転職に失敗しやすい歯科衛生士の特徴 5選【今のままだとミスる】

転職 失敗しやすい 歯科衛生士 特徴

 

転職に失敗してしまう歯科衛生士は、少なくありません。

 

転職に失敗する原因は、歯科医院に問題がある場合に加えて、歯科衛生士に問題があるパターンもあります。

 

自分自身が原因で働きにくくなったり転職を繰り返してしまうのはもったいないですよね。

 

ストレスなく働くためにも、「転職に失敗しやすい歯科衛生士の特徴」を知ることは重要です。

 

✔︎ この記事を書いたひと

しろたぬ

複数の歯科医院ではたらく歯科医師/ライター
今まで100人以上の歯科衛生士さんと仕事を経験。採用する側として「歯科衛生士転職」の内情に精通。歯科について呟く Twitter は1.1万人フォロワー。

しろたぬをフォロー

 

この記事では、転職に失敗する歯科衛生士の特徴 5選と、失敗する確率をさげる方法を紹介します。

 

この記事を読めば、自分にあった歯科医院へ転職できる可能性がグッと高まります。

 

結論、主張が強すぎる・絶対に失敗したくないと思っている・求人を適当に選ぶ・転職エージェントの意見を鵜呑みにする・見学しない…の5つです。

 

もくじ

 

転職に失敗しやすい歯科衛生士の特徴 5選【歯科医が解説】

次のとおりです。

 

✔︎ 転職に失敗しやすい歯科衛生士の特徴 5つ

  • 主張が強すぎる
  • 絶対に失敗したくないと思っている
  • 求人を適当に選ぶ
  • 転職エージェントの意見を鵜呑みにする
  • 見学しない

 

主張が強すぎる

 

主張が強すぎる歯科衛生士さんは、転職に失敗しやすい傾向があります。転職先の人間関係で揉めやすくなるからです。

 

とくに以下のような主張をすると、失敗しやすいです。

 

  • 前の職場では…
  • なぜこうしないんですか?(強め)
  • 衛生士会に所属しているので(エラそう)

 

主張するのは大切です。しかし新しい職場のやり方を否定するような言い方は、トラブルの原因になります。

 

» 歯科衛生士が人間関係のよい歯科医院をみつける方法

 

絶対に失敗したくないと思っている

 

「絶対失敗したくない」と強い思いを持っていると、失敗しやすいです。

 

「絶対」というプレッシャーは気持ちに余裕がなくなり、よい影響を及ぼしません

 

学校の授業でも「絶対この質問当てられたくない」と思っているときに、当てられた経験はありませんか?

 

「絶対に」という思いは、逆効果になりやすくなります。

 

求人を適当に選ぶ

 

求人を適当に選ぶと、「ブラックな歯科医院」に応募してしまう可能性が高まります。

 

自分に合った求人は、しっかりとリサーチすることが重要です。

 

✔︎ 適当に求人を選ぶ例

  • 転職サイトの求人を眺める
  • いまより好条件の求人を見つけ出して、応募する
  • ざっくり見学して、面接で好印象になりそうな受け答えをする
  • 内定をもらって就職する

 

上記のような流れで転職するのは、危険です。

 

しろたぬ
しろたぬ

給料が少なかった・院長の性格が悪すぎた・残業だらけだった…このような例はザラにあります。

 

求人情報をしっかり事前リサーチするには、適切な転職サイトを活用することがポイントです。

 

\ 歯科衛生士におすすめの転職サイト /

特徴おすすめポイント公式サイト
🥇 デンタルワーカー・人間関係が事前にわかる
・転職のプロが丁寧にサポート
高待遇の求人が多いので
1番オススメ
\登録はこちら/
🥈 ファーストナビ・歯科衛生士の4人に1人が利用
・院長の人柄をリサーチできる
恵まれた人間関係で
働きたい人におすすめ
\登録はこちら/
🥉 ジョブメドレー・利用者満足度96%
・希望条件がみつかる検索機能
希望にあった求人が
メールで届く
\登録はこちら/

» 歯科衛生士転職サイト|おすすめランキング21社を比較

 

転職エージェントの意見を鵜呑みにする

 

転職サイトに登録すると、転職エージェントを利用できます。有益な情報を教えてくれますが、すべての意見を鵜呑みにするのは危険です。

 

「あなたに合った求人」ではなく「転職サイトとしておすすめの求人」を勧められることがあるからです。

 

✔︎ 転職エージェントを利用するメリット

  • 一般には公開されない求人の紹介
  • 給料や雇用条件の交渉を代行
  • 見学や面接の日程調整
  • 転職後の悩み相談

 

✔︎ 転職エージェントを利用するデメリット

  • マッチしない求人の紹介
  • 電話がしつこい場合がある
  • エージェントとの相性がある

 

良質な求人情報を手に入れるには、以下の対策で幅広く求人情報を集めるのが有効です。

 

  • 複数の転職サイトに登録する
  • エージェントだけに頼らず自力で探す

 

詳しくは、記事後半の「自力で求人を探す方法」で解説しています。

 

» 歯科衛生士転職サイト|おすすめランキング21社を比較!求人の選び方・口コミを歯科医が紹介

 

見学しない

 

「歯科医院を事前に見学しない」は、失敗する原因の一つです。

 

求人情報で見るのと自分の目で見るのとでは、印象が全然違うことがあります。

 

  • 医院の雰囲気
  • 院長・スタッフ・患者さんの雰囲気
  • 通勤時間や周辺環境

 

見学で違和感がある場合、合わない職場のことが多いです。

 

転職に失敗する確率をさげよう

 

転職に失敗する確率をさげる方法は、「転職に失敗しやすい歯科衛生士の特徴」の逆をおこなうことです。

 

  • 周りに合わせる姿勢をもつ
  • 希望条件を明確にする
  • 自力で求人を探す
  • 余裕を持つ
  • 求人を見つけた後の準備をする

 

周りに合わせる姿勢をもつ

 

周りに合わせる姿勢をもつのは重要です。転職先では誰でも新人

 

  • 歯科医院のやり方を否定しない
  • 先輩職員をリスペクトする

 

上記のような姿勢は、そのまま職場に適応することにつながります。

 

しろたぬ
しろたぬ

主張があることはよいことです。しかし初めから主張が強すぎると、うまくいきません。

 

まずは、新しい職場を理解することが重要です。

 

希望条件を明確にする

 

求人を選ぶ前に、自分の希望条件を持つことは大切です。

 

希望条件がないと、求人が絞り込めません。転職したあとに、後悔する可能性も高まります。

 

  • 給料は△△円以上
  • 通勤時間は◯分以内
  • 終わりの時間は□時
  • 休日は◇曜日

 

自分の希望を全て出してから、求人を検索しましょう。軸をしっかり決めるだけで、検索の結果に差がでます

 

失敗しない転職方法は、以下の記事でくわしく解説しています。

 

» 転職に失敗したくない歯科衛生士さんへ|転職活動のロードマップ

 

自力で求人を探す

 

転職エージェントだけに頼らず、自力で求人を探すのも大切です。

 

求人情報を幅広く集めることができるからです。

 

1人の転職エージェントだけに任せると記事前半で紹介したように、条件に合わない歯科医院を紹介される可能性があります。

 

自力で探すには、以下の方法が有効です。できることから行動してみて下さい。

 

  • 転職サイトで検索する
  • 複数の転職サイトを利用する
  • 知り合いに聞く

 

希望にあった歯科医院をみつけるなら、まずは転職サイトに登録して、気になる求人をチェックしておきましょう。

 

✔︎ 歯科衛生士にオススメの転職サイト

特徴おすすめポイント公式サイト
🥇 デンタルワーカー・人間関係が事前にわかる
・転職のプロが丁寧にサポート
高待遇の求人が多いので
1番オススメ
\登録はこちら/
🥈 ファーストナビ・歯科衛生士の4人に1人が利用
・院長の人柄をリサーチできる
恵まれた人間関係で
働きたい人におすすめ
\登録はこちら/
🥉 ジョブメドレー・利用者満足度96%
・希望条件がみつかる検索機能
希望にあった求人が
メールで届く
\登録はこちら/

 

とくにデンタルワーカーは、年間転職成功者3万人を誇る転職サイト

» デンタルワーカーの口コミ・評判

 

しろたぬ
しろたぬ

求人紹介だけでなく、給与交渉・履歴書の添削・面接の同行までサポートしてくれるのは、他の転職サイトにはない強みです。

 

強引に転職をすすめられることもないので、転職に不安のある歯科衛生士さんにぴったりの転職サイトです。

 

\ 30秒で登録完了 / 

【公式】デンタルワーカーに登録する

 

楽な職場でのんびり働く方法は、以下の記事で解説しています。

 

» 歯科衛生士が楽に働ける歯科医院を見つける方法【楽な職場でのんびり

 

歯科衛生士として余裕を持つ

 

余裕を持って、転職活動しましょう。焦らずに探せば、希望に合った歯科医院は見つかります。

 

絶対に失敗したくない・希望に合った歯科医院じゃないと困る…と気負わないようにして下さい。

 

とはいえ失敗する可能性もあります。しかし歯科衛生士は不足気味で、必要とされている職業です。

 

歯科衛生士の有効求人倍率は20倍。これは、1人の歯科衛生士に対して、20個の歯科医院が求人を出している状態です。

 

そのため、転職先に困ることはありません。

 

しろたぬ
しろたぬ

どうしても合わない歯科医院に転職した場合も、転職の煩わしささえ乗り切ればなんとかなります。

 

歯科衛生士は必要とされている職業だということを理解しておくと、失敗を過度に恐れる必要はありません

 

求人を見つけた後の準備をする

 

気になる求人を見つけたら、必ず以下の準備は行いましょう。

 

  • 見学する
  • 雇用条件を確認する
  • 使用期間を設ける

 

転職前に、できることはすべてやっておくと、自分に合わない歯科医院を避けることができます

 

失敗を恐れず一歩踏み出しましょう

本記事では、転職に失敗しやすい歯科衛生士の特徴を紹介しつつ、 失敗する確率を下げる方法を解説してきました。

 

✔︎ 転職に失敗しやすい歯科衛生士の特徴 5つ

  • 主張が強い
  • 絶対に失敗したくないと思っている
  • 求人を適当に選ぶ
  • 転職エージェントの意見を鵜呑みにする
  • 見学しない

 

✔︎ 転職に失敗する確率を下げる方法

  • 周りに合わせる姿勢をもつ
  • 希望条件を明確にする
  • 自力で求人を探す
  • 余裕を持つ
  • 求人を見つけた後の準備をする

 

上記を意識するだけで、転職の成功率は大幅にアップします。

 

歯医者は全国に7万件。自分に合った歯科医院は必ずあります。できることから行動してみてください。

 

  • 転職に失敗したくない
  • 前の職場をすぐに辞めてしまった
  • ブランクがある
  • 年齢が上だから心配
  • 転職を繰り返している

 

上記のように感じている歯科衛生士さんの参考になれば、嬉しいです。

 

しろたぬ
しろたぬ

歯科衛生士にオススメの転職サイトを再喝しておきます。実際に利用した歯科衛生士さんの評判も上々です。

 

無料で利用できるので、登録して求人情報をチェックしてみて下さい。

 

✔︎ 歯科衛生士におすすめの転職サイト

転職サイト特徴おすすめポイント公式サイト
🥇 デンタルワーカー・人間関係が事前にわかる
・転職のプロが丁寧にサポート
・強引な転職斡旋なし
高待遇の求人が多いので
1番おすすめ
\登録はこちら/
🥈 ファーストナビ・非公開の求人が多数
・内部のくわしい情報が豊富
・歯科衛生士の4人に1人が利用
恵まれた人間関係で
働きたい人におすすめ
\登録はこちら/
🥉 ジョブメドレー・多彩な検索機能
・利用者の満足度96%
・医療系転職サイトの大手
ゆっくりマイペースで
就職活動ができる
\登録はこちら/

 

 

 

✔︎ この記事を書いたひと
しろたぬ

複数の歯科医院ではたらく歯科医師/ライター
今まで100人以上の歯科衛生士さんと仕事を経験。採用する側として「歯科衛生士転職」の内情に精通。歯科について呟く Twitter は1.1万人フォロワー。

しろたぬをフォロー
スポンサーリンク
スポンサーリンク
転職のコツ
歯科衛生士の転職ドットコム