本記事はプロモーションを含む場合があります

転職に失敗しやすい歯科衛生士の特徴 5選|ブラックすぎの歯科医院へ就職した体験談も紹介

歯科衛生士 転職 失敗 特徴

 

転職に失敗してしまう歯科衛生士は、少なくありません。

 

転職に失敗する原因は、歯科医院に問題がある場合に加えて、歯科衛生士に問題があるパターンもあります。

 

自分自身が原因で働きにくくなったり、転職を繰り返してしまうのはもったいないですよね。

 

ストレスなく働くためにも、「転職に失敗しやすい歯科衛生士の特徴」を知ることは重要です。

 

✔︎ 先読みガイド

 

✔︎ この記事を書いたひと

まな

転職4回の歯科衛生士 (Twitter
1年目にパワハラで病む/ブラック→ホワイトな職場で快適に勤務/今はスタッフ100名の医療法人で採用を担当

 

この記事では、転職に失敗する歯科衛生士の特徴 ・失敗例の体験談・転職に失敗しない方法を紹介します。

 

✔︎  転職に失敗する歯科衛生士の特徴

 

この記事を読めば、自分にあった歯科医院へ転職できる可能性がグッと高まります。

 

もくじ

 

転職に失敗しやすい歯科衛生士の特徴 5選

転職に失敗しやすい歯科衛生士の特徴は、次のとおりです。

 

✔︎ 転職に失敗しやすい歯科衛生士の特徴 5つ

 

他人のせいにする

 

転職の理由を「他人のせいにする」と、転職に失敗します。

 

責任感のない人・反省できない人…と判断され、当事者意識に欠けていると思われてしまいます。

 

  • 前の医院では何も教えてくれなかった
  • 意地悪なお局さんからいじめられた

 

もちろん、嫌な思いをしたのは事実です。

 

大切なのはその事実を活かして、自分はこう変わりたい改善していきたい…という姿勢が大切です。

 

転職の際は、必ずポジティブな理由でまとめるようにして下さい。

 

求人を適当に選ぶ

 

求人を適当に選ぶと、転職に失敗しやすくなります。「ブラックな歯科医院」に応募してしまう可能性があるからです。

 

給料や近さだけで選ぶのは、危険。以下の流れで選ぶのは、辞めましょう。

 

✔︎ 適当に求人を選ぶとは?

  • 転職サイトの求人をフワッと眺める
  • いまより好条件の求人を見つけ出して、応募する
  • ざっくり見学して、面接で好印象になりそうな受け答えをする
  • 内定をもらって就職する

 

転職に失敗しないためには、求人を徹底的に比較しつつ、エージェントから情報を受け取るのがオススメです。

 

歯科衛生士 まな
歯科衛生士 まな

給料が少なかった・院長の性格が悪すぎた・残業だらけだった…このような例はザラにあります。

 

失敗しないコツ・再就職で気をつけること…は、「転職に失敗しないコツ」で解説しています。ぜひご覧ください。

 

求人情報をしっかり事前リサーチするには、適切な転職サイトを活用することがポイントです。

 

筆者が利用した転職サイトを載せておきます。

 

\ 快適な条件で働ける求人が見つかる転職サイト /

公式特長おすすめする人口コミ・評判
歯科衛生士 転職サイト 1位

デンタルワーカー

職場の雰囲気を確認できる
・ 12,000件の求人が掲載中
・ 転職のプロがフルサポート
転職に失敗した経験がある人
良質の求人が多く、1番おすすめ
\詳細はこちら/
歯科衛生士 転職サイト 2位

ファーストナビ

衛生士の4人に1人が登録中
・ 求人一覧をマップでみれる

・ 院長の人柄が事前にわかる
マメなサポートを受けたい人
電話で悩み相談ができる
\詳細はこちら/
歯科衛生士 転職サイト 3位

歯科転職ナビ

LINEのやりとりがメイン
・ 利用者の満足度 98.2%
・ 7,000件の求人が掲載
マイペースで就活したい人
転職後のフォローが充実
\詳細はこちら/

 

主張が強すぎる

 

主張が強すぎる歯科衛生士さんは、転職に失敗しやすい傾向があります。転職先の人間関係で揉めやすくなるからです。

 

とくに以下のような主張は、面倒に思われやすいです。

 

  • 前の職場では…
  • 滅菌はどうなっていますか?(強気)
  • なぜこうしないんですか?(圧…)
  • 衛生士会に所属しているので(エラそう)

 

主張するのは大切です。しかし新しい職場のやり方を否定するような言い方は、トラブルの原因になります。

 

見学しない

 

「歯科医院を事前に見学しない」は、失敗する原因の一つです。

 

求人情報で見るのと自分の目で見るのとでは、印象が全然違うことがあります。

 

  • 医院の雰囲気
  • 院長・スタッフ・患者さんの雰囲気
  • 通勤時間や周辺環境

 

見学で違和感がある場合、合わない職場のことが多いです。

 

いまはオンラインで就職が完結するケースもありますが、見学前に内定前提で話を進めないようにしてください。

 

転職エージェントの意見を鵜呑みにする

 

転職サイトに登録すると、転職エージェントを利用できます。

 

有益な情報を教えてくれますが、すべての意見を鵜呑みにするのは危険です。

 

「あなたに合った求人」ではなく「転職サイトとしておすすめの求人」を勧められることがあるからです。

 

✔︎ 転職エージェントを利用するメリット

  • 一般には公開されない求人の紹介
  • 給料や雇用条件の交渉を代行
  • 見学や面接の日程調整
  • 転職後の悩み相談

 

✔︎ 転職エージェントを利用するデメリット

  • マッチしない求人の紹介
  • 電話がしつこい場合がある
  • エージェントとの相性がある

 

良質な求人情報を手に入れるには、以下の対策で幅広く求人情報を集めるのが有効です。

 

  • 複数の転職サイトに登録して情報を集める
  • エージェントだけに頼らず自力で探す

 

転職エージェントはデメリットがある一方で、うまく活用することで転職成功の確率は大幅にアップします。

 

効果的な使い方は【使わない方がいい?】歯科衛生士が転職エージェントをつかうデメリット・メリット の記事をご覧ください。

 

 

転職エージェントは独自の求人を保有しているので、2〜3つの転職サイトに登録して幅広く求人情報を確認しましょう。

 

\ 快適な条件で働ける求人が見つかる転職サイト /

公式特長おすすめする人口コミ・評判
歯科衛生士 転職サイト 1位

デンタルワーカー

職場の雰囲気を確認できる
・ 12,000件の求人が掲載中
・ 転職のプロがフルサポート
転職に失敗した経験がある人
良質の求人が多く、1番おすすめ
\詳細はこちら/
歯科衛生士 転職サイト 2位

ファーストナビ

衛生士の4人に1人が登録中
・ 求人一覧をマップでみれる

・ 院長の人柄が事前にわかる
マメなサポートを受けたい人
電話で悩み相談ができる
\詳細はこちら/
歯科衛生士 転職サイト 3位

歯科転職ナビ

LINEのやりとりがメイン
・ 利用者の満足度 98.2%
・ 7,000件の求人が掲載
マイペースで就活したい人
転職後のフォローが充実
\詳細はこちら/

 

転職に失敗した歯科衛生士の体験談【ミスった実例】

転職 失敗 歯科衛生士 体験談 ミス 実例

 

実際に転職に失敗した歯科衛生士の実例を紹介します。

 

 

ブラックすぎ…

 

就職したら、環境がブラックすぎた事例です。

 

給料が求人募集に書いてあったものより低かった。振り込まれてから気づいたが、低い額の雇用契約を結ばされていた。

30代 歯科衛生士

 

毎日2時間の残業や勉強会を強制されたが、残業代でなかった。もちろん有給もない。

20代 歯科衛生士

 

職員が定着せず、つねに人が少ない状態だった。あげく「回っているからいいでしょ」と院長に言われ、半年で退職を決めた。

30代 歯科衛生士

 

労働条件が当初の契約と違う時点で、ブラックすぎです…

パワハラ…

 

パワハラに限らず、ハラスメントが横行している医院もあるようです….

 

院長がつねにイライラしていて、すぐに怒鳴る。ホームページはにこやかだったのに…

30代 歯科衛生士

 

お局さんの新人いじめがひどく、スタッフが定着しない。

20代 歯科衛生士

 

歯科衛生士 まな
歯科衛生士 まな

私は、探針を投げられたことあります…

 

パワハラ・モラハラ…すべて犯罪です…。

 

合わなかった…

 

事前のリサーチが不足していると、「合わない」歯科医院を選択するケースも…

 

仕事内容が思っていた業務じゃなかった。衛生士業務に専念できると聞いていたのに、電話対応や受けつけ業務に忙殺された。

30代 歯科衛生士

 

落ちた道具をそのまま使ったり、グローブを変えなかったり…。当然のように、バックヤード不潔で、すぐに辞めました。

30代 歯科衛生士

 

復職で失敗した例もあります。

 

家の近くで給料のよい歯科医院に復職したら、バリバリ働く意識高めの医院でした。転職初日から失敗ばかりで、仕事もついていけず、すぐ退職した。

40代 歯科衛生士

歯科医院の雰囲気や方針を確認しましょう。

 

非合法?違法?

 

見てはいけないようなものを見るケースも…

 

ベテランの助手さんがセットやスケーリ…とにかく「あれもこれも」していて、ガッツリ違法では?と感じる歯科医院だった。

20代 歯科衛生士

 

レントゲンのボタンを歯科助手さんが押していた…

40代 歯科衛生士

 

こんな業務をしてもいいの?と感じると、不安になります…

 

筆者の体験談は、歯科衛生士をやめたいアラサーDHが理想の職場・働き方を真剣に考えた!をご覧ください。

 

 

事前のリサーチは重要です。

 

\ 快適な条件で働ける求人が見つかる転職サイト /

公式特長おすすめする人口コミ・評判
歯科衛生士 転職サイト 1位

デンタルワーカー

職場の雰囲気を確認できる
・ 12,000件の求人が掲載中
・ 転職のプロがフルサポート
転職に失敗した経験がある人
良質の求人が多く、1番おすすめ
\詳細はこちら/
歯科衛生士 転職サイト 2位

ファーストナビ

衛生士の4人に1人が登録中
・ 求人一覧をマップでみれる

・ 院長の人柄が事前にわかる
マメなサポートを受けたい人
電話で悩み相談ができる
\詳細はこちら/
歯科衛生士 転職サイト 3位

歯科転職ナビ

LINEのやりとりがメイン
・ 利用者の満足度 98.2%
・ 7,000件の求人が掲載
マイペースで就活したい人
転職後のフォローが充実
\詳細はこちら/

 

歯科衛生士が「転職に失敗」する確率をさげる方法

 

転職に失敗する確率をさげる方法は、「転職に失敗しやすい歯科衛生士の特徴」の逆をおこなうことです。

 

  • 情報収集を徹底的に行う
  • 気になる歯科院をみつけたら自己アピールする

 

一手間かかりますが、快適な職場をみつけるために重要なことです。

 

転職前の情報収集を徹底して行う

 

情報収集のコツは2つです。

 

  • 希望条件を明確にする
  • 求人選び・面接で確認

 

求人情報を眺める前に、給料・エリア・仕事内容・勤務時間・休日…といった、希望条件を明確にしてください。

 

  • 給料は△△円以上
  • 通勤時間は◯分以内
  • 終わりの時間は□時
  • 休日は◇曜日

 

条件に当てはまる求人だけを探しましょう。

 

自力で探すのも重要ですが、情報の正確性を担保するために、エージェントを利用することはオススメです。

 

雇用条件のような聞きにくいことを代行して確認してくれますし、就職後に歯科医院とトラブルになっても間に入ってくれます。

 

歯科衛生士 まな
歯科衛生士 まな

職場の雰囲気をリサーチしたり、給与の交渉もしてくれます。

スタッフの勤続年数もチェック

 

「職場の雰囲気」については、「スタッフの勤続年数」も確認しておいてください。

 

スタッフの多くが1年未満に退職しているようなら要注意です。

 

エージェントからの「いい感じの職場です」だけでは情報不足です。

 

気になる歯科院をみつけたら自己アピールする

 

責任感を持って仕事したい旨をしっかり伝えましょう。

 

✔︎ 自己アピールできること

  • 意欲
  • 経歴
  • 性格の特徴

 

経歴はムリに作る必要はありません。性格重視の歯科医院も多いからです。

 

周りに合わせる姿勢をみせるのが大切です。

 

履歴書での自己PRの書き方・面接時のアピール方法は、以下の記事で解説しています。

 

 

面接時は、「話してみて、実際に受けた印象」も大切にしてください。

 

最初に感じる違和感は、正しいことが多いです。

自己アピールはエージェントに添削してもらう

 

転職エージェントに依頼すると、以下をすべて対策してくれます。

 

  • 上手なアピールの仕方
  • 履歴書の書き方
  • 面接時の言い回し

 

見学や面接の日程調整も代行してくれるので、ぜひ活用しましょう。

 

\ 歯科衛生士におすすめの転職サイト TOP3 /

 転職サイト名求人数特長おすすめする人口コミ・評判

1位

デンタルワーカー 歯科衛生士

デンタルワーカー

12,000件

職場の雰囲気を確認できる
・ 雇用条件を交渉してくれる
・ エージェントが面接同行(希望者)
転職に失敗した経験がある人
待遇◎の求人が多く、1番おすすめ
詳細 ▷
歯科衛生士 転職サイト 2位

2位

ファーストナビ

10,000件

衛生士の4人に1人が登録中
・ 求人一覧をマップでみれる
・ 院長の人柄が事前にわかる
マメなサポートを受けたい人
転職の悩み相談が気軽にできる
詳細 ▷
歯科衛生士 転職サイト 3位

3位

 

歯科転職ナビ

7,000件

・ 利用者の満足度 98.2%
・ LINEのやりとりがメイン
・ 条件にあう求人が✉️で届く
マイペースで就活したい人
転職後のフォローが充実
詳細 ▷

 

※ たくさんの求人を見れるので、転職サイトは複数登録がおすすめ。エージェントが合わない場合、すぐに変えることができます。

 

とくにデンタルワーカーは、年間転職成功者3万人を誇る転職サイト。

 

圧倒的な求人数を保有するだけでなく、希望者には面接同行してくれるのは、他の転職サイトにはない強みです。

 

歯科衛生士 まな
歯科衛生士 まな

私もデンタルワーカーで見つけた待遇◎の医院で、穏やかに働いています。

 

強引に転職をすすめられることもありません。デンタルワーカー を利用して、ストレスフリーな働き方を実現しましょう。

 

\ 穏やかな院長の歯科医院がわかる /

デンタルワーカーで求人をチェックする

12,000件の求人が掲載中

 

デンタルワーカーの口コミ・評判を詳しく知りたい方は、こちらの記事を参考にしてください。

 

» 口コミ・評判|デンタルワーカーを徹底レビュー【歯科衛生士が転職成功する近道】

 

失敗を恐れず一歩踏み出しましょう【不安解消】

この記事では、転職に失敗する歯科衛生士の特徴 ・失敗例の体験談・転職に失敗しない方法を紹介しました。

 

✔︎ 転職に失敗しやすい歯科衛生士の特徴 5つ

 

✔︎ 転職に失敗する確率を下げる方法

  • 情報収集を徹底的に行う
  • 気になる歯科院をみつけたら自己アピールする

 

焦らずに探せば、希望に合った歯科医院は見つかります。

 

絶対に失敗したくない・希望に合った歯科医院じゃないと困る…と気負わないようにして下さい。

 

とはいえ失敗する可能性もあります。しかし歯科衛生士は不足気味で、必要とされている職業

 

歯科衛生士の有効求人倍率は20倍。これは、1人の歯科衛生士に対して、20個の歯科医院が求人を出している状態です。

 

そのため、転職先に困ることはありません。

 

歯科衛生士 まな
歯科衛生士 まな

どうしても合わない歯科医院に転職した場合も、転職の煩わしさを乗り切ればなんとかなります。

 

歯科衛生士は必要とされている職業だということを理解しておくと、失敗を過度に恐れる必要はありません。

 

歯医者は全国に7万件。自分に合った歯科医院は必ずあります。

 

  • 転職に失敗したくない
  • 前の職場をすぐに辞めてしまった
  • ブランクがある
  • 転職を繰り返している

 

上記のように感じている歯科衛生士さんの参考になれば、嬉しいです。

 

歯科衛生士 まな
歯科衛生士 まな

私が実際に利用した転職サイトを再喝しておきます。

 

無料で利用できるので、気になる求人をチェックしてみて下さい。

 

\ 歯科衛生士におすすめの転職サイト TOP3 /

 転職サイト名求人数特長おすすめする人口コミ・評判

1位

デンタルワーカー 歯科衛生士

デンタルワーカー

12,000件

職場の雰囲気を確認できる
・ 雇用条件を交渉してくれる
・ エージェントが面接同行(希望者)
転職に失敗した経験がある人
待遇◎の求人が多く、1番おすすめ
詳細 ▷
歯科衛生士 転職サイト 2位

2位

ファーストナビ

10,000件

衛生士の4人に1人が登録中
・ 求人一覧をマップでみれる
・ 院長の人柄が事前にわかる
マメなサポートを受けたい人
転職の悩み相談が気軽にできる
詳細 ▷
歯科衛生士 転職サイト 3位

3位

 

歯科転職ナビ

7,000件

・ 利用者の満足度 98.2%
・ LINEのやりとりがメイン
・ 条件にあう求人が✉️で届く
マイペースで就活したい人
転職後のフォローが充実
詳細 ▷