転職3回目の歯科衛生士が転職を成功させる3つのコツ【回数が多くてもOK】

 

転職が3回目の歯科衛生士「転職が3回目の歯科衛生士だけど、転職を成功させたい。転職回数が多いけど…自分にあった歯科医院を見つけたいな。転職のコツがあったら教えてほしい。」

 

こういった疑問にお答えします。

 

✔︎ 本記事の内容

・転職3回目の歯科衛生士さんが転職を成功させるコツ

・転職3回目での注意点

 

✔︎ 記事の信頼性

しろたぬ
しろたぬ

この記事を書いている私は、複数の歯科医院で働いている歯科医師です。

 

今まで100人以上の歯科衛生士さんと仕事をしてきて、たくさんの転職と退職を間近でみてきました。

 

その中には、短い間に転職を3回ほど繰り返した歯科衛生士さんもわりといます。

 

 

転職の回数が増えてくると、「自分に合う病院なんてないのでは?」「自分になにか欠陥があるのかも…」「また失敗したらどうしよう」…と不安になりますよね。

 

この記事では、転職3回目の歯科衛生士さんがつぎの転職に成功するコツ…を解説します。

 

この記事をよむと、転職回数が多めの歯科衛生士さんが、自分にあった職場に就職することができます。

 

もくじ

 

しろたぬ
しろたぬ

いつもは Twitterで医療と介護の情報を呟いています。

 

ありがたいことに、1万人以上の方にフォローしてもらってます。

 

記事の信頼性につながると嬉しいです。

 

関連記事 ▶︎【歯科衛生士むけ】失敗しない転職活動のロードマップ

 

スポンサーリンク

転職3回目の歯科衛生士さんが転職を成功させる3つのコツ

 

コツは3つあります。

 

①:希望条件を明確にする

②:適切な転職サイトを利用する

③:自己PRをしっかりする

 

ひとつずつ解説していきます。

 

①:希望条件を明確にする

 

希望条件を明確にしておくことは大切です。

 

希望条件に合わない職場に就職しても、長続きしない可能性が高いです。

 

たとえば、

 

・給料は30万以上

・残業はない

・通勤時間は30分以内

・院長が優しい

 

…といった感じです。

 

とはいえ、最初から「自分がどのように働きたいのか」を理解している人はすくないです。

 

なにが自分にとって譲れない希望条件なのかは、「転職を繰り返す」からこそ、わかることもあります。

 

経験を踏まえて、希望条件を洗い出してみてください。

 

②:適切な転職サイトを利用する

 

いままで、こんな感じで転職活動していませんか?

 

・転職サイトの求人を眺める

・いまより好条件の求人を見つけ出して、応募する

・ざっくり見学して、面接で好印象になりそうな受け答えをする

・内定をもらって就職する

 

正直これだと、転職に失敗しやすいです。

 

最初の部分で、ミスしているからです。

 

歯科衛生士むけの転職サイトは山ほどあり、それぞれに特長があります。

 

そのため、「適切な転職サイトで適切な求人を探す」ことが、転職成功への正しい手順です。

 

転職3回目の歯科衛生士の利用すべき転職サイトは、

 

・求人数が多い

・こまかい条件で検索できる

・院内の情報を教えてくれる

・面接の対策をしてくれる

 

…の実績がある転職サイトです。

 

まずはこのようなサイトに登録して、求人をチェックしましょう。

 

オススメの転職サイトはこちら ▼

 

✔︎ 歯科衛生士におすすめの転職サイト

ファーストナビ | 人間関係を重視する歯科衛生士さんにおすすめ

※ 院長の人柄・スタッフの性格をエージェントが教えてくれる・まずは登録しておきましょう

ジョブメドレー | 条件にこだわりのある歯科衛生士さんにおすすめ

※ 細かい条件で検索できる・希望にあった求人がメールで届くので、優良な求人を見逃す心配なし

グッピー | 実績をウリにしたい歯科衛生士さんにおすすめ

※ 独自の適性診断機能をうけられる・スカウト機能を使ってスキルを最大限に売り込める

 

サイトごとに取り扱う分野や仕事内容・給与などが違うため、転職サイトは2〜3社登録しておくべきです。

 

「転職サイトの特長は?」「良質な求人を見極めるコツは?」

 

…といった疑問をお持ちの方は、こちらの記事をご覧ください ▼

 

 

エージェントの利用はあり

 

転職サイトには、エージェントが転職活動を代行してくれる機能…を利用できるものがあります。

 

エージェント機能をつかうことで、

 

・新着の求人情報をおしえてくれる

・院長の人柄やスタッフ間の人間関係を教えてくれる

・給料交渉や面接対策もおこなってくれる

・手数料は無料

 

…といったメリットがあります。

 

最近のエージェントのリサーチ力は段違いです。

 

流れとしましては「歯科衛生士向け転職サイトに登録 → 転職のエージェントに依頼」…これだけです。

 

エージェントを利用するデメリットは、転職サイトに登録しないと利用できない・連絡がしつこいことがある…です。

 

関連記事 ▶︎ 歯科衛生士の転職で転職エージェントをつかうメリット・デメリット

 

ですが、連絡をメールに切り替える・こちらから連絡すると伝える…ことで、しつこさは無くなります。

 

なにより、転職するときにはかならず登録が必要ですので、便利な機能は最初から利用するようにしましょう。

 

③:自己PRをしっかりする

 

履歴書や面接で、しっかり自己PRしてください。

 

しっかりと自分をアピールすることで、人柄や考え方をある程度わかってもらえるからです。

 

・この歯科医院を希望した理由

・今までの経験

・希望する働き方

 

ここを正直に伝えておくことは、歯科医院とのミスマッチを防ぐことができます。

 

就職してから、「こんなはずじゃなかった」と、お互いに思わないためにも、しっかりと正直に自己PRしましょう。

 

転職3回目での注意点

転職3回目でも、良い職場に転職できるか?

 

答えは Yes です。

 

私の周りでも、自分に合った病院への転職できた歯科衛生士さんは多いです。

 

歯科衛生士の有効求人倍率は20倍。これは、一人の歯科衛生士に20の歯科医院が求人を出していることになります。

 

つまり、歯科衛生士は必要とされている仕事です。働く場所を選ぶのは、あなたです。

 

それでも、転職する回数が増えてくると不安になりますよね。

 

歯科衛生士の転職に関して、「30代での転職回数は平均2.5回」というデータがあります。

 

これは、

 

・結婚、出産、転勤、介護などのライフイベントで転職が多い仕事

・必要とされている職種なので転職しやすい

 

…といった理由が考えられます。

 

歯科衛生士の複数回の転職経験は、当たり前の時代です。

 

とはいえ、短い間の転職3回は警戒されやすい

 

いくら歯科衛生士の転職はあたりまえ…といっても、「短い間に転職回数が3回以上」になってくると「多いな」と思われることがあります。

 

短い間とは、「1年の間に3回」…と考えておきましょう。

 

この場合は、

 

・すぐ辞められるかも?

・性格に問題があるのでは?

 

…と感じられている可能性があります。

 

そのため、

 

・人間関係でうまくいかなかった

・こどもが小さく、休みがちになってしまった(いまは大丈夫)

 

…など、退職の理由をしっかり考えましょう。

 

こういった退職理由も、エージェントに依頼すると状況に合わせた理由を提示してくれます。

 

自分を振り返ることも大事

 

自分がなぜ転職3回目なのか…を、しっかり振り返ることは、今後のために大切なことです。

 

歯科医院の視点からすると、転職を繰り返す理由には、

 

・被害者意識が強いのでは?

・理想が高すぎるのでは?

 

…といった理由が頭によぎります。

 

もし思い当たる歯科衛生士さんがいたら、今後に活かすようにしてください。

 

転職サイトに騙されないようにする

 

転職サイトに騙されないように注意してください。

 

転職サイトを見ていると、目立つ求人や、検索上位に出てくる求人があります。

 

ですがこれらの求人は、歯科医院側がお金を払うことで上位に表示させている可能性があります。

 

就職させたい求人を、エージェントが紹介してくることも考えられます。

 

そのため、

 

・エージェントだけに頼らず、自分からもリサーチする

・「希望条件に合った求人のみをメール受信する」を設定しておく

 

…といった対策は有効です。

 

このあたりはひと手間かかりますが、やっておくだけで「合わない職場」を避けるための防波堤になります。

 

転職サイトで人気の求人が、希望に合ったクリニックとは限らない…ということは忘れないでくださいね。

 

 

✔︎ 歯科衛生士の転職につよい転職サイト

ファーストナビ | 人間関係を重視する歯科衛生士さんにおすすめ

※ 院長の人柄・スタッフの性格をエージェントが教えてくれる・まずは登録しておきましょう

ジョブメドレー | 条件にこだわりのある歯科衛生士さんにおすすめ

※ 細かい条件で検索できる・希望にあった求人がメールで届くので、優良な求人を見逃す心配なし

グッピー | 実績をウリにしたい歯科衛生士さんにおすすめ

※ 独自の適性診断機能をうけられる・スカウト機能を使ってスキルを最大限に売り込める

 

心と身体の健康がなによりも大事

 

あなたの心と体の健康が何より最重要、ということは忘れないでください。

 

なぜなら心身ともに健康だからこそ、 働くことができるからです。

 

実際、うつ病になってしばらく働けなくなった歯科衛生士さんもいます。復帰までの数年間働くことができませんでした。

 

転職を繰り返したということは、「自分自身を守った勇気ある行動」と言い換えることもできます。

 

心と身体の健康はすべての土台です。十分に気をつけてくださいね。

 

転職3回目の歯科衛生士さんへ。まずは行動→動きながら考える

 

この記事では、

 

・転職3回目の歯科衛生士さんが転職を成功させるコツ

・転職3回目での注意点

 

…を解説してきました。

 

今回紹介した「コツ」と「注意点」に気をつければ、自分に合った職場に転職できる可能性は飛躍的に高まります。

 

転職活動は少しハードです。ですが、より良い転職を目指すために少し歯をくいしばることも大切です。

 

歯科医院は全国に7万件。かならず、希望に合った医院は存在します。

 

がんばって行動してみてください。ステキな職場に出会えますように!

 

今回は以上です。

 

 

✔︎ 転職回数が多い歯科衛生士におすすめの転職サイト

ファーストナビ | 人間関係を重視する歯科衛生士さんにおすすめ

※ 院長の人柄・スタッフの性格をエージェントが教えてくれる・まずは登録しておきましょう

ジョブメドレー | 条件にこだわりのある歯科衛生士さんにおすすめ

※ 細かい条件で検索できる・希望にあった求人がメールで届くので、優良な求人を見逃す心配なし

グッピー | 実績をウリにしたい歯科衛生士さんにおすすめ

※ 独自の適性診断機能をうけられる・スカウト機能を使ってスキルを最大限に売り込める

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
歯科衛生士の転職
スポンサーリンク
しろたぬ Web