本記事はプロモーションを含む場合があります

歯科衛生士の50歳からの転職・再就職が難しくなる5つの理由【アピールのコツも紹介】

 

アラフィフ歯科衛生士「50歳からは転職しにくいときいたけど、本当かな。理由を知りたい。転職が成功するポイントってあったら教えてほしい。」

 

年齢を重ねると、将来について考えることが増えますよね。生活に不安を感じることも…。

 

そこでこの記事では、50歳からの歯科衛生士転職・再就職が難しい理由を紹介します。転職を有利にするポイントも解説するのでぜひご覧ください。

 

✔︎ 本記事の内容

 

✔︎ この記事を書いたひと

まな

転職4回の歯科衛生士 (Twitter
1年目にパワハラで病む/ブラック→ホワイトな職場で快適に勤務/今はスタッフ100名の医療法人で採用を担当

 

多くの50代や60歳以上の歯科衛生士さん達とお仕事しています。

 

この記事を読むと、歯科衛生士の将来に対する不安が軽減します

 

»再就職できる】歯科衛生士が歳をとったときのキャリアプラン

 

もくじ

 

50歳からの歯科衛生士転職・再就職が難しい5つの理由

 

5つの理由は次のとおりです。

 

  • 体力的に不利
  • 職場にうまくなじめるか不安…と思われる
  • 給料の条件が合わない
  • 技術的なのびしろが少ない
  • すぐやめるかも…と思われやすい

 

年齢での雇用制限は法律で禁止されています。

 

しかし現実的には、若い人を優先に採用している歯科医院はわりとあります。

 

体力的に不利と思われる

 

50歳を越えてくると、若い人に比べて体力的に不利です。

 

実際、どうしても20代・30代のときよりは、精力的に動き回るということは難しくなってきますよね。

 

長時間立ちっぱなしや、常に走り回るような歯科医院であれば体力的にキツイです。

 

職場にうまくなじめるか不安…と思われる

 

職場にうまくなじまるか…というのも大切な要因です。歯科医療はチームプレイのため、人間関係がとても重要だからです。

 

  • 自己主張がつよすぎる
  • わがまま

 

上記のような性格だと、院内の雰囲気が悪くなってしまいます

 

歯科医院側は、「うまく馴染んでくれそうかどうか」…をかなり気にします

 

給料の条件が合わない

 

給料の条件が合いにくい…ということも転職が難しい理由と考えられます。50代は給料が高くなりがち

 

✔︎ 歯科衛生士の平均年収

  • 40代前半:390万円
  • 40代後半:370万円
  • 50代前半:400万円
  • 50代後半:430万円
  • 60代前半:390万円

 

特に経験のある歯科衛生士は、平均よりも高い年収をもらっている方もいます。

 

しかし、専門的な資格や技術をもっていても、高い給料を払える歯科を探すのに苦労する場合も

 

「スキル・経験があること」と、「正当な給料をもらえること」は別物です。

 

» 50代・60歳以上の歯科衛生士の給料は32〜35万円!長く続き続ける方法も紹介

 

技術的なのびしろが少ない

 

20代・30代と比較すると、技術的な伸びしろが少なくなります

 

体力的な部分と繋がりますが、これから新しい技術を取り入れていく… ためには気力と体力が必要です。

 

  • 休日にセミナーに行く
  • 遅くまで残って技術鍛錬する

 

上記のような活動は難しいのでは…と思われがちです。

 

ブランクがある歯科衛生士は逆にチャンス

 

のびしろに関しては、ブランクの長かった歯科衛生士さんには当てはまりません。

 

なぜなら、覚えることがたくさんあるからです。

 

固定観念が無くその歯科医院のやり方を覚えられるので、ブランクのあることは逆に強みになったりします。

 

»【復帰が怖い】歯科衛生士のブランク期間を克服!スムーズに復職する方法

 

すぐやめるかもしれない…と思われやすい

 

すぐに辞めてしまうのでは…という不安は、雇う側として常にあります。

 

そのため、定年が近い体力的にきつい…という50代にとっては不利になりやすいです。

雇う側はできるだけ長く働いてほしいと考えるので、年齢的に長く働きやすい人を採用される傾向があります。

 

\ 50代歯科衛生士におすすめの転職サイト /

公式特長おすすめする人口コミ・評判
歯科衛生士 転職サイト 1位

デンタルワーカー

職場の雰囲気をリサーチ
・50代OKの求人が多数
・転職のプロがフルサポート
転職に失敗した経験がある人
良質の求人が多く、1番おすすめ
\詳細はこちら/
歯科衛生士 転職サイト 2位

ファーストナビ

・衛生士の4人に1人が利用中
・マップから求人を探せる
・院長の人柄が事前にわかる
マメなサポートを受けたい人
電話で悩み相談ができる
\詳細はこちら/
歯科衛生士 転職サイト 3位

歯科転職ナビ

・利用者の満足度 98.2%
・条件にあう求人が✉️で届く
・転職後のフォローが充実
マイペースで就活したい人
LINEのやりとりがメイン
\詳細はこちら/

 

※ たくさんの求人を見れるので、転職サイトは複数登録がおすすめ。エージェントが合わない場合、すぐに変えることができます。

 

とくにデンタルワーカーは、年間転職成功者3万人を誇る転職サイト

 

歯科衛生士 まな
歯科衛生士 まな

給与交渉・履歴書の添削・面接の同行までサポートしてくれるのは、他の転職サイトにはない強みです。

 

強引に転職をすすめられることもないので、転職に不安のある歯科衛生士さんにぴったりの転職サイトです。

 

\ 完全無料で転職成功できる / 

デンタルワーカーで求人をチェック

最短1週間で転職可能

 

デンタルワーカーの口コミ・評判を詳しく知りたい方は、こちらの記事を参考にしてください。

 

» 口コミ・評判|デンタルワーカーを徹底レビュー【歯科衛生士が転職成功する近道】

 

50代歯科衛生士のアピールポイント5つ【弱みを魅力にかえる】

 

とはいえ、転職しにくい理由がわかれば、対策することができます。人によっては、魅力に変えることすらできます

✔︎ 50代歯科衛生士のアピールポイント

  • 時間に融通がきく
  • やわらかい物腰
  • 技術を還元したい
  • まなぶ姿勢がある
  • 将来的にずっと働く意思がある

 

大きく分けるとこのような感じです。メンタル的な要素と、実務的な要素にわかれています。

 

時間に融通がきく

 

時間に融通がきく…というのは、大きなアピールポイントです。

 

なぜなら、

 

  • スタッフが少ない時間帯
  • 患者さんが多い時間帯

 

…に活躍してくれる歯科衛生士さんは重宝されるからです。

 

歯科衛生士 まな
歯科衛生士 まな

最近では土日祝日に営業していたり、夜遅くまでやっている歯科医院も増えてきました。

 

歯科医院の状況とマッチすれば、歯科医院にとって神のような存在になれる可能性があります。

 

やわらかい物腰

 

柔らかい物腰をアピールすることは重要です。繰り返しになりますが、歯科医院のスタッフ間の人間関係は重要です。

 

事実、歯科衛生士の退職理由第一位は人間関係。

 

「元々いるスタッフとうまくやれるか」というのは、円滑に仕事するための大切な要素です。

 

そのため、ギスギスした雰囲気より「柔らかい雰囲気の方」を欲しがっている歯科医院はわりとあります

 

技術を還元したい

 

スキルの高い歯科衛生士さんは重宝されます。これからの時代を担う若い人たちに足りないのは「経験」です。

 

そのため、今までバリバリ働いてきた歯科衛生士さんであれば、 技術と経験を若い人に伝える…という役目もあります。

 

とはいえ、教え方が厳しすぎる・口だけ…といった場合は逆効果なので注意してください。

 

そもそも「技術を還元できる」スキルをもつ歯科衛生士は多くないので、当てはまる人は少ないかもしれません。

 

学ぶ姿勢がある

 

学ぶ姿勢がある…ということはアピールポイントになります。歯科医院としては、意欲の高い人に働いてほしいからです。

 

資格取得を目標に勉強する…というよりは、「その歯科医院のやり方・方針をまなぶ」という姿勢が重要です。

 

そのため、病院の方針をしっかり理解したい…というスタンスは大切です。「知らない」「わからない」ことをしっかり認められる人も魅力的ですね。

 

» 必見!歯科衛生士のスキルアップにおすすめの資格 16選

 

ブランクは大きなアピールポイント

 

ブランクがある歯科衛生士さんは大きなメリットがあります。

 

  • 前の歯科医院での変なクセがない
  • 子育て経験は患者さん対応に活かせる
  • 働きたい時間がマッチしやすい

 

ブランクがあることは、利点やのびしろである…と考える歯科医院も実は多いです。

 

歯科衛生士が復帰に成功する方法は以下の記事で解説しています。「ブランク」=「デメリット」…ではありません!

 

» 歯科衛生士がブランクからの復帰に成功する方法

 

将来的にずっと働く意思がある

 

ずっと働きたいとアピールすることも大切です。

 

いまは歯科衛生士が不足しています。そのため、長く働いてくれる歯科衛生士さんはとても貴重な人材です。

 

最初、新しい職場ではイヤなことや理不尽なことも起こりえます。頑張りたいという意志を伝えるのは効果抜群です。

 

これからは50代以上の歯科衛生士が活躍する時代

 

今回の記事をまとめます。

 

✔︎ 50歳からの歯科衛生士転職・再就職が難しい5つの理由

  • 体力的に不利と思われる
  • 職場にうまくなじめるか不安…と思われる
  • 給料の条件が合わない
  • 技術的なのびしろが少ない
  • すぐやめるかも…と思われやすい

✔︎ 50代歯科衛生士のアピールポイント

  • 時間に融通がきく
  • やわらかい物腰
  • 技術を還元したい
  • まなぶ姿勢がある
  • 将来的にずっと働く意思がある

 

50歳からの歯科衛生士転職・再就職は難しい…と感じる人も多いですが、アピール次第で弱みは「強み」になります

 

近年は、歯科衛生士の重要性が高まっているのも事実。高齢化が進み、口のケアを必要とする人も増えています。

 

日本に歯医者は7万件。自分にあった職場は必ず見つかります。

 

ぜひ自信も持って、探してみてください!

 

\ 50代歯科衛生士におすすめの転職サイト /

公式特長おすすめする人口コミ・評判
歯科衛生士 転職サイト 1位

デンタルワーカー

職場の雰囲気をリサーチ
・50代OKの求人が多数
・転職のプロがフルサポート
転職に失敗した経験がある人
良質の求人が多く、1番おすすめ
\詳細はこちら/
歯科衛生士 転職サイト 2位

ファーストナビ

・衛生士の4人に1人が利用中
・マップから求人を探せる
・院長の人柄が事前にわかる
マメなサポートを受けたい人
電話で悩み相談ができる
\詳細はこちら/
歯科衛生士 転職サイト 3位

歯科転職ナビ

・利用者の満足度 98.2%
・条件にあう求人が✉️で届く
・転職後のフォローが充実
マイペースで就活したい人
LINEのやりとりがメイン
\詳細はこちら/