【基本】東京で求人をさがす歯科衛生士におすすめの転職サイト3選

 

東京で仕事を探している歯科衛生士「歯科衛生士だけど、東京で仕事を探している

。自分にあった病院に就職したい。どの転職サイトを使えばよいのだろう。選んだ理由や転職サイトの活用法もしりたいな」

 

こういった歯科衛生士さん向けの記事です。

 

本記事の内容

 

結論としては ファーストナビ グッピー   ジョブメドレーの3つがおすすめです。

 

なぜか?えらんだ基準はなにか?本当にオススメなのか?こういった疑問に答えるために、歯科医師である私が考察します。

 

普段、高齢者歯科を専門にしていて、東京をふくめ色々な病院と関わっています。そのため、いままで100人以上の歯科衛生士さんと仕事をしてきまして、その経験から語ります。

 

毎日Twitterで介護と医療の情報を発信しています。記事の信頼性の担保になれば嬉しいです。

 

 

『は?ここでダメならどこへいっても通用しないぞ!…みたいに怒鳴ってくる人は無視してOK。
大体は相手のことを思って言っているわけじゃない。マウントをとりたいだけ。「きてくれてありがとう」と言葉をかけてくれた職場もある。怒声を浴びると自己否定が生まれ、心をカラカラにする。逃げるが勝ち。』

 

スポンサーリンク

【東京で仕事をさがす歯科衛生士】転職サイトの選びかた

f:id:prandium:20210212203703j:plain

 

効率的な求人の探し方の以下のとおりです。

 

・多くの求人 → 絞り込み

 

この作業を効率化することで、自分に合った病院に就職する確率が飛躍的に高まります。

 

つまり掲載されている求人数が多く、細かい条件で検索できるサイトを選ぶことが重要です。

 

転職サイトによる求人数の違い

 

歯科衛生士向けの求人サイトは山のようにあります。ですがサイトによって求人の数は天と地ほど違います。

 

百聞は一見にしかず。

 

転職サイト ①:1,100件
f:id:prandium:20210212182541p:plain

 

転職サイト ②:378件
f:id:prandium:20210212182600p:plain

 

転職サイト①は1,100件、②は378件。3倍も違います。使うサイトによって大きく差が出ます。

 

細かい条件で検索できる

 

絞り込むためには検索機能が充実していなければなりません。

 

個人に合わせた条件で検索できてこそ、絞り込むことができるからです。給料や勤務時間のような基本事項以外からも選択できると幅が広がります。

 

検索例

・社保完備
・土日休み
・週休3日
・復職支援
・寮付き
・ネイルOK
・オープニング
・ホワイトニング
・年収500万以上

 

わりと特殊な条件でも検索できます。

 

✔︎参考

 

転職サイトは登録して利用する

あまり知られていませんが、 転職サイトは初めから登録して利用することが効果的です。

 

非公開の求人を見れたり、希望条件に合った求人のみをメール通知してくれる、エージェントに依頼できる…といったサービスが全て無料で利用できるからです。

 

>>参考:歯科衛生士の転職で転職エージェントをつかうメリット【5つある】

 

登録するのには手間がかかるし個人情報…と思う方もいるかもしれません。

 

確かに登録の手間はかかりますが、1分ほどで完了しますし、最初は匿名でも OK です。

 

また最終的に転職する場合、 必ず登録が必要になります。そのため便利な機能は初めから使い倒すことが有益です。

 

他の歯科衛生士さんと比べて、圧倒的に有利な転職の情報を手に入れることができます。

 

ではおすすめの転職サイトを実際に見ていきましょう。

 

東京で求人をさがす歯科衛生士におすすめの転職サイト3選

f:id:prandium:20210201191605j:plain

 

以下のとおりです。

 

✔︎【東京で求人を探している歯科衛生士におすすめの転職サイト】

・ジョブメドレー:細かい検索ができる。希望にあった新着求人をメール通知してくれる

・グッピー:病院からスカウトが届く。転職に関する適正診断をうけられる

・ファーストナビ:病院内の詳しい情報を提供してくれる。エージェントが転職活動を代行

 

ジョブメドレーとグッピーはオンラインでほぼ完結します。ファーストナビはオンライン+専属エージェントの転職代行…というイメージです。してくれます。

 

詳しい比較を見ていきましょう。

 

ジョブメドレーとグッピー

 

自分の適性を知りつつ、転職活動したいという人はグッピーがありかな…という印象です。まずは多くの検索条件を見てみたいという人はジョブメドレーが良いかなと。

 

とはいえ、まずは実際に「希望する条件での求人がどれくらいあるか」を確認したほうがいいと思います。 なのでジョブメドレー1択かなと。この辺は個人差がありますね。

 

ジョブメドレー | ※ 細かい検索ができる。希望にあった新着求人をメール通知してくれる

グッピー  | ※ 病院からスカウトがくる。転職の適正診断をうけられる。

 

ファーストナビはだれにおすすめ?

 

転職活動が面倒な人、人間関係をとにかう優先したい人。

 

転職に精通したエージェントが転職活動を代行してくれます。

 

エージェントが定期的に歯科医院へ取材しているので、ファーストナビの情報収集能力には定評があります。

 

>>参考:歯科衛生士の転職で転職エージェントをつかうメリット【5つある】

 

院長の性格や理念、スタッフ同士の人間関係…といったサイト上では分かりにくい生きた情報を教えてくれます。

 

他の転職サイトが公開しにくいネガティブな情報も伝えてくれるので、人間関係を第一に考える歯科衛生士さんはぜひどうぞ。

 

ファーストナビ | ※ 病院内部の詳しい情報をもらえる。会員は非公開求人を閲覧できる。

 

【注意】求人情報にだまされない

 

サイトにのっている求人情報にだまされないようにしましょう。

 

転職サイトはお金を多く払った歯科医院の情報が検索上位に来ることがあります。そのため、目立つ求人やオススメの求人が必ずしもあなたにマッチした求人とは限りません。

 

ダマされないためには自分の条件をしっかり持つことが重要です。

 

条件の例

・年収が高い
・時給が高い
・新卒OK
・土日休み
・週休3日
・勤務時間
・正社員 or バイト
・オープニングスタッフ
・資格の取得

 

それ以外はしっかりと断るようにしましょう。罪悪感を感じる必要はないですよ。

 

混乱しそうな人は、まずは自分に合いそうなサイトからひとつずつ使ってみるとよいと思います。

 

失敗を恐れすぎないで【転職後をイメージしよう】

f:id:prandium:20210112184015j:plain

 

以上、東京で働きたい歯科衛生士さん向けの転職サイトをまとめてみました。

 

どのサイトも無料で使えますし、自分の条件に合った病院が見つかる機能を備えています。とはいえ、転職を絶対成功させたい!失敗できない…というプレッシャーは逆効果です。

 

実際は働いてみないと分からないこともあるので、失敗してもやり直そうくらいの気持ちで転職活動に臨むのが、良い結果を生みます。

 

事実、歯科衛生士の有効求人倍率は20倍、これはつまり一人の歯科衛生士を20もの病院が奪い合っている計算になります。万が一、失敗してもすぐにやり直せますよ。

 

・まずは行動 → 動きつつ考える

 

それに、今回で得ることのできる「効率的に探そうとした経験」は必ず役立ちます。

 

転職活動は少しハードかもしれませんが、より良い転職を目指すために少し歯をくいしばることも大切です。

 

転職サイトには一度登録してしまえば、あとは情報を確認しつつ興味のある求人に応募するだけです。

 

どのサイトも登録は1分ほどで終わりますので是非この機会に行動してみましょう。

 

 

 

✔︎【東京で求人を探している歯科衛生士におすすめの転職サイト】

ジョブメドレー | ※ 細かい検索ができる。希望にあった新着求人をメール通知してくれる

グッピー | ※ 病院からスカウトがくる。転職の適正診断をうけられる。

ファーストナビ | ※ 病院内部の詳しい情報あり。非公開の求人をあわせると日本最大級の求人数。

 

未分類
スポンサーリンク
しろたぬ Web