本記事はプロモーションを含む場合があります

ママ歯科衛生士の転職!子育てと両立して働ける歯科医院の見つけ方

歯科衛生士 転職 子育て 両立 歯科医院

 

歯科衛生士は「手に職が付けられる」「結婚、出産後も安定して働ける」という特長がある国家資格です。

 

しかし実際は、仕事と子育てを両立できず、退職や転職を繰り返すケースも。

 

この記事では、ママ歯科衛生士が「子育てと仕事を両立できる職場の特長と見つけ方」を解説します。

 

✔︎ この記事を書いたひと

まな

転職4回の歯科衛生士 (Twitter
1年目にパワハラで病む/ブラック→ホワイトな職場で快適に勤務/今はスタッフ100名の医療法人で採用を担当

 

この記事を読むと、子育てと仕事の両立に不安を感じる歯科衛生士が、理想の働き方ができる確率がグッとアップします。

 

\ 子育て中の歯科衛生士におすすめの転職サイト /

公式特長おすすめする人口コミ・評判
🥇

デンタルワーカー

育児に理解ある医院が多数
・良質な非公開求人が1万件
・院長の人柄をリサーチ可能
転職に失敗した経験がある人
良質の求人が多く、1番おすすめ
\詳細はこちら/
🥈

ファーストナビ

衛生士の4人に1人が利用中
・マップから求人を探せる
・院長の人柄が事前にわかる
マメなサポートを受けたい人
電話で悩み相談ができる
\詳細はこちら/
🥉

歯科転職ナビ

LINEのやりとりがメイン
・利用者の満足度 98.2%
・条件にあう求人が✉️で届く
マイペースで就活したい人
転職後のフォローが充実
\詳細はこちら/

 

もくじ

ママ歯科衛生士|子育てを両立できる歯科医院の特徴

ママ 歯科衛生士 子育て 両立 歯科医院 見つけ方

 

ママ歯科衛生士が働きやすい職場を紹介します。

 

  • 通勤しやすい
  • 対応が柔軟|正社員?パート?
  • 混み合う時間帯が平日昼間
  • 実際に子育て中の歯科衛生士が在籍している

 

「パートタイムで入社後、将来的にはフルタイムで働きたい」「第二子も考えているので産休育児制度を利用したい」など、人生設計は人それぞれ。

 

転職を繰り返すのではなく、一つの職場で長く在籍できるよう柔軟に対応してもらえる職場を見つけることがポイントです。

 

託児所付きの職場があればベストですが、個人経営の歯科医院ではまだまだ数が少ないのが現状です。

 

通勤しやすい

 

通勤しやすい歯科医院はおすすめです。

 

  • 保育園・幼稚園・小学校
  • 職場

 

上記3つの距離を考えて、バランスのよい歯科医院を選びましょう。

 

突然の呼び出しにも、備えることができます。

 

歯科衛生士 まな
歯科衛生士 まな

あまりに遠い職場は、不便なだけでなく、体力的にもキツくなります。

 

対応が柔軟|正社員?パート?

 

正社員とパート、どちらが良いかは子どもの年齢によって変わってきます。

 

働くことができる時間は、子どもの成長とともに変化するからです。

 

【保育園児 子どもが0歳〜6歳】

 

保育所に預けられる場合、正社員でフルタイムで働けます。

 

保育所は長期休みも開所しているので、問題なく勤務することができます。

 

8時間勤務(例;8:00~12:00/14:00〜 18:00)も可能です。

 

賞与有給福利厚生といった恩恵も受けられます。

 

【幼稚園児 子どもが3歳〜6歳】

 

午前の診療時間だけのパートタイムでの勤務が、現実的です。

 

経済状況や、体力で、働く日数を検討してみてください。

 

子どもが小学生になってから、正社員に移行するパターンがおすすめです。

 

【小学生 子どもが7歳〜12歳】

 

平日は学童に預けることで、正社員として勤務することが可能です。

 

長期休みがあるのでいわゆる「小1の壁」をどうするか家族で検討しておくことがポイントです。

 

✔︎ 小1の壁

公的な学童は「18時閉所」「延長保育なし」が一般的。保育園時代よりも、子どもを預けられる時間が短くなりがちです。

 

混み合う時間帯が平日昼間

 

働く歯科医院の「混み合う時間帯」は重要です。患者さんの多い時間帯ををリサーチしてください。

 

需要がある時間帯に勤務できれば、採用されやすいです。

 

✔︎ 立地による混雑時間

  • 駅前にある歯科医院は会社員の患者さんが多く、土日・平日夜の時間帯
  • 古くからある住宅街にある歯科医院は平日午前中
  • 小児歯科であれば子どもたちが降園・下校する14時~18時

 

子どもを預けて勤務するママ衛生士が必要とされる職場は、「平日昼間に患者さんが多い歯科医院」です。

 

歯科衛生士 まな
歯科衛生士 まな

転職サイトの求人情報や口コミ・医院のホームページで、患者層を調べてみましょう。

 

実際に子育て中の歯科衛生士が在籍している

 

歯科医院に在籍しているスタッフに、「子育て中の歯科衛生士が複数いること」もチェックしたいポイントです。

 

院長先生、子育てと仕事を両立できるよう配慮している医院であることが分かるからです。

 

急な欠勤時にフォローしあえることで、心身ともに助けられることが多くあるでしょう。

 

在籍スタッフの環境」や「院長の人柄」を事前にリサーチしてくれる転職サイトもあるので、ぜひ活用してください。

 

\ 子育て中の歯科衛生士におすすめの転職サイト /

公式特長おすすめする人口コミ・評判
🥇

デンタルワーカー

育児に理解ある医院が多数
・良質な非公開求人が1万件
・院長の人柄をリサーチ可能
転職に失敗した経験がある人
良質の求人が多く、1番おすすめ
\詳細はこちら/
🥈

ファーストナビ

衛生士の4人に1人が利用中
・マップから求人を探せる
・院長の人柄が事前にわかる
マメなサポートを受けたい人
電話で悩み相談ができる
\詳細はこちら/
🥉

歯科転職ナビ

LINEのやりとりがメイン
・利用者の満足度 98.2%
・条件にあう求人が✉️で届く
マイペースで就活したい人
転職後のフォローが充実
\詳細はこちら/

 

※ たくさんの求人を見れるので、転職サイトは複数登録がおすすめ。エージェントが合わない場合、すぐに変えることができます。

 

とくにデンタルワーカーは、年間転職者3万人を誇る転職サイト。» デンタルワーカーの口コミ・評判

 

歯科衛生士 まな
歯科衛生士 まな

一般に非公開の求人がみれるだけでなく、「17時まで」「キッズスペースあり」などの細かい条件でリサーチできるのは、他の転職サイトにはない強みです。

 

子育てと仕事を快適に両立したい歯科衛生士さんに、ぴったりの転職サイトです。

 

\ 完全無料で転職成功できる /

デンタルワーカー
公式サイトから登録する

しつこい勧誘 一切なし

 

子育て中の歯科衛生士が転職成功するまでの流れ

子育て 歯科衛生士 転職 成功 流れ

 

子育てと両立するために、以下の手順が重要です。

 

  • 家族で共有する
  • 働く条件を決める
  • 求人を検索・選定する
  • 見学・面接をうける

 

家族で共有する

 

家族で「働き方」や「協力体制」を共有しておくことは重要です。

 

記事後半の「家族の理解を得る」で紹介しますが、家族の理解を得た状態で働くことはポイント

 

子育てはイレギュラーな出来事も多く、周りの人の理解と協力は欠かせません。

 

働く条件を決める

 

自分の中で、働く条件を決めます。

 

エリア・時間帯・曜日・給料

 

希望の条件を、妥協せずに考えてみてください。

 

求人を検索・選定する

 

求人の探し方は「知り合いの紹介」「転職サイトの利用」の2つです。

知り合いの紹介

 

以前働いていた歯科医院・知り合いの歯科衛生士から情報を集めてみましょう。

 

知り合いの紹介は、内部の情報が細かく知れるメリットがあります。

 

一方で、「知り合いがいない場合も多い」「紹介者の手前、やめにくい」といったデメリットも。

 

子育てと仕事を両立するなら、転職サイトを活用する

 

「子どもの件で、迷惑をかけたらどうしよう」と不安になりますよね。

 

実際に、「また休むの?」と嫌味を言われるケースも。

 

これから紹介する転職サイトは、職場の環境を事前にリサーチしてくれる転職サイト。

 

✔︎ 転職サイトのサポート内容

非公開求人の紹介・院長の性格をリサーチ・子育てへの理解をリサーチ・雇用条件の交渉・就職後のアフターケア

 

とくに登録者のみが閲覧できる「非公開求人」は、環境のよい歯科医院のみが厳選されて掲載されています。

 

歯科衛生士 まな
歯科衛生士 まな

「非公開求人」は「一般には公開されていない求人情報」。数が少なく、すぐになくなってしまいます。

 

転職サイトは、すべて無料で利用できます。

 

子育てに理解のある歯科医院で快適に働きたい人は、今すぐ転職サイトに登録して求人情報をチェックしてください。

 

\ 子育て中の歯科衛生士におすすめの転職サイト /

公式特長おすすめする人口コミ・評判
🥇

デンタルワーカー

育児に理解ある医院が多数
・良質な非公開求人が1万件
・院長の人柄をリサーチ可能
転職に失敗した経験がある人
良質の求人が多く、1番おすすめ
\詳細はこちら/
🥈

ファーストナビ

衛生士の4人に1人が利用中
・マップから求人を探せる
・院長の人柄が事前にわかる
マメなサポートを受けたい人
電話で悩み相談ができる
\詳細はこちら/
🥉

歯科転職ナビ

LINEのやりとりがメイン
・利用者の満足度 98.2%
・条件にあう求人が✉️で届く
マイペースで就活したい人
転職後のフォローが充実
\詳細はこちら/

 

見学する・面接をうける

 

求人を絞り込んだら、見学して、面接を受けましょう。求人情報に書かれている内容だけでは、分からないことも多いです。

 

2〜3件の歯科医院を見学して、比較するのがおすすめです。

 

✔︎ 参考記事

 

実際面接を受ける日までに、確認したいことをリストアップしておきましょう。

 

子育てと仕事を両立するためのチェック事項

歯科衛生士 子育て 仕事 両立 チェック

 

子育てと仕事を両立するために大切なことは、次のとおりです。

 

  • 家族の理解を得る
  • 急な欠勤の可能性を伝えておく
  • 働く姿をイメージする
  • ブランクの不安に負けない

 

家族の理解を得る

 

働く前に、家族の理解を得ておくことは重要です。

 

  • 配偶者
  • 両親
  • 義両親

 

働き始めると、急な用事・急病などのトラブルは必ず起こります。

 

どのような対応ができるか・協力が得られるか…は事前に話し合っておきましょう。

 

歯科衛生士 まな
歯科衛生士 まな

歯科医院の就職面接でも、仕事との両立ができるかどうかは聞かれることが多いです。

 

急な欠勤の可能性を伝えておく

 

急な欠勤の可能性があることを、歯科医院に伝えておくことは大切です。

 

  • 急病
  • 急用

 

子どもが小さなうちは風邪や胃腸炎で、数日間にわたり登園できないこともよくあります

 

急な欠勤の可能性があることを話しておきましょう。

 

面接時に伝えておくことで、採用されてから「医院側の理解がなかった」「嫌な顔をされて休みづらい」という事態が避けられます。

 

体調管理には注意していることをアピールしておくのも、ポイントです。

 

働く姿をイメージする

 

歯科衛生士として働く姿をイメージをすることで、希望の歯科医院が絞り込みやすくなります。

 

  • 得意な診療科目
  • 治療の進め方や衛生士業務の内容
  • 自分が目指す歯科衛生士像
  • 目標とする年収
  • 保険診療or自費診療

 

小さな子どもを子育て中だと、労働条件ばかりに目が行きがちです。

 

重要視していることが合致している歯科医院を見つけることが、長く働くコツです。

 

子どもが小学生高学年や中高校生になり、働ける条件の幅が広がるときが必ず来ます。

 

歯科医院側にとって、「長い目でみるとメリットのある人材」としてアピールしておきましょう。

 

ブランクの不安に負けない

 

ブランクの不安は誰でも感じます。しかし、不安に感じなくても大丈夫です。

 

  • 子育てによるブランクを理解している歯科医院は多い
  • 歯科衛生士の需要は高いため、就職しやすい

 

実際、「ブランクOK」で求人募集している歯科医院は増えてきました。

 

さらに、歯科衛生士に有効求人倍率は20倍。これは、1人の歯科衛生士に対して、20件の歯科医院が募集を出している状態です。

 

そのため、歯科医院を選びやすくなっています。それでも不安のある人は、不安を払拭する方法があります。

 

✔︎ 歯科衛生士が復帰への不安を払拭する方法

  • 復職支援セミナーに参加する
  • 本で学ぶ
  • ブランクに理解のある職場で働く

 

「歯科衛生士の復職について」は、以下の記事でまとめています。

 

» 復職したい歯科衛生士が抱える悩みと解決法

 

【ママ歯科衛生士の転職】子育てと両立して働ける職場は見つかる

ママ 歯科衛生士 転職 子育て 両立

 

今回は、歯科衛生士が子育てと両立して働ける職場の見つけ方を紹介しました。

 

子育てと両立して働くには、不安を感じるケースも多いです。

 

児童待機の問題を抱えている人、両親の介護や、配偶者との不仲に悩む人も少なくありません。

 

しかし、歯科衛生士は需要の高い職業です。しっかり求人を探せば、自分に合った歯科医院で働くことができます。

 

  • 実際に働いてみたら家庭と両立が出来なかった
  • 医院に迷惑ばかりかけていて心身共に毎日が辛い
  • 家族に負担が掛かってしまった

 

上記のようになってからでは、せっかく転職活動に割いた時間が無駄になってしまいます。

 

歯科衛生士と長く働ける職場に出会うため、適切な転職サイトに登録して求人情報をチェックしてみてください。

 

\ 子育て中の歯科衛生士におすすめの転職サイト /

公式特長おすすめする人口コミ・評判
🥇

デンタルワーカー

育児に理解ある医院が多数
・良質な非公開求人が1万件
・院長の人柄をリサーチ可能
転職に失敗した経験がある人
良質の求人が多く、1番おすすめ
\詳細はこちら/
🥈

ファーストナビ

衛生士の4人に1人が利用中
・マップから求人を探せる
・院長の人柄が事前にわかる
マメなサポートを受けたい人
電話で悩み相談ができる
\詳細はこちら/
🥉

歯科転職ナビ

LINEのやりとりがメイン
・利用者の満足度 98.2%
・条件にあう求人が✉️で届く
マイペースで就活したい人
転職後のフォローが充実
\詳細はこちら/