本記事はプロモーションを含む場合があります

【復帰が怖い】歯科衛生士のブランク期間を克服!スムーズに復職する方法

歯科衛生士 復帰 怖い ブランク 大変

 

  • 歯科衛生士だけど、ブランク明けに不安を感じている
  • 家庭と仕事を両立できるように柔軟に仕事したい
  • 衛生士として成長しつつも、安心感のある歯科医院で働きたいな

 

ブランクのある歯科衛生士さんが、仕事への復帰に不安を感じてしまうケースは多いです。

 

そこでこの記事では、ブランク明けの歯科衛生士が「不安を払拭して、スムーズに復帰する方法」を解説します。

 

✔︎ この記事を書いたひと

まな

転職4回の歯科衛生士 (Twitter
1年目にパワハラで病む/ブラック→ホワイトな職場で快適に勤務/今はスタッフ100名の医療法人で採用を担当

 

私は、パワハラを受けてメンタルを病み、歯科衛生士を一度やめました。

 

ブランクからの復帰は不安しかなかったですが、今は待遇にも人間関係にも恵まれた歯科医院で働いています。

 

この記事をよんで、復帰への不安を減らすことができたら嬉しいです。

 

結論、復職支援セミナーに参加する・本で学ぶ・ブランクに理解のある歯科医院で働く…の3つが有効です。

 

\ 快適な条件で働ける求人が見つかる転職サイト /

公式特長おすすめする人口コミ・評判
歯科衛生士 転職サイト 1位

デンタルワーカー

職場の雰囲気を事前リサーチ
・ 雇用条件を交渉してくれる
・ 転職活動をトータルサポート
快適な職場で働きたい人
ブランクOKの求人が多く、1番おすすめ
\詳細はこちら/
歯科衛生士 転職サイト 2位

ファーストナビ

・ 2014年創業の老舗転職サイト
・ 衛生士の4人に1人が利用中
・ 院長の人柄を事前にリサーチ
内部の人間関係を知りたい人
転職の悩み相談ができる
\詳細はこちら/
歯科衛生士 転職サイト 3位

歯科転職ナビ

LINEのやりとりがメイン
・ 利用者の満足度 98.2%
・ 転職後のフォローが充実
マイペースで就活したい人
条件にあう求人がLINEで届く
\詳細はこちら/

 

もくじ

復帰したい歯科衛生士が抱える不安要因

復職 歯科衛生士 不安

 

ブランクのある歯科衛生士が抱えやすい不安は、つぎの3つです。

 

 

技術的な不安

 

ブランクがあると、技術的な不安を感じやすいです。新しい治療法やスキル、道具は日々進化しています。

 

そのためブランクの間に、何も出来なくなっているのでは…という怖さを感じることがあります。

 

✔︎ 技術的に不安を感じる例

  • 患者さんへの対応
  • スケーリングの方法・PMTCのやり方
  • 使用する器材の種類や操作方法
  • 印象やセメントの取り扱いや練和法

 

覚えるのは大変ですが、慣れてしまえば誰でもできるようになります

 

重要なのは、「ブランクに理解のある」「しっかり教えてくれる」歯科医院に復帰することです。

 

»「ブランクに理解のある歯科医院の探し方」にジャンプ

 

新しいスキルを覚えるのは大変という方は、「技術をつける量が少ない職場」を探すのも一つ。

 

例えば、訪問歯科は「高齢者の口腔ケア」がメインで、一般歯科に比べて覚えることは少なめです。

 

歯科衛生士 まな
歯科衛生士 まな

わたしは「訪問歯科」で、ブランクから復帰しました。

 

40代以降の歯科衛生士さんも多く働いているので、検討してみてください。

 

訪問歯科については、【歴7年のDHが解説】訪問歯科で働く衛生士の仕事内容・給料・キャリアパス!をご覧ください。

 

勤務条件への不安

 

勤務条件への不安も感じます。

 

ブランク明けの歯科衛生士さんは「自分に合った条件で仕事したい」と考えていますよね。

 

  • 勤務時間
  • 勤務日
  • 給料

 

生活スタイルによって個人差はあります。特に、専業主婦からの社会復帰は不安に感じます。

 

自分に合った条件で働ける環境で働くことは、大切です。

 

人間関係への不安

 

人間関係に関して不安を抱く歯科衛生士さんも多いです。

 

仕事が続くかどうかは技術だけでなく、人間関係も重要だからです。

 

✔︎ チェックすべき人間関係

  • 院長の人柄
  • スタッフ同士の関係
  • 患者さんの質

 

実際、歯科衛生士が退職する理由第1位は「人間関係」。

 

歯科衛生士 まな
歯科衛生士 まな

人間関係は「合う・合わない」なので、実際に働いてみないとわからないのが悩ましいところ。

 

とはいえ、前もって院長の性格を調べてくれる転職サイトもあります。

 

合わない職場を避けるための一定の参考にはなるので、ぜひ活用してみてください。

 

\ 快適な条件で働ける求人が見つかる転職サイト /

公式特長おすすめする人口コミ・評判
歯科衛生士 転職サイト 1位

デンタルワーカー

職場の雰囲気を事前リサーチ
・ 雇用条件を交渉してくれる
・ 転職活動をトータルサポート
快適な職場で働きたい人
ブランクOKの求人が多く、1番おすすめ
\詳細はこちら/
歯科衛生士 転職サイト 2位

ファーストナビ

・ 2014年創業の老舗転職サイト
・ 衛生士の4人に1人が利用中
・ 院長の人柄を事前にリサーチ
内部の人間関係を知りたい人
転職の悩み相談ができる
\詳細はこちら/
歯科衛生士 転職サイト 3位

歯科転職ナビ

LINEのやりとりがメイン
・ 利用者の満足度 98.2%
・ 転職後のフォローが充実
マイペースで就活したい人
条件にあう求人がLINEで届く
\詳細はこちら/

 

ブランクのある歯科衛生士が不安を払拭する3つの方法

歯科衛生士 復帰 怖い

 

復帰の一歩を踏み出すためのサポートを3つ紹介します。

 

 

復職支援セミナーに参加する

 

ブランクのある歯科衛生士にとって、復職支援セミナー(別名:リワークセミナー)に参加するのは効果的です。

 

復帰を不安に感じる歯科衛生士にむけて、歯科の知識と、技術的な内容を教えてくれます。

 

✔︎  復職支援セミナーで学べること

  • 歯科の基礎知識
  • 歯科材料の知識
  • 器具の使い方
  • アシストの方法
  • スケーリング・PMTCのやり方

 

忘れていた知識や新しい技術がわかります。

 

復職支援セミナーを受けられる機関

 

復職支援セミナーは、歯科医師会・大学・民間企業…で受けられます。

 

 

歯科医師会のセミナーは無料で勉強できるものが多いです。しかし、都道府県によっては開催していないことも。

 

歯科衛生士 まな
歯科衛生士 まな

東京医科歯科大学のセミナーは1万円、リ・ワークは2万円〜と費用がかかります。

 

本で学ぶ

 

本は、セミナーよりも安く勉強できます。

 

数千円の出費はかかります。しかし自宅にいながら、マイペースで勉強できるのもメリット。

 

おすすめの本は、以下の2つです。

 

 

ドリル式歯科衛生士臨床のBASIC of BASIC 52」は、臨床現場で最低限抑えておきたいポイントをまとめた本。

 

実践的な知識を効率的に学べます。ブランクに不安・経験の浅い…歯科衛生士に有益な一冊です。

 

 

続いて紹介する「集まれ! 訪問歯科衛生士ビギナーズ」は、訪問歯科の初心者におすすめの一冊。

 

訪問歯科って何をするの?といった疑問を丁寧に解説しています。著者の菊谷先生は高齢者歯科の第一人者。内容はお墨付きです。

 

 

ブランクに理解のある歯科医院で働く

 

ブランクに理解のある歯科医院で働くことは、不安を一気に解消します。

 

技術な不安だけでなく、働き方や人間関係に悩むリスクを大幅に下げられるからです。

 

ブランクに理解のある歯科医院を見つけるには、転職エージェントを活用するのが近道。

 

✔︎ 転職エージェントのサポート

  • 勤務希望曜日・時間の交渉
  • 給料の交渉
  • 職場の雰囲気を事前にリサーチ
  • 転職後の悩み相談

 

ブランク歓迎の歯科医院を紹介してくれます。

 

筆者が実際に利用した転職サイトを載せておきます。働きやすい歯科医院を見つけたい方は、ぜひ参考にしてください。

 

\ 歯科衛生士におすすめの転職サイト /

 転職サイト名求人数特長おすすめする人口コミ・評判

1位

デンタルワーカー 歯科衛生士

デンタルワーカー

12,000件

職場の雰囲気を事前リサーチ
・ 雇用条件を交渉してくれる
・ 転職活動をトータルサポート
快適な職場で働きたい人
ブランクOKの求人が多く、1番おすすめ
詳細 ▷
歯科衛生士 転職サイト 2位

2位

ファーストナビ

10,000件

・ 2014年創業の老舗転職サイト
・ 衛生士の4人に1人が利用中
・ 院長の人柄を事前にリサーチ
内部の人間関係を知りたい人
転職の悩み相談ができる
詳細 ▷
歯科衛生士 転職サイト 3位

3位

 

歯科転職ナビ

7,000件

LINEのやりとりがメイン
・ 利用者の満足度 98.2%
・ 転職後のフォローが充実
マイペースで就活したい人
条件にあう求人がLINEで届く
詳細 ▷

 

※ 転職サイトを併用すると幅広く求人が見れますが、すべてに登録する必要はありません。「登録が面倒」「連絡が大量にくる」からです。求人を効率よく見つけるには、まずは2社を選んで利用するのがおすすめです。

 

歯科衛生士の復職成功事例とポイント

歯科衛生士 復帰 大変 実例

 

歯科衛生士の復職のポイントを成功事例を交えて紹介します。

 

✔︎ 成功事例

 

✔︎ 復職のポイント

  • 条件をきつく絞って探す
  • 志望動機はしっかり書く
  • 他の歯科衛生士と交流する

 

一般歯科を避けて成功した例

 

13年ブランクあった歯科衛生士Aさんの例です。

 

育児で13年間のブランクがありました。スーパーのパートは経験ありますが、時給を考えると歯科衛生士として復帰したいと考えました。

 

一般歯科での復帰を考えて見学もいきましたが、技術や人間関係に不安を感じていました。

 

そんなときに、転職エージェントから一般歯科以外で探すことを提案されました。

 

転職エージェントに紹介された病院歯科(総合病院の中の歯科)は、福利厚生も手厚く、時短勤務も可能だったので、就職しました。

 

» 病院勤務の歯科衛生士の「仕事内容・年収」を解説します

 

歯科衛生士 まな
歯科衛生士 まな

歯科衛生士として働けるのは、一般歯科だけではありません。

 

行政で公務員・病院・訪問歯科・矯正…など様々です。一般歯科に不安がある人は、他の分野も検討してみてください。

 

他の分野での就職先や就職方法は、歯科衛生士の給料の高い職場ランキング で解説しています。

 

それぞれの給料も紹介しているので、参考にしてください。

 

 

パートから始める(筆者の例)

 

この記事をかいている私は、パワハラを受けて半年間休職した経験があります。

 

その後、復帰に不安を感じて、正社員で働くことができませんでした。

 

「院長が怖かったり、人間関係が合わなかったらどうしよう」というトラウマがあったからです。

 

そのため、歯科医院をパートで掛け持ちして働きました。

 

合計2年間で合計4ヶ所の歯科医院を掛け持ちして、その中のひとつに常勤として就職しました。

 

歯科衛生士 まな
歯科衛生士 まな

結果、穏やかに働けています。

 

この辺りの経緯は、【向いてない】歯科衛生士をやめたいアラサーDHが理想の職場・働き方を真剣に考えた!試した結果は? をご覧ください。

 

 

復職で気をつけるポイント

 

復職のポイントは、以下の3つです。

 

 

条件をきつく絞って探す

 

条件をキツめに探しましょう。

 

  • 勤務時間
  • 曜日
  • 通勤距離
  • 給料

 

まずは、理想の条件を決めてから、徐々に妥協点を見つけていくのがおすすめです。

 

歯科衛生士の募集はかなり多いので、条件を絞った方が、自分に合った歯科医院が見つかりやすいです。

志望動機はしっかり書く

 

応募するときの志望動機は、重要です。

 

歯科医院側は志望動機をみて、「志望の強さ」や「医院への理解度」を知ろうとするからです。

 

ブランクの理由を伝えつつ、強みをアピールしましょう。

 

ブランクには育児以外にも、介護・病気・他職種での勤務など、色々あります。

 

具体的な書き方は、例文あり|ブランク明けの歯科衛生士の志望動機の書き方 にまとめました。

 

他の歯科衛生士と交流する

 

他の歯科衛生士と交流することで、情報を手に入れることができます。

 

ブランク明けの不安を共感・共有できることも。

 

専門のときの友人・以前の職場の同僚など、連絡を取れる場合は相談してみるのはおすすめです。

 

経験共有と励ましは、すこしだけ勇気をもらえます。

 

歯科衛生士 まな
歯科衛生士 まな

もし、そういった人がおらず不安なときは、筆者に連絡ください。

 

» プロフィールはこちら

 

普段は、X(Twitter)で「歯科衛生士の仕事の悩み」をつぶやいています。

 

X(Twitter)のDM」または「このブログの問い合わせ」から連絡いただければ、返信いたします。気軽に連絡ください。

 

» 筆者のX(Twitter)アカウントはこちら

 

復帰する歯科医院選びは重要

ブランクOK 歯科医院 見つけ方

 

「どんな歯科医院で働くか」は重要です。

 

  • 技術的なサポートをしてほしい
  • 希望通りの時間や曜日で働きたい
  • 満足な給料をもらいたい
  • 優しく教えてほしい

 

希望に合った歯科医院で働くことができれば、不安はかなり払拭されます。

 

復職するならを転職サイトを活用すべき

 

復職はただでさえ不安なのに、「変な歯科医院に就職してしまったらどうしよう」とさらに不安になりますよね。

 

適当に歯科医院を選んでしまうと、人間関係や仕事内容でストレスが溜まるだけでなく、病んでしまうケースも。

 

復職先の歯科医院選びは、重要です。これから紹介する3つの転職サイトは、歯科衛生士専門の転職サイト。

 

ブランクOKの求人が1万件以みれるだけでなく、院長の人柄もリサーチしてくれます。

 

✔︎ 転職サイトのサポート内容

  • 非公開求人の紹介
  • 院長の性格を事前リサーチ
  • 復職の理解度をリサーチ
  • 給与や雇用条件の交渉
  • 就職後のアフターケア

参考 »【使わない方がいい?】歯科衛生士が転職エージェントをつかうデメリット・メリット

 

とくに登録者のみが閲覧できる「非公開求人」は、環境のよい歯科医院のみが厳選されて掲載されています。

 

歯科衛生士 まな
歯科衛生士 まな

非公開求人とは「一般に公開されていない良質な求人情報」。募集の数が少なく、すぐなくなってしまいます。

 

「穏やかに働ける歯科医院」の求人がなくならないうちに、転職サイトに登録して求人情報をチェックしてみてください。

 

転職サイトは、すべて無料で利用できます。ストレスフリーな職場で、快適に働きましょう!

 

\ 快適な条件で働ける求人が見つかる転職サイト /

 転職サイト名求人数特長おすすめする人口コミ・評判

1位

デンタルワーカー 歯科衛生士

デンタルワーカー

12,000件

職場の雰囲気を事前リサーチ
・ 雇用条件を交渉してくれる
・ 転職活動をトータルサポート
快適な職場で働きたい人
ブランクOKの求人が多く、1番おすすめ
詳細 ▷
歯科衛生士 転職サイト 2位

2位

ファーストナビ

10,000件

・ 2014年創業の老舗転職サイト
・ 衛生士の4人に1人が利用中
・ 院長の人柄を事前にリサーチ
内部の人間関係を知りたい人
転職の悩み相談ができる
詳細 ▷
歯科衛生士 転職サイト 3位

3位

 

歯科転職ナビ

7,000件

LINEのやりとりがメイン
・ 利用者の満足度 98.2%
・ 転職後のフォローが充実
マイペースで就活したい人
条件にあう求人がLINEで届く
詳細 ▷

 

※ たくさんの求人を見れるので、転職サイトは複数登録がおすすめ。エージェントが合わない場合、すぐに変えることができます。

 

どの転職サイトを利用すればよいか迷ったら、デンタルワーカーがオススメです。

 

デンタルワーカーを使えば、復職に理解のある歯科医院がみつかります。

 

一般には公開されない求人を「1万件以上」保有しているのは、他の転職サイトにはない強みです。

» デンタルワーカーの口コミ・評判

 

歯科衛生士 まな
歯科衛生士 まな

私も、デンタルワーカーから「内部の情報」を教えてもらったおかげで、ブランクからの復職に成功しました。

 

デンタルワーカーを利用して、ストレスのない復職を実現してください。

 

\ 希望条件に合った歯科医院がみつかる /

デンタルワーカー【公式】はこちら

年間3万人の転職実績

 

楽な職場でのんびり働く方法

 

「楽な職場でのんびりした働きたい」と考える歯科衛生士さんは、わりと多いです。

 

バタバタしている歯科医院に復帰してしまうと、ストレスで健康を損なうことも。

 

のんびり楽に働くためには、つぎの3つの手順で歯科医院を探すのが有効です。

 

✔︎ 歯科衛生士が楽に働ける職場を見つける手順

  • ①:楽に働ける職場の特長をしる
  • ②:自分にとって、何が「楽」かを整理する
  • ③:楽に働ける歯科医院を探す

 

楽に働ける歯科医院の特長は、つぎの通り。

 

  • 借金がない
  • 院長の性格がのんびり
  • 1日の患者数が16人以下

 

転職エージェントに、希望する労働条件(給料・曜日・時間)を伝えつつ、探してもらいましょう。

 

以下の記事では、楽に働ける歯科医院を見つける方法 を詳しく解説しています。

 

 

復帰したあとの現実

歯科衛生士 復帰 その後

 

復帰したあとの状況を、実際の感想をもとに紹介します。

復帰してよかった人は多い

 

「復帰してよかった」と感じる歯科衛生士さんは多いです。「復帰が怖い」「大変そう」と不安でいっぱいでも、段々に馴染んできます。

 

ヤフー知恵袋でも、先輩歯科衛生士から復帰をお薦めされるアンサーがたくさんあります。

 

✔︎ ヤフー知恵袋に寄せられた相談

 

とはいえ、自分に合った職場に就職することが大前提です。

 

✔︎ 参考記事

 

ダメならすぐ辞められる

 

「職場が合わない」「辛すぎる」。このように就職に失敗しても、すぐに辞められるのは強みです。

 

歯科衛生士は、どこの歯科医院からも必要とされています。そのため、自分に合わない環境だったときは、いつでも再就職することができます。

 

  • 精神をすり減らす
  • ガマンし続ける

 

このような「大変な思い」を避けられるのは、大きなメリットです。

 

自分と合わない歯科医院を短期で辞める方法は、以下の記事で解説しています。

 

» 【転職はあり】1ヶ月で仕事を辞めたい歯科衛生士の進むべき道!辞める3つの基準とは?

 

不安を払拭して、歯科衛生士として復帰しましょう

不安 払拭 歯科衛生士 復帰

 

今回の記事では、ブランクからの復帰を考えている歯科衛生士さんの不安を払拭する方法を紹介しました。

 

  • 復職支援セミナーに参加する
  • 本で学ぶ
  • ブランクに理解のある歯科医院で働く

 

「不安を払拭する方法」を知ることも大切ですが、「実際に行動してみる」のはもっと重要です。

 

ブランクからの復帰は、以下の理由からもおすすめです。

 

  • ニーズが高い
  • 給料がよい
  • 歯科業界はブランクに偏見が少ない
  • 患者さんの役に立てる
  • 自分のためになる

 

歯科衛生士として、勇気を持って復職する価値は高いです。

 

希望にあった歯科医院をみつけるなら、転職サイトに登録して転職エージェントに無料相談してみてください。

 

\ 快適な条件で働ける求人が見つかる転職サイト /

 転職サイト名求人数特長おすすめする人口コミ・評判

1位

デンタルワーカー 歯科衛生士

デンタルワーカー

12,000件

職場の雰囲気を事前リサーチ
・ 雇用条件を交渉してくれる
・ 転職活動をトータルサポート
快適な職場で働きたい人
ブランクOKの求人が多く、1番おすすめ
詳細 ▷
歯科衛生士 転職サイト 2位

2位

ファーストナビ

10,000件

・ 2014年創業の老舗転職サイト
・ 衛生士の4人に1人が利用中
・ 院長の人柄を事前にリサーチ
内部の人間関係を知りたい人
転職の悩み相談ができる
詳細 ▷
歯科衛生士 転職サイト 3位

3位

 

歯科転職ナビ

7,000件

LINEのやりとりがメイン
・ 利用者の満足度 98.2%
・ 転職後のフォローが充実
マイペースで就活したい人
条件にあう求人がLINEで届く
詳細 ▷