【断言】歯科衛生士と付き合うメリット・デメリット【彼女にしたい】

 

歯科衛生士の彼女がほしい人「歯科衛生士と付き合うメリットを知りたい。デメリットも教えてほしい。彼氏にはどんな人が向いているのかな。」

 

本記事ではこういった疑問にこたえます。

 

本記事の内容

 

気になる女性が歯科衛生士だったとき、もし付き合ったらどんなメリットがあるのだろう…と考えてしまうことがありますよね。

 

私は歯科医師として毎日歯科衛生士と仕事をしています。控え室での恋愛トークはもちろん、実際に付き合ったこともあります。

 

そこでこの記事では歯科衛生士と付き合ったときのメリット・デメリットを紹介します。加えてどんな人が歯科衛生士の彼氏として向いているのか…まで解説します。

 

この記事を読むと「歯科衛生士」という仕事を理解することができると思います。

 

普段は Twitter で医療と介護の情報を発信しています。記事の信頼性担保につながると嬉しいです。

 

 

『最近できたひと回り歳上の彼氏とのエピソードを嬉々として話してくれる職場の同僚がいるのだけれど、「白髪をこまめに切ってあげる」「デザートは食べさせてあげる」「彼が眠ったあとは音を立てないようにテレビを見ている」みたいな内容がほとんどで、その介護っぽさが気になってあまり突っこめない。』

 

スポンサーリンク

【断言】歯科衛生士と付き合うメリット・デメリット【彼女にしたい】

 

歯科衛生士と付き合うメリット・デメリットは以下のとおりです。

 

✔︎ メリット

 

①:かわいい

 

②:人の気持ちがわかる

 

③:いつでも働ける

 

(④:歯をキレイにしてもらえる)

 

 

 

✔︎ デメリット

 

①:歯に関してこだわりが強い

 

②:土日休みは少ない

 

③:収入が高くはない

 

 

 

順番にさくっとみていきましょう。

 

メリット ①:かわいい

 

歯科衛生士は可愛い人が多いです。院長の顔採用とか、マスク効果と言われることもありますが、真実はわかりません。

 

仕事のほとんどの時間を歯科衛生士と関わって過ごしていますが、 かわいい女性が多いことは事実です。

 

可愛い女の人が彼女って、嬉しいことですよね。

 

 

✔︎ マスクの効果

 

初めて歯科衛生士と接点を持つ多くの人はマスクをした顔を見ています。

 

歯科業界ではあるあるなのですが、これはマスク効果と言われ顔半分が見えないので可愛く見られがちです。

 

とはいえ可愛い人が多いのは事実です。

 

メリット ②:人の気持ちがわかる

 

歯科衛生士は他人の気持ちがわかる人が多いです。なぜなら患者さんに寄り添う職業だからです。

 

痛い、腫れた…こういった患者さんと常に接しているので、人の気持ちには敏感に反応します。

 

人の痛みを分かる人と付き合えるって幸せなことです。

 

メリット ③:いつでも働ける

 

歯科衛生士は資格職なのでずっと働ける職業です。歯科医院は日本に7万件もあり、転職も容易です。

 

そのため将来的に出産や育児などのイベントが発生しても復職することは比較的簡単です。

 

いつでも働けるスキルを持っているって彼氏としてもメリットでしかありません。

 

 

✔︎ 歯科衛生士は必要とされている

 

いま歯科衛生士は必要とされている仕事です。

 

実際、有効求人倍率は20倍と言われていて、どの歯科医院も衛生士の確保が大変になってきています。

 

(メリット ④:歯をキレイにしてもらえる)

 

歯科衛生士と付き合うと歯を綺麗にしてもらえると思っている人がいるのですが、これはもう完全に人によります。

 

やさしい歯科衛生士であればやってくれるかもしれませんが、歯のメンテナンスはあくまで仕事です。

 

オンオフをわける歯科衛生士の場合は、そんなことを要求すると嫌われることもあります。

 

 

『職場の衛生士から「新しくできた彼氏が、歯磨きして!歯垢とって!としつこいから別れようと思ってます。アリですか?」と、すでに決定事項と思われる相談をうけ、その勢いに負けて「いいんじゃない」と答えてしまった。彼氏さん、すみません。でも自分で歯を磨きさえすれば、ワンチャンありそうです。』

 

気をつけてください。

 

続いてデメリットを見てみましょう。

 

デメリット ①:歯に関してこだわりが強い

 

歯科衛生士は歯に関して強いこだわりをもっていることが多いです。

 

職業柄、歯の大切さを知っています。とくに歯の汚れや口臭には敏感です。

 

そのため、磨き方やデンタルケアなどの指導にはうるさい場合があります。

 

とはいえ、これは歯にとって決して悪いことではないので、健康な歯を維持することができるのでメリットにもなります。

 

一緒に興味を持てるようになると、なおよいですね。

 

デメリット ②:土日休みは少ない

 

歯科衛生士の仕事で土日休みはなかなか少ないです。やはり土日は患者さんが多いです。

 

そのため土日休みの歯科医院は少なく、休みは平日と日曜の組み合わせが多いです。

 

今は年中無休の歯医者があったりしてシフト制のところもあります。平日のみで年休を取る歯医者さんもありました。

 

休みが合わない可能性は十分にあります。

 

 

✔︎ 仕事終わりがおそい場合も

 

勤務している歯科医院の終了時間が遅い場合もあります。

 

17時や18時で終わる歯科医院は稀です。いまは朝9時から夜の21時まで営業してるような歯科医院もあります。

 

デメリット ③:収入が高くはない

 

歯科衛生士は必要とされている仕事ですが、収入が抜群に高いわけではありません。

 

厚労省のデータによると歯科衛生士の平均年収は350万円。月給にすると約24万円です。

 

>>引用:厚生労働省 賃金構造基本調査

 

とはいえ一般的な時給よりは高く、仕事も容易に見つけやすいため働きやすい職業です。

 

東京で一人暮らしをする上では十分に生活できます。

 

 

歯科衛生士の彼氏として向いている人【歯科衛生士の彼女がほしい】

 

歯科衛生士の彼氏に「向いている / 向いてない」があります。

 

向いている人は次の通りです。

 

 

・優しい

 

・仕事をしている

 

・ひとりの時間を楽しめる

 

・歯がキレイ

 

 

 

優しい

 

多くの恋愛に当てはまりますが、優しい人は彼氏として魅力的です。存在するだけで癒されます。

 

実は、歯科衛生士は人間関係に悩みの多い仕事です。

 

歯科医院という狭い空間の中に先生と歯科衛生士、歯科助手、患者という限られたメンバーで一日中過ごしているからです。

 

その中での人間関係はかなり複雑で、事実、歯科衛生士が転職を考える理由第1位は人間関係です。

 

そのため仕事場の愚痴を聞いてくれたり、相談に乗ってくれる彼氏は頼もしいです。

 

仕事をしている

 

仕事をしている…これ、当たり前かと思うかもしれなません。

 

ですが、「 歯科衛生士が彼氏に希望すること」で割と上位にきます。

 

働いていなかったり、月に数日しかバイトをしていないと言った男性と付き合った経験のある衛生士さんも周りに多いです。

 

歯科衛生士は自分で食べていける…という自信があるので、こういった恋愛を経験する場合もありますね。

 

その結果、私と親しい歯科衛生士さんは「好きなだけでは生きていけない。相手の自立も大切」と思っている人もいます。

 

ひとりの時間を楽しめる

 

ひとりの時間を楽しめる…もかなり重要な要素です。

 

先ほども紹介したように歯科衛生士は土日休みではなく、仕事の終わる時間も遅いです。そのため、会う時間を合わせることが難しいことが考えられます。

 

その時に急かすようなことをせず、じっくり待てることは重要です。

 

「またれる」のもプレッシャーという歯科衛生士もいたので、結果ひとりの時間を楽しめる男性がかなり魅力的です。

 

歯がキレイ

 

これは歯科衛生士と付き合うにおいて、最重要課題かもしれません。なぜなら歯科衛生士がとにかく気になってしまう場所が「歯」だからです。

 

芸能人のように真っ白で歯並びの良い状態である必要はありません。むしろ逆効果かも。

 

やっておくべきは以下の通り。

 

・歯の汚れを取る

・口臭に気をつける

 

歯並びとか色は自然のままで構いません。一番重要なのは「清潔感」です。

 

割と多くの歯科衛生士さんが「キスをできるかどうか」は無意識で大きな基準になっています。

 

しっかり歯磨きしてください。

 

 

歯科衛生士の彼氏に向いていない人

 

今紹介した向いている彼氏の逆のパターンはそのまま「向いてない」彼氏なります。

 

 

・優しくない(冷たい・乱暴・人の話を聞かない)

 

・無職

 

・つねに一緒にいたがる

 

・歯が汚い、口が臭い

 

 

 

自分を偽って付き合うのはNGですが、相手のために変わりたい…と思うことから変化させていきましょう。

 

参考:歯科衛生士や歯科助手に好かれやすい患者さんの特徴【恋されるには自己成長が必要です】

 

歯科衛生士と出会うには?

 

余談になりますが、歯科衛生士と出会う方法は主に以下の2パターンあります。

 

 

・マッチングアプリ

 

・歯科医院

 

 

 

歯科衛生士は全国に約30万人。そのうち実際に働いているのは13万人ほどです。日本のサラリーマンの人数が3500万人いること考えるとかなり少数です。

 

くわしくは以下の記事を参考にしてください。

 

 

 

✔︎ 歯科衛生士と出会えるマッチングアプリ

 

周りではマッチングアプリに登録している歯科衛生士もかなり多いので、興味ある人は実際に使ってみるといいでしょう。

 

登録は3分で終わるので、一度何人かとマッチングしてみてください。これだけのアクションで、人生が変わる可能性がありますよ。

 

 

 

✔︎ 歯科医院での連絡先交換について

 

歯科医院での連絡先交換は治療の最終日におこなうのが基本です。仕事の邪魔にならないようにしましょう。

 

 

 

 

歯科衛生士と付き合う…ってメリットが多い【自慢の彼女です】

 

今回の記事をまとめます。

 

歯科衛生士と付き合うメリット・デメリットは以下のとおり。

 

✔︎ メリット

 

①:かわいい

 

②:人の気持ちがわかる

 

③:いつでも働ける

 

(④:歯をキレイにしてもらえる)

 

 

 

✔︎ デメリット

 

①:歯に関してこだわりが強い

 

②:土日休みは少ない

 

③:収入が高くはない

 

 

 

歯科衛生士と付き合うことはメリットが大きいです。

 

とはいえ当たり前ですが「好き」という気持ちが一番重要です。歯科衛生士を好き…ではなく好きになった人が歯科衛生士だった…ですよね。

 

そして、自分ができることは「やさしく清潔感がある自立したひと」になることです。

 

メリット・デメリットはありますが、それを楽しみつつ充実した時間を過ごしたいものですね。

 

今回は以上です。

 

 

 

 

 

 

 

 

未分類
スポンサーリンク
しろたぬ Web