職場が若い人ばかり…と悩む歯科衛生士さんへ【人間関係がすべて】

歯科衛生士 若い人ばかり

 

歯科衛生士「働いている歯科医院に若い人しかいなくて悩んでいる。話も合わなくてツラい。対策ってあるのかな…。」

 

✔︎ 本記事の内容

 

✔︎ 記事の信頼性

しろたぬ
しろたぬ

この記事を書いている私は、複数のクリニックで働く歯科医師です。

 

そのため、たくさんの歯科衛生士さんと仕事をしてきました。

 

今でもいろいろな年齢層の方と話をする機会があります。

 

歯科職場の中で自分だけ年上だと、戸惑ってしまいますよね。

 

この記事ではそのような歯科衛生士さんが、

 

若い人ばかりの職場でうまくやっていくためのポイント

 

…を紹介します。

 

若い人ばかり…と不安を抱える歯科衛生士さんはぜひご覧ください。

 

>> 歯科衛生士が自分にあった歯科医院をみつける方法

 

もくじ

 

職場に若い人しかいない…と悩む歯科衛生士さんへ【人間関係がすべて】

 

悩む理由は、

 

・人間関係

 

…に不安があるからではないでしょうか。

 

必ずしも「若い人しかいない = 働きにくい」というわけではありません。

 

若い人だらけの職場でも働きやすい場合もあれば、 同年代の多い職場で働きにくいという場合もあります。

 

若い人ばかりの職場で感じること

 

大きく以下の2つです。

 

・話題が合わない

・価値観があわない

 

この2つはほぼ起こります。

 

理由はシンプルで、育った環境や時代が違うからです。

 

時代背景が違うため、考え方・接し方…の価値観が違うのは仕方のないことです。

 

この事実をまずはうけいれることはわりと重要です。

 

結局は「合うか・合わないか」

 

結局は「合うか合わないか」が悩む原因です。

 

シンプルに、心地よい環境であれば働きやすく、逆は働きにくい…です。

 

しろたぬ
しろたぬ

事実、歯科衛生士の退職理由第1位は人間関係。

 

ここに年齢はあまり関係ありません。

 

同世代の人たちが多い職場でも合わなければストレスですし、若い人ばかりでもうまくやっている人もいます。

 

とはいえ、年齢が近い方が話やすい傾向にあります。

 

若いひとしかいない職場で働くメリット

 

大きなメリットは「未知との遭遇」です。

 

今までの自分の常識や概念とは違う角度から、物事をみることができます。

 

しろたぬ
しろたぬ

ちょっとした発言や仕草などから、今までと違う感覚に触れることができますね。

 

それを拒絶と思うか、吸収と受け取るかは自分次第です。

 

世界観が広がると思えれば、しめたものです。

 

若い人ばかりの職場での生存戦略

打ち解ける努力をする

 

年齢問わず、打ち解けるように努力することは必要です。

 

こちらから打ち解けようとしなければ向こうから打ち解けることもないからです。

 

・挨拶をする

・笑顔で話す

 

…こういった基本的なことは重要だったりします。

 

とはいえ気を付けなければいけないのは、「自分を捨てない」ということです。

 

相手に合わせすぎたり、気を使いすぎるのは結局ストレスになってしまいます。

 

相手に敬意を払いつつも、媚びないことは大切です。

 

仕事と割り切る

 

仕事と割り切るというのも戦略の一つです。

 

職場へは馴れ合いに行っているわけではなく、仕事をしにいっています。

 

そのため人間関係の良し悪しにかかわらず、きっちり仕事をするのは社会人としてのマナーです。

 

しろたぬ
しろたぬ

ですが…「割り切り」も、度をすぎるとギスギスしてしまうのも事実。

 

ギスギスしてしまうと、情報の共有不足が起こりやすく、事故も起きやすくなります。

 

結果、ストレスにつながる可能性があるで、「割り切り具合」には注意が必要です。

 

いつでもやめられる環境をつくっておく

 

いつでもやめられる環境を作っておく…というのは有効な対策のひとつです。

 

やり方は簡単で、転職サイトを眺めておく…だけです。

 

転職サイトを見ると、

 

・歯科衛生士の求人がたくさんある

 

…ことがわかります。

 

今の給料とも比較できるので、今の職場が最高ではない…ということに気づくことができます。

 

今は、

 

・スタッフの年齢

・人間関係

・院長の性格

 

…を事前にリサーチしてくれる転職サイトもあるので、ぜひ活用してください。

 

✔︎ 歯科衛生士におすすめの転職サイト

ファーストナビ | 恵まれた人間関係で働きたい歯科衛生士さんにおすすめ

※ 院長の人柄、スタッフの性格をエージェントが教えてくれる・まずは登録しておきましょう

デンタルワーカー転職に失敗したくない歯科衛生士さんにおすすめ

※ 日本最大級の求人数・働いている人の口コミ情報が確認できる・就職後のフォローも万全

JOB歯科AGENT | 首都圏住みの歯科衛生士さんにおすすめ

※ 東京を中心とした求人が多い・アドバイザーによる親身なサポート・転職後までアフターケア

 

※ 歯科衛生士向けの転職サイトは20社以上あります。

歯科衛生士さんへのリサーチをもとに、厳選しました。

>> 【歯科衛生士転職サイト】おすすめランキング21選

 

歯科衛生士の需要は増えている

 

歯科衛生士の需要は増えています。

 

なぜなら、歯科医院に対しての歯科衛生士の数が足りていないからです。

 

しろたぬ
しろたぬ

実際に、歯科衛生士の有効求人倍率は20倍。

 

これは一人の歯科衛生士に、20件の歯科医院が殺到している状況です。

 

✔︎ 平均年齢も上がっている

 

また、働く歯科衛生士の平均年齢が、

 

2000年 → 30歳

2018年 → 35歳

 

…まで上昇しています。

 

これは結婚や出産などで現場を離れた歯科衛生士さんを、積極的に採用している結果です。

 

年配の歯科衛生士や、ブランク明けで働く歯科衛生士の数は増えています。

 

歯科衛生士は人間関係がすべて。自分にあった職場で働こう。

 

今回は「職場に若い人しかいない」…と悩む歯科衛生士さんの原因と生存戦略を解説しました。

 

これが分かれば、あとは実際に行動するだけです。

 

歯科衛生士にとって、人間関係の悩みは切っても切り離せません。

 

以下の記事では歯科衛生士の抱える人間関係の悩み…についてまとめたので、ぜひご覧ください。

 

 

さらに、以下の記事では「歯科衛生士が自分にあった歯科医院をみつける方法」について書いています。

 

併せて読んでみてください。

 

 

日本には歯医者は7万件。働きやすい歯科医院は必ずあります。

 

ステキな環境で働くことができますように!

 

今回は以上です。

 

✔︎ 歯科衛生士のおすすめの転職サイト

特徴おすすめポイント公式サイト
🥇 ファーストナビ・非公開の求人が多数
・院内のくわしい情報が豊富
・歯科衛生士の4人に1人が利用
恵まれた人間関係で
働きたい人におすすめ
\登録はこちら/ 
🥈 デンタルワーカー・日本最大級の求人数
・プロのアドバイザーが在籍
・就職後のフォローも万全
求人情報が豊富なので
転職に成功しやすい
\登録はこちら/
🥉 JOB歯科AGENT・親身なサポート
・首都圏の求人に特化
・適正給与を教えてくれる
関東住みの人におすすめ
アフターケアが充実
\登録はこちら/

 

 

✔︎ この記事を書いたひと
しろたぬ 歯科医師

複数の歯科医院ではたらく歯医者/ライター
今まで100人以上の歯科衛生士さんと仕事を経験。雇用する立場としても「歯科衛生士転職」の内情に精通。医療と介護について呟く Twitter は1.1万人フォロワー。

しろたぬ 歯科医師をフォロー
スポンサーリンク
スポンサーリンク
人間関係
歯科衛生士の転職.com