歯科衛生士の50歳からの転職・再就職が難しくなる5つの理由【でも大丈夫】

 

アラフィフ歯科衛生士「50歳からは転職しにくいときいたけど、本当かな。理由を知りたい。転職が成功するポイントってあったら教えてほしい。」

 

こういった疑問にこたえます。

 

✔︎ 本記事の内容

 

✔︎ 記事の信頼性

しろたぬ
しろたぬ

この記事を書いているわたしは複数の歯科医院で働く歯科医師です。

 

そのため、多くの50代や60歳以上の歯科衛生士さん達とお仕事しています。

 

主に、個人宅や老人ホームで訪問歯科診療を日々おこなっています。

 

年齢を重ねると、将来について考えることが増えますよね。仕事に関しては、不安になることも…。

 

この記事では、50歳からの歯科衛生士転職・再就職が難しい理由を紹介します。

 

転職を可能にするポイントも解説するのでぜひご覧ください。

 

この記事を読むと、歯科衛生士の将来に対する不安が少し軽減するはずです。

 

関連記事 ▶︎【再就職できる】歯科衛生士が歳をとったときのキャリアプラン

 

もくじ

 

しろたぬ
しろたぬ

いつもは Twitterで医療と介護の情報を呟いています。

 

ありがたいことに1万人以上の方にフォローしてもらってます。

 

記事の信頼性につながると嬉しいです

 

50歳からの歯科衛生士転職・再就職が難しい5つの理由

 

5つの理由は次のとおりです。

 

・理由①:体力的に不利と思われる

・理由②:職場にうまくなじめるか不安…と思われる

・理由③:給料の条件が合わない

・理由④:技術的なのびしろが少ない

・理由⑤:すぐやめるかも…と思われやすい

 

年齢での雇用制限は法律で禁止されています。

 

ですが、現実的には若い人を採用する歯科医院…はわりとあります。

 

理由 ①:体力的に不利と思われる

 

50歳を越えてくると、若い人に比べて体力的に不利…と思われやすいです。

 

実際、どうしても20代・30代のときよりは、精力的に動き回るということは難しくなってきますよね。

 

長時間立ちっぱなしや、常に走り回るような病院であれば体力は削られやすいです。

 

理由②:職場にうまくなじめるか不安…と思われる

 

職場にうまくなじんでくれるか…というのも大切な要因です。

 

歯科医療はチームプレイのため、人間関係がとても重要だからです。

 

歯科医院側は、「うまく馴染んでくれそうかどうか」…をかなり気にします。

 

歯科衛生士の平均年齢は36歳。

 

年齢層の違いで、就職しにくい可能性はあります。

 

理由③:給料の条件が合わない

 

給料の条件が合いにくい…ということも転職が難しい理由と考えられます。

 

50代は給料が高くなりがち。

 

✔︎歯科衛生士の平均年収

・40代前半:390万円

・40代後半:370万円

・50代前半:400万円

・50代後半:430万円

・60代前半:390万円

 

特に経験のあるバリバリ働いてきた歯科衛生士は、平均よりも高い年収をもらっている方もいます。

 

専門的な資格や技術を持っていれば、それに対して正当な評価をされるのは当然です。

 

ですが、その技術を評価して高い給料を払える歯科以外を探さなくてはなりません。

 

>>  50代・60歳以上の歯科衛生士の平均年収・月収は?【給料相場を解説します】

 

理由④:技術的なのびしろが少ない

 

20代・30代と比較すると、技術的な伸びしろが少なくなりがち…も理由の一つです。

 

体力的な部分と繋がりますが、これから新しい技術を取り入れていく… ためには気力と体力が必要です。

 

・休日にセミナーに行く

・遅くまで残って技術鍛錬する

 

…ということは難しいのでは…と思われがちです。

 

 

✔︎ ブランクがある歯科衛生士は逆にチャンス

 

のびしろに関しては、ブランクの長かった歯科衛生士さんには当てはまりません。

 

なぜなら、覚えることがたくさんあるからです。

 

固定観念が無くその歯科医院のやり方を覚えられるので、ブランクのあることは逆に強みになったりします。

 

関連記事 ▶︎【復帰が怖い】ブランクのある歯科衛生士が不安を払拭する2つの方法

 

理由⑤:すぐやめるかもしれない…と思われやすい

 

すぐに辞めてしまうのでは…という不安は、雇う側として常にあります。

 

雇う以上、できるだけ長く働いてほしいと考えているからです。

 

そのため、年齢的に長く働きやすい人を採用される傾向があります。

 

定年が近い・体力的にきつい…という50代にとっては不利になりやすいです。

 

関連記事 ▶︎【再就職できる】歯科衛生士が歳をとったときのキャリアプラン

 

✔︎ アラフィフの歯科衛生士さんにおすすめの転職サイト

デンタルワーカー転職に失敗したくない歯科衛生士さんにおすすめ

※ 50代以上の求人多数・優秀なアドバイザーによるサポート・人間関係を事前にリサーチできる

ジョブメドレー | 条件にこだわりのある歯科衛生士さんにおすすめ

※ 細かい条件で検索できる・希望にあった求人がメールで届くので、優良な求人を見逃す心配なし

JOB歯科AGENT | 関東近郊の歯科衛生士さんにおすすめ

※ 首都圏を中心とした求人が多い・適正給与を教えてくれる・転職した後までアフターケア

 

※ 歯科衛生士向けの転職サイトは20社以上あります。

歯科衛生士さんへのリサーチをもとに、厳選しました。

>> 使いやすい|50代歯科衛生士がつかうべき転職サイト 3選

 

50代歯科衛生士のアピールポイント5つ【弱みを魅力にかえる】

 

とはいえ、転職しにくい理由がわかれば、対策することができます。

 

人によっては、魅力に変えることすらできます。

✔︎50代歯科衛生士のアピールポイント

①:時間に融通がきく

②:やわらかい物腰

③:技術を還元したい

④:まなぶ姿勢がある

⑤:将来的にずっと働く意思がある

 

大きく分けるとこのような感じです。メンタル的な要素と、実務的な要素にわかれています。

 

順番に解説していきます。

 

①:時間に融通がきく

 

時間に融通がきく…というのは、大きなアピールポイントです。

 

なぜなら、

 

・スタッフが少ない時間帯

・患者さんが多い時間帯

 

…に活躍してくれる歯科衛生士さんは重宝されるからです。

 

最近では土日祝日に営業していたり、夜遅くまでやっている歯科医院も増えてきました。

 

正社員でもパートでも、このような歯科医院とマッチすれば、神のような存在になれる可能性があります。

 

②:やわらかい物腰

 

柔らかい物腰をアピールすることは重要です。

 

繰り返しになりますが、歯科医院のスタッフ間の人間関係は重要です。

 

事実、歯科衛生士の退職理由第一位は人間関係。

 

「元々いるスタッフとうまくやれるか」というのは、診療を円滑に治すための重要な要素です。

 

そのため、ギスギスした雰囲気より「柔らかい雰囲気の方」を欲しがっている歯科医院はわりとあります。

 

③:技術を還元したい

 

今までバリバリ働いてきた歯科衛生士さんであれば、 その技術を若い人に伝える…という役目もあります。

 

これからの時代を担う若い人たちに足りないのは経験です。

 

そのため、スキルの高い歯科衛生士さんは重宝されます。

 

とはいえ、教え方が厳しすぎる・口だけ…といった場合は逆効果なので注意してください。

 

そもそも「技術を還元できる」スキルをもつ歯科衛生士は多くないので、当てはまる人は少ないかもしれません。

 

④:学ぶ姿勢がある

 

学ぶ姿勢がある…ということはアピールポイントになります。

 

歯科医院としては、固定観念が強い人よりも柔軟に病院に対応してくれる人を望みます。

 

診療がスムーズに進むからです。

 

そのため、病院の方針をしっかり理解したい…というスタンスは大切です。

 

「知らない」「わからない」ことをしっかり認められる人も魅力的ですね。

 

資格取得を目標に勉強する…というよりは、「その歯科医院のやり方・方針をまなぶ」という姿勢が重要です。

 

✔︎ブランクは大きなアピールポイント

 

このような意味で、ブランクがある歯科衛生士さんは大きなメリットがあることになります。

 

他の歯科医院のやり方に染まっていないからです。

 

ブランクがあって何もわからないということは、利点やのびしろである…と考える歯科医院も実は多いです。

 

「ブランク」=「不利・デメリット」…ではありませんよ!

 

⑤:将来的にずっと働く意思がある

 

ずっと働きたいとアピールすることも大切です。

 

いまは歯科衛生士が不足しています。

 

そのため、長く働いてくれる歯科衛生士さんはとても貴重な人材だからです。

 

最初、新しい職場ではイヤなことや理不尽なことも起こりえます。

 

それでもくじけずに頑張りたい…という意志を伝えるのは効果抜群です。

 

これからは50代以上の歯科衛生士が活躍する時代

 

今回の記事をまとめます。

 

✔︎ 50歳からの歯科衛生士転職・再就職が難しい5つの理由

・理由①:体力的に不利と思われる

・理由②:職場にうまくなじめるか不安…と思われる

・理由③:給料の条件が合わない

・理由④:技術的なのびしろが少ない

・理由⑤:すぐやめるかも…と思われやすい

✔︎50代歯科衛生士のアピールポイント

・ポイント①:時間に融通がきく

・ポイント②:やわらかい物腰

・ポイント③:技術を還元したい

・ポイント④:まなぶ姿勢がある

・ポイント⑤:将来的にずっと働く意思がある

 

 

50歳からの歯科衛生士転職・再就職は難しい…と感じる人も多いです。

 

ですが、アピール次第で弱みは「強み」に変えることができます。

 

さらに近年は、歯科衛生士の重要性が高まっているのも事実。高齢化は進み、口のケアを必要とする人も増えています。

 

つまり「歯科衛生士として働く」という間口はかなり広がっています。

 

日本に歯医者は7万件。自分にあった職場は必ず見つかります。

 

ぜひ自信も持って、探してみてください!

 

 

 

✔︎ アラフィフの歯科衛生士さんにおすすめの転職サイト

デンタルワーカー転職に失敗したくない歯科衛生士さんにおすすめ

※ 50代以上の求人多数・優秀なアドバイザーによるサポート・人間関係を事前にリサーチできる

ジョブメドレー | 条件にこだわりのある歯科衛生士さんにおすすめ

※ 細かい条件で検索できる・希望にあった求人がメールで届くので、優良な求人を見逃す心配なし

JOB歯科AGENT | 関東近郊の歯科衛生士さんにおすすめ

※ 首都圏を中心とした求人が多い・適正給与を教えてくれる・転職した後までアフターケア

 

✔︎ この記事を書いたひと
しろたぬ 歯科医師

複数の歯科医院ではたらく歯医者/ライター
今まで100人以上の歯科衛生士さんと仕事を経験。雇用する立場としても「歯科衛生士転職」の内情に精通。医療と介護について呟く Twitter は1.1万人フォロワー。

しろたぬ 歯科医師をフォロー
スポンサーリンク
スポンサーリンク
働き方
歯科衛生士の転職.com