【禁止事項あり】歯科医師が副業を始めるときの6つの注意点

 

副業に興味がある歯科医師「副業を始めたい…。気をつけることや禁止事項ってあるのかな。副業で成功するコツがあったら教えてほしい。」

 

こういった疑問に答えます。

 

✔︎ 本記事の内容

・副業を始める前に注意する6つのポイント

・歯科医師が副業を成功させるためのコツ

 

 

✔︎ 記事の信頼性

しろたぬ
しろたぬ

この記事を書いているわたしは歯科医師です。

 

歯科医師として働きつつ、ライターとして副業をしています。株式投資と仮想通貨で資産を運用中。

 

医療と介護の情報を発信している Twitterはありがたいことに1万人以上の方にフォローしてもらっています!

 

この記事では、歯科医師が副業をするときの注意点を解説します。

 

この記事を読むと、歯科医師がスムーズに副業するための道筋がわかります。

 

もくじ

 

関連記事 ▶︎【必見】 歯科医師にオススメの副業 10選【お小遣い以上を稼ぐ】

 

スポンサーリンク

【禁止事項あり】歯科医師が副業を始めるときの6つの注意点

 

つぎの通りです。

 

✔︎ 歯科医師が副業を始めるときの注意点 6つ

①:過労に注意

②:税金がかかる

③:家族の同意を得る

④:信用を落とす副業はしない

⑤:モチベーションは続きにくい

⑥:副業禁止の歯科医院もある

 

すこし詳しく解説していきます。

 

①:過労に注意

 

副業による過労は注意してください。

 

副業を始めるとシンプルに忙しくなります。そのため、疲労度はたまります。

 

とくに熱中しすぎるあまり、睡眠不足は危険です。

 

診療中に集中できない状況は事故の元です。

 

本業がおろそかにならないようにしてください。

 

②:税金がかかる

 

副業で収入を得ると、その分税金がかかります。

 

副業によって収入の種類はちがいますが(事業所得・雑所得・不動産所得・配当所得など)、そのままポケットマネーにはなりません。

 

確定申告が必要になったり、住民税などの税金が増えます。社会保険料が高くなることもあります。

 

面倒ですが、きちんと申告・納税しましょう。

 

③:家族の同意を得る

 

家族のいるひとは、家族の同意を得ることは大切です。

 

副業につかうためには生活のスタイルや時間配分がかわるからです。

 

・日曜の数時間は集中したい

・平日の夜、勉強したい

 

家族に負担や迷惑をかける可能性もあります。

 

必ず事前に相談し、話し合っておくようにしましょう。

 

④:信用を落とす副業はしない

 

当たり前ですが、自分の信用を落とす副業はしないようにしましょう。

 

なぜなら、トラブルに巻き込まれるだけでなく、本業、さらに歯科医師免許にも影響がでる可能性もあるからです。

 

・相手を騙して経済的利益を得るもの

・反社会的なひとや団体と関わりのあるもの

・社会のルールや道徳的な考え方から外れたもの

 

…このような公序良俗に反した仕事はダメです。

 

取引先が怪しいと感じたときも避けるようにしましょう。

 

稼ぐ!…を目標にするあまり、危険な道へは行かないようにしてください。

 

⑤:モチベーションが続きにくい…ことを知っておく

 

副業はモチベーションが続きにくいです。

 

副業は収益が出るまで時間を要することも多いです。

 

そのため「稼ぎたい」だけを目標にすると、ほぼ失敗します。

 

時給換算すると圧倒的に歯医者が高い…からです。

 

副業やるなら本業やろう…と感じて、副業をやめるパターンはよくあります。

 

⑥:副業禁止の歯科医院もある

 

副業禁止の場合があります。歯科医院の規則で決められていることがあるからです。

 

勤務医の場合、勤務先の病院次第…ということになります。

 

研修医の研修期間中は、基本的に副業は認められていないことが多いです。

 

勤務医、研修医…の先生で「副業していいのか?」と疑問に思う人は、いちど雇用契約や就業規則を確認するようにしてください。

 

関連記事 ▶︎ 副業していることを勤務先や周りにバレたくない歯科医師の先生へ

 

一方で非常勤(バイト)の先生はこういった規則に縛られないので、基本的に自由です。

 

関連記事 ▶︎歯科医師がバイトを掛け持ちするメリットとデメリット【非常勤で働く】

 

歯科医師が副業で成功するポイント

ここからは、歯科医師が副業で成功するコツ…を紹介します。

 

少しでも興味のあることをやる

 

副業は稼ぎたい…という熱意よりも、興味のある・なし…が重要です。

 

上述したように、副業は最初稼げません。何ヶ月も収益なし…なんてこともザラです。

 

そのため、稼ぐだけを目指すと挫折します。

 

「少しでも興味がある」、せめて「やってて苦ではない」が成功のポイントです。

 

実際に、

 

・ピアノの先生

・英語

・ブランド品のせどり

・農業

・翻訳

 

…といった分野で副業している先生もいます。

 

どれも、「興味がある」から続いています。

 

簡単には稼げない…を理解する

 

繰り返しですが、簡単に稼げないことを知っておくのは大切です。

 

初めから期待値が高すぎると、現実に打ちのめされてしまいます。

 

・まずは1円を稼ぐ

・一年後に収益をだす

 

…くらいの気持ちでいるようにしましょう。

 

 

✔︎ 初期投資の必要なものもある

 

初期投資が必要な副業もあります。

 

たとえば、ライターならパソコン、投資なら自己資金…です。

 

あまり大きな初期投資をすると、回収できなくなる可能性があります。

 

無料、または最低限の初期投資にとどめるようにしてください。

 

時間をつくる

 

副業の成功は「いかに時間をつくるか」…に大きく影響されます。

 

時間がないと副業することができません。そして歯科医師として働いていると、わりと時間はありません。

 

そのため、「つくる」ことが必要になってきます。

 

そんな時間はとれない…という先生は、おそらく成功しません。

 

どうやったら時間を作ることができるか考えてみてください。

 

・飲み会をことわる

・バイト日数をへらす

・昼休みの昼寝をやめる

 

わたしは2時間早く起きて、副業(ライター)をしていました。

 

いまもバイトの掛け持ちで働き、時間を作っています。

 

✔︎ 勤務医はチャンス

 

時間をつくる…ということに関しては勤務医にもチャンスがあります。

 

時間を作りやすいからです。

 

経営を考える必要がないですし、働く医院も選ぶことができます。

 

たとえば、

 

・週休3日

・時短OK

・副業OK

 

…といった「副業に理解のある歯科医院」も存在します。

 

転職サイトを利用して探してみてください。いまは院長の人柄を事前に教えてくれる転職サイトもあります。

 

ちなみに、歯科医師の転職に強い、おすすめの転職サイトは下記です。細かい条件で求人情報を選別できます。

 

✔︎ 歯科医師の転職につよい転職サイト

ファーストナビ | 人間関係を重視する先生におすすめ

※ エージェントが院長の人柄などの内部情報をおしえてくれる・まずは登録しておきましょう

グッピー | 実績をウリにしたい先生におすすめ

※ 独自の適性診断機能をうけられる・スカウト機能を使ってスキルを最大限に売り込める

ジョブバディ(Job Buddy) | 関東近郊の先生におすすめ

※ 関東を中心とした求人が多い・適正給与を教えてくれる・転職した後までアフターケア

 

すべて実際に利用した転職サイトです。上記に登録しつつ、求人をサクッと探してみてください。

 

早めの時間で帰りたい人は訪問歯科もオススメです。

 

参考 ▶︎ 早く帰りたい歯科医師は訪問歯科のバイトがオススメです【15時に帰る】

 

本業は大事

 

副業に興味のある理由には、

 

・歯医者に興味がない

・歯医者をやめたい

・ほかに副収入がほしい

 

…のように先生それぞれです。

 

理由はなんであれ、どの先生にとっても歯医者という本業は大事です。

 

歯医者を完全にやめて、これから副業一本…は不安になりますよね。

 

本業は、収入・人間関係・スキル…すべての意味で心の安定になります。

 

本業を蔑ろにしないようにすることが、副業を成功させるポイントです。

 

※ 副業がうまくいったあとは、歯医者を減らしたり、異業種への転職など、ライフスタイルに合わせた変化も可能です。

 

副業にチャレンジしよう【失敗しても財産になる】

 

この記事では、歯科医師が副業する上で注意するポイント…を6つ紹介しました。

 

✔︎ 歯科医師が副業を始めるときの注意点 6つ

①:過労に注意

②:税金がかかる

③:家族の同意を得る

④:信用を落とす副業はしない

⑤:モチベーションは続きにくい

⑥:副業禁止の歯科医院もある

 

歯科医師の働く環境は年々厳しくなっています。そのため副業に興味を示す先生も多いです。

 

これらに注意しつつ副業を始めれば、成功する確率は高まるはずです。

 

副業は収入を増やすだけでなく、スキルや経験値を上げることにもつながります。

 

なにより、人生の時間は有限

 

まずは興味のあることからチャレンジしてみてください。

 

今回は以上です。

 

 

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
歯科医師の転職
スポンサーリンク
しろたぬ Web