女性歯科医師のモテ具合を男性の歯医者が解説します【結論:モテる】

 

気になる女性歯科医師がいる人「気になる女性歯科医師がいるけど、やっぱり女医さんってモテるのかな。女医さんとうまくやっていく男性ってどんなタイプなんだろう。」

 

本記事ではこういった疑問にこたえます。

 

本記事の内容

 

女性歯科医師が気になっている人にとって「女性の歯科医師のモテ具合い」は気になりますよね。

 

私は男性の歯科医師です。たくさんの女性歯科医師さんといっしょにお仕事しています。

 

そのため、女性歯科医師の恋愛観や結婚観を聞く機会も多く、どのくらいモテるかまで客観的に感じることができます。

 

この記事では、女性の歯科医師がモテ具合を知ることができます。どんな男性がパートナーとして向いているか…まで考察します。

 

この記事を読むと、女性の歯科医師が気になっている人が「女性の歯科医師」の恋愛事情にすこしだけ詳しくなることができます。

 

普段はツイッターで医療と介護の情報を発信しています。記事の信頼性につながると嬉しいです。

 

 

 

スポンサーリンク

女性歯科医師のモテ具合を男性の歯医者が解説します【結論:モテる】

結論:女性歯科医師はモテる

 

女性の歯科医師はモテます。

 

なぜなら以下のような女医さんが多いからです。

 

 

・美人

 

・お金持ち

 

・マジメ

 

 

 

実際、清潔感のある綺麗な女医さんは多いです。

 

バリバリ稼いでる人もたくさんいます。家がお金持ちというお嬢様もよくいます。

 

そして、日々勉強している「根は真面目」な女医さんは多い印象です。

 

このように「モテる要素」がたくさんあります。

 

もちろん人によりますし、必ずしもモテるとは限りません。ですが、私の周りの女性歯科医師はこのような人が多いです。

 

 

✔︎ やさしい女医も多い

 

性格的に優しい女医さんも多いです。時折、「女医は性格が悪い」なんていうひともいますがそんなことはないです。

 

参考:「女性歯科医師の性格」を独断と偏見で解説します【女医の性格が悪い…はウソ】

 

モテることに気づいていない女性歯科医師も多い

 

このように女性歯科医師はモテますが、モテることに気づいてないことも多いです。

 

それはシンプルに「出会いが少ない」から…と考えられます。

 

歯科医師は土日がどちらも休みということは少なく、 休みの日も勉強会や学会に参加します。

 

平日も夜遅くまでやっている歯科医院も多いですよね。

 

そのため、出会いは少なくなります。

 

学生時代はモテていたのに、急にモテなくなったという女医さんの話を掘り下げると、出会っている時間がないという結論に至ったこともあります。

 

周りには、出会いさえあればモテるのにと思う女医さんばかりです。

 

彼氏いない女医さん、婚活している女医さんは思った以上にいる印象いる印象です。

 

参考:独身のアラフォー歯医者が「歯科医師の未婚率」について考えてみた【未婚の理由は5つ】

 

経験談:モテエピソード

 

実際私が目撃した女性歯科医師が「モテるエピソード」を3つ紹介します。

 

 

・患者さんから連絡先を渡される

 

・治療が終わると患者さんが真剣に悔しがる

 

・婚活アプリを使うとマッチング率が非常に高い

 

 

こんな感じです。

 

患者さんから連絡先を渡される

 

患者さんから連絡先を渡されているシーンをたまに目撃します。

 

直接渡してきた20代の方や、受付を通して聞いてきた40代の方もいました。プレゼントを渡してきた会社経営の方もいましたね。

 

参考:【2パターン】患者さんから連絡先を渡された女医(歯科医師)の気持ちを解説する

 

治療が終わると患者が悔しがる

 

歯医者って歯の治療が終わると、普通は嬉しいはずですよね。

 

ですが毎週通っていた歯の治療が終わり「次は3ヶ月後」でと言われた途端真剣に落ち込んでいる若手サラリーマンもいました。

 

「心配なので来月来てもいいですか?」と尋ねていた患者さんも見たことがあります。

 

婚活アプリを使うとマッチング率が非常に高い

 

仲の良い女性歯科医師さんとはよく恋愛トークをします。

 

その中には婚活アプリを使っている人もわりといるのですが、マッチング率がかなり高ようです。

 

1ヶ月の間に70人以上から連絡くる…と。ざっくり300人ほどに見られていたとしても、20%以上の反応率です。

 

反応が多すぎて選別が大変なので、ペアーズのようなマッチングアプリから真剣度の高い婚活アプリに乗り換える女医さんも結構います。

 

女性歯科医師とうまくやっていくタイプの男性【基本の3パターン】

 

女性歯科医師とうまくやっていけるタイプの男性を3パターン紹介します。

 

仕事柄、わたしは女性の歯科医師とお仕事することが多いです。

 

そのため色々な女医さんと恋愛エピソードや結婚生活を聞く機会があります。

 

それらの話をもとにすると以下の3パターンが多いです。

 

 

①:仕事をしている

 

②:ひとりの時間を楽しめる

 

③:歯がキレイ

 

 

 

少し詳しくみていきましょう。

 

①:仕事をしている

 

仕事をしている…はかなりポイントです。当たり前のように思いますが、結構重要です。

 

歯科医師は自立しているので、相手の男性も自立していることはとても大切です。

 

歯科医師はそこまで高収入じゃないので、依存されると困るというのはあります。

 

参考:【歯科医師の年収はいくら?】歯医者がわりと詳しく解説します【開業医・勤務医・女医のリアル】

 

年収何千万円!会社経営!…とかそういうことではなく、自分自身はなんとかなるくらいの所得はほしいです。

 

逆に年収に差があっても、その差を気にしない男性の方がいいですね。

 

女性の方が稼いでいることを卑屈に感じる男性は上手くいかないことが多いです。

 

②:ひとりの時間を楽しめる

 

一人の時間を楽しめる…も重要です。なぜなら常に一緒にいることが難しいからです。

 

特に女性歯科医師は忙しいです。

 

夜遅くまで仕事

土日休みは少ない

休みもセミナー・学会がある

 

生活リズムが合わないことが多いので、共有できる時間は少ないです。

 

金銭的にもですが精神的にも自立していることが大切です。

 

一人の時間を楽しめる、あっている長さよりも密度が大事…こう感じられる男性はうまくいくことが多いです。

 

③:歯がキレイ

 

歯がキレイ…も重要です。

 

シンプルに相手は歯科医師だからです。職業柄、必ず相手の口はみてしまいます。

 

・毎晩、歯を磨く

・悪くなった歯を放置しない

 

このような歯への意識は大切です。

 

色が真っ白だったりとか、一本も虫歯がないとか、一ミリも口臭がしないとか…そういうことではありません。

 

最低限のデンタルケアを意識するだけで十分です。

 

 

✔︎ 虫歯予防にはフッ素

 

虫歯予防にはフッ化物1450 ppm 配合の歯磨き粉が効果的です。虫歯の治療になると痛い思いをするので早めに予防しましょう。

 

フッ化物1450 ppm 配合の歯磨き粉を使っていますというだけで話のネタになりますよ。

 

参考:【おすすめ5選】すぐにポチれるフッ素濃度1450ppmの歯磨き粉【ランキング・注意点あり】

 

同業がNGの女医さんも多い

 

歯医者同士の恋愛や結婚はわりとあります。肌感覚3割くらいです。

 

ですが、なかには絶対に「歯医者イヤだ」「別業種がよい」…という女医さんもいます。

 

歯医者同士の恋愛にコリゴリだったり、歯科業界内のうわさを嫌っていたり…といった理由です。このような女医さんもけっこういる印象です。

 

まったく別業種のひとと付き合ったり、実際に患者さんと結婚した例もみてきました。

 

参考:【恋愛対象?】歯科医師が患者に好意をもつことはあるの?【歯医者が語る】

 

 

✔︎ 結婚願望のある女医さんは婚活アプリを使っていることも…

 

結婚願望のある女医さんはマッチングアプリより婚活アプリやっている印象です。

 

ペアーズをやってみたけど、チャラい人が多いからマジメに出会いたい…というパターンはよくみかけます。

 

参考:歯科医師と確実に出会える婚活アプリ・サイト 3選【歯医者と結婚したいひと必見】

 

女性歯科医師はモテるけど出会いは少ない【女性歯科医師は2万5千人】

 

今回の記事をまとめます。

 

女性歯科医師はモテるけど出会いは少ない…です。なかにはモテていることに気づいていない女医さんもいます。

 

一定の自立度のある男性とつきあったり、結婚している印象が強いです。

 

女性歯科医師は日本に2万5千人。

 

厚生労働省によると日本で働く女性の雇用者は2,500万人です。つまり歯科医師の女性は全体の0.09%とかなり少数です。

 

男性にとっては女性歯科医師と出会うこと自体が希少ですよね。

 

歯をキレイにしつつ、ステキな出会いがありますように!