30代の歯科衛生士におすすめする求人サイト 3選【良質な職場に巡り会う】

 

良質な職場へ転職したい…と考えている30代の歯科衛生士「転職を考えている30代の歯科衛生士だけど、自分にあった職場に巡り会いたいな…。求人サイトってどれを使ったらよいのだろう。求人サイトの上手な利用の仕方があれば教えてはしいな」

 

本記事ではこういった疑問にこたえます。

 

本記事の内容

 

記事を書いてる私は歯科医師です。摂食嚥下を専門として、フリーで活動しています。

 

毎日いろいろな病院に出入りしているので、たくさんの衛生士さんと出会う機会があります。

 

その中で自分の人生を大切にしながらも、個性のある30代の衛生士さんの活躍が目立ちます。

 

この環境から語ります。普段はTwitterで介護と医療の情報を発信しています。記事の信頼性担保になると嬉しいです。

 

1分ぐらい読み終わります。

 

 

『高齢者にかかわる仕事をしていると「楽しみは老後にとっておこう」みたいな考えはけっこう危険だと感じる。
目が弱くなると読書やゲームは疲れるし、足腰が悪いと遠出も難しい。今やりたいこと、今しか体験できないことはすぐにでも計画するべき。それに、ヒマな老後が存在する保証なんてどこにもない』

 

スポンサーリンク

まずは求人サイトを利用する目的をきめましょう

f:id:prandium:20210113205420j:plain

 

結論はつぎの3つのサイトを利用すれば問題なしです。

 

ジョブメドレー  ※ 求人数が日本最大級。登録すると「条件にあった新着求人」をメール受信できる。

Guppy   ※ 歯科業界の老舗。歯科業界で老舗のサイト。登録すると病院からスカウトを受けることができる。適性診断機能つき。

ファーストナビ  ※ 内部情報に詳しいエージェントの徹底サポート。会員登録で非公開求人が閲覧できる。

 

サイトによって特徴があるので、まずは目的別に考えていきましょう。どれにあてはまりますか?

 

給料をあげたい:高額求人や、ボーナス賞与が高い求人の多いサイトをつかう

勉強したい:資格やスキルアップの充実した求人の多い求人サイトをつかう

QOLを重視したい: 福利厚生や休日のしっかりした病院が多く掲載される求人サイトをつかう

 

世の中には歯科衛生士向けの求人サイトが山ほどあるので、適切な求人サイトを利用することが大切です。

 

給料をあげたい

 

給料をあげたいのであれば、まず「求人数が多い」そして「高額給与の求人の掲載が多い」、この2つを満たした求人サイトを使う必要があります。

 

さらに具体的に「どのジャンル」で「どのくらい給料」が欲しいのかを設定しておくと、絞り込みやすいです。

 

例えば、矯正歯科がよいのか口腔外科なのか。年収500万なのか1,000万なのか。

 

30代の歯科衛生士の平均給料を載せておきます。

 

・30〜35歳:平均年収 340万円(月収 約28万円)

・35〜39歳:平均年収 350万円(月収 約29万円)

 

地域差や経験によって差はあります。

 

>>参考:【リアル】30代歯科衛生士の給料相場を解説する【稼ぐより心の安定】

 

勉強したい・資格をとりたい

 

勉強したい場合や資格の取得を目指す場合は、勉強できる環境が整った求人を探す必要があります。

 

資格の支援してくれたり、スキルの高い先生が在籍しているとアツいですよね。

 

求人サイトを使って探す方法は以下のとおり。

 

・院内勉強会がある

・セミナーの補助がでる

・専門医認定医が在籍している

 

このあたりから検索すると、かなり絞り込むことができます。

 

仮に今、資格がなくても大丈夫です。最初はみんなの無資格です。学びたいという熱意だけで十分です。

 

QOLを重視したい

 

ご存知の通り、QOLとは”人生の質”です。

 

自分の人生の時間を大切にしたいのであれば、福利厚生や忠実のしっかりした病院を探しましょう。

 

内部の人間関係の情報を知ることができると、さらに安心感が増します。

 

・時短で働きたい

・少しゆるく働きたい

・ブランクがあっていきなりバリバリ働けない

 

このような不安を抱える人にとっては、優先順位が高い項目だと思います。

 

 

※ 注意点:ニッチすぎる求人サイトはおすすめしません

あまりに登録者数が少なかったり掲載数が少ないサイトおすすめしません。

 

その理由は効率が悪いからです。せっかく探すのであれば「求人数が多い」「検索条件が多い」は必須です。

 

30代の歯科衛生士におすすめする求人サイト 3選

f:id:prandium:20210113205627j:plain

 

・ジョブメドレー:細かい条件で検索したい方

・グッピー: 自分の適正を把握したい方

・ファーストナビ:エージェントに代行してほしい方

 

上記のとおり。

 

どれも無料で利用できますし、オンラインで完結することができます。詳しい比較を見ていきましょう。

 

ジョブメドレーとグッピーの比較

 

病院からスカウトを受けたい方はグッピーがありかな…という印象です。色々な条件で検索してみたいならジョブメドレーがよいかと。

 

とはいえ個人的には最初にいろいろと検索してみると良いかなと思います。なのでジョブメドレー1択かなと。このあたりは個人差がありますね。

 

ジョブメドレー | ※ 求人数が日本最大級。登録すると「条件にあった新着求人」のみをメール受信できる

Guppy | ※ 歯科業界で老舗のサイト。登録すると病院からスカウトを受けることができる

 

>>参考: 歯科衛生士向け求人サイト「ジョブメドレー」を徹底レビュー【感想あり】

 

ファーストナビがおすすめな歯科衛生士とは?

 

とにかく歯科医院の内部情報を知りたい方。

 

ファーストナビは院長の性格や病院の雰囲気など独自のルートで情報を持っています。

 

人間関係を重視する方にはとても価値の高いサイトです。次のデータを見れば説得力があります。

 

・歯科衛生士の7割が転職を経験している

・歯科衛生士の仕事の悩み1位は人間関係

 

また転職の活動をエージェントがすべて代行してくれるので、希望条件を伝えておけば後は連絡を待つだけです。

 

条件のあう病院をじっくり検討したい人はぜひどうぞ。

 

ファーストナビ | ※ メールか電話でのやりとり。登録すると非公開求人を閲覧できる

 

【ポイント】歯科衛生士向け求人サイトは登録して利用する

 

多くの歯科衛生士さんがやっていないですが、歯科衛生士向けの求人サイトはとにかく登録して利用しましょう。

 

登録することで多くのメリットを受けることができ、他の人と比べて有利に転職することができますよ。

 

登録するメリットは以下の通り。

 

・非公開求人が閲覧できる

・転職前後のサポートをしてくれる

・条件にあった新着求人のみをメール受信できる

 

いちいち登録するなんて面倒くさい!と思う衛生士さんもいると思います。ですが最終的に転職するときには、求人サイトへの登録が必要になります。

 

すべての機能が手数料無料で使えますし、便利な機能は最初から使い倒した方が圧倒的に賢明です。

 

30代の歯科衛生士にとって求人サイトは便利すぎる

f:id:prandium:20210113205859j:plain

 

以上、30代の歯科衛生士におすすめの求人サイトをまとめてみました。

 

求人サイトを利用する目的は自分の条件に合った職場を見つけることです。30代の歯科衛生士さんにとって、転職は人生の分かれ道でもあります。

 

良質な職場で働くことは良質な人生を生み出します。そのために、まずは動いてみることが大切です。

 

人気の求人はすぐになくなってしまうので、 真剣に転職を考えている歯科衛生士の人は早速登録して条件を入力してみましょう。

 

良い職場に巡り会えますように!今回は以上です。

 

✔︎今回の記事で紹介した求人サイト リスト【公式】

ジョブメドレー  ※ 求人数が日本最大級。登録すると「条件にあった新着求人」をメール受信できる。

Guppy   ※ 歯科業界の老舗。歯科業界で老舗のサイト。登録すると病院からスカウトを受けることができる。適性診断機能つき。

ファーストナビ  ※ 内部情報に詳しいエージェントの徹底サポート。会員登録で非公開求人が閲覧できる。

 

>>参考: 歯科衛生士向け求人サイト「ジョブメドレー」を徹底レビュー【感想あり】

未分類
スポンサーリンク
しろたぬ Web