歯科助手(歯科衛生士)とのLINE交換に失敗しても歯医者に通うべきか【結論:イエス】

 

歯を治療中のひと「歯医者のスタッフとLINEを交換しようとしたら、断られた。きまずい…。このまま治療に通った方がよいかな…」

 

本記事ではこういった疑問にこたえます。

 

本記事の内容

 

私は歯科医師として仕事をしています。

 

仕事中、歯医者のスタッフに勇気をもって『LINE交換』を持ちかけたけれど失敗した..そんな患者さんをたまに見ます。

 

それが原因で治療を途中で中断してしまう患者さんも見てきました。

 

この記事では、たとえ気まずかったとしても歯の治療は継続すべき理由と、思ったより気まずくない理由を解説します。

 

この記事を読むと歯を最後まで治すことの大切さ、 挑戦することの大切さがわかります。

 

普段は Twitter で医療と介護の情報を発信しています。記事の信頼性担保につながると嬉しいです。

 

『恐縮ながら患者さんから連絡先を渡されること、たまにある。衛生士とLINE交換しようと試みる患者さんもいる。その結果返信がない(交換できない)と、”次のアポに来ない率”が高すぎる。頼む…治療を放り出さないでくれぇ…。気まずくなりそうなら、完全に治療がおわった時がおすすめです(何いっとんねん』

 

スポンサーリンク

歯科助手(歯科衛生士)とLINE交換を失敗しても歯医者に通うべきか【結論:イエス】

 

結論、イエスです。

 

特に、「治療途中」の場合は必ず通い切るようにしてください。

 

歯は自然に治らない

 

歯は自然に治りません。

 

虫歯や歯周病は進行性の病気で、歯医者にしか治せません。

 

一度痛みが治まったと思っても、将来的にもっと痛い痛みに襲われる可能性もあります。

 

症状が重症化すると抜かなければいけなくなることも。

 

・むし歯がのこっている

・神経の治療をしている

・歯茎から出血する

 

これらは一例ですが、このような症状がある時はしっかり治しましょう。

 

次の予約を取ってください…と言われてる間は通うようにしてください。

 

途中でやめたらダメですよ。

 

歯医者をかえるのは?

 

歯医者を変えようとするひともいます。

 

ですが、気まずさで歯医者を変えるのはあまりオススメしません。

 

治療の経過を知っている先生にきっちり治してもらうのが、歯にとってはベストです。

 

不信感がある…とか痛みが治らない…という場合は歯医者を変えるのもありでしょう。

 

 

✔︎ 他の歯科医院と情報共有はしていない

 

いまの日本の制度では、治療状態の共有はされていません。そのため他の歯科医院に飛び込んでも今までの治療データは引き継がれません。

 

いつ、どこで、どのような治療したのかというのは、自分で伝えるしかありません。

 

そのため、治療方針が変わったり、初めから治療開始となってしまうこともあります。

 

そういう意味でも、状態を知っているやりきってももらった方がよいです。

 

時間的にも経済的にも…

 

歯医者に通わなくなってしまうと色々な損失を被る事になります。

 

・時間

・経済

・肉体

 

きっちりと治さないと状態が悪くなりやすく、結果として治療に通う時間が多くなってしまいます。

 

時間は有限です。 人生の時間を有効に使うためにも、しっかり通って短期間で治すようにしましょう。

 

何度も通うということはお金もかかるということになります。また肉体的にも痛みを感じることがあるのでストレスがたまります。

 

結論、多少気まずくても歯医者には通いましょう。

 

【LINE交換失敗】自分が思うほど気まずいわけではない

 

それでも、気まずくて通いにくいという人がいるかもしれません。

 

ですが実は、気まずいと思っているのは自分だけだったりします。

 

歯科医院のスタッフはなんとも思っていない

 

歯科衛生士や歯科助手に声をかけて振られた場合、何とも思っていないことが多いです。

 

なぜなら、慣れているから。

 

筆者調べだと、歯科医院のスタッフは患者さんから声をかけられることも割とあるので、 その状況に慣れています。

 

そのためなんとも思ってないことって結構ありますね。

 

それよりも「しっかり通ってくれよ」と思っていることが多い印象です。

 

逆にこちらも「気にしてませんけど?」ぐらいのスタンスでいた方が、空気的には平和です。

 

無断キャンセルには連絡来ることも

 

気まずさのあまり無断キャンセルをすると連絡が来ることがあります。

 

なぜなら治療に来てほしいから。

 

先ほども話したように放置することは歯にとって一番良くありません。

 

フラれてしまったから無断キャンセルする。それに対して連絡がくるほうが気まずいです。

 

せっかく途中まで終了したのにその歯医者に行けなくなるのは、あまりにもったいないです。

 

 

治療後なら変えてもよいが

 

気まずさが原因で歯医者を変えるタイミングとしては「治療終了後」です。

 

治療が終了すると「何ヶ月後にまた来てください」と言われます。

 

「リコール」と呼ばれたりします。

 

治療が一段落したという目安でもありますので、歯医者を変えるタイミングの一つではあります。

 

とはいえ繰り返しになりますが、不信感や痛みが引かない、引っ越した、などの理由以外ではあまり歯医者を変えるメリットはありません。

 

今までの治療歴って、けっこう大切です。

 

 

✔︎ 歯医者はコンビニより多い

 

日本に歯医者は7万件、コンビニは6万件と、歯科医院の方が多いです。

 

そのため歯科医院を変えること自体は簡単です。見渡せば歯医者とばかりですから。

 

通いやすさ、雰囲気、治療の経過…などを考えつつ歯医者さんを選んでみてください。

 

【後の祭り】LINE交換は治療が終わった日にチャレンジすること!

 

後の祭りになりますが、 歯科医院で歯医者のスタッフに LINE 交換を求める時は「治療が終わった日」にしましょう。

 

記事で紹介したように、治療の途中だと気まずくなって行かなくなってしまう可能性があります。

 

歯は噛むだけでなく、笑う、話す…といった基本的な日常生活に密接に関わっています。

 

多くの人は痛くなってから気づきますが、とても大切な体の一部なのです。

 

ですので、「歯を治す」ということが最優先です。

 

気に入った歯科衛生士歯科助手さんがいても「治療が終わった日」にチャレンジしましょう。

 

 

チャレンジしたことは素晴らしい

 

チャレンジしたこと自体は素晴らしいことです。

 

これは肌感覚になりますが、歯科医院のスタッフに好意を持っているけれども実際に声をかけるというのは100人に1人ぐらいの感覚です。

 

その為、勇気を持って行動したということは結果はどうであれ大きな経験値ですよね。

 

歯を治しつつ、自分を褒めてあげてほしいです。

 

今回は以上です。

 

 

 

未分類
スポンサーリンク
しろたぬ Web