病院内でのパワハラ・モラハラの事例を紹介します【微妙なケースも】

病院内 パワハラ モラハラ 事例 ケース

 

パワハラ・モラハラについてしりたい医療従事者「病院内でのパワハラ・モラハラの事例を知りたい。パワハラ・モラハラにならないパターンや微妙なケースも教えてほしい」

 

こういった疑問にお答えします。

 

✔︎ 本記事の内容

 

✔︎ 対象読者

・看護師、歯科衛生士、歯科助手、介護士…といった医療機関で働く医療従事者のひとたち

 

最近は「パワハラ」や「モラハラ」の認識が世の中で広まってきました。

 

はっきりいって…よいことです。

 

しろたぬ
しろたぬ

この記事を書いているわたしは歯科医師です。

 

今までに、小さい病院から大きい病院まで勤めてきました。

 

その間にパワハラをうけて、本当にツラい思いをしました。

 

この記事では、医療従事者が受けるパワハラ・モラハラの事例と、ハラスメントには該当しない可能性のあるケース…をまとめて解説します。

 

この記事を読むと、自分が受けている行為がパワハラ・モラハラに該当するか…がすべてわかります。

 

>> 職場でのパワハラ・モラハラをもみ消されない7つの方法

 

■ もくじ

 

しろたぬ
しろたぬ

いつもは Twitterで医療と介護の情報を呟いています。

 

ありがたいことに1万人以上の方にフォローしてもらってます。

 

記事の信頼性につながると嬉しいです。

 

病院内でのパワハラ・モラハラの事例を紹介します

病院内 パワハラ モラハラ 事例

 

医療従事者が以下のような事例をうけた場合、いわゆるハラスメント(パワハラ・モラハラ)に該当します。

 

①:身体的な攻撃

②:精神的な攻撃

③:人間関係からの切り離し

④:過大な要求

⑤:過小な要求

⑥:個の侵害

 

【定義】パワハラ・モラハラとは

 

まずは、パワハラ(パワーハラスメント)とモラハラ(モラルハラスメント)の定義について解説します。

 

・パワハラ:仕事上の立場を利用して、精神的身体的に苦痛を与えること

・モラハラ:倫理や道徳に反する精神的な暴力や、言葉や態度による嫌がらせ

 

パワハラは、「上の立場のひと」が「下の立場のひと」におこなうものです。

 

一方で、モラハラに立場は関係ありません。 部下から上司同僚から同僚へもあり得ます。

 

引用:厚生労働省 パワーハラスメントの定義について

 

パワハラ事例 ①:身体的な攻撃

 

その名のとおり、身体に危害を加える行為です。

 

殴る・突き飛ばす・叩く・立ちっぱなしにさせる…などです。

 

✔︎ 具体例

・医師が看護師を控室に呼び出し、仕事の不備を理由にバインダーで叩いた

・歯科医師が仕事のミスをした歯科衛生士を廊下に立たせた

 

パワハラ事例 ②:精神的な攻撃

 

人格や尊厳を否定するような言動と行動…です。

 

相手をバカにするような言葉・地位を脅かす表現・執拗な叱責・罵倒…などが当たります。

 

✔︎ 具体例

・医師がカンファレンス中に大勢の前で怒鳴り続けた

・仕事が終わって帰ろうとするスタッフに「私より先に帰るのか」と怒鳴る

 

パワハラ事例 ③:人間関係からの切り離し

 

仲間はずれにして、無視をしたり必要な情報を与えない…といった行為です。

 

席を隔離する・不必要な自宅待機を命じる・必要な資料連絡を伝えない…などが該当します。

 

✔︎ 具体例

・事務所にて、看護師長が新人看護師の席を勝手にお誕生日席に変えた

・お局歯科衛生士が「説明してもわからないだろう」と一人だけ打ち合わせからはずした

 

パワハラ事例 ④:過大な要求

 

到達できないような仕事量を与えたり、無茶な期日を設定したりすること…です。

 

明らかに達成不能なノルマを課す・終業間際に大量の仕事を押し付ける・他人の仕事をやらせる…などが該当します。

 

✔︎ 具体例

・1日では終わらないような資料の整理を、明日までと期限をきめてやらせる

・一人では到底終わらない診療業務や受付業務を押し付ける

 

パワハラ事例 ⑤:過小な要求

 

能力に見合わない単純作業を命じたり、必要性の乏しい作業のみを命令したりすることです。

 

看護師に資料整理だけやらせる・歯科衛生士にコピーやお茶くみなどしかやらせない…などが当たります。

 

✔︎ 具体例

・歯科衛生士業務をやらせずに、電話番だけをやらせ続けた

・院長が新人の看護師に、受付業務しかやらせない

 

パワハラ事例 ⑥:個の侵害

 

プライバシーや私生活に過剰に立ち入る行為です。

 

休日の過ごし方や、交際相手の存在などしつこく聞くような行為です。

 

✔︎ 具体例

・医師が看護師に「彼氏の有無」をしつこく聞く

・歯科医師が、歯科衛生士の「配偶者」に対して非難をする

 

病院内におけるパワハラ・モラハラは立場に関係なく発生する

病院内 パワハラ モラハラ 先輩 後輩 上司

 

モラハラは、精神的な暴力や言葉や態度による嫌がらせです。

 

立場が関係なく起こることが特徴です。

 

・上司から部下

・同僚から同僚

・部下から上司

 

このような、すべてのパターンで起こりえます。

 

私も経験しましたが、部下から上司に対するモラハラも増えています。

 

上司から部下へのモラハラ

 

上司から部下へのモラハラは、パワハラと重なることがあります。

 

被害者が上司から精神的な被害をうけると、それはパワハラでもありモラハラでもあります。

 

悪口、陰口、無視…といった以外にも、正座させる…などの行為も当てはまります。

 

同僚から同僚へのモラハラ

 

同僚から同僚もあり得ます。

 

✔︎ 具体例

・役立たずと罵る

・大切な資料をまわさない

 

パワハラ同様に、悪い噂を流す…などといった人を貶める行為も該当します。

 

経験上、加害者が「上から目線」になることが多いです。

 

部下から上司へのモラハラ

 

最近は、部下から上司のハラスメント…が増えてきました。

 

✔︎ 具体例

・指示を無視する

・根拠のない悪評を流す

 

転勤してきた上司にいままでいた社員が嫌がらせをする…という事例も実際にありました。

 

微妙なケース【ハラスメントにあたらないかも】

病院内 パワハラ モラハラ 微妙 当たらない

すべてがハラスメントになるわけではない

 

すべての行為がハラスメントにあたるかというと、そうではありません。

 

以下のようなケースはハラスメントに当たらない可能性が高いです。

 

・個室に呼び指導をおこなった

・遅刻した部下に「何やってんだ」と叱った

 

業務上の適切な範囲と認められる場合は、ハラスメントには当たりません。

 

ハラスメントに該当してくるケース

 

ハラスメントか該当してくるケースは叱責に加えて、人格否定や暴力が加わることです。

 

・だからお前とは仕事がしたくない

・さっさと帰れ

 

仕事に関する指導だけではハラスメントに当たらないので、注意しましょう。

 

仕事での指導はあくまで「仕事を円滑にすすめるために必要なもの」です。

 

ハラスメントからは「逃げる勇気」も必要

 

ハラスメントを受け続けると、身体だけでなく、心も不調に陥ります。

 

仕事する上で1番大切なことは、自分自身の健康です。

 

状況によっては、逃げる勇気を持つようにしてください。

 

もし、

 

・明日から行きたくない

・辞めたいのに辞めさせてくれない」

 

…と本気で悩む人は、退職代行の利用もひとつの手段です。

 

依頼すると即日で退職できるので、限界を迎える前にまずは無料相談をしてみましょう。

 

ハラスメントを受けているひとにオススメの退職代行サービスはこちら ▼

 

✔︎ ハラスメントを受けている医療従事者にオススメの退職代行サービス

退職代行ガーディアン大きめの病院に在籍するひとにおすすめ

※ 合同労働組合が運営・有給、未払い賃金の交渉をおこなってくれる・365日対応・29,800円

わたしNEXT女性の退職実績を重視するひとにおすすめ

※ 業界で唯一の女性専門の退職代行サービス・女性の口コミランキング NO.1・29,800円

退職のススメリーズナブルに退職したいひとにおすすめ

※ 人材会社が運営する退職代行サービス・弁護士監修・失業保険の給付サポート・25,000円

 

【パワハラ・モラハラ加害者の末路】ハラスメントをおこなった人の責任

病院内 パワハラ モラハラ 加害者 末路

 

最後に、ハラスメントをおこなった人の責任について解説します。

 

民事上の責任と刑事上の責任にわかれます。(弁護士さんに確認していますが、必ず自分でも確認してください)

 

民事上の責任

 

民事上の責任を請求される可能性があります。

 

対象は行為者と職場(病院・法人・会社)です。

 

・行為者:民法709条の不法行為責任に基づく損害賠償請求される可能性があります

・病院:病院には民法415条の債務不履行責任かっこ安全配慮義務違反に基づく損害賠償請求される可能性があります

 

刑事上の責任

 

刑事事件として訴えられる可能性もあります。

 

・名誉毀損、侮辱罪、脅迫罪、暴行罪、傷害罪

 

実際、パワーハラスメントによって被害者が精神疾患を患った場合、傷害罪に当たることがあります。

 

その場合、15年以下の懲役又は五十万円以下の罰金…などが課される可能性があります。

 

社会的地位の著しい低下

 

結果、パワーハラスメントを行った場合には、職場だけでなく社会的にも信用・地位を失うことになります。

 

なぜなら法律上の責任が課せられるからです。

 

そのため、仕事場での言動や行動は常に注意が必要です。

 

まとめ:病院内でのパワハラ・モラハラの事例を紹介した

病院内 パワハラ モラハラ 事例 まとめ

 

今回は、病院内でおこるパワハラ・モラハラの事例を具体的に紹介しました。

 

ハラスメントは、シンプルに犯罪です。もし、ハラスメントを受けている人はすぐにでも対策してください。

 

心を病むくらいなら、退職することも一つの手段です。

 

「心を病みそう」「退職を言い出せない」…というひとは退職代行の利用はオススメです。

 

✔︎ 医療従事者にオススメの退職代行サービス

わたしNEXT女性の退職実績を重視する歯科衛生士さんにおすすめ

※ 業界で唯一の女性専門の退職代行サービス・24h無料相談・29,800円・迷ったらここから

退職代行ガーディアン大きい医療法人に在籍する歯科衛生士さんにおすすめ

※ 合同労働組合が運営・どんな企業でも交渉をおこなうことができる・365日対応・29,800円

退職のススメリーズナブルに退職したい歯科衛生士さんにおすすめ

※ 人材会社が運営する退職代行サービス・弁護士監修・失業保険の給付サポート・25,000円

 

気になる方は、まずは無料相談してみてください。

 

あまりオススメはしませんが、院長と戦う…という選択肢もあります。

 

以下の記事では、「院長を訴える方法」を解説しています。興味のある方はご覧ください ▼

 

 

ハラスメントに悩む人が、つらい思いから解放されますように。

 

今回は以上です。

 

 

 

 

✔︎ この記事を書いたひと
しろたぬ 歯科医師

複数の歯科医院ではたらく歯医者/ライター
今まで100人以上の歯科衛生士さんと仕事を経験。雇用する立場としても「歯科衛生士転職」の内情に精通。医療と介護について呟く Twitter は1.1万人フォロワー。

しろたぬ 歯科医師をフォロー
スポンサーリンク
スポンサーリンク
人間関係
歯科衛生士の転職.com