【意識低い系】歯科医師をやめたい歯医者が理想の働き方を考えてみた【結論:週休4日】

 

意識低い系の歯科医師「ぶっちゃけ歯医者を辞めたいな。いや、せめて週休4日くらいで働きたい。なんでこんなに辞めたいんだろう。」

 

この記事ではこういった疑問にこたえます。

 

✔︎ 本記事の内容

・歯医者を辞めたいシンプルな理由

・仕事を辞めたい歯科医師の理想の働き方

 

✔︎ 記事の信頼性

しろたぬ
しろたぬ

この記事を書いているわたしは歯科医師です。

 

学生の頃から、歯科医師という仕事に対して「死ぬほど高いモチベーション」を持ったことはありません。

 

「向いてないよなぁ」「自分って何がやりたいんだろう」…と葛藤の中でつねに生きています。

 

歯医者だからといって、全員が全員、仕事に対する意識が高いわけではありませんよね。

 

この記事では私のように、すこし意識が低め…の歯医者さん向けに「歯医者を辞めたい理由」「理想の働き方」を独断と偏見で紹介します。

 

この記事を読むと、意識低い系の歯医者さんがなんとか生きていくためのヒント…が見つかります。

 

■ もくじ

 

しろたぬ
しろたぬ

いつもは Twitterで医療と介護の情報を呟いています。

 

ありがたいことに1万人以上の方にフォローしてもらってます。

 

記事の信頼性につながると嬉しいです。

 

スポンサーリンク

【しんどい…】歯医者を辞めたい3つの理由【意識低い系】

 

結論、「やりたい仕事ではないから」です。

 

こう言うと「やりたい仕事とかあるの?」と聞かれることもあります。

 

たしかに「何がやりたい仕事なのか」はわからないですが、それが歯医者ではないのは確か…です。

 

それに、ほとんどの人がやりたいわけではない仕事をやっていること…もわかっています。

 

でも「やめたい」。いや…せめて、減らしたいんですよね。

 

これを深掘りすると、辞めたい理由は3つあります。

 

理由 ①:歯医者に向いていない

 

シンプルに歯科医師には向いていない…と感じています。

 

なぜなら、基本的に不器用だからです。

 

学生時代の実習から周りに手先の器用な人が多く、作品の出来栄えが明らかに違いました。

 

100倍の努力をすれば追いつける!…と指摘されたこともありますが、それは人生の時間を100倍使うことになります。

 

そこまで前向きには考えることができません。

 

そのため、歯科医師には向いていないな…と常々感じています。

 

 

✔︎ コミュニケーションは苦手じゃない

 

コミュニケーションは苦手ではないので、患者さんへの説明などは比較的苦になりません。

 

とはいっても基本的には引きこもりなので、オンオフのスイッチを自分なりにコントロールしています。

 

理由 ②:ジャンルが広すぎる

 

ジャンルが広すぎる…というのは自分にとっては苦痛です。

 

好きな仕事ではないのに、業務は広範囲…というプレッシャーはストレスです。

 

歯医者は虫歯を治すだけでなく、いろいろな分野に分かれていますよね。

 

・むし歯

・歯周病

・根の治療

・入れ歯

・外科

・矯正

 

などなど。

 

常にこれらをアップデートするって、相当のモチベーションが必要です。

 

 

✔︎ だから1つに特化した

 

不器用で広い範囲を勉強できないとなったとき、ひとつの事に特化することに決めました。

 

私の場合は「摂食・嚥下」を専門にしています。

 

主に精神病院や高齢者施設などで治療していて、高齢者や有病者の方が主な患者さんです。

 

そのため、難しい抜歯や矯正などは、専門の先生にガンガン回すようにしています。

 

自分が苦手な分野もやらなくてすむし、患者さんにとってもメリットです。

 

…このやり方で、なんとか今まで歯科医師として生きてきました。

 

やめたい…とは思ってはいるんですけど、「多少のやりがい」と「社会とのつながり」を感じてるので、続いているのだと思います。

 

参考:不器用な歯医者の戦略を解説します【5つある / 大切なことは自分の幸せ】

 

理由 ③:目と腰がやられる

 

歯医者という仕事は、目と腰がやられます。

 

細かい作業をきつい体勢でやっているから当然です。

 

実際、40歳を過ぎた先生達からは「目がみえない」「腰がしんどい」…という話をよく聞きます。

 

視力が下がったり、ピントが合わなかったり。腰がまわらなかったり、ヘルニアになったり。

 

とはいえ、経験がある分、技術でカバーしていることも多いです。

 

野球で例えると、速球でバンバンおしていたピッチャーがいつのまにか変化球でかわす…そんなイメージです。

 

 

✔︎ メンテナンスは必須

 

身体のメンテナンスは必須です。これは若いうちから、過信せずにやっておいた方がよいです。

 

目を休めるために自然の多いところで過ごしたり、定期的な運動を取り入れることは大切です。

 

マッサージや整体も、行きつけを見つけておくのはオススメです。

 

 

✔︎ メンタルを壊しました

 

歯科医師になって数年たったとき、メンタルを壊しました。

 

仕事先がパワハラ気味だったのにくわえて、家族の介護問題をかかえていたのが原因でした。

 

勇気を持ってその職場をやめたら、だいぶ回復しました。

 

ムリな環境に身をおくと、目や腰だけでなく「メンタル」もやられてしまうので、注意してください。

 

人間関係と報酬に不満はない

 

仕事を辞めたくなる理由の多くは、「人間関係」と「給料」です。

 

これに関しては今現在、私は大きな不満はありません。ありがたいことに、周りの人間関係には恵まれていると思います。

 

メンタルを壊した時期に比べたら、天国です。

 

それにいろいろ病院をかけもちしているので、わずらわしい人間関係に巻き込まれない…というのも大きいです。

 

参考:歯科医師がバイトを掛け持ちするメリットとデメリット【非常勤で働く】

 

給料に関しても、元々の生活水準が高くないのであまり気にしていません。

 

死ぬほど稼いでいるわけではないですが、人並みに生活できるくらいで幸せです。

 

基本的に QOL を最優先に生活するようにこころがけているので、ガツガツ稼ぎたい…というスタンスではありません。

 

 

✔︎ 職場の人間関係は大切すぎる

 

職場の人間関係が悪いと、仕事の質に影響が出るだけでなく、本当にメンタルがやられます。

 

一度メンタルを壊した経験からいうと、仕事は「人間関係」がすべて…といっても過言ではありません。

 

知らぬ間に、メンタルは病みます。「なんか嫌だな」「しんどいかも」「いや、大丈夫だ」…の蓄積に気を付けてください。

 

人間関係に恵まれた職場を探すなら、まずは転職サイトに登録して気になる求人をチェックしておきましょう。

 

いつでも辞められる…という環境は、こころに余裕を生みます。

 

「歯科医師の転職につよい転職サイト」はこちら

ファーストナビ | 人間関係を重視する先生におすすめ

※ エージェントが院長の人柄などの内部情報をおしえてくれる・まずは登録しておきましょう

グッピー | 実績をウリにしたい先生におすすめ

※ 独自の適性診断機能をうけられる・スカウト機能を使ってスキルを最大限に売り込める

ジョブバディ(Job Buddy) | 関東近郊の先生におすすめ

※ 関東を中心とした求人が多い・適正給与を教えてくれる・転職した後までアフターケア

 

歯科医師を辞めたい歯医者の理想の働き方【結論:週休4日】

 

いまのところ、「週休4日」が理想です。

 

辞めたいというよりは、減らすことが目標です。

 

週休4日が理想

 

週休4日、つまり週に3日だけ歯医者をする…が理想です。

 

理由はつぎの通りです。

 

・社会との接点

・お金は必要

・やりがいはある

 

誰かと社会的に関わっているというのは、とても大切です。

 

いま一気に仕事を辞めてしまうと、多分1ヶ月ぐらいで何していいかわからなくなると思うんですよね。

 

なので、ほどほどの距離感で人間関係が存在する…というのは、とても幸せなことだと思っています。

 

また今仕事を全部辞めて、一生暮らしていけるほどの余裕はありません。そのため、生きるために「歯科医師」という仕事は効率的です。

 

何より「歯医者を辞めたい」と思ってはいますが、実際の現場では一定の「やりがい」を感じているのは大きいです。

 

患者さんがよくなったり、周りのスタッフとたわいもない話で笑えたり…

 

このように、とても嬉しく思う瞬間もあります。

 

やめてどうするか?

 

歯科医師の仕事を辞めて、「なにかしたいこと」があるわけではありません。

 

そういう意味でも、すぐにはやめられないという現状があります。

 

ですが、「減らす」ことで仕事に対する精神的な負担はかなり少なくなります。

 

わたしは今、週休3日で働いています。

 

金銭的にも生活の不安は少なく、趣味だったり、他のいろいろなことに挑戦できたりする余裕があります。

 

具体的には文章を書いたり、音楽をやったりしています。

 

他の仕事を考えてみるのもいいかな…と感じるときもあります。

 

 

✔︎ 副収入にもなっている

 

ありがたいことに、文章を書くことは「副業」になっています。

 

ブログをかいたり、企業に記事を提供したり…と、細々ながら、副収入があります。

 

これも、時間的に余裕があるから成り立っています。

 

参考記事 ▶︎【必見】 歯科医師にオススメの副業 10選【お小遣い以上を稼ぐ】 

 

お金は大事

 

歯医者を辞めるのであれば、お金はとても大切です。生活する上では欠かせないからです。

 

そのため、歯医者の仕事だけが収入源になっている場合は、歯医者を辞めることはとても危険です。

 

歯医者を辞めるためにはある程度の資産は必要です。

 

生活水準にもよりますが、わりと贅沢に生活していくなら数億円は必要だと思います。

 

質素に暮らして、1億ぐらいの資産を運用していくという方法もあります。(わたしはこっち派です。)

 

※ 仮に1億円を4%で運用すれば年間250万円の運用益が手に入ります。これは月に20万円ほど。

単純に生活水準あげなければ生活していけるレベルです。

 

まとめ:歯医者をやめて人生のQOLをあげる

 

今回の記事をまとめます。

人生はQOLをあげてなんぼ

 

「何のために生まれてきたんですか?」と聞かれて、

 

・歯医者をやるためです

・虫歯を治すためです

 

…心から答える歯科医師はどれくらいいるでしょうか。

 

考え方はそれぞれですが、私は「人生を楽しく生きたい!」と思っています。

 

そのために、なるべく楽しいことやる・なるべくつまらないことはやらない…を常に意識しています。

 

私にとって歯医者は、「やりがいはあるけれども、毎日やり続けるにはつらい」ことです。

 

そのためバランスを取りつつ、歯医者に携わる時間を自分の意思で決めていきたいと考えています。

 

人生で優先順位の高いもの…を一度考えてみてくださいね。

 

以前、次のようなツイートをしたらかなり反響をいただきました。

 

 

人生の時間は有限です。

 

いまは週休3日

 

繰り返しになりますが、最近は週休3日…で仕事をしています。

 

心身ともに健康です。

 

好きなことをやる時間が増えた…というメリットに加えて、歯科医師としてもメリットは大きいことに気がつきました。

 

・歯科治療についてアップデートする時間が十分に取れる

・休息をしっかり取れるため仕事に対するモチベーションが上がる

・副業もはかどる

 

しっかり休みを取ることで、以前よりも、「やりがい」を感じることができています。

 

 

✔︎ 今に不満なら環境を変えることはオススメ

 

勤務医の先生が今働いてる環境にやりがいを感じないのであれば、一度環境を変えてみることもおすすめです。

 

歯科医院は全国に7万件はあります。今よりも自分に合った職場は必ず存在します。

 

開業することだってできます。

 

特に人間関係や給料で悩んでいる人は、転職サイトで求人情報を確認することだけでもやってみてくださいね。

 

✔︎ 歯科医師の転職につよい転職サイト

ファーストナビ | 人間関係を重視する先生におすすめ

※ エージェントが院長の人柄などの内部情報をおしえてくれる・まずは登録しておきましょう

グッピー | 実績をウリにしたい先生におすすめ

※ 独自の適性診断機能をうけられる・スカウト機能を使ってスキルを最大限に売り込める

ジョブバディ(Job Buddy) | 関東近郊の先生におすすめ

※ 関東を中心とした求人が多い・適正給与を教えてくれる・転職した後までアフターケア

 

 

筆者が実際の転職で利用したサイトの中から選びました。他の先生方の評判も上々です。

 

サイトごとに取り扱う分野や給料などが違うので、転職サイトは2〜3社登録しておくと、求人の見逃しがなくなります。

 

「転職サイトの特長は?」「良質な求人を見極めるコツは?」

 

…といった疑問をお持ちの方はこちらの記事をご覧ください ▼

 

 

転職を考えている先生は、参考にしてみてください。

 

「歯医者を辞めたい」と感じている歯科医師の先生が、うまく自分と向き合えますように。

 

今回は以上です。

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
歯科医師の転職
スポンサーリンク
しろたぬ Web