クロックスを履いて訪問系(医療・介護)の仕事をしたら割とよかった件

 

訪問系(医療や介護)の仕事をしている人「訪問系(医療や介護)の仕事をしているけど、イチイチ靴を脱ぐのがめんどくさい。クロックスってどうなんだろう。おすすめのシューズがあれば知りたい。」

 

本記事ではこういった疑問にこたえます。

 

本記事の内容

 

「よく靴を脱ぐ」仕事をしている人で、「いちいち靴を脱ぐの、面倒くさいーー!!」と感じている人いませんか?

 

こんな風に思っている私は歯医者です。

 

といっても「訪問歯科」といって、認知症だったり、身体の不自由な患者さんの家へいって治療する訪問診療をメインにおこなっている歯医者です。

 

そのため1日に多ければ10件以上の家を回ります。そのたびに靴を脱いで、また履く..という動作を繰り返します。

 

この動作が面倒すぎて色々なシューズを試した結果、クロックスに行き着きました。

 

この経験を語ります。1分ほどで読み終わります。

 

毎日、Twitterで医療と介護の情報発信しています。

 

『高齢者にかかわる仕事をしていると「楽しみは老後にとっておこう」みたいな考えはけっこう危険だと感じる。
目が弱くなると読書やゲームは疲れるし、足腰が悪いと遠出も難しい。今やりたいこと、今しか体験できないことはすぐにでも計画するべき。それに、ヒマな老後が存在する保証なんてどこにもない』

 

スポンサーリンク

クロックスを履いて訪問系(医療・介護)の仕事をしたら割とよかった件

欠点もあるけど…クロックスはおすすめ

 

結論、クロックスを履いて訪問系(医療・介護)の仕事をしたら割とよかったです。

 

ぬぎやすい。そして、履きやすい。

 

これだけで、ストレスが減ります。

 

とはいえ、実際に使ってみるとクロックスにはメリットだけではなく、デメリットもあると感じたので紹介していきます。

 

✔︎ クロックスとは?

 

クロックスとは、こういうサンダルです。誰もが一度は見かけたことがあると思います。

・シンプルで履き心地の良いボートシューズのメーカーとして創立された

・120種類を超えるスタイルを世界中で販売されている

・販売数は1億足

・ソフトで軽く快適な履き心地で、防臭効果まで兼ね備えている

>>クロックス公式

 

クロックスのメリット・デメリット【仕事で使う】

 

以下のとおりです。

 

✔︎ メリット

 

①:脱ぎやすい、履きやすい

 

②:リーズナブル

 

③:濡れてもOK

 

④:手が清潔

 

⑤:種類が多い

 

 

 

✔︎ デメリット 

 

①:見た目がラフすぎる

 

②:力が入りにくい

 

③:すり減るとスベる

 

④:腰を痛めるという説あり

 

 

 

少しだけ詳しくみていきましょう。

 

クロックスのメリット ①:脱ぎやすい、履きやすい

なんといっても脱ぎやすい履きやすいは最大のメリットです。

 

ズボッズボッで終わりです。着脱にストレスはありません。

 

✔︎軽くて丈夫

クロックスで定番の形だと200gから300g の重さです。普通のスニーカーだと400g 以上するのでだいぶ軽いです。

 

またクロックスで使われているクロスライトという特殊樹脂はとても丈夫で、かつ防臭力も強い素材です。

 

クロックスのメリット ②:リーズナブル

クロックスは定番の型だと5,000円以下で買うことができます

 

それで3年は履くことができているので、コストパフォーマンスは悪くないと思います。セールも多いので、時期を狙ってからと安く購入することができたりします。

 

100均に売っているようなクロックスに似たサンダルとは比べ物になりません。

 

やはりそれなりの機能ですし、 歩いていて足が痛くなってくるので長時間履くのには向いていません。

 

クロックスのメリット ③:濡れてもOK

クロックスは雨の日にも使えます。濡れても、すぐに乾く素材で出来ているからです。

 

クロックスの表面は細かく穴が開いてるんですけど、不思議と水は入ってきません。

 

よほどの大嵐だったら別ですが普通の雨であれば問題なく履けます。

 

それに、濡れる前提で考えるとスニーカーよりもクロックスの方が便利です。

 

クロックスのメリット ④:手が清潔

クロックスはそのまま履けるので手が清潔でいられます。

 

スニーカーは一度しゃがんでかかとに手を入れてよいしょって吐くのですが、クロックスはその手間がありません。

 

感染症は不潔な手から伝染することも多いので、そのリスクを減らすことができます。

 

クロックスのメリット ⑤:種類が多い

クロックスは種類が多いです。

 

色や形はバリエーションが豊富で、120種類以上の商品があります。

 

さらに男性用、女性用、子ども用と分かれています。

 

✔︎ 冬、寒いのでは

クロックスは冬寒そう…と思われる人もいます。

 

ですが心配いりません。クロックスにはボア付きの商品があります。

 

これを履くと結論寒くありません、むしろ暖かいです。

 

実際のスクショを載せておきますね。普段は夏用(春から秋)と冬用にわけて使っています。

 

■ 夏用(春から秋)用のクロックス

■ 冬用のクロックス

 

続いて、デメリットもみていきましょう。

 

クロックスのデメリット ①:見た目がラフすぎ

クロックスは見た目が完全にラフになります。結構プライベート感が出てしまうんですよね。

 

そのためサンダルNGのような会社で働いている場合は履けないです。

 

とはいえ、靴を脱いだり履いたりすることが多い仕事だと、見た目よりも機能性は重要です。

 

クロックスのデメリット ②:力が入りにくい

スニーカーなんかと比べると力が入りにくいです。足へのフィット感は劣るからです。

 

足をぐるぐる動かしとスニーカー脱げませんが、クロックスだと飛んでいかないように力を入れる必要があります。

 

踏ん張りという意味に関してはスニーカーの方が有利です。

 

クロックスは以下の写真のように、かかとを囲むような状態にすることもできます。

 

ですが、着脱に関してクロックスの良さが減ってしまうので、このような形では使っていません。

 

クロックスのデメリット ③:すり減るとスベる

クロックスは使い込んでくると裏がツルツルになってきます。

 

ゴムのような素材でできているので、特に雨の日なんかは滑りやすくなります。

 

もちろん新しい状態では滑るようなことはありません。

 

安全に仕事をするためにクロックスに限らずすべての靴は消耗品…と考えると良いかなと思います。

 

クロックスのデメリット ④:腰を痛めるという説あり

クロックスを履くと腰を痛めるという説を聞いたことがあります。

 

歩く時に変な力がかかっていたり、するように歩いてしまいがちという指摘もあります。

 

ただ正直、データを見たことありませんし、 同じ人で比べることはできないので、ここら辺の判断は個人差があると思います。

 

元々私は腰痛もちで定期的に腰が痛くなりますが、クロックスのせいなのかはわかりません。

 

とはいえ今のところひどくなってはいないので、マッサージやストレッチなどで身体をメンテナンスするほうが大切かなと感じます。

 

クロックス以外のシューズも試してみた【感想】

 

クロックスにたどり着くまでに今までいろいろシューズを試してみました。

 

 

・100均のクロックス風サンダル

 

・ビーチサンダル

 

・ビルケンシュトックのサンダル

 

・手を使わずに履けるスニーカー

 

 

 

100均のクロックス風サンダル

正確には100円じゃなくて300円ぐらいした記憶があります。

 

とはいえ、クロックスに比べるとクッションがないので地べたを直接歩いてるような感覚です。

 

すぐに壊れやすいのと、脱ぐ時にスムーズに足がぬかず、すぐ脱げなかったりしたので、すぐに辞めました。

 

コストパフォーマンスは圧倒的ですが、常用するのはオススメしません。

 

ビーチサンダル

通称ビーサン。クロックス同様に手を使わずに簡単に履くことができます。

 

ビーチサンダルを使って欠点だったのは2点。

 

・足が寒い

・物を落としたときの危険性

 

直接風が当たるので足が寒いです。冷え性だったので足が冷えてしまってすぐ辞めました。

 

なにより安全性がちょっと保証されない…と思いました。

 

仕事柄、先が尖っていたり重かったりっていう道具を使うので、足に直接落としたとき危なすぎです。

 

そもそもビーサンは仕事で履くものじゃないだろう….と言われたらそれまでです。

 

ビルケンシュトックのサンダル

サンダルランキング一位の常連、ビルケンシュトックのサンダルを使ったことがあります。

 

こんなちょっとオシャレなやつ、みたことありませんか?

 

 

一度履いてみたかったので奮発して買ってみました。

 

クロックスに比べると高いんですよね。安いやつでも5000円以上します。クロックスに似た形状のモデルだと2万円近くしました。

 

おしゃれにサンダル履きたいっていう人にはおすすめです。

 

結果、個人的にはコスパ重視派なのでこれだったらクロックスいいかな…という結論になりました。

 

手を使わずに履けるスニーカー

メレルというブランドのジャングルモックと呼ばれるスニーカーを購入しました。10,000円以上しました。

 

 

確かに手を使わずに履くことができます。

 

かかと部分が柔らかくてそのまま足を挿入できるんですが、脱ぐときは手が必要です。

 

圧迫感はどうしてもあったので、面倒になって使わなくなりました。

 

見た目がスニーカーっぽくて、ラクに履けるのが好みの人はいいかもです。

 

最近はナイキが手を使わずに履くスニーカーを開発されたので試してみようと思っています。

 

クロックスがおすすめの人【訪問系(医療・介護)の仕事でも大丈夫】

 

 

・好奇心のあるひと

 

・よく靴を着脱しなきゃいけない人

 

・それなのに靴を脱いだり履いたりするのがめんどくさい人

 

 

 

これらに当てはまる人は一度試してみてほしいです。

 

私のまわりだと訪問歯科、訪問介護、訪問入浴、訪問看護あたりに当てはまります。

 

靴は最初に買わなくてもよい時代です

 

靴は買わなくても良い時代になりました。

 

今までだと靴はお店に行って、試着して、買って…という流れが当然でした。

 

ですが、今は違います。

 

Amazonのワードローブというサービスを使うと、自宅にいながら試し履きができます。

 

Amazonプライムに入会している人あれば誰でも追加料金なしで利用できます。

 

使い方は簡単すぎます。

 

✔︎【利用手順】Amazonワードローブ 

Amazonプライムに登録する(今は30日間無料)

・商品を選び、「ワードローブ」を選択(最大6点まで、サイズ違いもOK)

・届いた商品を自宅で試着

・購入するか返送するかを選ぶ

 

靴だけでなく、服やバッグや時計なんかもまとめて6点まで試すことができます。

 

ダンボールで送られてくるので、返送する場合はそのダンボールを使ってそのままコンビニで返送します。(返送伝票もついてきます)

 

欲しいと思ったものはそのまま購入できます。

 

ちゃんとサイズやフィット感を確認してから購入できるので、安心です。

 

アマゾンプライムはワードローブだけでなく配達無料、映画見放題、音楽聴き放題、マンガ読み放題…といったサービスも年間4,900円(または月間500円)で利用できるので、お得すぎます。

 

もしまだ入会していない人がいたら、無料期間もあるのでぜひ一度試してほしいです。

 

>> 30日間無料Amazonプライムの登録はこちら 

クロックスがゴールじゃない【理想の靴をめざして】

ここまで、訪問系(医療・介護)の仕事をしている人はクロックスが便利です…という記事を書いてきました。

 

とはいえ私は、これがゴールだとは思っていません。

 

きっともっと楽で便利な靴が出てくるはずです。 もっといいシューズがあったらシェアしていきたいと思っています。

 

今回は以上です!最後に、実際に利用している商品を紹介しておきます。

 

クロックスの公式オンラインショップは種類が豊富ですが、会員登録が面倒なのでいつもアマゾンで買っています。

 

夏用クロックス

 

冬用クロックス

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

 

足だけでなく、心身ともに健康で、お仕事してください。

未分類
スポンサーリンク
しろたぬ Web