【辛い】「人間関係に疲れた」歯科衛生士が自分にあった歯科医院をみつける方法

歯科衛生士 人間関係 つらい 転職

 

人間関係に疲れた歯科衛生士「職場の人間関係に疲れてしまった…。辞めたい…。どうやったら人間関係の良い職場に出会えるのだろう 」

 

歯科衛生士が仕事を辞めたい…と感じる理由第1位は「人間関係」。

 

実際に、職場の人間関係に疲れ果てた歯科衛生士が「自分にあった職場ではたらきたい…」と思うケースは多いです。

 

そこでこの記事では、歯科衛生士が自分にあった職場をみつける方法…を紹介します。

 

✔︎ 本記事の内容

 

✔︎ この記事を書いたひと

しろたぬ 歯科医師

複数の歯科医院ではたらく歯医者/ライター
今まで100人以上の歯科衛生士さんと仕事を経験。雇用する立場としても「歯科衛生士転職」の内情に精通。医療と介護について呟く Twitter は1.1万人フォロワー。

しろたぬ 歯科医師をフォロー

 

この記事をよむと、人間関係に疲れている歯科衛生士さんが「自分にあった職場にたどり着く手順」がすべてわかります。

 

\ 今すぐ登録はこちら /

転職サイト特徴おすすめポイント公式サイト
🥇 ファーストナビ・歯科衛生士の4人に1人が利用
・院長の人柄をリサーチできる
人間関係の情報豊富
1番オススメ
\詳細をみる/
🥈 デンタルワーカー・良質な非公開求人多数
・プロのアドバイザーが在籍
求人情報が豊富
転職に成功しやすい
\詳細をみる/
🥉 JOB歯科AGENT・首都圏の求人に特化
・適正給与を教えてくれる
東京・神奈川・埼玉・千葉
関東住みの人におすすめ
\詳細をみる/

 

■ もくじ

 

人間関係に疲れた歯科衛生士が自分にあった歯科医院をみつける方法

歯科衛生士 人間関係 つらい 悩み

 

結論、100%の確率で自分にあった職場に出会える方法はありません。

 

ですが、その確率を上げる方法はあります。

 

  • ①:「どんな職場で働きたいか」を考える
  • ②:「どんな職場で働きたくないか」を考える
  • ③:「変われるのは自分だけ」…を認識する
  • ④:「適切」に転職活動する

 

上記のとおりです。詳しく解説していきます。

 

①:「どんな歯科医院で働きたいか」を考える

 

どんな職場で働きたいか…を、しっかりイメージすることは重要です。

 

イメージすることで、自分が「何を求めているか」…が、わかってきます。

 

人間関係でいえば、「スタッフ同士が仲良し」…のようなざっくりした内容よりも、

 

  • 院長の性格が穏やか
  • 昼休みに悪口大会が開催されない
  • みんな口数は少ない、でも仕事はきっちり

 

…のように、できるだけ具体的にイメージしましょう。

 

条件でいえば、「稼ぎたい」「休みたい」…を深掘りして、

 

  • 月収40万円ほしい
  • 絶対に土日休みがいい
  • 専門医のもとでスキルアップしたい

 

…のような感じです。

 

どんな職場で働きたいか…がハッキリしていると、自分にあった職場の探し方の道標になります。

 

当たり前かもしれませんが、やっていない人は多いので、一度やってみてください。

 

②:「どんな歯科医院で働きたくないか」を考える

 

どんな歯科医院で働きたくないか…を、考えることも大切です。

 

絶対に避けるべき歯科医院がわかります。

 

たとえば、人間関係であれば、

 

  • 歯科衛生士と歯科助手が仲悪い
  • 意地悪な先輩がいる
  • 先生が怒鳴り散らす

 

…のような、つらい職場はイヤですよね。すぐにでも辞めたくなります。

 

条件であれば、

 

  • 給料が25万以下
  • 有給、残業代が出ない
  • 社会保険に加入できない

 

…といった感じです。

 

どんな歯科医院で働きたいか…があまりイメージできない人でも、

 

「どんな歯科医院で働きたくないか」

 

…はイメージしやすいことが多いです。

 

③:「変われるのは自分だけ」…を認識する

 

何事も、「変われるのは自分だけ」です。

 

逆をいうと、「他人を変えること」…は、不可能とまでは言いませんが、半端ない労力がかかります。

 

人間関係に問題のある職場でも、

 

  • 相手の性格を変える
  • 相手の言い方を変える
  • 相手の考え方、常識を変える

 

…は、難しいです。

 

たとえこちらが100%正しいことでも、

 

  • 相手が非を認めない
  • 逆上する

 

…といった性格であれば、素直に受け入れることはありません。

 

逆恨みされることだってあります。

 

つまり、いじめてくるお局衛生士・意地悪な同僚・無視をする先生…を変えることが出来ません。

 

そして、そもそも彼らは変わりません。

 

 

✔︎ 自分が変わろう

 

一方で、自分を変える…ということは、今この瞬間からできます。

 

考え方・行動…すべて自分の意志だけで決めることができるからです。

 

しろたぬ
しろたぬ

人間関係では、必ず相手がいます。相性もありますし、誰とでもうまくやっていく…というのは難しいです。

 

「変えられないから、こちらから立ち去る」…は、ときに賢明な判断になることがあります。

 

「変われるのは自分だけ」と認識することは、執着をもたないことにつながります。

 

結果として、自分にあった職場を探すための有効な考え方です。

 

✔︎ 振り返りはヒントになる

 

歯科医院は、狭い空間です。

 

経験上、

 

  • 愚痴ばかり
  • 自分を正当化する
  • 被害者意識がつよい

 

…上記の3つのうちどれかに当てはまる人がいると、人間関係が悪い環境になりやすいです。

 

最初は良好な関係でも、段々と仲が悪くなってしまうことも。

 

もしかしたら自分が原因になっていた可能性もあります。 次の職場で活かすためにも、一度振り返ってみてください。

 

④:「適切」に転職活動する

 

自分にあった歯科医院に転職するために、適切な転職活動を行いましょう。

 

辛い人間関係に悩まない歯科医院で働くためには、

 

  • 友人知人に紹介してもらう
  • 転職サイトを活用する

 

…の2つが効果的です。

 

友人、知人に紹介してもらう

 

友人や知人に紹介してもらう方法…は効果的です。なぜなら、医院の内部の情報が事前にある程度わかるからです。

 

友人や知人を介して、院長の人柄・スタッフの性格・人間関係…を知ることができます。

 

具体的な方法としては、

 

  • 仲の良い歯科衛生士にきいてみる
  • 研修で行っていた歯科医院にきいてみる
  • パートできている歯科衛生士にきいている

 

…があります。

 

ポイントは、信頼できる人の話のみをきく…ということです。

 

信頼性が甘いと、無責任に医院を紹介されてしまうことがあります。

 

働き始めたらイメージと全然違った..という例もありました。紹介してもらうひと…には、十分に気をつけてください。

 

 

✔︎ 環境の良い職場はなかなか空きがでない…

 

とはいえ、人間関係が良好な歯科医院からはスタッフがあまり退職しません。「辞めたい」と思わないからです。

 

しろたぬ
しろたぬ

そのため、なかなか空きが出ないのも事実。

 

つまり、タイミング次第ということになってしまいますが、前もって情報を収集しておくのは重要…ということになります。

 

このような知り合い、知人がいない…場合は、次の「転職サイトを活用する」をためしてください。

 

転職サイトを活用する

 

転職サイトは、歯科衛生士の職場探しにとって必須のツールです。

 

その転職サイトを「活用」することで、希望にあった歯科医院を見つけやすくなります。

 

歯科衛生士の就職活動に、次のようなイメージを持っていませんか?

 

  • ①:転職サイトの求人を眺める
  • ②:いまより好条件の求人を見つけ出して、応募する
  • ③:ざっくり見学して、面接で好印象になりそうな受け答えをする
  • ④:内定をもらって就職する

 

実はこれだと、人間関係で失敗する可能性が高まってしまいます。

 

なぜなら、「条件だけをみて」「なんとなく」就職活動しているからです。

 

成功率をあげるためには、

 

  • 希望条件の優先順位をつける
  • 転職サイトを活用する

 

…が、ポイントです。

 

最初からすべての希望を満たす歯科医院をピンポイントでみつけるのは難しいので、たとえば、

 

  • 人間関係 > 給料 > 勤務時間
  • 給料 > 人間関係 > 通勤時間

 

…のように、優先順位を決めましょう。

 

 

✔︎ 転職サイトごとの特長を利用する

 

そのうえで、転職サイトを活用します。

 

いまはエージェントさんが、院長の人柄・スタッフ同士の人間関係を事前に教えてくれる転職サイトもあります。

 

しろたぬ
しろたぬ

人間関係に疲れてしまっている歯科衛生士さんにとっては、病院内部の人間関係を前もって知れるのは、貴重ですよね。

 

希望条件を登録しておくことで、希望にあった求人情報がメールで届く転職サイトもあります。

 

このように、適切に転職サイトを活用することが、自分にあった歯科医院を見つける近道です。

 

✔︎ 歯科衛生士におすすめの転職サイト

  • ファーストナビ | 恵まれた人間関係で働きたい歯科衛生士さんにおすすめ
    ※ 院長の人柄、スタッフの性格をエージェントが教えてくれる・求人情報も豊富なので1番オススメ
  • デンタルワーカー転職に失敗したくない歯科衛生士さんにおすすめ
    ※ 年間転職成功者3万人の実績・豊富な求人情報と丁寧なサポート・就職後のフォローが万全
  • JOB歯科AGENT | 首都圏住みの歯科衛生士さんにおすすめ
    ※ 東京を中心とした求人が多い・アドバイザーによる親身なサポート・転職後までアフターケア

 

※ 歯科衛生士向けの転職サイトは20社以上あります。

歯科衛生士さんへのリサーチをもとに、厳選しました。

>> 【歯科衛生士転職サイト】おすすめランキング21選

 

また人間関係の悪い職場だったら…【失敗する前提で考えましょう】

歯科衛生士 人間関係 つらい 繰り返す

 

慎重に転職したとしても、「また人間関係のわるい職場だったらどうしよう」…と不安になりますよね。

 

予防法はひとつ、「失敗前提で考える」…です。

 

転職は失敗する前提で考えるとラク

 

どんなに知恵を絞っても、「100%成功する転職方法」…は残念ながらありません。

 

そのため、「失敗前提で考えておく」ことは気持ちをラクにします。

 

もし辛いことがあっても、「へぇ、そうきたか」「どうしようかな」と今後を冷静に考えることができるからです。

 

しろたぬ
しろたぬ

繰り返しですが、人間関係はかならず相手がいます。

 

つまり、辞めたいと感じる職場や、意地悪な人はどこにでも存在する可能性があります。

 

こちらがどんなに慎重を期しても、何かの拍子に嫌われることや、うまくいっていたのに後から入ってきた人が最悪だった…というパターンも。

 

そんなときに、失敗する前提で考えていれば「やめる基準」にもなります。

 

転職は、失敗する前提…で考えておきましょう。

 

歯科衛生士の求人はめちゃくちゃ多い

 

でも職場選びに失敗したくない…というひとは、「歯科衛生士は求人の多い職業」…ということは忘れないでください。

 

実際、歯科衛生士の有効求人倍率は20倍。これは一人の歯科衛生士を、20件の歯科医院が奪い合っている状況です。

 

これは、2つの意味があります。

 

  • 失敗しても転職しやすい
  • 多くの求人から、自分にあった歯科医院を見つけるは難しい

 

 

✔︎ 転職しやすい

 

いま、歯科衛生士は必要とされている仕事です。そのため、転職に困ることはありません。

 

ブランクがあっても、転職を繰り返していても、転職しやすい職業です。

 

ですので、失敗した歯科医院にそのまま残り続けなくても大丈夫…という安心感はあります。

 

▶︎ 関連記事

 

 

✔︎ 多くの求人から、自分にあった歯科医院を見つけるは難しい

 

一方で、多く求人があるため、自分にあった歯科医院を見つけるのは難しいです。

 

いろいろな歯科医院が求人を出しているからです。

 

しろたぬ
しろたぬ

変な歯科医院に引っかからないためにも、転職サイトを活用することはとても重要です。

 

希望の条件で、しっかりと絞り込んでいきましょう。

 

✔︎ おすすめの転職サイト

転職サイト特徴おすすめポイント公式サイト
🥇 ファーストナビ・歯科衛生士の4人に1人が利用
・院長の人柄をリサーチできる
恵まれた人間関係で
働きたい人におすすめ
\詳細をみる/
🥈 デンタルワーカー・転職成功者 年間3万人
・プロのアドバイザーが在籍
人間関係の情報が豊富
転職に成功しやすい
\詳細をみる/
🥉 JOB歯科AGENT・首都圏の求人に特化
・適正給与を教えてくれる
東京・神奈川・埼玉・千葉
関東住みの人におすすめ
\詳細をみる/

 

特に、ファーストナビは、内部の人間関係を転職エージェントが事前におしえてくれるので、人間関係に悩んだ経験のある歯科衛生士さんにおすすめです。

 

心と身体が1番大事【辞めたい…と思ったら】

 

他の記事でも伝えていますが、歯科衛生士にとって1番大切なことは「心と身体の健康」…です。

 

心(メンタル)・身体(フィジカル)…が健康だからこそ、歯科衛生士として仕事することができるからです。

 

なにより、健康であれば人生を楽しむことができますよね。

 

逆にわるい職場環境は、メンタルとフィジカルによくない影響を与えます。

 

しろたぬ
しろたぬ

ましてや限界までガマンするのは、心身が壊れてしまうので絶対にNGです。

 

悪影響を受け続けたことで、「衛生士になんてならなきゃよかった」…と辞めてしまった人もいます。

 

適応障害で通院している人や、うつ病になって働けなくなった歯科衛生士さんもいます。

 

自分自身の健康を最優先に、「これからのこと」を決めてください。心と体が健康であってこそ、仕事もプライベートも充実します。

 

人間関係に疲れた歯科衛生士さんは、まずは一歩動いてみましょう

歯科衛生士 人間関係 転職 失敗前提

 

今回は、「人間関係に疲れた」歯科衛生士が自分にあった歯科医院をみつける方法…を解説しました。

 

✔︎ 「人間関係に疲れた」歯科衛生士が自分にあった歯科医院をみつける方法

  • ①:「どんな職場で働きたいか」を考える
  • ②:「どんな職場で働きたくないか」を考える
  • ③:「変われるのは自分だけ」…を認識する
  • ④:「適切」に転職活動する

 

方法を知ることは大切ですが、実際に「行動してみること」はもっと重要です。

 

その小さな一歩が、素晴らしい未来を引き寄せるきっかけになるからです。

 

希望にあった歯科医院をみつけるなら、まずは転職サイトに登録して、気になる求人をチェックしておきましょう。

 

オススメの転職サイトはこちら ▼

  • ファーストナビ | 恵まれた人間関係で働きたい歯科衛生士さんにおすすめ
    ※ 院長の人柄、スタッフの性格をエージェントが教えてくれる・求人情報も豊富なので1番オススメ
  • デンタルワーカー転職に失敗したくない歯科衛生士さんにおすすめ
    ※ 年間転職成功者3万人の実績・豊富な求人情報と丁寧なサポート・就職後のフォローが万全
  • JOB歯科AGENT | 首都圏住みの歯科衛生士さんにおすすめ
    ※ 東京を中心とした求人が多い・アドバイザーによる親身なサポート・転職後までアフターケア

 

※ 転職サイトは複数登録がおすすめ
転職サイトは2〜3社の登録がおすすめです。
転職会社の調査では、転職希望者の7割が2社以上の転職サイトを併用しています。

✔︎ 複数利用のメリット
・求人情報のモレがなくなる
・使いやすいサイトが見つかる
・相性のよいエージェントさんが見つかる

 

「転職サイトの特長は?」「良質な求人を見極めるコツは?」

 

…といった疑問をお持ちの方は、こちらの記事をご覧ください ▼

 

 

日本に歯医者は7万件。

 

人間関係が悪い・スタッフと合わない…と感じる職場が、あなたにとって理想な職場のはずはありませんよね。

 

人間関係に悩む歯科衛生士さんが、ステキな環境で働くことができますように!

 

今回は以上です。

 

 

 

 

✔︎ この記事を書いたひと
しろたぬ 歯科医師

複数の歯科医院ではたらく歯医者/ライター
今まで100人以上の歯科衛生士さんと仕事を経験。雇用する立場としても「歯科衛生士転職」の内情に精通。医療と介護について呟く Twitter は1.1万人フォロワー。

しろたぬ 歯科医師をフォロー
スポンサーリンク
スポンサーリンク
人間関係
歯科衛生士の転職.com