患者が歯科助手・衛生士と連絡先を交換するたった1つの方法【渡すタイミングが命】

 

歯を治療中の患者「歯科医院に通っているが、歯科助手・衛生士と仲良くなりたい。どうやったら連絡先を交換できるだろう。よいやり方があったら知りたいな。NGな方法も教えてほしい。」

 

本記事ではこういった疑問にこたえます。

 

本記事の内容

 

 

歯科医院に通っている患者さんが歯科助手・衛生士さんと仲良くなりたい…と思うケースはわりとあります。

 

私は歯科医師という仕事柄、そんな現場を数多くみてきました。

 

そこでこの記事では、歯科医師の目線から「患者さんが歯科助手・衛生士と連絡先を交換する方法」を解説します。

 

患者さんが歯科助手・衛生士と連絡を交換するベストな方法、 タイミング…だけでなく NG な方法や、連絡先を渡した後どうなるかというところまで解説します。

 

この記事を読めば、患者さんが歯を治しつつ、 歯科助手・衛生士と連絡先を交換するまでの手順がわかります。

 

100%交換できる…そんな方法は 世の中にはありませんが、 少しでもその確率が高くなるはずです。

 

普段はツイッターで医療と介護の情報を発信しています。記事の信頼性担保になると嬉しいです。

 

 

『恐縮ながら患者さんから連絡先を渡されること、たまにある。衛生士とLINE交換しようと試みる患者さんもいる。その結果返信がない(交換できない)と、”次のアポに来ない率”が高すぎる。頼む…治療を放り出さないでくれぇ…。気まずくなりそうなら、完全に治療がおわった時がおすすめです(何いっとんねん』

 

スポンサーリンク

患者が歯科助手・衛生士と連絡先を交換するたった1つの方法【LINEは必須】

 

結論は次のとおりです。

 

 

・自分のLINE IDを書いた紙を治療の最終日に渡す

 

 

 

少し詳しく解説していきます。

 

紙で渡すのは重要

 

紙で渡すのは重要です。理由はシンプルで、サッと渡すことができるからです。

 

歯科助手・歯科衛生士は仕事中なので、ずっとその場に留まり続けることが難しいため、事前に書いた紙を用意しておいて、素早く渡すのがベストです。

 

手のひらサイズに収まるようなメモ用紙がコンパクトで望ましいです。

 

連絡先は自分のLINE ID

 

メモには自分の LINE ID を記入しておきましょう。

 

LINE はご存知のように気軽に使えてさらにブロック機能も充実しているので、電話番号に比べて交換のハードルが低いです。

 

それにLINE ID であれば簡単に検索できます。

 

また、相手に「断らせる口実」は作ってあげるのも大切です。

 

もし興味が持たれなかった時に 「LINE やってなってないんです」という逃げ道は用意してあげましょう。

 

LINE の ID がなければメールアドレスでもいいと思います。

 

ですが相手としては自分のメールアドレスを知られてしまうので、やはりLINE の方が気軽だと思います。

 

 

✔︎ NGな交換手段【迷惑】

 

NGな交換手段は以下のとおりです。

 

・電話番号

・QR コード

・スラック

 

電話番号の交換は個人情報の観点からあまりおすすめできません。

 

QR コードは相手が携帯持ってるか分からないことと時間がかかることで NG です。

 

スラック(Slack) は歯科助手衛生士でやっている人自体がそもそも少ないです。

 

なんて書いて渡す?【テンプレ付き】

 

書く内容はシンプルでOKです。長ったらしい文章は読むのに疲れてしまいます。

 

テンプレを用意したので自分なりにアレンジして使ってみてください。

 

診療ありがとうございました。

もしよければ、連絡いただけたら嬉しいです。

 

LINE ID:○○

△△(自分の名前)

 

私は患者さんから実際にもらったことがありますが、このくらいシンプルな方が好感を持てました。

 

 

✔︎ モノと一緒はオススメしない

 

患者さんとしては、今までの感謝を込めてお菓子のようなモノを渡すこともできますが、あまりオススメしません。

 

モノはスタッフの控え室に持っていかれて、職員みんなで食べられてしまうことが多いからです。

 

あくまで個人として渡すのであればメモがベストです。

 

相手の電話番号やLINE ID はきかない

 

相手の連絡先を聞かない…というのも重要です。相手の連絡先を知りたければ、まずは自分の連絡先を教えましょう。

 

自分の連絡先を教えずに相手の連絡先を聞こうとするのは、ほぼ失敗します。

 

あくまでも最終的には歯科助手衛生士の意思に任せる…という余裕のあるスタンスが大切です。

 

歯科助手・衛生士に連絡先を渡すタイミング

 

歯科助手・衛生士に連絡先を渡すタイミングについて解説していきます。

 

治療の最終日

 

連絡先を渡す日は「治療の最終日」がベストです。そもそも歯の治療にきているので、しっかりと治しきることが大切です。

 

また、治療途中に渡してしまうと、返信がなかった場合気まずい思いをする可能性があります。

 

歯科助手・歯科衛生士にも変なプレッシャーを与えてしまうことになるので避けましょう。

 

当たり前なのですが、連絡先を渡す相手は歯科助手・衛生士です。口の中の環境は重要視されます。

 

口の中の悪いところをすべて治してから連絡先を渡しましょう。

 

治療の最終日を確認

 

治療の最終日がわからない…という人もいるかもしれません。

 

その場合は治療の途中に最終日の確認をしておきましょう。

 

「あとどれくらいの日数かかりますか?」と歯科医師や歯科助手・歯科衛生士に聞くことは何も問題ありません。

 

直接聞きにくい…という人は会計の時に受付で確認することもできます。

 

最終日に不在の可能性

 

お目当ての歯科助手・衛生士が最終日にいない可能性も考えておきましょう。

 

特にスタッフが多い歯科医院ではシフト制が組まれていることが多く、最終日に不在という悲劇になりかねません。

 

それを防止するためには

 

・同じ曜日に通院しておく

・休みをさりげなく確認しておく

 

このあたりは有効です。

 

毎回おなじ曜日に通院していて、毎回いるのであればよほどのことがない限り出勤していますよね。

 

休みの確認は「病院って土日休みですか?」「有給とかとれるんですか?」といったところから聞いていくとスムーズです。

 

 

 

✔︎ 万が一最終日に不在だったら

 

最後の会計の時に「ここがちょっとだけ気になるんですけど…」と言えばもう一度予約を取ることもできます。

 

…が、何もない歯を診察してもらうのはお金も時間も無駄なので、なるべくであれば最終日を確認しておきましょう。

 

LINE ID は他のスタッフがいない時に渡す

 

連絡先を渡す時は他のスタッフがいない時にしましょう。

 

他のスタッフの目線があると、受け取れるものも受け取りにくいです。

 

・治療が終わったとき

・歯のクリーニングのあと

・席を立ち上がって、荷物をもらうとき

・会計時

 

治療が終わると歯科医師はその場を立ち去ることが多いので、その瞬間がチャンスです。

 

歯のクリーニングは基本的に歯科衛生士がひとりでおこなうので、周りの迷惑にもなりにくいです。

 

立ち上がって荷物を受け取るときや、会計なんかもチャンスです。

 

>>参考:【スマートなアプローチ】歯医者の受付と連絡先を交換する方法【病院攻略】

 

ですが、運の要素もあるので、後回しはチャンスを逃すことになりかねません。早い段階から、勇気を出しましょう。

 

その場で受けとってもらえないなら諦める【しつこくするのはNG】

 

いままで紹介した方法であれば、だいたい受け取ってはもらえるはずです。ですが100%うまくいく方法というのはありません。

 

受け取ってもらえない場合もあります。以下のような事情が考えられるからです。

 

・彼氏がいる

・患者との連絡先交換禁止の病院内ルールがある

 

こういった場合はしつこくすると迷惑がられてしまうので、すぐに引くようにしましょう。

 

あくまで患者と医療従事者という関係でそれ以上はありません。

 

連絡先を渡したあとにおこること

 

最後に、無事に連絡先を渡したあとに起こること…を解説します。

 

副産物:健康な歯

 

まずは歯が健康になっています。

 

当たり前ですが歯の治療が終わっているので、健康な歯を手に入れていることになります。

 

・虫歯がない

・歯石がない

 

これだけで、かなりの収穫です。歯は食べるだけでなく、笑う、話す…といった生活の根本に関わる動作に関わっています。

 

歯の健康は宝物です。

 

噂はひろまる

 

連絡先を渡したことは病院内で広まる可能性が高いです。

 

なぜなら歯科助手・衛生士は控え室で恋愛トークをしているからです。

 

・彼氏と別れた

・こないだ出会った人と付き合った

・患者の△△さんから連絡先を渡された

・業者の○○さんがしつこくて迷惑してる

 

ですので、連絡先を渡したことを知られる…と恐れることはありません。堂々といきましょう。

 

渡す時にスタッフに見られないようにするのはあくまで受け取りにくくしないためです。

 

3日経ったらあきらめる【返信率20%】

 

連絡が来るかは神のみぞ知ります。待つ期間は3日です。

 

返信が来たら嬉しいですよね。やりとりしつつ、ゴハンに誘いましょう。

 

反対に、もし3日間返信がなければ潔くあきらめましょう。

 

時間は有限なので、無理なものにこだわっている時間はもったいないです。歯も治っていますし、前を向いて次のステップにいくことが大切です。

 

 

【歯科助手・衛生士と連絡先を交換したい】行動した自分を誇る

 

結果はどうであれ「連絡先を渡した」という行為をしたこと自体、自分を誇ってください。

 

肌感覚として、返信が来る確率は20%ほどだと思ってください。

 

相手にラブラブな彼氏がいる可能性もありますし、片思いの相手がいる可能性だってあります。それはわからないからです。

 

 

それでも実際に患者さんが歯科助手・衛生士に連絡先を渡してくることなんて100人に1人いるかいないかです。

 

どんな結果にせよ、その勇気を出した経験は今後に必ず活かすことができます。

 

そして、行動しなければ何も始まりません。行動した暁には、勇気を持った自分を誇ってくださいね!

 

 

✔︎ 歯科助手・衛生士と出会うには…

 

歯科助手、歯科衛生士とは以下のようなサイトに登録すれば、出会うことができます。

 

 

① Pairs(ペアーズ)マッチングアプリの王道。最大級の利用者数

 

② CROSS ME(クロスミー):生活圏内で出会いやすい

 

③ マリッシュ:地方在住のひとのユーザーが多い婚活アプリ

 

 

 

とくに Pairs(ペアーズ)は周りでも利用している歯科助手・衛生士はわりといます。事前に慣れておくための練習としてもオススメです。

 

くわしくは【無料あり】歯科助手・衛生士と出会えるマッチングアプリ おすすめ3選で解説しています。

 

興味のある人はぜひご覧ください。よい出会いになりますように!

 

今回は以上です。

 

 

 

 

 

 

未分類
スポンサーリンク
しろたぬ Web