本記事はプロモーションを含む場合があります

【限界】歯科衛生士が3ヶ月で仕事を辞めたいと感じる理由!辞めるべき退職基準とは?

歯科衛生士 3ヶ月で辞める 転職

 

  • 就職して3ヶ月だけど、このまま仕事を続けるか迷っている
  • 辞める基準があったら教えてほしい
  • 辞めたあとの選択肢も知りたい

 

就職して3ヶ月が経つと、歯科医院との相性がわかってきます。中には、「ここで働き続けてよいのかな?」と悩む人も。

 

合わない職場で働き続けるとストレスが溜まるだけでなく、体調不良に陥りやすいです。

 

そのため、退職する理由や基準を知っておくのは大切です。

 

✔︎ この記事を書いたひと

まな

転職4回の歯科衛生士 (Twitter
1年目にパワハラで病む/ブラック→ホワイトな職場で快適に勤務/今はスタッフ100名の医療法人で採用を担当

 

就職して3ヶ月は試用期間内のことも多く、退職しやすい最後のチャンスです。

 

この記事では、3ヶ月で仕事を辞めたい歯科衛生士の「辞めたい理由」「退職する基準」「退職を考えたあとの選択肢」を紹介します。

 

この記事を読むと、3ヶ月で退職を考えている歯科衛生士の進むべき道がわかります。

 

▽「3ヶ月で仕事を辞めたいと感じた後の3つの選択肢」へ飛ぶ ▽

 

もくじ

 

3ヶ月で仕事を辞めたくなっているのはあなた1人だけじゃない

歯科衛生士 3ヶ月で辞める

 

働いて3ヶ月で辞めたくなっているのは、あなた1人でけではなく、多くの人が感じています。

 

ですので、おかしいことでもダメなことでありません。

 

実際に、歯科衛生士の退職に関して次のデータがあります。

 

  • 新卒の歯科衛生士の場合、3ヶ月で30%が退職する
  • 退職者のうち1ヶ月で辞める歯科衛生士の割合は75%
  • 歯科衛生士の70%は転職経験あり

 

3ヶ月で仕事を辞めたいと思っても、甘えとか忍耐力がない…などと自分を責めないでください。

 

後悔する?歯科衛生士が3ヶ月で仕事をやめてもいい理由

 

歯科衛生士 3ヶ月 辞めてもいい

 

実際に仕事をやめることを考えると、心配や不安は尽きません。

 

  • やめてしまっても本当に大丈夫かな?
  • 迷惑がかかるのでは?
  • 後悔したらどうしよう
  • つぎの転職に影響が出るのでは?

 

この不安を解消するために、以下の事実を知っておいてください。

 

 

歯科衛生士は転職しやすい

 

歯科衛生士は転職しやすい職業です。

 

実際、有効求人倍率は20倍。これは1人の歯科衛生士に対して、20件の歯科医院が募集を出している状態です。

 

仕事がみつからない状況になることはありません。

 

職場選びさえ成功すれば、仕事しやすい環境で働くことができます。

 

職場選びのコツは記事後半の「様子見しつつ、転職活動を同時進行する」で解説しています。

 

試用期間の場合は辞めやすい

 

就職して3ヶ月は、試用期間の場合も多いです。

 

試用期間は、職場の雰囲気や雇用条件を確認できる時期。

 

歯科衛生士 まな
歯科衛生士 まな

合わないと思ったら、試用期間を理由に辞めることができます。

 

本採用になった後でも辞めることはできますが、理由を聞かれたり渋られる可能性が高くなります。

 

» 歯科衛生士が試用期間で辞めるべき3つの基準!退職するデメリットは?

 

限界まで頑張ると、本当に病む

 

限界まで頑張りすぎると、本当に病みます。

 

記事後半の「歯科衛生士が3ヶ月で仕事を辞めるべき退職基準」でも紹介しますが、つぎのような状態は限界の予兆です。

 

  • 働き出してから頭痛や胃痛がする
  • ストレスで眠れない
  • 出勤日だけ体調が悪い
  • 職場のイヤ人が夢に出てくる
  • 勤務中に時間が経つのが異様に遅い

 

3ヶ月経って違和感を感じている場合は、自分にあっていない職場の可能性が高いです。

 

気持ちが麻痺して、知らないうちに心が蝕まれることも。なるべく早く、自分の身を守ってあげてください。

 

✔︎ 参考記事

 

リスタートは早い方がよい

 

3ヶ月で辞めたい職場は、半年経っても辞めたいままのケースは多いです。

 

歯科衛生士 まな
歯科衛生士 まな

「心身の体調を壊す」「歯科衛生士として成長できない」といった悪循環に陥ることも。

 

リスタートは早い方が、ストレスがなくなるだけでなく、人生の時間を有効に使えます。

 

仕事を完全に覚えてから辞めるよりも、早めに辞めた方が歯科医院にも迷惑がかかりません。

 

▽「3ヶ月で仕事を辞めたいと感じた後の3つの選択肢」へ飛ぶ ▽

 

歯科衛生士が3ヶ月で仕事を辞めたくなる原因

歯科衛生士 3ヶ月 辞めたい 理由

 

主な原因は以下の4つです。

 

  • 人間関係が悪い
  • 待遇が悪い
  • 仕事内容に不満がある
  • 待遇・労働条件が違った

 

人間関係が悪い

 

人間関係は歯科衛生士の退職理由第1位です。

 

  • 院長との相性
  • スタッフ同士の関係
  • 患者さんの質

 

人間関係が悪いと仕事のモチベーションが下がるだけでなく、体調不良にもつながります。

 

新人に意地悪する・怒鳴る…といった、ハラスメントが横行してしている歯科医院もあります。

 

歯科衛生士 まな
歯科衛生士 まな

我慢して病むのは最悪のケースです。

 

このような職場は、半年経っても1年経っても変わりません。早めに辞めるべきです。

 

待遇が悪い

 

働いて3ヶ月たつと、「待遇」についてもリアルにわかってきます。

 

世の中の物価が上がっても、歯科衛生士の給料はなかなか上がりません。

 

歯科衛生士 まな
歯科衛生士 まな

その割に、拘束時間が長く、休日まで勉強しなければならないケースも。

 

知り合いや周辺の歯科医院の給料よりも低かったりすると、「もっと評価されてもいいのに」と感じてしまいます。

 

周りや以前の職場と比べて待遇が悪いと、辞めたくなってしまいます。

 

仕事内容に不満がある

 

歯科衛生士は主に「診療補助」「歯科予防処置」「保健指導」を行いますが、仕事内容に不満を感じるのは辞める原因になります。

 

  • 仕事量が多すぎる
  • 逆に仕事量が少なすぎて、やりがいがない
  • 何も教えてくれない
  • 衛生管理がひどい
  • 違法行為をやらされる

 

歯科衛生士 まな
歯科衛生士 まな

レントゲン撮影や歯科助手にの精密印象採得など、業務外の指示をする歯科医院もあるとか…

 

この歯科院にいてよいのかな?」…と不安も募ります。

 

仕事内容に不満があると、やりがいを感じなくなり辞めたくなります。

 

待遇・労働条件が違った

 

「待遇が悪い」に似ていますが、就職するときの条件と違う場合は、辞める理由になります。

 

  • 給料が聞いていた額より低い
  • 有給が取れない
  • 残業代がでない
  • 休日にも連絡がくる
  • 社会保険に入れてくれない

 

歯科衛生士 まな
歯科衛生士 まな

昼休みは自由と聞いていたのに、電話対応で休めないこともありました。

 

言われていた雇用条件と実情が違うと、辞めたくなります。

 

▽「3ヶ月で仕事を辞めたいと感じた後の3つの選択肢」へ飛ぶ ▽

 

歯科衛生士が3ヶ月で仕事を辞めるべき退職基準

歯科衛生士 3ヶ月 辞めたい 基準

 

就職して3ヶ月は、「続けるか辞めるか」迷いやすい時期でもあります。退職の判断基準は、つぎの3つです。

 

 

体調不良があるか

 

体調不良があるかどうか…は、辞めるかどうかの大きな判断基準です。

 

歯科衛生士 まな
歯科衛生士 まな

体調不良は、体だけではなくメンタルの状態にも注意してください。

 

体調不良のまま仕事をすると、仕事のパフォーマンスが落ちるだけでなく、健康にも悪影響が出ます。

 

  • 働き出してから頭痛や胃痛がする
  • ストレスで眠れない
  • 出勤日だけ体調が悪い

 

上記のような症状は、限界を知らせる危険信号です。体調の不良を感じるなら、退職を検討して下さい。

 

メンタルは大事

 

メンタルの不調には注意が必要です。身体と違って見えない分、気づきにくいです。

 

  • 知らずに涙が出る
  • 玄関から動けない
  • 夢に職場のイヤな人が出てくる
  • 職場に着く前に動悸がする

 

上記のような「いままでなかった症状」は、限界のサインの可能性も。

 

心は一度病んでしまうと、治るまでに時間がかかります

 

歯科衛生士 まな
歯科衛生士 まな

私もメンタルを病み、何年も通院しました。治療には時間だけでなく、お金もかかります。

 

心が限界を迎える前に、環境を変えることをおすすめします。

 

何よりも健康は大切です。

 

原因が解決できるか

 

辞めたい…と感じている原因を「この先解決できるかどうか」は、重要な判断基準です。

 

✔︎ 辞めたいと感じる原因

  • 人間関係
  • 待遇
  • 業務内容
  • やりがい

 

院長が話を聞いてくれたり、話し合いの場が持てる歯科医院だと解決できることがあります。

 

「自分が納得して仕事できるか」は、これから働く上で大切です。

 

歯科衛生士 まな
歯科衛生士 まな

先生やスタッフとの人間関係は重要です。

 

良好な人間関係の職場で働くことは、健康に繋がります。

 

やめても生活できるか

 

仕事をやめても生活できるか…は重要です。給料がもらえなくなるので、経済的な影響がでます。

 

  • 十分に貯蓄がある
  • しばらく実家で暮らせる
  • 次の転職先が決まっている
  • 旦那さんの収入で生活できる

 

辞めても大丈夫なら、不満を感じる職場で働き続ける理由はありません。

 

逆に、辞めると生活が苦しくなるなら、いますぐに転職活動を始めてください。求人情報だけでもチェックしておくのはおすすめです。

 

歯科衛生士 まな
歯科衛生士 まな

経済的・精神的に苦しくなってからの転職活動は、うまくいきません。

 

自分にあった職場を早めに探しておくことは、大切です。

 

▽「3ヶ月で仕事を辞めたいと感じた後の3つの選択肢」へ飛ぶ ▽

 

自分に合った職場を見つけるにはどうしたらよい?」「また転職活動は面倒…」「すぐの転職は印象悪そう…」と思いませんか?

 

そんな方は転職エージェントの利用がおすすめ。

 

一般には公開していない求人の紹介だけでなく、職場の人間関係をリサーチしてくれたり、履歴書作成や面接のサポートもしてくれます。

 

歯科衛生士 まな
歯科衛生士 まな

実際に私は、エージェントが紹介してくれた職場で穏やかに働いています。

 

実際に使った転職エージェントを載せておくので、情報収集してみてください。

 

\ 歯科衛生士におすすめの転職エージェント /

 転職エージェント求人数特長おすすめする人口コミ・評判

1位

歯科衛生士 デンタルワーカー 転職エージェント

デンタルワーカー

12,000件

年間3万人の転職実績
・ 職場の雰囲気が事前にわかる
・ 転職と退職をトータルサポート
転職に失敗した経験がある人
待遇◎の求人が多く、1番おすすめ
詳細 ▷
歯科衛生士 転職サイト 2位

2位

ファーストナビ

11,035件

・ 歯科衛生士の4人に1人が利用
・ 2014年創業の老舗
・ 院長の人柄を教えてくれる
良好な人間関係で働きたい人
スタッフの性格がわかる
詳細 ▷
歯科衛生士 転職サイト 3位

3位

 

歯科転職ナビ

6,550件

LINEのやりとりがメイン
・ 利用者の満足度 98.2%
・ 転職後のフォローが充実
マイペースで就活したい人
条件にあう求人がLINEで届く
詳細 ▷

 

3ヶ月で辞めるデメリット

歯科衛生士 3ヶ月 辞める デメリット

 

3ヶ月で辞めるデメリットを紹介します。

 

  • 再転職の手間がかかる
  • 転職の際に問題ある人と思われやすい

 

再転職の手間がかかる

 

転職には手間がかかります。短い期間で繰り返すのは、さらに面倒です。

 

社会保険からの脱退や年金の切り替えも必要になります。

 

「今の職場の社会保険」から「別の医院への社会保険の手続き」は、医院が代行してくれるので、転職先を決めておくのは有効です。

 

歯科衛生士 まな
歯科衛生士 まな

歯科衛生士は求人が豊富で、「就職先が見つからない」ということは考えにくい職業。

 

悪い環境で働き続けて、心のキズを深くするなら、思い切ってよい職場を探すべきです。

 

転職の際に問題ある人と思われやすい

 

在籍期間が短いと「問題のある人では?」と思われる可能性があります。

 

とはいえ、歯科衛生士は転職率の高い職業なので、採用担当も問題視しないことも多いです。

 

退職理由をポジティブに伝えることで理解してもらえます。

 

▽「3ヶ月で仕事を辞めたいと感じた後の3つの選択肢」へ飛ぶ ▽

 

辞めるべきでないパターン

転職3ヶ月 限界

 

辞めるべきでないパターンに当てはまっていないか、確認してください。

 

衝動的にやめて、後悔するのを防ぐためです。

 

  • 人間関係がよい
  • 雇用条件が悪くない
  • 問題の改善が見込める
  • 嫌なスタッフが辞める予定
  • 再転職の方が面倒に感じる

 

退職するより、辞めないメリットが上回る場合、安易に辞めるのはおすすめしません。

 

一度立ち止まって考えてみてください。

 

3ヶ月で仕事と辞めたいと感じたあとの3つの選択肢

歯科衛生士 3ヶ月 転職 退職

 

歯科衛生士が3ヶ月で仕事を辞めたいと感じたとき、撮るべき選択肢は次の3つです。

 

  • 今の職場で頑張る
  • 様子見しつつ、転職活動を同時進行する
  • 退職する

 

今の職場で頑張る

 

今の職場で頑張るのも、選択肢のひとつです。

 

簡単には辞められない事情がある人も多いです。どうやったら快適に働けるかを考えてみるのは大切です。

 

歯科衛生士 まな
歯科衛生士 まな

とはいえ、体調だけは十分に注意が必要です。

 

歯科衛生士が3ヶ月で仕事を辞めるべき退職基準」「辞めるべきでないパターン」を参考にしてください。

 

健康であれば、いつでもどこでも働けます。

 

様子見しつつ、転職活動を同時進行する

 

今の職場はツラいけど歯科衛生士は辞めたくないというときは、様子見しつつ転職を検討するのがおすすめです。

 

今の職場に慣れてくれば転職しなければよいですし、この先退職を決めた時にすぐ転職できるからです。

 

早めに転職活動することで、冷静に判断する時間がとれます。

 

「どうしても転職しなきゃ!」となってから転職活動すると、焦ってさらにブラックな求人に応募してしまうことも。

 

歯科衛生士 まな
歯科衛生士 まな

求人をチェックする手段は、ハローワーク・友人の紹介・転職サイト…の3つがあります。

 

中でも、歯科衛生士むけの転職サイトを活用するのは有効です。

 

とくにいまは、転職サイトに登録してエージェントにサポートを依頼するのは以下の理由からおすすめです。

 

✔︎ 転職エージェントを利用するメリット

  • 非公開の求人にアクセスできる
  • 面接・見学の日程調整や給料の交渉を代行してくれる
  • 履歴書の添削や面接対策をしてくれる
  • キャリア全般や退職の相談ができる

 

働いている間に、これらを自分でやろうとしたら大変です。

 

まだ退職するかわからないんだけど、いい求人ありますか?」こう聞いてみるだけでも、考えもしなかった情報が出てくるかもしれません。

 

歯科衛生士 まな
歯科衛生士 まな

私は考えてもいなかった「訪問歯科」を提案されて、長く働ける職場をみつけました。

 

「前の職場より仕事が楽になったのに、給料が上がった」こんな歯科衛生士さんは数えられないくらいいます。

 

エージェントの利用はすべて無料。活用しない手はないと思います。

 

いまの職場で報われる未来が見えないなら、気軽に相談してみてください。

 

» 歯科衛生士の転職エージェントは相性で選ぶべき!おすすめ5選を解説【未経験でもOK】

 

\ 歯科衛生士におすすめの転職エージェント /

 転職エージェント求人数特長おすすめする人口コミ・評判

1位

歯科衛生士 デンタルワーカー 転職エージェント

デンタルワーカー

12,000件

年間3万人の転職実績
・ 職場の雰囲気が事前にわかる
・ 転職と退職をトータルサポート
転職に失敗した経験がある人
待遇◎の求人が多く、1番おすすめ
詳細 ▷
歯科衛生士 転職サイト 2位

2位

ファーストナビ

11,035件

・ 歯科衛生士の4人に1人が利用
・ 2014年創業の老舗
・ 院長の人柄を教えてくれる
良好な人間関係で働きたい人
スタッフの性格がわかる
詳細 ▷
歯科衛生士 転職サイト 3位

3位

 

歯科転職ナビ

6,550件

LINEのやりとりがメイン
・ 利用者の満足度 98.2%
・ 転職後のフォローが充実
マイペースで就活したい人
条件にあう求人がLINEで届く
詳細 ▷

 

※ エージェントを併用すると幅広く求人が見れますが、すべてに登録する必要はありません。「登録が面倒」「連絡が大量にくる」からです。求人を効率よく見つけるには、まずは2社を選んで利用するのがおすすめです。

 

とくにデンタルワーカーは、年間転職成功者3万人を誇る転職サイト。

 

給与交渉・人間関係のリサーチ・面接の同行までサポートしてくれるのは、他の転職サイトにはない強みです。

 

歯科衛生士 まな
歯科衛生士 まな

私も、デンタルワーカーに「院長の人柄」をリサーチしてもらい、穏やかな職場でのびのび働いています。

 

強引に転職をすすめられることもないので、穏やかに働ける歯科医院をみつけたい科衛生士さんにぴったりの転職サイトです。

 

\ 30秒で登録完了 /

【公式】デンタルワーカー はこちら

12,000件の求人が掲載中

 

退職する

 

退職は選択肢の1つです。

 

とくに「歯科衛生士が3ヶ月で仕事を辞めるべき退職基準」に当てはまっている場合は、検討の価値は高いです。

 

仕事して3ヶ月は試用期間のことも多いので、辞めやすい環境でもあります。

 

歯科医院側も業務に慣れる前なので、業務を進める上での損失は少なくて済みます。

 

» 歯科衛生士が試用期間で辞めるべき3つの基準!退職するデメリットは?

 

辞めるなら2週間前の告知が基本

 

仕事はいつでも辞めることができますが、法律的には「2週間前の告知」が基本です。

 

例えば雇用契約書に「退職する場合は3ヶ月前に告知する」のように書いてあっても、2週間前で退職できます。

 

引き止めをうけても、強い意志を持って退職しましょう。

 

歯科衛生士 まな
歯科衛生士 まな

すぐに辞めたい場合でもバックレはお勧めしません。

 

懲戒解雇になってしまい転職活動に支障が出る可能性や、税金の申請などで後々連絡が必要になることもあるからです。

 

それでももう耐えられない…という人は、記事後半のバックレはNG【すぐ辞める方法は?を参考にしてください。

 

3ヶ月働いた職場をスムーズに辞める方法

歯科衛生士 3ヶ月 退職

 

3ヶ月働いた職場をスムーズに辞めるポイントは、次のとおりです。

 

  • 就業規則を確認する
  • 退職理由を考える
  • 辞める言い方を考える|例文あり
  • 勇気をもつ
  • 責任者に直接伝える

 

退職をきめたら、スムーズな退職を目指しましょう。

 

就業規則を確認する

 

就業規則の退職規定を確認してください。今の職場における「退職の仕方」が記載されています。

 

「2ヶ月前に申し出る」といったように書いてあることが多いです。

 

ルールに則った申し出をすることで、スムーズな退職につながります。

 

歯科衛生士 まな
歯科衛生士 まな

就業規則のない職場は2週間前の申し出でOKですが、そもそも就業規則がない時点でブラックな匂いが…

 

民法627条では「退職の2週間前に申し出る」旨が、民法628条には「やむを得ない事情がある場合は直ちに契約解除が可能」の旨が定められています。» 民法(厚生労働省)

 

やむを得ない事情とは、ハラスメント・違法行為・病気や怪我により勤続が困難…などです。

 

退職理由を考える

 

本来は退職理由は「一身上の都合」で構いません。

 

しかしそれでは、医院側が納得しない・波風が立ってしまうことも多いです。

 

歯科衛生士 まな
歯科衛生士 まな

スムーズにやめるために「理由」は重要です。

 

「本音を理由にするか、建前の理由で伝えるか」は、医院の雰囲気や院長の性格次第です。

 

  • 給料が思っていたより低い
  • 雇用条件が聞いていたものと違う
  • △△さんと合わない
  • 体調が悪く、静養したい
  • 急に家族の介護が必要になった

 

職場の欠点を指摘する理由だと、円満な退職に支障が出る可能性があります。

 

「体調が悪い」「人間関係があわない」といった自分都合の理由の方が、円満に退職できるケースも多いです。

 

医院の雰囲気に合わせて、理由を考えましょう。

 

辞める言い方を考える|例文あり

 

言い方・伝え方は、重要です。医院側にうまく伝えられると、スムーズに退職できるからです。

 

「退職の意思を伝える例文」を3つ載せておきます。

 

✔︎ 退職不良

体調不良が続いていて、このまま仕事を続けるのが難しくなってしまいました。

 

現在も通院しており、体調を考慮して退職したいと考えています。

 

すぐやめることになり、申し訳ありません。

 

退職ではなく、休職を進められることもあります。

 

しっかりと意思を決めておきましょう。

 

✔︎ 家族の事情

急で恐縮なのですが、実は家族の介護が必要になり、働き続けるのが難しくなりました。

 

申し訳ありませんが、退職させてください。

 

家族が関わるような「やむを得ない事情」は、歯科医院側も納得しやすいです。

 

✔︎ 職場との相性

想定していた雰囲気と実際の雰囲気が異なり、順応が難しいと感じました。

 

試用期間中で申し訳ありませんが、辞めさせて頂きたいと思います。

 

退職するなら早めのほうがよいと思い、お伝えさせていただきました。

 

仕事をしてみないとわからないことも多いです。

 

どうしても馴染めなければ、正直にその旨を伝えるのも有効です。

 

歯科衛生士 まな
歯科衛生士 まな

「退職の話をする相手」がどんな性格なのかも大切です。

 

理論的な院長なら就業規則に則ってタンタンと伝えるのがおすすめ。感情的な院長なら、あなたの置かれている状況を伝えるのがおすすめです。

 

勇気をもつ

 

辞めるために1番必要なのは、勇気です。

 

言いにくい・怒られたらどうしよう…といった不安を乗り越えないといけません。引き止めに合う場合もあります。

 

頑張って、勇気を出してください。

 

勇気を出すためには、伝えた後に「楽しみ」を作っておくのがおすすめ。

 

  • 仲のよい友達と会う
  • 旅行に行く
  • 自分にご褒美を買う

 

自分に褒美をあげると、勇気が持てます。

 

責任者に直接伝える

 

責任者(多くの場合は院長)に退職の意思を伝えましょう。

 

歯科衛生士 まな
歯科衛生士 まな

理由を添えつつ、丁寧に・穏やかに・はっきりと伝えるのがポイントです。

 

伝える手段としては、対面・電話・メール…があります。

対面で伝える

 

対面で伝える場合は、2人でゆっくり話せる機会を選びましょう。

 

ご相談があります」と、事前にアポイントを取るのがおすすめです。

電話で伝える

 

電話の場合も、「いまお時間よろしいでしょうか?」と切り出して下さい。

 

事前に口頭かメールで、電話時間を決めておくとスムーズです。

メールで伝える

 

メールは、院長によっては悪い印象を受けることがあるので、院長の性格によります。

 

文章で残るのはメリットです。

 

歯科衛生士 まな
歯科衛生士 まな

職場によっては渋られることもあり、何度も退職を断られる事実を持つことも大切なケースもあります…。

 

早めに相談しておくとスムーズに辞められることもあるので、この辺りは院長によって異なります。

 

退職届は両者の合意あれば不要ですが、あとから「言った・言わない」になるのを避けたいなら渡しましょう。

 

証拠になります。

 

 

歯科衛生士が3ヶ月で辞めるときの注意点

転職 3ヶ月 体調不良

 

3ヶ月で退職するときの注意点を紹介します。

スムーズに退職できない場合もある

 

スムーズに退職したくても、うまくいかない可能性があります。

 

辞められると困る歯科医院も多いからです。

 

  • 話を無視される
  • 強引に引き止められる
  • 後任をみつけてこいと言われる

 

このような事例もありました。スムーズに辞められない可能性を頭にいれて、退職活動してください。

 

引き止めを振り切る方法は、次の記事で解説しています。

 

» 歯科衛生士が引き止めを振り切る2つの方法

 

バックレはNG【すぐ辞める方法は?】

 

バックレて辞めることはおすすめしません。

 

労働者は退職を申し出て2週間経過しない退職はできないルールがあるからです(民法627条)。

 

さらにバックレには、以下のようなデメリットがあります。

 

✔︎ バックレのデメリット

  • 懲戒解雇扱いとなり、転職活動に影響が出る可能性がある
  • 後から連絡が必要になる可能性(確定申告などの書類)がある
  • 院長やスタッフが家に来る可能性がある
  • 音信不通が原因で警察沙汰になることもある

 

バックレるくらいなら、しっかり退職の意思を伝えて退職してください。

 

とはいえ、やむを得ない事情がある場合に、歯科医院と合意したケースでは、即日退職が可能になります。

 

✔︎ やむを得ない事情の例

  • 入職時と労働条件がちがう
  • ハラスメント・いじめ
  • 心身の不調・病気
  • 身内の介護

 

「もう出勤したくない」「どうしても退職を伝えられない」という人は、退職代行サービスを使う方法も。

 

歯科衛生士 まな
歯科衛生士 まな

面倒でストレスのかかる退職手続きをすべて代行してくれます。

すぐ辞めたいけど勇気がないなら、退職代行サービスで即日退職する

 

退職代行を利用すれば、このまま出勤せずに退職することが可能です。

 

退職代行とは、あなたのかわりに退職活動のすべてを代行してくれるサービス。

 

依頼すると、即日に退職することができます。

 

✔︎ 退職代行サービスをつかうメリット

  • 即日にやめられる
  • もう出勤しなくてよい
  • 院長や職員と話をする必要もない
  • 退職手続きを代行してくれる

 

歯科医院との退職の合意を代行してくれるだけでなく、院内に残した荷物も送付してもらえます。

 

3万円ほどかかりますが、即日で辞めたいくらい追い込まれている人は検討してみてください。

 

ちなみに私の友人は、わたしNEXT という退職代行を利用しました。対応件数が豊富なうえに、退職成功率100%です。

 

LINEで弁護士に無料相談(24時間)が可能。

 

現状からすぐに解放されたい人は、わたしNEXTを利用してノーストレスで退職しましょう。

 

\ 相談無料!/

わたしNEXT【公式】はこちら

女性の支持No.1の退職代行

 

詳しくはうつ病回避|メンタルやられた歯科衛生士は退職代行で即日退職しようをご覧ください。

 

3ヶ月で辞めたいと感じたら早めの行動が大事【限界まで頑張らない】

仕事向いてない 3ヶ月

 

今回は、3ヶ月で仕事を辞めたい.歯科衛生士が「仕事を辞めたいと感じる理由」「辞めるべき退職基準」を紹介しました。

 

退職に関して、罪悪感を感じる歯科衛生士さんもいます。

 

  • 同僚のスタッフに迷惑をかける
  • 患者さんに申し訳ない

 

歯科衛生士 まな
歯科衛生士 まな

心の優しい人や、 責任感の強い歯科衛生士さんに多いです。

 

ですが、罪悪感を感じる必要はありません。

 

確かに、退職は周りへの影響は避けられません。しかし、これを言い出すといつまでたっても辞められません。

 

「あなたがいないと仕事が回らない」とよく言われますが、結局誰が辞めてもなんとか回ります。

 

歯科衛生士一人にそこまでの影響力はない!と考えてください。少しは気が楽になるはずです。

 

自分自身の健康を第一に考えて、「実際に行動する」ことが大切です。

 

辞めるかどうかの判断に迷っている人は、転職と退職の準備だけでもしておきましょう。

 

歯科衛生士 まな
歯科衛生士 まな

いつでも辞められる状態にしておくと、心に余裕が生まれます。

 

歯科衛生士が3ヶ月で仕事を辞めるべき退職基準」と「仕事を辞めたいと感じた後の3つの選択肢」を参考に、行動してみてください。

 

\ 歯科衛生士におすすめの転職エージェント /

 転職エージェント求人数特長おすすめする人口コミ・評判

1位

歯科衛生士 デンタルワーカー 転職エージェント

デンタルワーカー

12,000件

年間3万人の転職実績
・ 職場の雰囲気が事前にわかる
・ 転職と退職をトータルサポート
転職に失敗した経験がある人
待遇◎の求人が多く、1番おすすめ
詳細 ▷
歯科衛生士 転職サイト 2位

2位

ファーストナビ

11,035件

・ 歯科衛生士の4人に1人が利用
・ 2014年創業の老舗
・ 院長の人柄を教えてくれる
良好な人間関係で働きたい人
スタッフの性格がわかる
詳細 ▷
歯科衛生士 転職サイト 3位

3位

 

歯科転職ナビ

6,550件

LINEのやりとりがメイン
・ 利用者の満足度 98.2%
・ 転職後のフォローが充実
マイペースで就活したい人
条件にあう求人がLINEで届く
詳細 ▷