【結論】熱いものがしみたら歯医者に行こう【選び方と応急処置も解説】

 

あついものがしみる人「熱いものや温かいものがしみる。歯医者に行った方が良いのかな…。歯医者の選び方やすぐに歯医者に行けないときの対処法があればおしえてほしい。」

 

本記事ではこういった疑問にこたえます。

 

本記事の内容

 

この記事を書いている私は歯医者です。最近熱いものがしみだして、自分の歯の神経を取りました。

 

生まれて初めての経験だったので、患者さんの気持ちがとてもよくわかりました。

>>参考:【熱いものがしみる】歯医者が「自分の歯の神経を抜いた」話【体験談】

 

歯がしみていると、常にイライラするというか、歯にとらわれている感じがしますよね。

 

この経験から語ります。

 

普段は Twitter で医療と介護の情報を発信しています。 記事の信頼性担保になると嬉しいです。

 

『少しだけ意識してほしいのだけど、歯って冷たい水がシミるよりも、熱いお茶がシミる方が窮地に陥っている可能性が高いです。あと激痛を耐えぬいたとしても、忘れた頃にその何倍もの痛みに襲われる場合も。何かおかしい…いつもと違う…と感じる人は早めに歯医者さんに診てもらうのが吉。歯は資産です。』

 

スポンサーリンク

あついものがしみたら歯医者に行こう【歯医者の選び方】

 

熱いものがしみたらどうしたらよいのでしょうか。結論は以下のとおり。

 

 

・歯医者にいく

 

・冷やす

 

・痛み止めを飲む

 

 

 

この中でも正解は「歯医者に行く」です。

 

あついモノがしみる…は要注意【緊急性ありかも】

熱いものがしみる、は歯がピンチに陥ってる可能性のある症状です。神経の近くまで虫歯が進行していることがあるからです。

 

これを歯髄炎と呼びます。(歯髄とは歯の神経のことです)

 

熱いものを飲むたびにジンジンしたり、噛んだ時に違和感を感じたり…こういった症状は早めの受診がおすすめです。

 

『歯医者です。たった今「自分の歯の神経をとる」を生まれて初めて体験してきました。熱いものが滲みる…って虫歯が進んでいる基準の1つなのですがラーメンがあんなにツラいとは…。患者さんの痛みがよくわかりました。歯が痛いと歯のことしか考えられない。違和感→早めの受診、大事ですね。唇ジンジン』

 

このツイートのように、私もラーメンのスープがしみて、かなり凹んだ経験があります。

 

あついものがしみたときの歯医者の選び方

 

とはいっても、どこの歯医者に行って良いか迷う人も多いと思います。

 

歯医者の選び方は以下のとおりです。

 

 

①:かかりつけ医

 

②:知り合いの紹介や口コミ

 

③:近場で探す

 

 

とにかく診察してもらおう

かかりつけがいる場合はかかりつけ医にすぐ相談しましょう。

 

知り合いの紹介は歯医者の知り合いや、友達からの情報などを参考にすると良いです。

 

なにもわからないという人は、「近場」で探せばOKです。

 

✔︎ 予約は忘れずに

歯医者を受診する時を予約することがおすすめです。なぜなら時間のかかる治療になる可能性があるので、時間の確保は必要だからです。

 

どうしてもの時は飛び込みもアリですが、それでも事前に電話連絡したほうがベターです。電話対応からもどのようなのか分かったりすることもあります。

 

『近場』の歯医者で治療することにはメリットがある

かかりつけも知り合いもいないっていう人、結構いると思います。

 

熱いものがしみている場合、近場で歯医者を探すのにはメリットがあります。

 

理由としては、「歯」が以下の状態である可能性があるからです。

 

・緊急性がある

・治療回数かかる

 

 

熱いものがしみている歯はその後もっと痛くなる可能性があります。緊急時に、なるべく通いやすい病院を選んでおくのが良いです。

 

家の近くや会社の近くはおすすめです。

 

また、治療回数がかかる可能性がある…という意味でも近場はメリットがあります。歯の治療はしっかり治しきることが重要です。

 

遠すぎるという理由で、通わなくなるのは損でしかありません。しっかりと治しておかないと、だらだら通うことになってしまい時間もお金もかかることになってしまいます。

 

そのため「通いやすさ」は大切です。

 

✔︎ 治療技術はわからない

治療の上手な先生に治療してほしい…という希望はもちろんありますよね。

 

ただ実際どの先生がうまいかどうか分かりません。 歯医者の私でも近隣の歯医者さんの治療内容は見たことがないので、どういう技術なのかはわかりません。

 

何より、結果はやってみないとわかりません。そのため緊急性を最優先にして「近場」おすすめしています。

 

休診日・診療時間は要チェック

休診日と診療時間は要チェックしましょう。必要な時に病院がやっていなければ意味がありません。

 

自分の通える時間帯に営業しているか…はチェックしておくことをおすすめします。

 

✔︎ 万が一のときは当番医制度を

歯はいつ痛くなるかわかりません。 日曜日や祝日など病院がやっていない日に痛くなる可能性もあります。

 

そんなときのために、どの自治体でも「当番医制度」があります。

 

「自分の住んでいる市町村名・ 歯科 ・ 当番医」で検索するとその日やっている病院が分かります。

 

万が一の時は利用してください。応急処置をしてくれます。

 

すぐに歯医者にいけないとき【熱いものがしみるときの応急処置】

 

歯医者に行くのは分かっているけど、そんな時間ないよ…という人もいると思います。

 

すぐに歯医者にいけないとき【応急処置】

 

 

・冷やす

 

・痛み止めを飲む

 

・固いものをかまない

 

・熱いものを食べない

 

 

 

冷やす場合は冷えピタのような急激に冷やすものではなく、水道で濡らしたタオルくらい温度がおすすめです。

 

痛み止めは薬局でロキソニンなどを買うことができます。常備していくことをオススメします。

 

※ 購入時は、身体の様子に対する質問に回答する必要があります。

 

噛まないようにすると歯に刺激は加わりません。自分はウイダーインゼリーのような流動食で栄養とっていました。

 

ですが…ラーメン食べれなかったのはツラかったです。

 

✔︎ あくまで応急処置

あくまで応急処置だということは忘れないでください。

 

歯は自然治癒がほとんどありません。そのため症状を抑えることはできても原因を治すことは難しいです。

 

時間を見つけて歯医者に行くようにしてください。

 

歯は痛くなると耐えられないほどの痛みなので、どんなに時間がない人も何よりも優先に歯医者を探すことになってしまうと思います。

 

脅かすようですいません。でも真実なので、 そうなる前に早めに診察してもらってくださいね。

 

熱いものがしみる原因

熱いものがしみる原因は以下のものがあります。

 

・歯の神経の炎症(歯髄炎)

・歯周病

・知覚過敏

・銀歯からの熱伝導

・食いしばり、ストレス

・虫歯の治療後

 

個人差があるので、実際に診察してみないと判断できません。

 

「熱いものがしみる 冷たいものはしみない」なんてことや、原因不明なんとこともあります。

 

自分で診断しないようにしましょう。

 

早めの治療はメリットあり

早めの治療はメリットが多いです。

 

・治療期間が短い

・治療費が安い

・歯の寿命が延びる

 

我慢すればするほど症状は進行するので、 治療期間が長くなってしまいます。つまりそれは治療費も高くなることにつながります。

 

また歯自体も弱くなっていくので、将来的な歯の寿命も変わってきます。

 

デメリットとしては怖い、めんどくさい、痛い、高そう…もあります。

 

ですが、勇気を出して歯医者に行くことが、結果として自分のメリットになることは忘れないで下さいね。

 

【一瞬の勇気】覚悟をきめて早めの治療

 

今回の記事をまとめます。

 

 

・熱いものがしみたら歯医者にいこう

 

・歯医者はかかりつけ医がなければ、『近場』で探す

 

・応急処置は冷やす、痛み止めを飲む、かまない、熱い物をたべない…

 

・とはいえ…熱いものがしみたら歯医者にいこう

 

・早めの治療は歯の寿命を延ばします

 

 

熱いものがしみると、常にイライラして、歯にとらわれてる感じがしますよね。

 

よくある話で「もう少し放っておいてもいいかな」という人もいますが、歯のことが気になる状態のまま生活するのは人生の時間としてももったいないです。

 

なんだかんだで「歯が気になる」は心の不安定につながります。

 

一瞬の勇気を出して歯医者を予約してみましょう。快適な生活を送るためには少し歯をくいしばることも必要です。

 

健康な歯を取り戻せますように!

 

歯は資産【2000万円以上の価値がある】

最後に『歯は資産』という話をします。

 

 

人間の歯は一本につき100万円近い価値があると言われています。

 

歯は全部で28本。つまり2,000万円どころか3,000万円ちかい価値があります。

 

実際に歯は自然治癒せず、 治療しても修復するだけで元に戻るわけではありません。色も噛む力も強度も元には戻りません。

 

天然の歯はあなたにとっての宝物です。

 

ぜひこの機会に良い先生を探すチャンスだと思って、歯医者に行ってみてください。

 

今回は以上です!

 

 

 

未分類
スポンサーリンク
しろたぬ Web