【人生の岐路】アラフォー歯科医師が親の歯科医院をつぐメリット・デメリットを考えた

 

アラフォー歯科医師「いまフリーで働いている歯科医師だけど、歯科医院を開業している親が病気になり、余命が限られてしまった。親の歯科医院をつぐか迷っている…。メリット・デメリットあるよな…」

 

本記事では備忘録も兼ねて、こういった内容を書いています。

 

本記事の内容

 

自由に生きてきたアラフォーの歯科医師ですが、親の病気をきっかけに地元に戻って病院をつぐかか迷っています。

 

・アラフォー

・独身

・進学をきっかけに地元を出る

・いまは関東住み

・地元は新幹線で3時間の距離

・働き方はフリーランス

・専門は摂食嚥下

 

 

この記事では、どうしようか極限まで悩んでいる私がつぐメリットとデメリットを考えてみました。備忘録も兼ねています。

 

この記事を読むと、病院を継ぐことに超前向きではない「二世の悩み」が分かると思います。

 

普段は Twitter で医療と介護の情報を発信しています。記事の信頼性担保につながると嬉しいです。

 

 

『肺炎で入院していたお爺さん。とんかつを食べたい本人とリハビリスタッフの努力もありキザミ食OKかも…一口大も?…というところまできた。このまま嚥下評価を続けて、入れ歯を新しくして…という会話中に「金かかるからもうこのままでよい」という息子さんの言葉は重い。介護とお金は切っても切れない』

 

 

スポンサーリンク

アラフォー歯科医師が考えた親の歯科医院をつぐメリット

 

親の歯科医院を継ぐメリットは以下のとおり。

 

 

①:地盤がある

 

②:自分の好きなように経営できる

 

③:人生のチャレンジになる

 

 

少しくわしく解説していきます。

 

①:地盤がある

 

メリットの一つに「地盤」があります。一から開業するに比べてスムーズに仕事がしやすいです。

 

・器材

・患者さん

・スタッフさん

・業者さん

 

このような環境が整っているのは大きなメリットです。

 

とはいえ、今までのやり方と常に比較される状況ではあるので、一つのミスが信頼失墜つながります。

 

それでも特に2世でない先生達からは時間があるメリットは羨ましい…と言われます。

 

②:自分の好きなように経営できる

 

自分の好きなように経営することできます。

 

自分で方針を決めることができるからです。

 

・治療方針

・診療時間

・機材の購入

 

勤務している時には考えられないほどの裁量権があります。

 

とはいえ同時におおきな責任を伴うことになります。勤務医時代の気楽さは減ります。

 

それでも好きなようにできるというのは魅力です。

 

③:人生のチャレンジになる

 

開業するということは人生のチャレンジです。

 

今までの環境を変える…というのは誰にとっても大きなチャレンジですよね。開業に限ったことではありません。

 

・場所

・人間関係

・収支

 

この三つが大きく変化することになります。

 

とはいえ年齢的にもアラフォーなこと、あまり前向きではないことを考えると、チャレンジ自体が億劫に感じることもあります。

 

「人生のチャレンジ」をしたこと自体の経験は必ず生きると信じています。

 

次にデメリットを考えてみました。

 

アラフォー歯科医師が考えた親の歯科医院をつぐデメリット

 

デメリットは以下のとおり。

 

 

①:収入が下がる

 

②:新しい土地に行く

 

③:一般診療が不得意

 

 

 

①:収入が下がる

 

これは人によると思いますが、私の場合は収入が下がることになります。

 

開業しているのがいなかったということ。そして父が高齢ということもあり、近年は患者さんの数をセーブしていたようです。

 

今の収入の大体半分くらいになりそうです。

 

たまに人生お金じゃないという人もいますが、生きていく上でお金は必要です。

 

これから盛り立てて行けばいい…と助言されたことがありますが、前述したように超前向きではないのでなかなかモチベーションが難しいです。

 

そのため、やはり収入が下がるというのがデメリットです。

 

②:新しい土地に行く

 

地元とはいえ、進学のときにも出ているのでほぼ知らない土地です。

 

知らない土地に行く…というのがメリットとも捉えることができますが、私にとってはデメリットの方が大きいです。

 

今が割と恵まれている環境にいるので、これより悪くなったらどうしよう…と不安です。

 

歯医者になった当初には人間関係できつい思いをしたこともあるので、不安の中に恐怖も混じっています。

 

 

✔︎ 閉鎖的な土地柄

 

私の地元は割と田舎なので、ちょっとした噂もすぐに流れるような土地柄です。

 

関東という匿名性の高い土地にずっと暮らしていた私にとってはそれが不安です。

 

歯科医師会にもほとんど全員が加入している状況なので、 自由度というのは減ってしまうのかなと思っています。

 

③:一般診療が不得意

 

私自身が一般診療科が不得意というのがデメリットです。

 

元々手先が不器用で、 あまり歯医者という仕事に興味がなかったため摂食嚥下に進みました。

 

 

そのため急性期の病院や、高齢者、認知症の人の治療をメインでしています。

 

虫歯や歯周病の治療ができないわけではありませんが、矯正やインプラントになるとさっぱりです。

 

摂食嚥下のニーズがあるような土地ではないので、良く言えばこれから掘り起こすこともできますが、 最初は経営的にかなり苦労しそうです。

 

 

✔︎これから20年以上…

 

尻込みしてる理由を端的に言うと「不得意なことをこれから20年オーバーでやる」ことです。

 

個人的には、摂食嚥下を専門的にできる今の環境は捨てがたいものがあります。

 

両取りしようとして悩んでいる

 

今回の記事をまとめます。

 

アラフォー、フリーランス、摂食・嚥下を専門にする歯科医師が考えるメリット・デメリットは次のとおりです。

 

【メリット】

 

①:地盤がある

 

②:自分の好きなように経営できる

 

③:人生のチャレンジになる

 

 

【デメリット】

 

①:収入が下がる

 

②:新しい土地に行く

 

③:一般診療が不得意

 

 

 

今回は自分の頭を整理するためにもう一度書き出してみました。どちらかに決めるのが嫌で、両取りしようとも悩んでいます。

 

デメリットがあるならやめればいいじゃんという話なんですけど、そこに「親の思い」
が乗ってくると…迷います。

 

ですが時間も限られているので、近い将来必ず判断しなければいけないときが来ます。

 

いまは信頼のできる人に相談すればするほど、迷路に入っています。

 

自分の人生だから好きなようにしろ!と助言されても、分からなくなってきてしまいました。←いまここ

 

最終的な決断を下すのは自分ですので、じっくり考えたいと思います。「何を選択しても大丈夫!」という友人の言葉はすごくありがたいです。

 

親の病院を継ぐか迷っている歯科医師の先生の参考に少しでもなれば嬉しいです。

 

今回は以上です。

 

 

 

 

未分類
スポンサーリンク
しろたぬ Web