歯科衛生士|50歳からのキャリアプラン【歳をとったら再就職は不利?】

本記事はプロモーションを含む場合があります

 

歯科衛生士「年をとったら、どんな働き方をすればよいのだろう?再就職は難しそうだけど…」

 

歯科衛生士として働いていると、将来が不安になることがありませんか?

 

キャリアプランを間違えてしまうと、仕事を辞めたら再就職できない場合も。これだと、お金や仕事に不安を抱えることになります。

 

ですので、早めに歳を重ねたときのキャリアプランを考えておくことは大切です。

 

この記事では、歯科衛生士が歳をとったときのキャリアプランをデータを交えて紹介します。

 

✔︎ 本記事の内容

 

✔︎ この記事を書いたひと

まな

転職4回の歯科衛生士 (Twitter
1年目にパワハラで病む/ブランク→ホワイトな職場で快適に勤務/今はスタッフ100名の医療法人で採用を担当

 

「将来どうしよう」「何歳までできるかな」と心配する方をたくさん見てきました。

 

この記事を読むと、歯科衛生士として年齢を重ねたときの不安が軽くなります

 

結論、長く働ける職場を探す・必要な人材になる・体調を管理する…がポイントです。

 

\ 50代歯科衛生士におすすめの転職サイト /

公式特長おすすめする人口コミ・評判
歯科衛生士 転職サイト 1位

デンタルワーカー

職場の雰囲気をリサーチ
・50代OKの求人が多数
・転職のプロがフルサポート
転職に失敗した経験がある人
良質の求人が多く、1番おすすめ
\詳細はこちら/
歯科衛生士 転職サイト 2位

ファーストナビ

・衛生士の4人に1人が利用中
・マップから求人を探せる
・院長の人柄が事前にわかる
マメなサポートを受けたい人
電話で悩み相談ができる
\詳細はこちら/
歯科衛生士 転職サイト 3位

歯科転職ナビ

・利用者の満足度 98.2%
・条件にあう求人が✉️で届く
・転職後のフォローが充実
マイペースで就活したい人
LINEのやりとりがメイン
\詳細はこちら/

 

もくじ

 

歯科衛生士|50歳からのキャリアプラン

歯科衛生士 歳をとった キャリアプラン 再就職

 

歯科衛生士が「50歳からのキャリアプランキャリア」を立てるには、次の4つが重要です。

 

  • 長く働けるところを探す
  • 必要とされる人材になる
  • 体調を管理する
  • 引退時期を考える

 

長く働けるところを探す

 

長く働ける歯科医院を見つけることは大きなポイント。「働ける場所」がなければ、歯科衛生士として働くことができません。

 

  • 人間関係が悪くない
  • 歯科医師の後継者がいる(院長が高齢の場合)
  • 福利厚生がしっかりしている

 

以上のような職場で仕事することが重要です。

人間関係が悪くない

 

歯科衛生士の退職理由第1位は人間関係

 

どのような環境で働くか…は、長く働けるかどうかに直結します。

 

»【つらい職場を回避】歯科衛生士が人間関係のよい歯科医院をみつける4つの手順

歯科医師の後継者がいる(院長が高齢の場合)

 

歯科医院そのものが閉鎖されてしまっては働くことができません。

 

院長が高齢の場合は、後継者がいるかどうかをリサーチすることが大切です。

福利厚生がしっかりしている

 

福利厚生がしっかりしていると将来的な安心感が違います。

 

社保・有給・退職金…これらの詳細はしっかり確認しましょう。

 

\ 50代歯科衛生士におすすめの転職サイト /

公式特長おすすめする人口コミ・評判
歯科衛生士 転職サイト 1位

デンタルワーカー

職場の雰囲気をリサーチ
・50代OKの求人が多数
・転職のプロがフルサポート
転職に失敗した経験がある人
良質の求人が多く、1番おすすめ
\詳細はこちら/
歯科衛生士 転職サイト 2位

ファーストナビ

・衛生士の4人に1人が利用中
・マップから求人を探せる
・院長の人柄が事前にわかる
マメなサポートを受けたい人
電話で悩み相談ができる
\詳細はこちら/
歯科衛生士 転職サイト 3位

歯科転職ナビ

・利用者の満足度 98.2%
・条件にあう求人が✉️で届く
・転職後のフォローが充実
マイペースで就活したい人
LINEのやりとりがメイン
\詳細はこちら/

 

必要とされる人材になる

 

歳をとっていても、必要とされる人材になることで長く働くことができます。必要とされる人材であればシンプルに、いなくなったら困る…からです。

 

「必要とされる歯科衛生士さん」は以下のどれかに当てはまります。

 

  • スキルが高い
  • 患者さんからの信頼が厚い
  • スタッフからの信頼が厚い
  • 休日に働ける…など、働き方に融通が効く

 

これらのどれかひとつでも当てはまると、必要としている歯科医院は必ずあります。

 

体調を管理する

 

歯科衛生士は、身体が動いてナンボの仕事。体調に気をつけて、健康的な生活を送ることは重要です。

 

歯科衛生士 まな
歯科衛生士 まな

毎年の健康診断も、忘れずに受けて下さい。

 

  • 老眼
  • 腰痛
  • 肩痛

 

上記は、年齢とともに進行します。悪化すると働きにくくなってしまうので、身体のメンテナンスを忘れないようにしましょう。

 

メンタルも大事

 

身体だけでなく、メンタルの管理も怠らないようにしましょう

 

メンタルを壊してしまうと、うつ病や適応障害でしばらく働けなくなってしまう可能性も。

 

実際に、何年も休職している歯科衛生士さんもいます。「悪すぎる人間関係・パワハラがある環境」からは早めに逃げ出すことを検討してください。

» 歯科衛生士が円満に退職する5つの手順

 

\ 50代歯科衛生士におすすめの転職サイト /

公式特長おすすめする人口コミ・評判
歯科衛生士 転職サイト 1位

デンタルワーカー

職場の雰囲気をリサーチ
・50代OKの求人が多数
・転職のプロがフルサポート
転職に失敗した経験がある人
良質の求人が多く、1番おすすめ
\詳細はこちら/
歯科衛生士 転職サイト 2位

ファーストナビ

・衛生士の4人に1人が利用中
・マップから求人を探せる
・院長の人柄が事前にわかる
マメなサポートを受けたい人
電話で悩み相談ができる
\詳細はこちら/
歯科衛生士 転職サイト 3位

歯科転職ナビ

・利用者の満足度 98.2%
・条件にあう求人が✉️で届く
・転職後のフォローが充実
マイペースで就活したい人
LINEのやりとりがメイン
\詳細はこちら/

 

歯科衛生士は歳をとったらどうなるの?再就職できる?

歯科衛生士 歳をとったら

 

歯科衛生士は歳をとったらどうなるのでしょうか?結論、以下の通りです。

 

  • 定年を越えても働ける
  • 再就職も比較的簡単にできる

 

歯科衛生士は歳をとっても、就職には困りにくい職業です。

 

健康であれば一生働ける

 

歯科衛生士がいつまで働けるかといえば、一生働くことができます

 

  • 歯科衛生士免許は国家資格
  • 有効求人倍率20倍の人気職種

 

歯科衛生士 まな
歯科衛生士 まな

免許には、返納や更新もありません。たとえ生活環境が変わっても、日本国内ならどこでも働くことができます。

 

有効求人倍率20倍:1人の歯科衛生士に対し、20件の歯科医院が募集している状況です。

 

健康でいれさえすれば、ずっと長く働くことができます。

 

50代以降の歯科衛生士の再就職に関するデータ

 

歳を重ねた歯科衛生士のデータを紹介します。

 

50歳以降の就業歯科衛生士の割合

 

全体の就業歯科衛生士は142,760 人。

 

そのうち、50歳以降の就業歯科衛生士の割合は以下のとおりです。

 

  • 50代 17.9%(25,000人)
  • 60歳以上 5.7%(8,137人)

» 厚生労働省 衛生行政報告例

 

つまり、歯科衛生士の5人に1人は50代以上です。これは10年前と比べて、約2倍の人数です。

 

歳をとったときの再就職の意思

 

55歳以上の歯科衛生士の「再就職の意思」に関するデータは以下のとおりです。

 

  • 20%の歯科衛生士が条件が合えば働きたい
  • 60%は歯科業界で再就職するつもりなし

» 歯科衛生士の勤務実態調査

50代以降の年収

 

年収は、次のデータが参考になります。

✔︎50代60歳以上の歯科衛生士の平均年収・月収

年齢平均年収月収(月額給料)
50〜54歳400万33万
55〜59歳430万35万
60〜64歳390万32万

 

» 50代・60歳以上の歯科衛生士の給料は32〜35万円!長く続き続ける方法も紹介

 

現在の勤務先を替えたいと思う割合

 

今の職場を替えたい・転職したいと思っている割合は、次のとおりです。

 

20代27%
30代21%
40代16%
50代14%

» 歯科衛生士の勤務実態調査

 

年齢が重なるごとに、職場を替えたい・転職したい…という意志は減ります

 

歳をとって仕事を辞める理由

 

主に、次の通りです。

 

  • 体力的にきつい
  • 家庭の事情
  • 人間関係が悪い

» 歯科衛生士の勤務実態調査

 

選択の幅は狭くなることもある

 

年齢を重ねると、「選択肢の幅」が狭くなる可能性はあります。年齢による壁が存在することがあるからです。

 

年齢による不採用は禁止されていますが、年齢が若い歯科衛生士を採用する傾向の歯科医院もわりとあります。

 

歯科衛生士 まな
歯科衛生士 まな

そのため、長く働ける歯科医院を「早め」にみつける…は重要なポイント。

 

正社員 or パートなどの生活スタイルや希望条件にあわせて、求人を探してみてください。

 

希望にあった歯科医院をみつけるなら、まずは転職サイトに登録して、気になる求人をチェックしておきましょう。

 

\ 50代歯科衛生士におすすめの転職サイト /

公式特長おすすめする人口コミ・評判
歯科衛生士 転職サイト 1位

デンタルワーカー

職場の雰囲気をリサーチ
・50代OKの求人が多数
・転職のプロがフルサポート
転職に失敗した経験がある人
良質の求人が多く、1番おすすめ
\詳細はこちら/
歯科衛生士 転職サイト 2位

ファーストナビ

・衛生士の4人に1人が利用中
・マップから求人を探せる
・院長の人柄が事前にわかる
マメなサポートを受けたい人
電話で悩み相談ができる
\詳細はこちら/
歯科衛生士 転職サイト 3位

歯科転職ナビ

・利用者の満足度 98.2%
・条件にあう求人が✉️で届く
・転職後のフォローが充実
マイペースで就活したい人
LINEのやりとりがメイン
\詳細はこちら/

 

※ たくさんの求人を見れるので、転職サイトは複数登録がおすすめ。エージェントが合わない場合、すぐに変えることができます。

 

とくにデンタルワーカーは、年間転職成功者3万人を誇る転職サイト。

 

求人紹介だけでなく、給与交渉・履歴書の添削・面接の同行までサポートしてくれるのは、他の転職サイトにはない強みです。

 

強引に転職をすすめられることもないので、転職に不安のある歯科衛生士さんにぴったりの転職サイトです。

 

\ 完全無料で転職成功できる / 

デンタルワーカーの求人をチェック

最短1週間で転職可能

 

デンタルワーカーの口コミ・評判を詳しく知りたい方は、こちらの記事を参考にしてください。

 

» 口コミ・評判|デンタルワーカーを徹底レビュー【歯科衛生士が転職成功する近道】

 

歳をとったらどこで働いている?

 

歳をとったとき、歯科衛生士はどこで働いているか…を知ることは、キャリアプランを決める参考になります。

 

年齢を重ねた歯科衛生士が働いている場所は、つぎのパターンが多いです。

 

  • ひとつの歯科医院で長く働く
  • 訪問歯科
  • 介護施設
  • スキルを活かせる歯科医院

 

稀に「歯科衛生士って年をとったらなんの仕事をするんですか?」…と聞いてくる失礼な歯科衛生士がたまにいますが、働ける場所はしっかりあります

 

ひとつの歯科医院で長く働く

 

歯科医院・行政・大学病院…長い間勤めている歯科医院でそのまま勤め切るパターンです。

 

給与・福利厚生・人間関係などに比較的恵まれている歯科衛生士さんに多いです。

 

訪問歯科

 

年齢を重ねると、一般歯科で働く人の割合は下がります

 

» 歯科衛生士の勤務実態調査

 

最近は、訪問歯科に再就職する歯科衛生士さんも増えてきました。

 

大手の医療法人の中には、年齢が高めの人を積極的に採用しているところもあります。

 

» 訪問歯科衛生士になるには?【転職前に知っておくべき訪問歯科の概要

 

介護施設・社会福祉施設

 

老人ホーム、障がい者施設などで就職するパターンです。

 

最近は口腔ケアの重要性が認識され、介護施設に歯科衛生士が常駐しているところも増えてきました。

 

スキルを活かせる歯科医院

 

特殊なスキル・専門的なスキル…を持っている歯科衛生士さんは、それを活かせる歯科医院で働いています。

 

長い間、キャリア形成してきた歯科衛生士さんなので、そこまで数は多くありません。

 

\ 完全無料で転職成功できる /

50代歯科衛生士におすすめ転職サイト
転職サイト 3選

 

歯科衛生士|歳をとった時のキャリアプランを早めに考えましょう

 

今回は、歯科衛生士が歳をとったときのキャリアプラン…について解説してきました。

 

キャリアプランの形成には、長く働ける歯科医院をみつけることが重要です。そのためには、正確な情報を早めに仕入れる…がポイント。

 

  • 知り合いに聞く
  • 転職エージェントに相談する
  • まずはパートを掛け持ちして内情を知る

 

自分の状況に合わせて、できることから始めてみてください。

 

転職エージェントは便利

 

キャリアプランに悩むなら、転職エージェントの利用がおすすめ。転職における時間や労力を減らすことができます。

 

転職エージェントは、転職サイトに登録すると無料で利用できます。

 

✔︎ 転職エージェントのサポート内容

  • 非公開求人の紹介
  • 給料の交渉
  • 雇用条件の交渉
  • 面接日程の調整、同行
  • 就職後のアフターフォロー

 

歯科衛生士 まな
歯科衛生士 まな

院長の人柄・適正給与…などを調べてくれるので、とても便利です。無料で相談できるので、転職にするか迷っている人も一度利用してみて下さい。

 

希望にあった歯科医院をみつけるなら転職サイトに登録して、転職エージェントに話を聞いてみましょう

 

\ 50代歯科衛生士におすすめの転職サイト /

公式特長おすすめする人口コミ・評判
歯科衛生士 転職サイト 1位

デンタルワーカー

職場の雰囲気をリサーチ
・50代OKの求人が多数
・転職のプロがフルサポート
転職に失敗した経験がある人
良質の求人が多く、1番おすすめ
\詳細はこちら/
歯科衛生士 転職サイト 2位

ファーストナビ

・衛生士の4人に1人が利用中
・マップから求人を探せる
・院長の人柄が事前にわかる
マメなサポートを受けたい人
電話で悩み相談ができる
\詳細はこちら/
歯科衛生士 転職サイト 3位

歯科転職ナビ

・利用者の満足度 98.2%
・条件にあう求人が✉️で届く
・転職後のフォローが充実
マイペースで就活したい人
LINEのやりとりがメイン
\詳細はこちら/