【10ステップ】人間関係に悩む歯科衛生士の転職完全ガイド【病む前にみて】

 

人間関係に悩む歯科衛生士「歯科衛生士として働いているけど、職場の人間関係がつらすぎる。働きやすい歯科医院で仕事したいな転職に失敗しない方法をおしえてほしい。」

 

こんな悩みにお答えします。

 

✔︎ 本記事の内容

 

・歯科衛生士が「人間関係に恵まれた職場」で働くための方法を解説します

 

 

※ 本質をこまかく10ステップで紹介しているので、最後まで読むと2分ほどかかります。

 

細かい説明はいらない!10ステップは長い!…という歯科衛生士さんは、目次から「自分の知りたい情報」まで読み飛ばしてください。

 

 

しろたぬ
しろたぬ

この記事を書いているわたしは歯科医師です。複数の病院と関わっているため、たくさんの歯科衛生士と仕事をしています。

 

その中で、人間関係に不安を感じた経験のある歯科衛生士さんとたくさんお会いしてきました。

 

わたし自身も以前、職場の人間関係で病み、メンタルの調子を壊した経験があります。

 

 

歯科医院で働いていて、人間関係に悩みを抱える歯科衛生士さんは多いです。

 

この記事では、

 

・院長と合わない

・お局が苦手すぎる

・同僚からいじめられている

・パワハラ、セクハラを受けている

・就職先がイヤな人達だったらどうしよう

 

 

…このような「人間関係」に悩んでいる歯科衛生士さんにむけて、

 

 

・今の職場をやめる基準

・今の職場をやめない基準

・退職、転職までの流れ

・失敗しない求人探し

・オススメの求人サイト

・人間関係に悩まない働き方

 

…を10ステップでわかりやすく解説していきます。

 

この記事を読むと、職場の人間関係でつらい思いをしている歯科衛生士さんが「人間関係に恵まれた職場」で働くまでの手順がすべてわかります。

 

いまの職場の人間関係に悩んでいるひと・ブランクあけの復職が不安なひと・就職したばかりだけどやめたいひと…そんな歯科衛生士さんはぜひご覧ください。

 

目次【10ステップ】

  1. ①:歯科衛生士さんの悩みの種「職場の人間関係」
    1. 歯科衛生士が退職する理由1位は「人間関係」
    2. 人間関係の悩みは尽きない
    3. ムリをしすぎると心を病む【不安は積み重なる】
  2. ②:人間関係がつらい...いまの職場を退職する「基準」
    1. 人間関係に悩む歯科衛生士さんが「退職する基準」
    2. すぐにでも退職すべき基準【タイミングは今】
    3. パワハラ・モラハラ・セクハラは論外
    4. 人間関係に悩んだら転職活動をはじめる
  3. ③:人間関係がつらくても「辞めるべきでない基準」
    1. 【辞めるべきでない基準】改善できる
    2. 【辞めるべきでない基準】ガマンできる
    3. 【はやまった?】退職して後悔することも
  4. ④:決心がついたら退職と転職の準備をする【病む前に】
    1. 退職の準備をする
    2. 「引き止め」をうける可能性はある
    3. バックレはNG
    4. 「退職代行サービス」をつかうとすぐにでも退職できる【成功確率100%】
  5. ⑤:歯科衛生士が「人間関係に悩まない職場」を探す2つの方法【良質な求人をみつけよう】
    1. 人間関係に悩まない職場を探す方法 ①:知人の紹介で転職する
    2. 人間関係に悩まない職場を探す方法 ②:求人サイトを利用して転職する
  6. ⑥:人間関係に悩む歯科衛生士さんにオススメの求人サイト 2選【失敗しない転職】
    1. ファーストナビ と ジョブメドレーの特徴
    2. 求人サイトは登録して利用する【失敗するリスクをへらす】
    3. 求人サイトを使うデメリット
  7. ⑦:求人先に自分をアピールすることも必要です
    1. 採用されやすい歯科衛生士さんとは?
    2. 欠点は強みにもなる
    3. 自分自身を振り返ってみる
    4. 転職に失敗したらすぐに退職する【失敗する勇気】
  8. ⑧:歯科衛生士の働き方は色々ある
    1. 大きめの医療法人に転職する
    2. バイトを掛け持ちする
    3. 労働条件を変える【週休3日・オープニングスタッフ】
    4. とにかくのんびりした病院を探す
    5. 歯科衛生士以外の仕事をする
  9. ⑨:新しい職場で気をつけること
    1. まずは試用期間で感覚をつかむ
    2. 歯科衛生士は必要とされている仕事です
  10. ⑩:【まとめ】人間関係に悩んだ歯科衛生士さんだからこそ理想の職場に必ず出会える!

 

 

しろたぬ
しろたぬ

私自身、怯えながら転職活動を繰り返していたので、「人間関係の大切さ」を痛感しています。

 

いつもは Twitterで医療と介護の情報を呟いています。ありがたいことに1万人以上の方にフォローしてもらってます。

 

記事の信頼性につながると嬉しいです。

 

 

 

 

スポンサーリンク

①:歯科衛生士さんの悩みの種「職場の人間関係」

 

歯科衛生士さんの人間関係は以下の要因で悩みの種になりやすいです。

 

 

・女性が多い

・上下関係がある

・人間関係が狭い

 

 

そんなのわかっているよ!っていう歯科衛生士さんは読み飛ばしてOKです。

 

歯科衛生士が退職する理由1位は「人間関係」

 

歯科衛生士の退職する理由は以下の通りです。

 

 

✔︎ 歯科衛生士さんが退職する理由ランキング

1位:職場の人間関係

2位:仕事内容への不満

3位:給料や勤務時間などの待遇

 

 

これは歯科衛生士会の「歯科衛生士の勤務実態調査」でも調査されています。

 

 

このように、人間関係は多くの歯科歯科衛生士さんの退職理由にあがるほど、身近で根深い問題です。

 

人間関係の悩みは尽きない

 

個人的には、ほとんどの歯科衛生士さんは「人間関係」で悩んでいる…と思います。

 

退職する理由1位ですが、ぶっちぎりの1位だと感じています。

 

冒頭で紹介したように「女性が多い」「上下関係がある」「人間関係が狭い」…このような環境は歯科医院は人間関係に悩みやすい土壌になっていますよね。

 

・院長の性格が最悪

・お局さんからのいじめ

・スタッフに無視される

・先輩が仕事を教えてくれない

・パワハラ・モラハラ・セクハラの嵐

 

実際にこれらの現場を目撃したり、あとから転職理由として聞いたこともあります。

 

いじめを受けたときの対応はこちらの記事を参考にしてください ▼

 

 

ムリをしすぎると心を病む【不安は積み重なる】

 

人間関係がつらい状態で無理をすると、心が病みます。

 

私は実際職場でハラスメントにあったことがあり、メンタルの不調を治すのに数年かかりました。

 

人間関係でつらすぎる状態が続くと、いつか必ず心を壊してしまいます。

 

そして、一度壊れた心はなかなか元には戻りません。

 

絶対にムリだけはしてはいけません。

 

心が優しい歯科衛生士さんほど、頑張らなきゃ…となりがちなので、気をつけてください。

 

そんなツライ職場は「辞めてよかった」…と必ず思える日が来ます。

 

いじめによる末路・そこからの脱出方法…についてはこちらが参考になると思います ▼

 

 

 

⌃ 目次にもどる

②:人間関係がつらい…いまの職場を退職する「基準」

 

人間関係に悩んだとき、退職・転職が頭をよぎりますよね。

 

ここでは「転職を考えだしたとき」にどうすればよいか考察します。

 

人間関係に悩む歯科衛生士さんが「退職する基準」

 

人間関係をどのくらいツラいと感じているかは、歯科衛生士さんによってとなります。

 

そのため辞める基準はひとによってちがいます。

 

・イヤだけど頑張れる

・イヤだからもうムリ

 

上記の2つは基準になります。

 

「給料がやすい」「勤務時間がながい」といった数字で表せられる待遇とちがい、人間関係は数値化は難しいです。

 

退職する基準について…はこちらの記事をご覧ください ▼

 

 

 

すぐにでも退職すべき基準【タイミングは今】

 

人間関係に悩む歯科衛生士がすぐにでも退職すべき状態はたったひとつです。

 

 

・精神的に限界なとき

 

 

 

このようなときは、すぐにでもその職場から離れた方がよいです。

 

たとえば、

 

・朝、身体がうごかない

・通勤中に涙がとまらない

・人格否定、舌打ち、暴言、無視

・セクハラ、パワハラ、モラハラ

・不倫旅行にさそわれる

 

これらは実例ですが、こんな環境なときは「心を守る」ためにすぐ離れましょう。

 

心が壊れると、治るまで時間もお金もかかってしまいます。

 

心が優しい歯科衛生士さんほど、「やめたら悪い」「私がやめたら迷惑をかける」と無理をしてしまいます。

 

心の基準を決める…って大事です。

 

パワハラ・モラハラ・セクハラは論外

 

歯科衛生士さんによっては、パワハラ・モラハラ・セクハラといったハラスメント受けてもガマンしている人もいます。

 

シンプルにハラスメントは「犯罪」です。

 

これだけ騒がれているのに、ハラスメント被害は後をたちません

 

病院内でのハラスメント事例は問題視されています。

 

ハラスメントを受けて続ける場合は、すぐにでも退職の準備をしましょう。

 

パワハラ・モラハラの実例はこちらで詳しく解説しています ▼

 

 

人間関係に悩んだら転職活動をはじめる

 

人間関係に悩んだらまずは転職活動を始めてください。

 

求人をみて、「いつでもやめられる」…という状況をつくると、心がすこし安定します。

 

求人サイトを眺めたり、友達の勤める歯科医院の様子を聞いたりするだけなら、タダでできます。手間もかかりません。

 

もちろん「簡単に転職なんてできない。」「生活もある…。」という状況な歯科衛生士さんもいると思います。

 

ですが、心に余裕を持って仕事をするためにも、人間関係に悩んでいるなら転職活動を始めることをおすすめします。

 

早ければ早いほど、転職で失敗するリスクは減ります。正常な判断ができるうちに行動しましょう。

 

良質な職場をみつける方法はこちらで解説しています ▼

 

 

 

⌃ 目次にもどる

③:人間関係がつらくても「辞めるべきでない基準」

 

人間関係に悩んだらすぐに「立ち去ったほうがよい」というわけではありません。

 

辞めない方がいい…というパターンも存在します。

 

・改善できる

・ガマンできる

 

気持ち的に上記のような状況であれば、すぐに辞める必要はありません。

 

【辞めるべきでない基準】改善できる

 

改善できる可能性がある場合は、今の病院で頑張る理由になります。

 

職場の環境がよくなれば、できれば居心地が良くなるからです。

 

仲間が多い

相談相手がいる

 

このような状況であれば、心に余裕がうまれますよね。

 

院長に交渉したり、スタッフ同士で話し合ったり…と、建設的に話ができる環境なのかどうか…は大事です。

 

人間関係だけでなく待遇に関しても、話し合った結果良くなったパターンもあります。

 

 

✔︎ 改善するために戦う場合も

 

話し合いにならない場合は、職場によっては戦いになることもあります。

 

パワハラを受けていた歯科衛生士が院長と戦った例もありました。

 

パワハラに立ち向かう方法はこちらの記事を参考にしてください ▼

 

 

 

戦略を組んで戦えば改善する可能性はあります。ですが、体力・精神力ともに消耗してしまう…ということは忘れないでください。

 

【辞めるべきでない基準】ガマンできる

 

ガマンできる…という状態もやめるべきではない基準のひとつです。

 

基本的にガマンはダメです。ここでのガマンとは、「他の条件がよい」「仕方ないと思える」…など他にメリットが感じられるときのガマンです。

 

距離を保てる

給料がべらぼうに高い

転職が面倒…の気持ちが勝っている

 

例えばこのような状態は、人間関係はちょっと辛いけどやめるほどではない…という状況です。

 

苦手なスタッフと距離を保つことができたり、給料や勤務時間などの待遇がよかったり…。

 

勉強になるから…という理由でがんばった歯科衛生士さんもいました。

 

今の自分がどの位置にいるのか、客観的に見るようにしてくださいね。

 

余談ですが、仕事に行きたくないときは一度ズル休みするのもありかもです。仕事をやめた気分が味わえます。

 

上手なズル休みの仕方はこちらを参考にしてください ▼

 

 

【はやまった?】退職して後悔することも

 

退職して後悔するパターンもあります。

 

再就職先が見つからない

次の職場がもっとひどかった

 

このような状況に陥ってしまうと、「もう少し人間関係に耐えていれば…」と感じてしまうことになりかねません。

 

勢いだけで退職した数ヶ月後に、失敗したかも…と感じることもあります。

 

そのため、慎重さも大事です。

 

特に地方では求人が少ないことも多いので、勢いだけに任せてやめないように注意しましょう。

 

勢いで退職したいときは、友だちや親に相談みるのもいいかもしれません。

 

「今の自分」がどう見えるか…の意見は貴重です。客観的な意見をもらうようにしてくださいね。

 

とはいえ、もし勢いだけで退職してしまっても、これらはすべて経験になります。

 

必ず「やめてよかった」と思う日が来るので、安心してくださいね。

 

 

⌃ 目次にもどる

④:決心がついたら退職と転職の準備をする【病む前に】

 

 

・我慢の限界

・精神的にキツすぎる

・もう今すぐにでも辞めたい

 

人間関係に悩んで、このような状態になったら退職の準備を始めましょう。

 

退職の準備をする

 

退職の準備と言っても、流れは驚くほど簡単です。

 

退職を決心する

院長に伝える

引き継ぎを始める

 

これだけです。

 

「退職を決心する」には決断力が必要です。じっくり考えてくださいね。

 

決断と同時に、転職活動を並行しておくことも有効です。

 

「院長に伝える」も緊張しますよね。

 

ですが、経験した人ならわかると思いますが、伝えた後の開放感はたまらないです。

 

次の職場が決まっている場合は勇気が出たりします。

 

歯科衛生士の退職手続きはこちらで解説しています ▼

 

 

直接伝えるのがきつい人は、メールや電話、文章でもいいと思います。むしろ口頭で伝えるよりも証拠が残るので「言った・言わない」になりません。

 

※ 退職届の書き方は【テンプレ・見本あり】歯科衛生士の退職届けの正しい書き方【歯科医院をやめる】を参考にしてください。

 

引き継ぎ…は、正直必須ではありません。

 

もちろん、やれる方がよいのですが、精神的に追いつめられているときはそのままフェードアウトする場合もあります。

 

 

✔︎ 雇用契約書を確認する

 

雇用契約書を結んでいる歯科衛生士さんもいると思います。

 

そこには1月前に告知するとか酷いとこだと3ヶ月前に告知するなんていう契約になっていたりします。

 

ですが、基本 2週間前の告知で OK です。これは日本の法律で決まっていて、会社の契約書が優先されることはありません。

 

もちろん引き継ぎをしてから退職するのがセオリーですが、精神的にきつい場合はそれも必要ありません。

 

自分の体が一番大切です。

 

「引き止め」をうける可能性はある

 

退職を伝えた後に、引き止められる可能性も想定しておきましょう。

 

今は歯科衛生士不足と言われていて、 どの歯科医院でも歯科衛生士は必要とされています。

 

退職の意思を聞いた途端に慌てて引き止めたり、条件をあげてきたりする場合もあります。

 

引き止められた場合にどうするかは考えておく必要があります。

 

絶対に退職する

一定の条件がクリアされら撤回する

 

このどちらかです。

 

「あなた」が必要とされているのか、「歯科衛生士の資格を持っているひと」が必要されているのかを見極める必要もあります。

 

同情や罪悪感に負けて、ずるずる働き続けないように気をつけてくださいね。優しく、断りきれない歯科衛生士さんは特に気をつけてください。

 

そもそもこのような状況になる前に「歯科衛生士のことを大切にしろ」という話です。

 

それに、あなたがいなくてもその病院は回ります。自分自身の判断を優先してください。

 

しつこい引き止めを振り切る方法はこちら ▼

 

 

バックレはNG

 

たまに人間関係がツラすぎて職場をバックれてしまう歯科衛生士さんもいます。

 

職場の環境がツラすぎた結果だと思います。

 

ですが、バックレでの退職はオススメしません。

 

バックレ癖がつく

業界に噂が広まる

懲戒解雇扱いになってしまう

 

このようなデメリットがあるからです。

 

バックレは癖になりやすいです。歯科業界は狭い業界で、特にその地域の噂はすぐに広まります。

 

また、懲戒解雇扱いになってしまい、次の転職に支障が出る可能性もあります。

 

バックレはしないようにしましょう。

 

バックれるデメリットはこちらで詳しく紹介しています ▼

 

 

「退職代行サービス」をつかうとすぐにでも退職できる【成功確率100%】

 

今すぐに辞めたい

引き止めがしつこすぎる

 

このような理由で、やめたいのになかなか辞められない場合、当日に辞める方法があります。

 

それは「退職代行サービスを利用する」です。

 

その名の通り「退職を代行してくれるサービス」で、自分自身の代わりに代理人が退職の手続きをすべてまとめてきてくれます。

 

依頼した瞬間にもう出勤する必要はありません。ロッカーに残した荷物も送ってもらえます。

 

料金は3万円ほどかかりますが、申し込めば一切の手間はかかりません。

 

院長やスタッフとと話す必要もないので、安心です。

 

心を守るためにいつでもやめられるサービスがある…ということは忘れないでくださいね。

 

「歯科衛生士向けの退職代行」についてはこちらを参考にしてください ▼

 

 

 

⌃ 目次にもどる

⑤:歯科衛生士が「人間関係に悩まない職場」を探す2つの方法【良質な求人をみつけよう】

 

繰り返しですが、退職の準備と並行して「転職活動」をするようにしましょう。

 

人間関係に悩まない職場探す方法は2つあります。

 

1:知人の紹介で転職する

2:求人サイトを利用して転職する

 

次の職場がある…ということは心の安定にもつながります。

 

人間関係に悩まない職場を探す方法 ①:知人の紹介で転職する

 

知人の紹介で転職すると、人間関係に恵まれた職場の可能性が高くなります。

 

なぜなら情報の正確性が高いからです。

 

知り合いの歯科医師

友人の歯科衛生士

実習先だった歯科医院

 

このような人たちの情報は貴重ですよね。

 

注意するポイントは「信頼できる知人に聞く」…ということです。

 

信頼できる知人でなければ情報の正確性はガクンと落ちてしまいます。

 

人間関係に恵まれている病院はなかなか欠員が出ないので、タイミングや運に左右されます。

 

アンテナを張り続ける必要があります。

 

人間関係に悩まない職場を探す方法 ②:求人サイトを利用して転職する

 

求人サイトを利用する…という方法もあります。多くの歯科衛生士さんが使っている方法です。

 

歯科衛生士むけの求人サイトを使うと給料・勤務時間・福利厚生・産休…など、いろいろな条件で検索することができます。

 

無料で使うことができるのも便利です。

 

とはいえ、どの求人サイトを使うかは大事。死ぬほど大事です。

 

歯科衛生士向けの求人サイトは星の数ほどあります。

 

変な求人サイトを使うと、変な求人を紹介されたり、そもそも求人自体がなかったり…とさらに疲労することになってしまいます。

 

 

⌃ 目次にもどる

⑥:人間関係に悩む歯科衛生士さんにオススメの求人サイト 2選【失敗しない転職】

 

経験上、人間関係に悩む歯科衛生士さんにとってオススメの求人サイトは2つです。

 

結論、ファーストナビジョブメドレーです。

 

特に、次のような歯科衛生士さんにおすすめです。

 

院長と合わない

人間関係がつらい

いじめ・パワハラを受けている

ブランクあけの復職が不安

新卒だけど、もうやめたい

 

人間関係に不安のある歯科衛生士さんのために、細かい条件で検索でき、院長の性格やスタッフ同士の人間関係まで事前に教えてくれます。

 

ファーストナビジョブメドレーは歯科医師版もあって、実際に私も転職で利用して今も平和に働いています。

 

もう一つの有名サイトである「グッピー」より丁寧な印象です。

 

ファーストナビ と ジョブメドレーの特徴

 

それぞれの特徴は以下のとおりです。

 

✔︎ ファーストナビ

・国内最大級の求人数

・非公開求人がたくさんある

・エージェントが内部の情報を教えてくれる

 

院長の性格やスタッフ同士の人間関係を知りたい!という人はファーストナビがオススメです。

 

専属のエージェントが希望する病院の内部情報をリサーチをしてくれます。

 

 

✔︎ ジョブメドレー

・スカウトを受けられる

・細かい条件で検索できる

・希望条件の新着求人をメール通知してくれる

 

とにかくマイペースに細かい条件で検索したいという人はジョブメドレーがオススメです。

 

18時までに退社可能、専門医在籍…などかなり細かい条件で検索できます。

 

基本的に採用する歯科医院側としても、ファーストナビやジョブメドレーのような大手に求人を出します。

 

多くの人が見るからです。そのため、まずはこの2つのどちらかの利用で十分です。

 

人間関係に悩みのある歯科衛生士さんにオススメの転職サイトはこちら ▼

 

 

 

どちらを使えばよいんだ?というひとはまずファーストナビをオススメします。

 

やはり職場の生の声をリサーチしてくれるのは大きいです。

 

万が一、条件がちがって再転職が必要になったときも、代理人にもなって交渉してくれます。

 

 

求人サイトは登録して利用する【失敗するリスクをへらす】

 

求人サイトは登録して利用しましょう。

 

あまり知られていないのですが、いろいろな特典を無料で受けられます。

 

・非公開求人がみれる

・希望にあった求人のみメール通知してくれる

・エージェントを介して給与などの条件交渉をしてくれる

 

上記で紹介したような機能は登録者だけが利用できます。

 

新鮮な情報を受け取る…って大事です。

 

 

✔︎ 地方ではハローワークもあり

 

地方ではハローワークへの登録もありです。

 

地方では求人サイトの求人よりもハローワークの求人が多い場合があります。

 

求人を出す側も無料で出せるので、利用している歯科医院も多いです。

 

とはいえ無料な分、「すでに募集していない」「条件が違う」といった歯科医院も混ざっていることがあるので、注意深く検討することが大切です。

 

求人サイトを使うデメリット

 

求人サイトにはデメリットもあります。

 

・不良な求人が含まれている

・登録が面倒

 

上記の2点は求人サイトの欠点とも言えます。

 

 

✔︎ 不良な求人が含まれている

 

書いてあった条件や待遇が違う…のような不良な求人が含まれている可能性があります。

 

これは完全に防ぐことは難しいです。

 

つねに求人している歯科医院や「みんなが笑顔」…みたいなクリニックは怪しかったりしますが、完全にはわかりません。

 

条件を絞って検索する

事前に見学にいく

試用期間を設ける

 

で対策できますが、働いてみないとわからないことも多いです。

 

求人サイトで転職エージェントを依頼すると、エージェントを通じて解約できたりするので便利です。

 

エージェントを利用するメリット・デメリットはこちら ▼

 

 

 

✔︎ 登録が面倒

 

求人サイトへの登録は面倒です。

 

名前とメールアドレス…といった情報を登録するので、一手間かかります。ファーストナビの場合はヒアリングを兼ねて一度連絡が来ます。

 

ぶっちゃけ、求人サイトは登録しなくても利用できます。

 

ですが、最初から登録して使っている歯科衛生士さんは少ないので、登録するだけで良い病院を優先的に紹介してもらえる可能性はあがります。

 

良質な求人はすぐになくなってしまうので、とくに人間関係で悩んでいる人にとっては必要な手間だと思います。

 

求人サイトを利用して転職する場合最終的には登録が必要になるので、便利な機能は初めから使い倒しましょう。

 

 

ファーストナビ  ※ エージェントにすべてお任せ。病院内のくわしい情報あり。会員登録で非公開求人が閲覧できる。

 

ジョブメドレー ※ 細かい条件で検索できる。登録すると希望条件にマッチした新着求人のみをメール受信できる。

 

 

 

正直、求人サイトをつかうだけでは、100%人間関係の問題を解決できるわけではありません。

 

ですが、人間関係の問題を達成するためにきちんと努力できる人にとっては、求人サイトは大きな助けになります。

 

 

⌃ 目次にもどる

⑦:求人先に自分をアピールすることも必要です

 

人間関係のよい職場に就職するためには、「自分をアピール」することも大切です。

 

せっかく条件に合いそうな歯科医院を見つけても、転職できなければ意味がありません。

 

採用されやすい歯科衛生士さんとは?

 

採用されやすい歯科衛生士は「医院のコンセプト」に合った歯科衛生士です。

 

即戦力が欲しい

長時間働ける人が欲しい

土日出てくれる人が欲しい

 

といった条件を求める歯科医院もあれば

 

笑顔の素敵な人が良い

おっとりした人を希望する

 

といった性格を求める歯科医院もあります。

 

そのためにはよく募集要項やホームページを見て、そんな歯科衛生士を求めているか..を考えることが大切です。

 

例えばバリバリの歯科衛生士さんを求めている歯科医院に、本当はのんびり働きたい歯科衛生士さんが就職してしまうと悲劇です。

 

何より嘘はいけません。後で自分が苦しむだけです。

 

そういう意味では志望動機は大切です。自分のことを正確にアピールするようにしましょう。

 

具体的な自己PRの方法とコツはこちらを参考にしてください ▼

 

 

このあたりは「求人サイトの中のひと」も全力で助けてくれるので安心してください。

 

欠点は強みにもなる

 

そんな自己アピールすることなんてない。むしろ欠点だらけ…。

 

このように感じてしまう歯科衛生士さんもいます。

 

例えば以下のとおりです。

 

ブランクがある

年齢が離れている

何度も転職を繰り返している

 

ですが、自分が欠点だと思っていることも実は強みになります。

 

 

✔︎ ブランクのある歯科衛生士さんのメリット

 

ブランクがある場合は伸びしろが大きい…ともいえます。自己主張が少なく人間関係で物事が起こさない…とも考えられます。

 

参考:【復帰が怖い】ブランクのある歯科衛生士が不安を払拭する2つの方法

 

 

✔︎ 年齢差のある歯科衛生士さんのメリット

 

年齢が少し上かもという場合でも、穏やかでギスギスしてないということをアピールできます。年上のメンタル的な余裕は若手にとってのオアシスです。

 

参考:職場が若い人ばかり…と悩む歯科衛生士さんへ【人間関係がすべて】

 

 

✔︎ 転職を繰り返している歯科衛生士さんのメリット

 

何度も転職を繰り返している場合は理由をしっかり提示しましょう。ハラスメントを受けていたり、条件が違ったり…といった理由は優しさや誠実さが伝わります。

 

参考:【転職が多い..】転職をくり返す歯科衛生士が理想の職場をみつける方法

 

このように欠点は強みにもなります。

 

自分自身を振り返ってみる

 

自分自身を振り返ることも大切です。

 

とくに、何度も人間関係で揉めている場合は自分に原因がある可能性もあります。

 

・遅刻を繰り返す

・陰で悪口をいう

・知識をひけらかす

・前の職場ではこうだった…と主張する

 

このような言動は、まわりからの反感を買って、人間関係に波風たてるきっかけになりやすいです。

 

一度自分の事を振り返ってみるというのも大切です。

 

転職に失敗したらすぐに退職する【失敗する勇気】

 

身もフタもない話ですが…

 

人間関係に悩んでいる歯科衛生士さんの転職で大切なことは「失敗したらすぐ辞める」ということです。

 

なぜなら世の中に、「100%成功する」といった保証付きの転職はありません。

 

もちろんエージェントを利用したり、求人サイトを活用することで、自分に合った職場に就職できる確率は上がります。

 

ですがそれも「絶対」ではありません。運もあります。

 

そのため「失敗することもある」…と頭の片隅に入れておくと、万が一の時も焦らずにすぐ動くことができます。

 

チャレンジした経験は必ず未来の自分の助けになります。

 

失敗を前提で考えることの重要性はこちらで解説しています ▼

 

 

 

⌃ 目次にもどる

⑧:歯科衛生士の働き方は色々ある

 

人間関係に悩んでいる歯科衛生士にとって働き方は色々です。

 

正社員で働くことだけが選択肢ではありません。

 

人間関係に依存しすぎない…というのは人間関係に悩まないための有効な対策のひとつです。

 

・大きめの医療法人に転職する

・バイトを掛け持ちする

・労働条件を変える

・とにかくのんびりした病院を探す

・歯科衛生士以外の仕事をする

 

は一考に値します。

 

大きめの医療法人に転職する

 

大きめの医療法人に転職すると、人間関係の悩みが分散されることがあります。

 

なぜならたくさんの人数がいるから。

 

大きめの基準は人によって違いますが、歯科衛生士が10人以上いたら、かなり大きい歯科医院ではないでしょうか。

 

毎日、嫌いな人だけと密閉した空間で仕事をする…という環境を避けることができます。

 

嫌いな人と距離を取れるのはメリットですよね。

 

自分のことを嫌いな人もいれば好きな人もいる…ということも実感できます。

 

バイトを掛け持ちする

 

バイトを掛け持ちする…も人間関係に悩まされる確率が下がります。

 

毎日顔を合わせなくて済むからです。

 

最近はこの働き方をする歯科衛生士さんをよく見かけます。

 

3つの歯科医院を掛け持ちしている…という歯科衛生士さんもいます。一般歯科と訪問歯科…のようにジャンルで分けて掛け持ちしている歯科衛生士さんもいます。

 

この記事を書いてる私もずっと掛け持ちで働いています。正直、気楽です。

 

バイトの掛け持ちに興味のある歯科衛生士さんはこちらの記事をご覧ください ▼

 

 

 

✔︎ 社保の扱いに注意

 

バイトの掛け持ちは、正社員に比べると社会保険や雇用保険のような福利厚生が薄くなることがあるので注意が必要です。

 

とはいえ、今は一定の条件(労働時間や勤務日数)を満たせばバイトでも社保に加入することができます。

 

これからの時代、正社員で働くことがすべてではありません。

 

参考:【なぜ社保に入れない?】「社保なし」の歯科衛生士が社保に入る方法

 

労働条件を変える【週休3日・オープニングスタッフ】

 

労働条件を変える…というのも人間関係の悩みから少し解放されやすいです。

 

・週休3日で働く

・オープニングスタッフで勤める

 

このあたりは検討してみてはいかがでしょうか。

 

このように人間関係を希薄な状態からスタートしていくのはかなり有効です。

 

とにかくのんびりした病院を探す

 

歯科衛生士の中には「細かい条件はどうでもいい。「のんびり・ゆったり働きたい」という人もいます。

 

のんびりした歯科医院は以下のような特徴があります。

 

借金がない

院長の性格がのんびり

1日の患者数が16人以下

 

開業したてで借金があったり、月々のテナント料が高かったりするとのんびりはしていられません。

 

院長の性格がイケイケな場合も、せかせかした雰囲気になりやすいです。

 

とにかく利益を上げるためにガンガン集客しているような病院はのんびりできません。

 

のんびりした病院で働いた場合はこの逆の病院を探すようにしましょう。

 

のんびり・ゆったり働きたい歯科衛生士さんに一度は読んで欲しい記事 ▼

 

 

歯科衛生士以外の仕事をする

 

一度歯科衛生士の仕事から離れる…という選択肢もありです。

 

日本に歯科衛生士さんは約30万人いて、その中で歯科医院で働いてる歯科衛生士の人数は13万人。

 

つまり17万人の歯科衛生士が働いていない、もしくは別の仕事をしている…ということになります。

 

パン屋さん

ケーキ屋さん

老人ホームの介護職員

 

このような別の仕事についている歯科衛生士も周りにはいます。

 

いつでもどこでも復帰できる…というのは歯科衛生士という資格の強みです。

 

 

⌃ 目次にもどる

⑨:新しい職場で気をつけること

 

人間関係に悩んだ経験のある歯科衛生士さんが新しい職場で気をつけることは「その病院のスタイルに合わせる」ということです。

 

郷に入れば郷に従え…という言葉があるように、それぞれの歯科医院にそれぞれのやり方があります。

 

実際、今までのやり方と全然ちがって驚くこともあります。

 

ですがその病院のスタイルをまず理解することで、周りのスタッフとの調和も生まれます。

 

人間関係でとても不安に感じているとは思いますが、まずは同じ職場の人への敬意を忘れないようにしてください。

 

「転職・就職がきまって初日までに確認すること」はこちら ▼

 

 

まずは試用期間で感覚をつかむ

 

まずは試用期間で感覚をつかみましょう。

 

歯科医院にしてみればあなたを試用している期間でありますが、就職した側からしても試用している期間でもあります。

 

・院長の性格

・スタッフさん同士との関係

・患者さんの質

・治療方針、やりがい

・給料が正しく支払われるか

 

 

実際に働いてみないとわからないことも多いので、自分の感覚を大切にしましょう。

 

繰り返しになりますが、どうしてもおかしいと思ったときはすぐに辞める心の準備はしておいてください。

 

万が一、失敗したときは…こちらを参考にしてください ▼

 

 

歯科衛生士は必要とされている仕事です

 

歯科衛生士は必要とされている仕事です。歯科医院だけでなく、世の中に必要とされています。

 

歯科業界でいうと、いまは一人の歯科衛生士を20もの歯科医院がほしがっている状況です。

 

ですがそんな数字の前に、歯科衛生士は「歯科医師にとって、なくてはならない存在」です。

 

歯科衛生士がいなければ仕事が成立しません。お互いに尊重しつつ、協力して働ける環境を探してくださいね。

 

そして何より、「日本人の口の健康を守っている」素晴らしい仕事です。

 

人間関係に悩んだことのある歯科衛生士さんにとって新しい職場はとても不安ですよね。

 

その不安を解消してくれるような、自分を必要としてくれる歯科医院は必ずありますよ!

 

 

⌃ 目次にもどる

⑩:【まとめ】人間関係に悩んだ歯科衛生士さんだからこそ理想の職場に必ず出会える!

 

歯科衛生士さんにとって、人間関係の悩みは切っても切れませんよね。狭い職場環境だと、なおさらです。

 

この記事では、人間関係に悩む歯科衛生士さんが迷わずに「人間関係に恵まれた職場」で働くための方法を解説してきました。

 

人間関係に悩んだ経験があるからこそ、人に優しくできますよね。

 

人間関係に悩んでいるときは、正常な判断がつかないことも多いです。家族や友達…周りのひとを頼ることも忘れないでください。

 

今つらい職場で働いている歯科衛生士さんはかならず「あのとき辞めてよかった」…と思える日がきます。

 

この記事を読んで、人間関係になやむ歯科衛生士さんの不安が少しでも解消されたら嬉しいです。

 

すこしの行動が素晴らしい未来をひきよせます。一歩でも動いてみてくださいね!

 

この記事を読んだ全ての歯科衛生士さんが、素晴らしい人間関係の職場で働けますように!

 

今回は以上です!

 

 

✔︎ 記事で紹介した「人間関係に悩む歯科衛生士」にオススメの求人サイト

 

ファーストナビ  ※ エージェントにすべてお任せ。病院内のくわしい情報あり。会員登録で非公開求人が閲覧できる。

 

ジョブメドレー  ※ 細かい条件で検索できる。登録すると希望条件にマッチした新着求人のみをメール受信できる。

 

 

 

 

 

しろたぬ
しろたぬ

お年寄りのモグモグゴックンを治療する歯医者/ライター/祖母の在宅介護を6年→有料→特養/卒後→大きめの病院(認知症・摂食嚥下)→フリー/いつもは精神病院と老人ホームに往診(訪問歯科)/今まで30件以上のクリニックHPをライティング/血と針が苦手/きょうだい児・HSP/高齢社会のリアルを呟きます/やさしく、ゆるく生きる

 

 

⌃ 目次にもどる

スポンサーリンク
スポンサーリンク
歯科衛生士の転職
スポンサーリンク
しろたぬ Web