【歯科助手・衛生士に恋をした】患者と付き合うことってあるの?【歯医者が解説します】

 

通っている歯科医院の歯科助手・衛生士が気になっているひと「歯科助手・衛生士って患者のことを恋愛対象としてみることってあるのかな。患者と付き合うことってあるのだろうか…。恋愛事情を知りたいな。好かれやすい患者ってどんな患者だろう」

 

本記事ではこういった疑問にこたえます。

 

本記事の内容

 

通っている歯科医院の歯科助手や衛生士に好意を持つ患者さんはわりと多いです。

 

この記事を書いている私は歯科医師です。歯科医院で働く歯科助手や衛生士が、患者さんから連絡先を渡されたり、患者さんと付き合う例を間近でみてきました。

 

この記事では歯科医院に勤めるスタッフと患者さんとの恋愛事情、そして恋愛対象となりうる患者さんとはどういうタイプなのか…を解説します。

 

この記事を読むと歯科助手・衛生士に対するチャレンジ精神が湧いてくると思います。

 

普段は Twitter で医療と介護の情報を発信しています。 記事の信頼性を担保に繋がると嬉しいです。

 

 

『老人ホームのお婆ちゃんたちが「そうよ。恋は『する』もんじゃないのよね!『おちる』ものなのよ!」と白熱していて、最初からその場に立ち会えなかったのが悔しい。』

 

スポンサーリンク

【歯科助手・衛生士に恋をした】患者と付き合うことってあるの?【恋愛対象?】

 

結論、あります。

 

歯科助手や歯科衛生士が患者さんを好きになったり、結果付き合ったりすることは経験上、あります。

 

歯医者と患者の恋愛については【恋愛対象?】歯科医師が患者に好意をもつことはあるの?【歯医者が語る】で解説しています。

 

医療従事者である前に、ひとりの人間

 

歯科助手・衛生士だって医療者である前に、ひとりの人間です。

 

ご飯を食べて寝るように、恋愛だってします。

 

そのため、その相手が患者さんである…という可能性はゼロではありません。

 

とはいえあくまで患者さんと医療者という関係なので、一定の線引きをしている、歯科助手歯科衛生士が多いのも事実です。

 

ですが、人から好意を持たれたり好きに思われるのは嬉しいことに違いはありません。

 

歯科助手・衛生士はモテる…が出会いは少ない

 

歯科助手・衛生士はモテます。ですが出会いは少ないです。

 

なぜなら歯科医院は営業時間が長く、土日やっているところも増えてきているからです。

 

平日は遅いと21時近くまでやっている病院もありますし、日曜日しか休みがないという病院もあります。

 

土日の連休という病院はかなり少なく、出会うための時間が合わないことも多いです。

 

そのため院内恋愛になったり、マッチングアプリを使って出会っている歯科助手・衛生士は多いです。

 

>>参考:【リスクあり】歯科医師と衛生士の恋愛事情を解説します【経験談】

 

【実例】患者を好きになったり、患者と付き合ったりすることはある

 

実際に患者さんのことを好きになったり、患者付き合ったりしている歯科助手・衛生士もいました。

 

いま一緒に働いてる歯科衛生士は結婚までしました。

 

✔︎ 実例1:一目惚れ

患者さんから一目惚れされて、治療のたびに猛烈アタックされた結果、付き合うことになった。

 

✔︎ 実例2:連絡先を渡される

通勤車のワイパーに連絡先が挟まっていた。歯科助手も好印象を抱いていたので連絡してその後、付き合うことになった。

 

こういった例もあります。2つ目はちょっとストーカー的なところもありますが…

 

余談ですが、病院の控室では歯科助手衛生士で恋愛トークで盛り上がってることが多く、「あの人かっこいい」とか「いつも遅れてくるよね…」みたいな患者さんの話題になることは多いです。

 

歯医者が患者を好きになる例もありました。

 

>>参考:【恋愛対象?】歯科医師が患者に好意をもつことはあるの?【歯医者が語る】

 

歯科助手と歯科衛生士の違い

 

ひとつの知識として「歯科助手」と「歯科衛生士」の違いを解説します。

 

一番大きな違いは歯科助手が無資格(民間資格)なことに対し、歯科衛生士は国家資格です。

 

歯科衛生士は3年間専門学校に行って歯の知識を学びます。そのため患者さんの口の中に障ることができますが、歯科助手の場合は口の中を触ることはできません。

 

とはいえ患者さんからすると誰が歯科助手歯科衛生士なんか区別はつきにくいので、あまり気にする必要はないと思います。

 

【ダメな例も紹介】歯科助手・衛生士から好意をもたれやすい患者とは?【恋愛事情】

 

歯科助手・衛生士から好かれやすい患者さん、恋愛対象になりやすい患者さんとはどのような患者さんでしょうか。

 

 

・歯が健康である

 

・清潔感がある

 

 

上記のとおりです。

 

歯が健康である

 

歯の健康は最重要といっても過言ではありません。

 

歯科助手・衛生士はその名の通り「歯」に関する仕事をしているため、歯が悪い人は恋愛対象になりません。

 

・歯周病

・虫歯だらけ

・口臭がきつい

・歯が黄ばんでいる

 

こういった不潔度の高い口の中だと、恋愛対象からは完全にはずれ、医療者と患者の関係になってしまいます。

 

見た目が完璧にタイプだったとしても、どうですかね…それでも口が汚ければ微妙です。

 

逆に、歯に関心を持ってくれる人には好意を感じやすいです。仕事をするうえでも嬉しく感じます。

 

清潔感がある

 

歯の健康と少し似ていますが清潔感は大切です。「衛生」と名のつく仕事ですから不潔はダメです。

 

具体例は以下のとおりです。

 

・体臭がきつい

・髪の毛が汚い

・鼻毛が出ている

・洋服がシワシワ

 

歯科助手・歯科衛生士はともに患者さんの間近で仕事をすることが多いので、イヤでも細かいところまで見えてしまいます。

 

この中では、鼻毛の手入れは強くオススメします。正直、丸見えです。

 

鼻毛は気付きにくい箇所でもあるので、きちんと整えていると清潔だと思われます。

 

鼻毛はハサミで切るより、エチケットカッターが安全でおすすめです。本体を丸ごと洗えるので衛生的にも安心です。

 

 

 

✔︎ 耳毛も気をつけて

 

耳毛はわりと盲点です。本人も気づきにくいです。歯科助手・衛生士はどうしても顔の近くで仕事をするので、顔の毛が気になってしまいます。

 

「耳毛が1本飛び出ているのが気になって…」と何度も聞いたことがあります。エチケットカッターなら、耳毛も安全に切ることができます。

 

一目惚れもわりとある

 

歯科助手・衛生士が患者さんに一目惚れするパターンをわりとあります。

 

歯科助手・衛生士もひとりの人間です。「あの人かっこいい…」という感覚は誰にも止めることができません。

 

どんな仕事でも「見た目」って重要なんですよね。

 

とはいえ、 見た目がすべてではありません。逆に見た目が良すぎるとマイナスポイントが目立ってしまうので不利だったりします。

 

事実、控え室で「あの人見た目はいいんだけど歯が…」「 顔はタイプだったんだけどチャラすぎる…」といった生々しい会話をよく耳にします。

 

見た目は大きく変えることができないので、まずはとにかく清潔感を重要視してください。

 

 

「脈あり」だと勘違いしやすい例

 

脈ありなのでは…?と勘違いしてしまう患者さんもいます。

 

歯科助手、衛生士は基本的に優しいからです。

 

・笑顔で話しかけてくる

・前回の会話を覚えている

・ボディタッチしてくる

 

こういった行為はあくまで仕事を円滑に進めるためなので、これだけでは脈ありとは限りません。勘違いしないように注意しましょう。

 

ほかの患者さんと区別するわけにはいかないので、特別扱いするわけにはいきません。

 

とはいえ、脈あり…なわけではないですが、脈なし…というわけでもありません。

 

歯科助手・衛生士に患者が好意をもったら…

 

相手の好きなタイプはそれぞれ【自分が恋愛対象かどうかは気にするだけムダ】

 

気になる歯科助手・衛生士がどんな人が好きなのかは、人それぞれです。

 

見た目や性格も、個人個人によって好みが違います。

 

・塩顔がすき ⇄ しょうゆ顔がすき

・積極的なひとがすき ⇆ 落ち着いてる人がすき

・痩せている人がすき ⇄ 筋肉質がすき

 

このように誰にでも好みはありますよね。

 

そして患者である以上それはわかりません。そのため相手がどんな人が好きなのかを気にしてもしょうがないんですよね。

 

ですので、相手のタイプは気にしなくてOKです。

 

まとめ:チャレンジする価値はある【勇気をもとう】

 

今回の記事をまとめます。

 

 

・歯科助手・衛生士だって一人の人間。患者を好きになることはある

 

・歯科助手、衛生士はモテる…が出会いは少ない。

 

・歯の健康と清潔感は好意をもたれるための基本中の基本

 

・相手のタイプはわからない。つまり気にしなくてOK

 

 

 

こんな感じです。

 

繰り返しですが、歯科助手歯科衛生士だって一人の人間です。そのため、好きになる人、付き合う相手が患者さん…という可能性だってあります。

 

とはいえ向こうから積極的にアプローチしてくるということはあまり考えられません。そして患者さん側としても、行動しない人がほとんどです。

 

つまり「何も起こらない」…が現実です。

 

そのなかで、実際に歯科助手・衛生士に連絡先を渡してくる患者さんもいます。肌感覚として患者さんの100人に1人ぐらい….というイメージです。

 

その行動だけでもかなり勇気のあることなので、正直すごいと思います。

 

動かなければ何も変わりません。

 

本気で歯科助手衛生士が気になっている人は是非行動してみてください。

 

参考:【断言】歯科衛生士と付き合うメリット・デメリット【彼女にしたい】

 

 

✔︎ 勇気のでない人は…

 

行動する勇気ない人は「マッチングアプリ」の利用は効果的です。

 

実際に声をかけるまえに、「歯科助手・歯科衛生士」に慣れることができます。

 

職業を確認できるので、確実に歯科助手・衛生士とコミュニケーションすることができますよ。

 

マッチングアプリへの登録は3分で終わるので、まずは何人かとマッチングしてみてください。たったこれだけのアクションで自分に自信を持つことができます。

 

 

紹介したように、歯科助手・衛生士は出会いが少ないためマッチングアプリを使っていることが多いです。

 

勇気をもてますように!今回は以上です。

 

 

 

 

 

歯を治すことが最優先…というのは忘れずに。今回は以上です!

 

 

 

 

 

未分類
スポンサーリンク
しろたぬ Web