【体験談】介護保険外の家事代行サービスを頼むべき理由【基準は2つ】

在宅介護で消耗し、疲れている人へ。

 

・在宅介護をしているが、家事がおろそかになっている。…忙しくて消耗が激しい…

・介護保険外の家事代行サービスってどうなのだろう…

・家事代行サービスをたのむ基準をしりたいな

 

本記事ではこういった疑問にこたえます。

 

本記事の内容

 

この記事をかいている私は、認知症の祖母の自宅介護を経験しました。

 

認知症がすすんでくると、私も精神的にかなりつキツくなり、部屋は荒れ、寝不足におちいり、体調不良がつづきました。

 

普段は歯医者としてTwitterで医療と介護の情報を発信しています。記事の信頼性担保につながると思います。

 

『奥様に先立たれたご主人でわりと多いのが、家事がひとつもできない人。異臭の中で惣菜を食べている…なんて人もいた。
すべて外注できる財力を持つ人以外は今のうちから、掃除のやり方、米の炊き方&簡単な調理、洗濯機の使い方&干し方…は学んでおいて損はない。あと、怒らずに他人の話を聴く姿勢』

 

スポンサーリンク

【体験談】介護保険外の家事代行サービスを頼むべき理由

f:id:prandium:20201230202309j:plain

 

介護保険外の家事代行サービスを頼むべき理由

介護”する”側の身体と心の健康を守る

 

上記のとおり。

 

誰かを介護するためには介護する人が必要です。

 

その介護するひとが健康をこわしてしまっては、すべてが負のループに陥ります。

 

そのため、介護するひとの身体と心の健康は最優先です。

 

私は祖母のための介護サービスは利用していましたが、あくまで祖母の生活に関してのものだけで、同居人までは対応していません。

 

そのため、自分のことに関しては疎かになりがちでした。

 

実体験を紹介します。

 

部屋が汚れる

在宅介護中、自分の部屋は荒れ放題でした。

 

日中は仕事をして、帰ったら祖母の介護をしていたので、部屋の掃除をする時間はありませんでした。

 

床に埃はおちているし、結露で窓にカビは生えっぱなし。あげくのはてに、ハウスダストでひどい肌荒れになりました。

 

睡眠不足

睡眠不足にもなりました。

 

なぜなら、落ち着いて寝られる時間がなかったからです。

 

仕事中は、祖母からの鬼電話がなりやまず、夜間は徘徊が始まり帰ってこない、…こんな日々が続きました。

 

栄養不足

栄養不足にもおちいりました。

 

しっかりした食事がとれなかったからです。

 

認知症がすすんだとき、祖母のゴハンは介護サービスの方が作ってくれました。

 

ですが、自分の分はありません。毎日、コンビニやファーストフードをたべつつ、祖母の食事介助をしました。

 

仕事と在宅介護の両立は難しい

f:id:prandium:20201230202018j:plain

 

私は3年ほど、こんな生活をしながら、祖母の介護をしていました。

 

今思い返すと、そのとき、保険外の家事代行を頼めばよかった…と強く思います。

 

一人でやれることには限界があり、時間も限られているからです。

 

仕事と在宅介護の両立は難しい

経験上、仕事と在宅介護の両立はむずかしいです。

 

完全に分離することは困難だからです。これを家族のみで抱えきることは精神的に苦しくなります。

 

そのため、介護保険サービスの合間をうめる、保険外の家事代行サービスは有効です。

 

介護保険内のサービスは限定的

介護の必要な人は公的な介護保険サービスが利用できます。

 

あくまで介護が必要な人の動線範囲の中ですので、同居人の家事サービスは含まれません。

 

掃除、料理なんかは介護をしつつ、用意することになります。

 

最近は医療費圧迫で、介護の審査もきびしくなってきているので、介護保険内のサービス範囲もせまくなりがちです。

 

介護保険外の家事代行サービスを依頼する基準【2つある】

f:id:prandium:20201219211348j:plain

 

結論、介護に関わる人はすべて頼んでほしいです。

 

その中でも以下の人は、すぐにでもためしてほしいです。

 

①:介護中に事故がおきたことがある

②:介護離職を考えている

①:介護中に事故がおきたことがある

介護では転倒や誤嚥、窒息のリスクは高まります。

 

足腰がよわくなったり、飲み込む機能が低下するからです。

 

一度その経験があると後遺症により、身体が不自由になりやすく、介護者の負担もふえます。

 

祖母の場合は風呂場で転倒し、浴槽から立ち上がれなくなったこともありました。

 

見守り時間がふえ、精神的な負荷はふえるので、余裕のある時間をつくるためにも家事代行サービスへの依頼は有効です。

 

②:介護離職を考えている

介護離職を考えているひとは、まず自分でやるその前に家事代行サービスをつかってみてください。

 

なぜなら、一度介護離職すると再就職は難しく、同じ条件での雇用は難しいからです。

 

特殊スキルがなければなおさらです。

 

介護離職者は年間10万人います。50代が多いです。

 

いちど冷静になるためにも、家事代行で自分の時間を作ってみてください。

 

✔︎親の介護は子どもがやるべき?

仕事との両立が難しいだけでなく「親の介護は子どもがやるべき」このような思想で離職する人もいます。

 

その気持ちだけでは介護は成り立ちません。3年ほどが限界というデータもあります。

 

経済的にも精神的にも追い込まれるので、自分自身を救うためにも、まず利用できるサービスは使ってみることがおすすめです。

 

 

【自分の健康が最優先】介護保険外の家事代行サービスを検討しましょう

f:id:prandium:20201217230241j:plain

 

今回の記事をまとめます。

 

・介護”する”側の身体と心の健康は重要

・仕事と在宅介護の両立は難しい

・転倒や誤嚥の経験をした人、介護離職を考えている人は介護保険外の家事代行サービスを依頼すべき

 

在宅で介護を必要とする人は日本で400万人もいます介護に関わる人は1,000万人をこえます。

 

経済、精神の状況に個人差ありますが、なるべく人に頼りましょう。

 

家事代行は安いと1時間2,000円台から選ぶことができます。

 

詳細は介護する人のための家事代行サービス おすすめ3社【介護保険外】で解説しています。

 

介護を必要とする人のための家事代行ではなく、介護する自分のために家事代行サービスを使いましょう。

 

いざというときになって探すのは大変です。

 

早めに頼ってネットワークを見つけておくのもわりと大切かな…とおもいます。

 

最終的に祖母は祖父とともに老人ホームへ入居しました。

 

>>参考:夫婦同室で老人ホームに入居したい。おすすめサイト2選 + 失敗しない選び方【二人部屋希望】

 

大切な人はいつかいなくなります。心と身体が健康な状態で、お互いに過ごせる時間を少しでも増やしてください。

 

今回は以上です。

 

>>参考:介護する人のための家事代行サービス おすすめ3社【介護保険外】

>>参考:【評判◎】老人ホーム検索サイト『LIFULL介護』を徹底レビュー【親を預けたい】

未分類
スポンサーリンク
しろたぬ Web