 

これらは一例ですが、出会いたい理由がわかれば出会うモチベーションにもつながります。

 

さらに深掘りしていくと、新たな自分を発見できます。

 

自分を変える必要はない

 

基本的に自分を変える必要はありません。なぜなら「自分は自分」だからです。

 

長年付き合った自分の性格は変えようと思っても、なかなか変わりません。

 

自分はちょっとクセがあるなぁ…と思っていても、そのクセを理解してくれる人は必ずいます。

 

 

✔︎ 変わりたければ自然に変わる

 

もし素敵な出会いがあって自分の中で心から変わりたいと思えば勝手に変わっていきます。

 

偽物の自分を作って出会うよりもよっぽどストレスフリーです。

 

出会いを意識しすぎないことが大事

 

「出会い」を意識しすぎないようにしましょう。

 

出会いたい…出会いたい…と思っていると、なかなか良い出会いに恵まれません。

 

気負ってるというか、必死な感じが出てしまうんですよね。

 

「出会えたらいいな」くらいのゆるい気持ちでいる方が素敵な出会いがあります。

 

 

✔︎ ひとりの時間も素晴らしい

 

一人の時間って素晴らしいです。

 

誰に邪魔されるわけでもなく、自分の好きなことができる時間って本当に贅沢です。

 

一人の時間を充実して過ごすことも、余裕がうまれて、結果としてよい出会いにつながります。

 

【出会いの種まきをしよう】やる気がでない・勇気が出ない…もOK

 

今回は出会いの少ない歯科医師が出会う方法と注意するポイントを紹介しました。

 

 

・出会う場所を定める

 

・歯科医師を全面に出しすぎない

 

・経験がすべて。失敗は成功の元

 

・自分を変える必要はない

 

・出会いを意識しすぎない

 

 

とはいってもなかなか「勇気がでない」「やる気がでない」「忙しい…」という人も多いです。

 

そんな人でもまずはできることから少しずつ始めてみましょう。

 

「なんとなくやれそう」…こんな感じに思えるところからやってみるのとストレスも少ないです。

 

例えば

 

・デートに誘ってみる

・友人に相談してみる

・SNSを利用してみる

 

このあたりはちょっとやる気を出すだけでできるのでオススメです。面倒くさければ、すぐに撤退することもできます。

 

繰り返しになりますが「行動しつつ考える」はオススメです。

 

少しずつでも出会いの種を蒔いておくと、本当に出会いたくなったときに必ず役に立ちます。

 

ぜひ小さな一歩を踏み出してみてください。今回は以上です。

 

 

 

 

 

 

未分類
スポンサーリンク
しろたぬ Web