患者から連絡先を渡された歯科助手・衛生士の気持ち 4選【勇気を出そう】

 

歯医者に通っている人「患者から連絡先を渡されたときの歯科衛生士・歯科助手ってどんな気持ちなのだろう…。返信は期待できるのだろうか…。やっぱり迷惑かな…勇気が出ない。」

 

本記事ではこういった疑問にこたえます。

 

本記事の内容

 

患者さんが歯科衛生士や歯科助手に好意を持つと、連絡先を交換したい…と感じることがほとんどです。

 

とはいえ、患者さんにとって連絡先を渡すのは勇気のいることですよね。

 

この記事では歯科医師である私が、患者さんから連絡を先を渡されたときに歯科助手・衛生士がどのように思うか…を解説します。

 

この記事を読めば歯科助手や歯科衛生士と連絡先を交換したいと考えているひとが『勇気』を持つことができます。

 

身も蓋もない話をしてしまえば「だれ」に渡されるかによって気持ちは変わってきます。それでもチャレンジした経験は必ずどこかで活きるはずです。

 

普段は歯科医師として Twitter で医療と介護の情報を発信しています。記事の信頼性を担保にあると嬉しいです。

 

 

『高齢者が人生で後悔する事のひとつに、挑戦しなかった…がある。
どうしても勇気がでないときは「やらなかった事実は悔いになるけど、やらかした経験は笑い話になる」という言葉を思い出すようにしてる。まずやってみること。そして誰かの失敗には”ナイスチャレンジ”とエールを贈ること。自戒をこめて』

 

 

スポンサーリンク

患者から連絡先を渡された歯科助手・衛生士の気持ち 4選【嬉しいときもある】

 

歯科助手・歯科衛生士が患者さんから連絡先を渡されたらどう思うのでしょうか。

 

下記のとおりです。

 

 

①:嬉しい

 

②:迷惑

 

③:何も思わない

 

④:ちゃんと通院してくれ

 

 

 

順番に見ていきます。

 

①:嬉しい

 

患者さんから連絡先を渡されて、嬉しいパターンがあります。当たり前ですが、お互いに好意を持っていた場合です。

 

見た目がタイプ、話が面白い、雰囲気が好き…このように思われていた場合は嬉しく思われます。

 

 

✔︎ まずは驚かれることが多い

 

まずは驚かれることが多いです。

 

なにか重要な書類かと勘違いして院長を呼びに行ってしまった…なんてパターンもあります。

 

②:迷惑

 

嬉しいとは逆に、迷惑…だと思われる可能性もあります。これはあなたにまったく興味がなかった場合です。

 

全然タイプじゃない、何を勘違いしてるんだろう…と思われています。

 

とはいえ、それは顔には出さないのでわかりません。

 

連絡先を受け取ってくれるか、または返信が来るか来ないか…ですべてがわかります。

 

③:何も思わない

 

何も思わないパターンもあります。わりと多く見かけます。

 

主に考えられるのは以下の2つです。

 

・彼氏がいる

・結婚相手がいる

・連絡先を渡されるのに慣れている

 

こういった場合も返信が来る可能性は低いです。

 

それに、このような情報を得るまで親しくなる…というのはなかなか難しいです。

 

④:ちゃんと通院してくれ

 

ちゃんと通院してくれ…と患者さんのことを考えるパターンもあります。

 

患者さんは歯の治療が目的で歯医者に通っています。

 

連絡先を渡して返信がないと、気まずくなって通わなくなる場合もたまにあります。それは自分自身の健康を損なうことにつながるので治療は最後まで通いましょう。

 

 

『恐縮ながら患者さんから連絡先を渡されること、たまにある。衛生士とLINE交換しようと試みる患者さんもいる。その結果返信がない(交換できない)と、”次のアポに来ない率”が高すぎる。頼む…治療を放り出さないでくれぇ…。気まずくなりそうなら、完全に治療がおわった時がおすすめです(何いっとんねん』

 

特に神経の治療は最後まで通いきることが大切です。

 

 

連絡先を渡した後の返信率は?

 

連絡先を渡したらどのくらいの確率で返信があるのか、歯科医師である私の独断と偏見で確率を出してみました。

 

結論、20%です。

 

返信率は20%

 

肌感覚として返信率は20%です。

 

歯科助手・衛生士は控え室で情報が共有されることがほとんどです。そのため、いやでも恋愛トークや患者さんの話が耳に入ってきます。

 

これらの話をトータルすると大体20%くらいかな…という感じです。

 

返信率は意外に高く感じる人もいると思いますが、これは相手のことが好きで返信するパターン以外にも、まぁ悪い人じゃなさそうだし…ギリで返すか…といった消極的な返信も含まれます。

 

参考:【断言】歯科衛生士と付き合うメリット・デメリット【彼女にしたい】

 

数回のやりとりで終わることも

 

連絡先を交換しても数回のやり取りで終わることも結構あるようです。

 

やり取りを重ねていくうちに、何か違うな…と感じたりすることも多い印象です。

 

一目惚れに近い形の出会いなのでマイナスイメージが増えてきてしまうと、自然に連絡を取らなくなったりします。

 

 

✔︎ 結婚した例も

 

反対に結婚した例もあります。

 

前の職場の歯科衛生士さんは、歯科用品メーカーに勤める男性からアプローチされて結婚まで至りました。

 

チャレンジしなければ生まれなかった関係ですよね。

 

参考:歯科衛生士と結婚するメリット・デメリットを解説します【結婚相手として人気?】

 

連絡先を実際に渡すのは 100人に1人いるかいないか

 

肌感覚としてもうひとつ感じているのは、気に入った歯科助手衛生士がいたとしても実際に連絡を渡す患者さんは100人に1人いるかいないか…ということです。

 

やっぱり勇気が出ないと言うか、失敗を恐れてしまうのだと思います。

 

病院…というのも大きいかもしれません。

 

とはいえこの記事を見ている時点で、その100人のうちに1人に入る意気込みがあることは間違いありません。

 

勇気を出すシンプルな方法【経験は何よりの宝】

 

最後に私なりの勇気を出す方法を紹介します。

 

勇気を出す方法

 

「やらない後悔よりやって後悔」と言い聞かせてみてください。シンプルですが効果はかなりあります。

 

それに、やらずに後悔するよりチャレンジした方が諦めもつきます。何より経験値と自信をつけることができます。

 

冒頭のツイートをもう一度。

 

 

『高齢者が人生で後悔する事のひとつに、挑戦しなかった…がある。
どうしても勇気がでないときは「やらなかった事実は悔いになるけど、やらかした経験は笑い話になる」という言葉を思い出すようにしてる。まずやってみること。そして誰かの失敗には”ナイスチャレンジ”とエールを贈ること。自戒をこめて』

 

「今」を生きましょう!

 

声をかけるときは一瞬【緊張して当然】

 

それに声をかけるときは一瞬です。自分の連絡先を書いた紙を渡すだけだからです。

 

詳しい方法は 患者が歯科助手・衛生士と連絡先を交換するたった1つの方法【渡すタイミングが命】を参考にしてください。

 

とはいえ緊張しますよね。ですが、この勇気を持った経験はかならず活きるはずです。

 

ぜひチャレンジしてみてください!今回は以上です。

 

 

 

 

 

 

未分類
スポンサーリンク
しろたぬ Web