【2パターン】患者さんから連絡先を渡された女医(歯科医師)の気持ちを解説する

 

気になる女医(歯科医師)がいるひと「現在、歯の治療で歯医者に通っているが、そこの女医さんが気になる。連絡先を渡したら、どう思われるのかな。患者から連絡先を渡された女性歯科医師の気持ちをおしえてほしい。」

 

本記事ではこういった疑問にこたえます。

 

本記事の内容

 

通っている歯科医院の女医さんが気になる…と密かに思っている人はわりといます。

 

私は歯科医師(男性)として働いていますが、女医さんに自分の連絡先を渡してきた患者さんを何人もみてきました。

 

そこでこの記事では、「患者さんに連絡先を渡されたときの歯科医師(女医)の気持ち」を解説します。

 

実際に、友人の女医さんたちにリサーチしてみて、おおきく2パターンあります。

 

この記事を読むと、「患者さんに連絡先を渡されたときの歯科医師(女医)の気持ち」と「渡した後の結果」までまとめて解説します。

 

普段はツイッターで医療と介護の情報をつぶやいています。記事の信頼性担保になると嬉しいです。

 

 

『むし歯が多くて、担当の女医さんから「また毎週きてください」とずーっと言われ続けてきた知り合いが、「次は3ヶ月後で」と突然言われたことにショックうけ、歯医者に毎週通い続けないと死んでしまう人みたいな顔してる…マグロかよ。』

 

 

スポンサーリンク

【2パターン】患者さんから連絡先を渡された女医(歯科医師)の気持ち

 

結論、はシンプルに2つです。

 

 

①:面倒くさい…

 

②:うれしい

 

 

 

この2つを驚きとともに感じることになります。すこし詳しく解説します。

 

①:面倒くさい…

 

一つ目は「面倒くさい」と思われます。恋愛対象ではなくただの「患者さん」と認識されているからです。

 

「めんどくさい」は「嫌だなぁ」とほぼ同じ意味です。

 

・彼氏(旦那)いるから無理だよ

・そんなことよりもしっかり治療に来てほしい

・しつこく付きまとわれたらイヤだなぁ

 

この場合はこういった印象になることが多いです。

 

「嫌だなぁ」が「怖いなぁ」と感じる女医さんもいます。

 

「面倒くさいことになりませんように」と怯えていた女医さんもいました。

 

 

✔︎ 何も感じない女医さんも

 

連絡先を渡されたこと自体に何も感じない女医さんもいます。

 

これは「全く相手にされていない」か、「モテすぎていて場慣れしすぎている」…のどちらかです。

 

後腐れのないサッパリした性格の女医さんに多いです。

 

参考:女性歯科医師のモテ具合を男性の歯医者が解説します【結論:モテる】

 

②:うれしい

 

連絡先を渡されて「嬉しい」…と思う女医さんもいます。

 

この場合は患者さんにそもそも好印象を持っている場合が多いです。

 

・イケメン(顔がタイプ)

・お金持ち

 

 

この辺りの理由が多いですね。

 

顔に関してはイケメン…というよりもタイプかタイプじゃないか…ということが大きいと思います。清潔感も大事です。

 

その人がお金持ちかどうかの判別は難しいのですが、「会話の内容」「身につけているもの」「保険証」…からなんとなく想像することはできます。

 

参考:女性の歯科医師に好かれやすい男性の特徴 5選【女医さんと付き合いたい患者さん必見】

 

実際に20歳上のお金持ちの男性と結婚した女医さんもいます。

 

7割は面倒に思われる

 

結局どっちに思われることが多いの?…というと、面倒に思われることの方が多いです。

 

友人の女医さんにリサーチしてみましたが、患者さんから連絡先を渡されたとき、女医(歯科医師)さんの7割以上はめんどくさいと感じるようです。

 

やはり異性として認識していることが少ないからです。

 

とはいえ、患者さんを異性として意識したことがあるか…という質問に対しては7割以上が「ある」と答えていました。

 

このあたりは【恋愛対象?】歯科医師が患者に好意をもつことはあるの?で解説しています。

 

身も蓋もない話ですが、恋愛自体、結局は「人による」という結論です。

 

患者さんが女医さんに連絡先を渡した結果【引き際が大事】

 

患者さんが女医さんに連絡先を渡したとき、結果は次の2つのどちらかです。

 

 

・「めんどくさい」 → スルーされる

 

・「うれしい」 → 返信が来る

 

 

 

当たり前ですがどちらかの2択です。

 

「めんどくさい」 → スルーされる

 

めんどくさい…と思われた場合はシンプルにスルーされます。連絡先を受け取ってもらえなかった場合も同じです。

 

残酷な話ですが、めんどくさい…と感じる相手に返信することはありません。

 

逆を考えてもそうですよね。

 

また、「スルーされる」以外にも「病院の中にひろまる」という可能性もあります。

 

ですがこれ、患者さん自身の耳に入ることがありませんので安心してください。

 

どうしても気になるという方は、治療の最終日に連絡先を渡すようにしましょう。

 

 

 

 

「うれしい」 → 返信が来る

 

連絡先を渡されて女医さんが「嬉しい」と感じた場合、返信が来る可能性があります。

 

嬉しい…と思うということは興味や好意があるからです。

 

先ほども述べましたが、実際に患者さんと歯科医師の女医さんが結婚した例は、身近で2件あります。

 

 

✔︎ 返信が来ないことも

 

嬉しい…と思われても、返信が来ない場合はあります。

 

彼氏がいたり、結婚していたりするパターンです。周りのスタッフの目を気にして…という理由もありました。

 

これは自分でコントロールすることができないので、受け入れるしかません。

 

引き際が大事

 

連絡先を渡したとき結果はどうであれ、引き際が大切です。

 

しつこくしたりつきまとったりするのことは絶対にやめましょう。

 

スルー = お断り

OK = 連絡がくる

 

 

このシンプルな現実があるだけです。

 

これ以上、患者さん側からできることはありません。

 

実際私は患者さんからストーカー被害に遭って怖い思いをしたことがあります。

 

 

 

【重要です】歯を治す

 

忘れてはいけないことですが、当初の目的は「歯を治す」ということだったはずです。

 

そのためしっかり歯は治しきりましょう。

 

虫歯や歯周病がひどくなって歯医者に通うことになると、時間だけでなく、経済的にも精神的にも損失です。

 

清潔感につながる話ですが、歯は「笑う」「話す」「食べる」…といった、日常生活に大きく関わります。

 

歯は大事にしてください。

 

 

✔︎ 虫歯予防にはフッ素入りの歯磨き粉を

 

虫歯を予防するにはフッ素1450 ppm 配合の歯磨き粉がおすすめです。

 

「フッ素1450 ppm の歯磨き粉を使っています」と女医さんに伝えることを話のタネにもなります。

 

 

 

 

ベストを尽くす【行動して考える】

 

今回は、患者さんから連絡先を渡された女医さんの気持ちを紹介しました。

 

 

①:面倒くさい…

 

②:うれしい

 

 

 

大事なことは「女医さんの気持ちを考えるだけでは意味がない」ということです。

 

「面倒くさいと思われるのが怖いから行動しない」…はもったいないです。

 

連絡先を渡されるということは好意を持たれていることです。誰かに好意を持たれることそのものには、悪い気はしませんよね。

 

しつこくすることは相手に迷惑をかけてしまうのでNGですが、一度だけ行動するならなにも問題ありません。

 

そして成功しても失敗しても、「行動した勇気」は将来かならず役に立ちます。

 

成功したら女医さんに見合う男に、失敗したら女医さんを後悔させるような男に、…なればいいだけの話です。

 

ぜひ行動してみてください。

 

余談ですが、歯科医師の女医さんはマッチングアプリをやっていることも多いです。

 

歯科医師の女医さんと出会いたい人は、練習も兼ねて利用してみることをオススメします。

 

繰り返しですが、たったひとつの行動が未来を劇的に変えることもありますよ。

 

 

 

 

今回は以上です!

 

 

【関連記事】