歯科衛生士と結婚するメリット・デメリットを解説します【結婚相手として人気?】

 

歯科衛生士と結婚したいひと「歯科衛生士と結婚するメリットをしりたい。デメリットもあれば知りたいな。結婚相手にはどんな人が向いているのかな。」

 

本記事ではこういった疑問にこたえます。

 

本記事の内容

 

私は歯科医師として働いていますが、「歯科衛生士と結婚したい」という声を特に患者さんからよく耳にします。

 

また何人もの既婚の歯科衛生士から「結婚のリアル」を聞くことも多いです。

 

そこでこの記事では歯科衛生士と結婚するメリット・デメリット、どんな人が歯科衛生士の結婚相手として向いているか…をまとめて解説します。

 

この記事を「歯科衛生士」との結婚について詳しく知ることができます。

 

普段はTwitter で医療と介護の情報を発信しています。記事の信頼性担保につながると嬉しいです。

 

 

『一定数が勘違いしてるけど「歯科衛生士が治療中に胸をあててくる」は迷信ですよ。一度たりとも見たことない。
妄想するのは自由だけどそんなことより、すべての医療や介護職は患者さんから故意に触られたとしても泣き寝入りが多い。だからせめてこのツイを見た人は今日から紳士に接してあげて。約束!』

 

スポンサーリンク

歯科衛生士と結婚するメリット・デメリットを解説します【結婚相手として人気?】

 

歯科衛生士と結婚するメリットとデメリットは次のとおりです。

 

✔︎ 歯科衛生士と結婚する【メリット】

 

①:口の健康を守れる

 

②:仕事と家庭を両立しやすい

 

③:国家資格である

 

 

 

✔︎ 歯科衛生士と結婚する【デメリット】

 

①:口と歯へのこだわりが強い

 

②:給料が高くはない

 

③:イメージとのギャップ

 

 

 

順番に解説していきます。

 

メリット ①:口の健康を守れる

 

歯科衛生士と結婚すると得られるメリットのひとつは「口の健康を守れる」ということです。

 

歯科衛生士は口の専門家なので、虫歯や歯周病など口の病気に詳しいです。

 

そのため歯磨きの仕方、食生活などを整えることができます。

 

子供が出来たときでも、ブラッシング方法や定期検診などで子供の歯の健康を守ることができます。

 

 

✔︎ 歯の健康はほんとうに大事

 

歯の健康は本当に大事です。

 

歯は笑う、話す、食べる…といった重要な日常動作に深く関わっています。

 

それに、虫歯や歯周病になると治療にお金も時間もかかります。日々のメンテナンスをしない理由はありません。

 

メリット ②:仕事と家庭を両立しやすい

 

歯科衛生士は仕事と家庭を両立しやすい職業です。

 

歯科衛生士という仕事はシンプルに需要が高いです。

 

事実、一人の歯科衛生士に対して10の歯科医院が募集をかけている…という現実があります。

 

働き方も融通が利くことが多いです。

 

・午前だけの時短

・週2日だけ

 

このような形態でも歯科衛生士を欲しがっている歯科医院は山ほどあります。

 

近所の歯科医院で働けば、仕事と家庭の両立は容易です。 子育てをしつつ、収入を得ることができます。

 

メリット ③:国家資格である

 

国家資格である…ということはメリットのひとつです。いわゆる「手に職」というやつですね。

 

例えば引っ越しをしても、すぐに仕事が見つかります。

 

パートナーに何かあったとしてもすぐに働くこともできます。ブランク明けの復職も容易です。

 

このように「歯科衛生士」という国家資格はニーズの高い職業なので、食いっぱぐれる心配はありません。

 

 

✔︎ 清潔感もある

 

歯科衛生士は名前の通り清潔感の高い職業です。そういう意味でも、結婚相手としては人気です。

 

ついてデメリットを見ていきましょう。

 

デメリット ①:口と歯へのこだわりが強い

 

仕事柄、 口の歯に関してのこだわりが強い傾向があります。

 

・磨き方

・口臭

・喫煙

・食生活(お菓子、ジュースなど)

 

 

健康な口と歯を維持できる反面、普通の人に比べるとこだわりが強いです。

 

そのため「ここまでする?」と感じてしまう場合もあります。

 

デメリット ②:給料が高くはない

 

歯科衛生士はいつでもどこでも働くことができますが、収入が極端に高いわけではありません。

 

大体の相場は時給にして1,200円から1,600円です。これは働く場所やジャンルによって変わります。

 

専門スキルを持っているともう少し稼げることもあります。

 

参考:【給料が安い】歯科衛生士の年収・月収をあげる方法4選【月に数万円稼ぎつつ勝ち組をめざす】

 

また、正社員として働く場合は以下のような可能性もあります。

 

・土日休みではない

・歯科医院の営業時間が遅い

 

そのため休日を合わせる…ということが難しい場合も多いです。

 

デメリット ③:イメージとのギャップ

 

歯科衛生士は「健康的で優しい」というイメージを持たれやすいです。

 

ですが、これはあくまで仕事上のイメージです。現実には、一人の人間としてそれぞれ個性があります。

 

・がさつ

・プライド高い

・お金遣いがあらい

 

このような歯科衛生士だって普通にいます。

 

「歯科衛生士だから」という固定観念は捨てておいたほうが、メリットにつながります。

 

歯科衛生士の結婚相手に向いている人・向いていない人

 

歯科衛生士の結婚相手に向いているひと

 

歯科衛生士の結婚相手に向いてる人はどのような人でしょうか。

 

大切なのは以下の2点です。

 

・歯への理解がある

・仕事への理解がある

 

メリット・デメリットでもあげたように、歯へのこだわりは強いです。

 

そのため、それを面倒くさいと思わずに受け止められるとうまくいきやすいです。

 

仕事に関しても、休みが合わないことを理解できるとよいですね。

 

一人の時間を過ごせるも、うまくいく秘訣です。

 

歯科衛生士との結婚に向いていないひと

 

デメリットに対して許容できない人は、歯科衛生士の結婚相手に向いていません。

 

・歯への関心がなさすぎる

・歯へのこだわりが強すぎる

・つねに一緒にいたい

 

歯への関心がなさすぎる、つまり「歯が汚い」「口臭が強い」と言った人は歯科衛生士との結婚には向いていません。

 

また逆にこだわりが強すぎても争いの原因になります。

 

特に歯科関係者同士が結婚した場合は、お互いの主張でバチバチでやりあうこともありました。

 

正社員で働いて欲しいけど土日を絶対休みにしてほしい、仕事は17時までに切り上げてほしい…

 

このような要望がつよいと、いくら歯科衛生士といえどもも働く病院というの限られてしまいます。

 

仕事への理解は大切です。

 

歯科衛生士との結婚。結局は「合う・合わない」が大事

 

今回は歯科衛生士と結婚するメリットとデメリットを解説しました。

 

身もふたもない話ですが、一番重要なのはメリットデメリットではなく「合うか合わないか」です。

 

根本的な性格が合わなければメリットをメリットと感じることができません。

 

逆に「合う性格」であればデメリットも許容できます。

 

メリットデメリットを頭の片隅に入れつつ、「あうのか合わないのか」を見極めてくださいね。

 

歯科衛生士と出会うには?

 

歯科衛生士は全国に30万人。割と希少な存在です。出会う方法はおもに以下のとおり。

 

・歯医者での治療中

・婚活アプリ

・友人の紹介

 

 

詳しくは【簡単です】歯科助手・衛生士と出会う方法【5パターン / ランキングあり】をご覧ください。

 

歯科医院での連絡先交換は 患者が歯科助手・衛生士と連絡先を交換するたった1つの方法【渡すタイミングが命】で解説しています。

 

歯科衛生士と結婚したいひとが利用すべき婚活アプリは【歯科衛生士と結婚したい人むけ】確実に出会える婚活サイト・アプリ おすすめ3選が参考になると思います。

 

歯科衛生士のような医療関係者は出会いが少なく、婚活アプリを使っている人も多いです。

 

最初から条件にマッチした人と出会うことができるので、興味のある人は一度試してみる価値はあります。

 

今回は以上です。

 

 

 

 

 

未分類
スポンサーリンク
しろたぬ Web